バストアップできる睡眠のゴールデンタイムはいつ?!寝るだけで胸が大きくなる!

睡眠のゴールデンタイムあなたはきちんと守れてる?

睡眠のゴールデンタイムって聞いたことある方も老いのではないでしょうか。

では、バストアップのゴールデンタイムはご存知ですか?

実は、睡眠とバストアップは切っても切れない関係があるのです。

この記事でしっかり覚えて、あなたも上手に睡眠をとってバストアップしましょう。

 

寝ている女性

≫睡眠の邪魔をしないナイトブラがあります。

<導~MICHIBIKI~>

バストアップできる睡眠のゴールデンタイムはいつ?

まず体内時計について簡単にお話ししますね。

  • AM4時からPM12時までは、老廃物を排出する時間
  • PM12時からPM20時までは、消化・吸収胃腸を活発にする時間
  • PM20時からAM4時までは、新しい細胞を生み出す修復・再生の時間

の3つパターンに分けられます。

 

睡眠は人が生きていくうえで大事なものです。

もちろん、バストアップにとっても睡眠時間は非常に重要な要素なのです。

夜寝不足だからといって、昼寝して補えば良いのかと思われるかもしれませんがそうではありません。

その上、ただ寝るだけではバストアップは期待できません。

睡眠時間だけではなく睡眠の質も大事なのです。

バストアップに最適な睡眠時間があるのをご存じですか?

バストアップに最適なゴールデンタイムを下記にて紹介しますね。

寝ている女性

 

睡眠とバストアップの深い関係

睡眠とバストアップどのように関係しているのか気になりませんか?

なぜ、睡眠がバストアップと重要な関係にあるのか紹介しますね。

 

女性ホルモンと睡眠の関係

バストアップには、女性ホルモンの分泌が関係していますね。

成長期(思春期頃)から20代までの間は、昼夜関係なく女性ホルモンの分泌が盛んです。

特にこの時期に睡眠をしっかりとっていないと女性ホルモンの量が少なくなってしまいます。

その結果、バストが育ちにくくなると言われています。

では、20代以降になると女性ホルモンはいつ分泌されているのでしょうか?

 

女性ホルモンは、夜の睡眠時間22時から2時頃がもっとも活発に分泌される時間帯といわれています。

この時間に、ぐっすりと熟睡していないと女性ホルモンの分泌量が少なくなります。

分泌量が少なくなるとバストアップの妨げにもなります。

 

寝ている女性

 

女性(バストアップホルモン)分泌時間

先ほど、ゴールデンタイムについてお話しました。

22時には眠れない方も、できるだけ12時には寝るようにしましょう。

(AM4時までが新しい細胞を生み出すと言われている時間なので、遅くともAM1時には寝ましょう)

睡眠後約2時間経ったくらいからホルモン分泌がはじまります。

 

レム睡眠とノンレム睡眠についても少し触れておきます。

質の良い睡眠は、このノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)のバランスにも大きく係わってきます。

通常この二つの睡眠は90分ずつ繰り返してリズムを刻んでいます。

女性ホルモンノンレム睡眠時に多く分泌されています。)

睡眠パターンが崩れて眠れなくなると、バストアップにも悪影響を与えてしまいます。

寝ている女性

 

 

質の良い睡眠をとるためにしたいこと

寝つきの良い方は、布団やベッドに入ってすぐに眠れるでしょう。

しかし、布団に入ってもなかなか寝付けない方もいらっしゃいますよね。

少しでも寝つきをよくする方法ご紹介しますね。

  • スマートフォンやタブレットは就寝1時間前位から見ないようにする。(寝る前のリラックスモードに切り替える為)
  • 食事は、就寝3時間前までにすませる。(食べ物の消化中は、リラックスモードに切り替わらないため)
  • 就寝前に、軽くストレッチをする(体を温める効果もあり、バストアップにも有効)
  • アロマなどを活用してリラックス効果を高める。(脳をリラックスさせる香を用いりましょう)

など、ご自身にあった睡眠法を取り入れてくださいね。

 

 

バストアップするなら睡眠の姿勢は【仰向け】が鉄則

バストアップには、寝る姿勢も重要なのをご存知ですか。

寝る姿勢には、仰向きとうつ伏せの二つがあるかと思いますが、貴女はどちらでしょうか。

同じ寝るのなら、バストアップに良い寝方をしたいですよね。

 

実は仰向けで寝たほうがバストアップには効果的なんです。

うつ伏せに寝ると、重力+自分の体重で胸を圧迫してしまい、胸をつぶし形を壊すことになります。

横向きに寝ると、胸が横に流れてしまいタルミやすくなってしまいます。

というわけで、バストアップには仰向けがベストとされているのです。

寝ている女性

 

仰向け寝がBEST

 

睡眠前1分のバストアップマッサージで胸を大きくする効果もUP

 

<1>まずは上へ押しながら

  1. バストの右脇に右手をあてます。
  2. 親指つけねのふくらみに力をいれます。
  3. 乳房の輪郭に沿って上に押しながらなぞります。
  4. 輪郭の頂点にきたら、抑えたまま3秒キープします。

この動作は、息を吐きながら行います。

 

リンパマッサージも丁寧に。

<2>次は下へ

  1. 手に力を入れたまま、内側乳房輪郭にそってカーブを描きながらバスト中央まで下します。(息は吐きながら)
  2. 体から手を離したら、息を吸います。

1と2を10回ずつ行います。

必ず、片方10回終わってからもう片方を実施してくださいね。

 

<3>肩をまわしましょう

最後に両肩を、前後にまわして血行促進し、コリをほぐしましょう。

  1. 両手指先を肩につけ、脇を上げます。
  2. 肩甲骨を動かすように左右交互に腕の付け根を後ろから前にゆっくり回しましょう。

左右前後合わせて10回ずつ回しましょう。

肩のストレッチ

睡眠時の【ナイトブラ】はバストアップしたいなら必須アイテム

「睡眠時にブラジャーを付けるなんて窮屈だわ」と思っている方も多いでしょう。

ナイトブラは、昼間につけているブラとは少し違うのです。

睡眠時の姿勢を考えて作られたのが「ナイトブラ」なのです。

睡眠時人は、知らず知らずのうちに平均4・5回は寝返りしていると言われています。

 

寝姿によって胸がたれてきたり、流れてきたりするとバストアップは望めませんね。

ナイトブラは、寝返りをしても胸が大きく動くのを防ぐように設計されています。

せっかくバストアップ体操やマッサージをして頑張っているのに、睡眠時に0に戻されてはがっかりですよね。

 

ナイトブラをつけることにより、睡眠時にもバストアップできるのです。

(ナイトブラは、ホックがないものがほとんどです。ホックが当たって痛いということもないのもうれしいですね)

ナイトブラ

≫育乳ブラとして「導~MICHIBIKI~」は、美乳へと育乳してくれるブラです。

脇や背肉に流れてしまった余分なお肉をバストに集めて補正します。

補正というとワイヤーと硬いとかのイメージがあるけれど「導~MICHIBIKI~」は、

ノンワイヤーノンホックで着心地楽ちんなので睡眠の妨げにならないのです。

更にWパットで形状補正。下垂バストはリフトアップしてトップの位置を上げます。

夜だけじゃない、日中も続けて着けていられます!だから一日中キープ。

逆流動リメイクアップブラで、欲張り美乳ケアを始めましょう。

<導~MICHIBIKI~公式ページはこちら>

 

導~MICHIBIKI~

 

寝る子は育つは大人になってからも…

女性は起きている時だけではなく、睡眠時にもバストアップできるということをご紹介してきました。

一日中バストアップのチャンスがあるなんて嬉しいですね。

出来るだけゴールデンタイムに睡眠をとってバストアップしてくださいね。