授乳しやすいものを。

乳首が陥没していて授乳ができないを解決【まとめ】

 

陥没乳首で授乳出来ないと諦めているママさんに朗報です!

陥没乳頭

陥没乳首は改善できる!

 

ある調査によれば妊娠した女性の10人にひとりが悩んでいるとされる陥没乳頭。

見た目が恥ずかしいのは勿論ですが、乳首が埋没ししまっているために「母乳育児が出来ないのでは」と不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですがご安心ください。

陥没乳頭でも基本的には十分授乳可能です。

また、症状によっては適切な対策を採れば陥没乳頭は改善を図ることもできます。

 

陥没乳首での授乳の悩みは人に相談しにくい・・・

 

やはり場所が場所ですから、悩んでいたとしても気軽に他人には相談できませんよね。

 

そもそも陥没乳首ってどういう症状なの?

そもそも陥没乳首というのはどのような症状なのでしょうか。

陥没乳首、または陥没乳頭とは、乳頭(乳首)が乳房の内側に埋没してしまっている状態のことを言います。

その見た目から恥ずかしいとコンプレックスになってしまったり、垢が溜まりやすいために乳腺炎を誘発してしまうというデメリットがあります。

また、陥没乳首自体は男女ともに見られる現象ですが、女性の場合、赤ちゃんへの授乳が困難になるという大変困った問題があります。

 

バストアップ

 

陥没乳首は先天性と後天性の原因に分かれる

それでは一体、何故陥没乳首になってしまうのでしょうか。

原因は人それぞれですが、主に先天性のものと後天性のものがあるようです。

 

先天性①:乳管の未発達やバストの成長の度合い

胸

 

女性のバストには乳腺で作られた母乳を外に出すための「乳管」という組織があります。

この乳管が未発達だと乳頭を奥へと引っ張ってしまいます。

このため、乳頭が乳房の内側に引き込まれて陥没してしまう、というわけですね。

現在では昔と比べて食生活の改善などによって女性のバストサイズが大きくなっています。

そのため、相対的に乳管の発達が十分でなく、結果として陥没乳首になってしまう女性が増えていると言われます。

 

 先天性②:繊維が癒着して起こる

 

陥没乳首

繊維組織の癒着が原因になることも

 

 

 

 

 

 

 

人体には繊維(線維)組織と呼ばれる組織が存在します。

この組織はバストにも存在し、バストを支え、構造を保つ役割をしています。

しかし、先ほど紹介した乳管周辺の遷移組織が周囲とくっついて(癒着して)しまい、結果として奥に引き込まれてしまうことがあるようです。

 

 後天性:病気や手術によって症状が現れる

 

陥没乳首

病気が原因のことも……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気等が原因で後天的に陥没乳首を発症することもあります。

例えば乳がんがその一つです。

がん細胞が入管周辺にまで及ぶと、乳管が縮みます。

このとき、同時に乳頭を引き込むため陥没乳首となることがあります。

もしもこれまで平気だったのに、ある日突然陥没乳首になったら病気が原因である可能性があるので注意してください。

 

陥没乳首でも赤ちゃんへの授乳は不可能ではない!!

さて、ここまでは陥没乳首の概要と原因について述べてきました。

しかし、安心してください。

冒頭でも述べましたが基本的には陥没乳首でも授乳は可能です。

もちろん、人によって症状の出方や度合いは異なります。

乳首が出にくいために母乳を飲ませにくかったり、赤ちゃんの吸い付きが悪くなるため胸が張ったりすることもあり得ます。

ですがこれらの症状もマッサージなど適切なケアを行えば改善が期待できるのです。

 

 

陥没乳首

陥没乳首は改善可能

 

 

 

 

 

 

陥没乳首での授乳対策①:マッサージで陥没乳首自体を改善

それでは陥没乳首で授乳を行いやすくする方法を具体的に見ていきましょう。

まずはマッサージによって陥没乳首自体を改善する方法をご紹介したいと思います。

 

乳首をひっぱる

 

乳頭を引っ張り出しましょう

乳頭を引っ張り出しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に、片方の手で乳房を支えながらもう片方の手の指で乳首を引き上げましょう。

ちょっと強引な手段に思えるかもしれませんが大丈夫です。

但し、この際無理に力を入れたりしないように注意してください。

乳房、乳首はデリケートなものです。

大切に扱いましょう。

また、陥没の度合いが酷く、指で引っ張り出すのが困難な場合は、後述する器具を使った方法を試してみてください。

 

 上下から挟むように圧力をかける

陥没乳首

上下を挟んで血行改善

 

 

 

 

 

 

 

乳首を引っ張り出しましたら、親指と人差し指を使って乳頭の付け根から先端に向かって優しく圧迫しながらマッサージしましょう。

ほぐす様に優しく、丁寧に行いましょう。

マッサージによって血行が改善され、皮膚が柔らかくなったり、乳管の発達が期待できます。

これによって陥没乳首自体の改善を図ることができます。

 

陥没乳首のマッサージ方法を動画でも確認

文字だけでは分かりにくいと思いますので、動画でも正しいマッサージの方法を確認しましょう。

マッサージは正しく行わなければ効果がありません。

慣れない内は動画を見ながらマッサージするのが無難でしょう。

 

【注意】陥没乳首のマッサージを行なってはいけない時期がある

マッサージをする方法は特別な道具を必要としないため、非常にお手軽なのですが、注意してほしいことが何点かあります。

一つは、妊娠中はマッサージをしてはいけないということです。

何故かというと、妊娠中に乳首を刺激するとホルモンの関係で子宮収縮を誘発することがあるからです。

また、授乳中は胸が張ることも多いと思いますが、痛みを感じる場合はマッサージは控えるようにしましょう。

そして最後の注意点ですが、マッサージを行う際は手を清潔にしてからにしましょう。

手に雑菌や汚れが付着したままでマッサージを行うと乳腺炎等を起こす可能性があります。

 

胸

陥没乳首での授乳対策②:授乳の仕方を工夫する

さて、次に紹介するのは器具等を使用した、陥没乳首での授乳対策です。

 

 吸引器具などを使用する

 

 

市販の吸引器具などを用いて乳首を外に引っ張り出す方法が有効です。

吸引器具は文字通り、ポンプの原理で乳首を吸い出す道具です。

乳首が授乳時にも完全に隠れてしまっていて指で摘まむことも困難な場合には吸引器具を使うのが良いでしょう。

効果が強力な分、強く吸い過ぎると痛みを感じる場合があり得ますので自分で上手く調節しながら使うようにしましょう。

 

 乳頭保護器を使用する

ピジョン乳頭保護器

 

乳頭保護器とは主にシリコンでできている器具で、乳頭を保護しつつ授乳の手助けをしてくれます。

この乳頭保護器を用いることで陥没乳首での授乳を

乳首の上に取り付けるものや乳房全体を覆うものなどがありますが、基本的な使い方は共通です。

  1. まず装着前にバストを軽くマッサージします
  2. 次に乳首をつまんで搾乳し、乳頭保護器の乳首の部分に溜めます
  3. 母乳を溜めたら乳頭保護器を装着し、授乳します

慣れない内は少し戸惑うかもしれませんが、使いこなせれば強力な味方になってくれるでしょう。

 

赤ちゃんに沢山吸ってもらうことで改善する場合も

 

授乳していく内に改善することも

授乳していく内に改善することも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改善策とは少し違いますが、赤ちゃんに乳頭を吸ってもらうことで陥没乳首が改善することがあるようです。

赤ちゃんに沢山母乳を吸ってもらうことで乳首がほぐされて柔らかく伸びるように変わっていくのですね。

他の方法と併用しながら、積極的に母乳をあげるようにすると陥没乳首の改善が促進されるかもしれません。

 

陥没乳首でも授乳を乗り越えたママさん達の実体験談

では実際に陥没乳首での授乳を乗り越えた方たちの体験談を見ていきましょう。

 

マッサージで改善した人の口コミ

 

先生のマッサージのおかげで、陥没乳首がなおり、赤ちゃんがしっかり乳を吸うようになりました♡
出典:http://qa.mamari.jp/

私は、家にいて暇なときは自分で摘んで刺激してます😳
そうしてるうちに完璧に治ったわけじゃないけど、全然ましになりました
出典:http://onayamifree.com/

妊婦になると、赤ちゃんが吸いやすいように、乳首マッサージをするんですが、毎日お風呂の時とかに引っ張るだけでも、大分改善しますよ。
出典:http://mikle.jp/

 

マッサージで改善した方たちの体験談です。

自分でマッサージするのではなく専門の業者に頼んだ方もいらっしゃるようです。

いずれにせよ正しい方法で継続して行えばちゃんと効果は期待できるようですね。

 

器具などを利用した人の口コミ

 

通常の陥没している状態で装着すると、にゅっと吸いだされました。
それまで自分の乳首がこんなに出ていた所を見た事がなかったので少し驚きました笑
出典:http://www.amazon.co.jp/

陥没乳首対策として購入しました。お風呂上りに肌がしっとりした状態で使うと吸着も良くてやりやすいです。何度か使用するうちにに陥没の状態が改善してきました。
出典:http://review.rakuten.co.jp/

使用した結果、少し痛いけど陥没していた乳首が飲みやすい状態になりました。
痛みは我慢できる程度です。
出典:http://review.rakuten.co.jp/

道具を利用した方たちの口コミです。

多少痛みを感じたという方もいらっしゃいますが、効果は強力なようです。

マッサージではなかなか改善されないという方は器具を使うことも選択肢に入れてみましょう。

陥没乳首の授乳方法は産婦人科での指導を受けるのもオススメ

ここまで陥没乳首で授乳をする方法について色々ご紹介してきました。

しかし、うまく出来ない、あるいは一人でやるのは不安だという方もいらっしゃると思います。

このような場合は一度産婦人科に掛かるのがおすすめです。

産婦人科では授乳のコツを詳しく教えてもらえるので思い切って一度相談するのも改善の近道となります。

相手がお医者さんとは言え陥没乳首の話をするのは恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、相手は豊富な知識と経験を併せ持ったプロです。

勇気を出して行ってみればきっと「相談してよかった」と思えるでしょう。

注目

 

陥没乳首の改善も授乳も無理せず自分のペースで!

いかがでしたでしょうか。

陥没乳首でも授乳は可能な事、適切なケアを行えば陥没乳首は改善可能であることが分かっていただけたと思います。

大事なのは焦って短期的に結果を出そうとするのではなく、長いスパンで少しずつ改善していくことです。

デリケートなバストに不要なダメージを与えないよう、無理せず自分のペースで頑張りましょう。

 

陥没乳首

無理せず自分のペースで頑張りましょう