目次

  1. 1 豆乳にバストアップ効果があるって本当なの?
  2. 2 豆乳を飲んでバストアップしたという口コミを発見!
  3. 3 豆乳のバストアップ効果
  4. 4 バストアップ効果を最大限に高める豆乳を飲む時のポイント!!
  5. 5 豆乳が苦手な人でも大丈夫!バストアップ効果を高める豆乳レシピをご紹介♡
  6. 6 豆乳によるバストアップ効果が期待できる人とできない人
  7. 7 <注意!!>豆乳でバストアップをする時に絶対に気をつけるべきポイント
  8. 8 豆乳でのバストアップ効果は補助的なもの

バストアップに効果がある食品として、豆乳が口コミなどでもよく見かけられるようになりました。

でもそれって本当に効果があるのか、不安に思っている人もいるのではありませんか?

今回はその真相を一緒に確かめていきましょう!

豆乳でバストアップは本当にできるのか、気になりますよね。

でも実際に効果があったという口コミを見つけましたよ!

これらはごく一部のものですが、豆乳は胸を大きくするという話は期待が持てそうですね。

豆乳がバストアップに効果がある理由、あなはたきちんと知っていますか?

豆乳には豊富な栄養素がたくさん含まれているというけれど、バストアップには具体的にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

大豆イソフラボンによるエストロゲンに似た効果

大豆製品には大豆イソフラボンが含まれています。

豆乳にも含まれているこの成分は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの構造に似ています。

エストロゲンには胸を大きくするためには不可欠な乳腺を発達させる働きがあるので、バストアップには欠かせない成分なのですね。

エストロゲンは残念ながら年齢を重ねるにつれて減少していくといわれています。

しかし豆乳を飲み続けることでエストロゲンに似た効果が得られるわけですから、これはぜひ飲み続けたいですね。

タンパク質による筋肉をつくる効果

胸のほとんどは脂肪でしょ?そう思っているあなた。

確かに胸の大半は脂肪ですが、その胸を支える土台となっているのは大胸筋。

そう、筋肉です!

せっかくバストアップしても土台が出来上がっていなかったら支えきれないため、バストアップには筋肉の発達も欠かせないのです。

また、筋肉がつくと基礎代謝があがるため、血液の流れがよくなり栄養が運ばれやすくなります。

タンパク質は、エストロゲン同様乳腺の発達にも効果を発揮するため、良質なタンパク質も豊富に含まれている豆乳はバストアップに最適な食品のひとつといえそうですね。

豆乳にはバストアップに効果的な栄養素が多く含まれていることがわかりました。

ならその栄養素は、できるだけ無駄にすることなく体内に取り入れたいですよね。

ここではそのために気をつけたいポイントを一緒に見ていきましょう。

より効果が期待できる時間

豆乳を飲むだけで胸が大きくなる効果が期待できるなんて嬉しいですよね。

でもせっかく飲むなら、もっとも効果的なタイミングで飲みたいと思いませんか?

その時間はズバリ!朝起きてすぐなのです。

寝起きの身体は栄養を吸収しやすい状態になっているので、このときに豆乳を飲むとより体内に吸収されやすいのですね。

どれくらい飲めばいいの?

いくらバストアップの効果があるからといって、豆乳をたくさん飲むのは大変だと思う人もいるのではないでしょうか?

大豆イソフラボンの一日の摂取量は上限が70~75mgだとされています。

これは内閣府の食品安全委員会のサイトで表示されている数値です。

豆乳だと、だいたいコップ1杯くらいでOKなので、それなら続けられそうじゃありませんか?

豆乳には無調整豆乳調整豆乳豆乳飲料の三種類あります。

大豆イソフラボンの量は種類によってそれぞれ違いますので、豆乳を摂取する場合は確認するようにしましょう。

大事なのは続けること

バストアップに期待ができる豆乳ですが、飲み続けなければやはり効果は出ません。

もっとも効果が期待できるのは寝起きだと述べましたが、そのタイミングでなければ絶対にダメだというわけではありません

食事中に飲むのも、もちろん大丈夫です。

また、豆乳は腹持ちがいいので「ちょっと小腹がすいたな…」というときに飲むと、ダイエット効果も期待できるかもしれませんよ。

豆乳は好き嫌いが分かれると思います。

バストアップしたいけど、豆乳は苦手で…という人は、これから紹介する豆乳レシピでおいしく取り入れてみてはいかがでしょうか?

シリアルと一緒に

忙しい朝に料理をするのは大変!という人は、シリアルにかけるだけの簡単朝食はいかがでしょうか。

シリアルは食物繊維が豊富です。

腸内環境が整えば血流もよくなるので、バストアップに必要な栄養素もスムーズに運ばれやすくなります。

そのため健康的にバストアップすることが期待できます。

スムージーにする

牛乳の代わりに、豆乳でも簡単にスムージーができます。

季節の果物や野菜などが手軽に摂取できるのでおすすめです。

組み合わせを変えると味の変化を楽しめるので、飽きずにおいしく続けられそうですね。

ビタミンCは美肌効果だけでなく、バストアップにも欠かせない栄養素なので果物などは積極的に取り入れてみましょう。

豆乳をスープに

料理が好きだという人は、豆乳を使用したスープなどを作ってみてはいかがでしょうか。

ブロッコリーにもバストアップに効果的な栄養素の「ボロン」が含まれているので、具材に加えるとさらに効果がありそうですね。

豆乳でバストアップができた!という人もいる反面、残念ながら効果が期待できない人がいることも事実です。

その違いはいったい何なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

豆乳によるバストアップ効果を期待しやすい人

豆乳がバストアップに効果的だとされている理由のひとつは、大豆イソフラボンが含まれているからでしたよね。

大豆イソフラボンの働きを活発にするためには、規則正しい生活を普段から心がけることです。

そうすると女性ホルモンのバランスも整えられ、バストアップの効果がより期待されます。

睡眠不足やストレス解消にもなるので、今日から生活リズムを見直してみましょう。

生活習慣や食生活を変えるタイプの場合、バストアップの効果は徐々に現れてきます。私の場合「最近ブラジャーが合わなくなってきた」と思って、下着屋さんで計ってもらったら、いつの間にかサイズアップしていた……なんて経験を度々しています。期間は半年だったり、1~2年かかったりと、年によってマチマチでした。

http://breast-up.net/food-life/soy-time.html

豆乳によるバストアップ効果を期待しにくい人

継続的に豆乳を飲んでいるのに一向にバストアップする気配がない…

考えられる理由はやはり、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があげられます。

せっかく充分な栄養を摂っていても、きちんと胸に届いていなければ効果はあらわれません。

また、ムリなダイエットで栄養が偏ってしまっている場合も、必要な栄養素が足りていないためバストアップの効果は期待できません。

豆乳以外にも三食きちんと食べましょう

高校生活で豆乳を3年間飲んでいたが全く効果なし。

http://bust-up-navi1.com/tounyuubustupkouka-37

豆乳をコップ1杯毎日欠かさず飲んでたのに、おっぱいなんて大きくなりませんでした

http://bustup-howto.com/archives/4

上記にもありますが、バストアップをするには女性ホルモンのバランスを整える必要があります。

その女性ホルモンはエストロゲンのほかにプロゲステロンという成分があります。

どちらか一方だけが増えてしまうと女性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、豆乳の過剰摂取には気をつけましょう。

一日の豆乳の摂取が多いと感じたときは次の日は少し控える、豆乳や大豆食品以外の食材もきちんと食べるなどを意識しましょう。

豆乳でのバストアップ効果をさぐってきましたが、いかがでしたか?

豆乳自体には栄養がたくさん詰まっているので、とても期待できそうですね。

しかし、豆乳はサプリメントではありません。

それだけですべてを補おうとせず、普段からバランスの良い食事を心がけましょう。

そして補助的なものとしてコップ1杯の豆乳を飲む。

夜更かしは控えて、ストレスもなるべくためないように丁寧に生活する。

そうやって、無理をせず継続していくことが一番のバストアップの秘訣なのですね。

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。