目次

  1. 1 シリコンバッグの除去…手術の不安を解消したい!
  2. 2 シリコンバッグ豊胸について“おさらい”
  3. 3 シリコンバッグ抜去の理由とは【口コミ】
  4. 4 シリコンバッグ豊胸の除去の<3大要因>
  5. 5 シリコンバッグ豊胸の除去手術のプロセス
  6. 6 シリコンバッグの除去にかかるお金って?<相場>
  7. 7 シリコンバッグ除去はプラス処置が必要かも…
  8. 8 安全な除去手術は“クリニック選び”が大切!
  9. 9 安心・安全なクリニックは<聖心美容外科クリニック>
  10. 10 シリコンバッグの除去・抜去は信頼出来るクリニックで!

シリコンバッグ豊胸をしたけれど、やっぱりシリコンバッグの除去・抜去をしたいと考えている方や除去・抜去手術について色々知りたい方のために、シリコンバッグ除去・抜去手術の詳細を調べてみました。

豊胸バッグの除去・抜去手術に対する不安を取り除いていきましょう!

シリコンバッグの除去・抜去手術をするなら、まずはシリコンバッグ豊胸とはどんなものなのかを知ることが大切です。

では、シリコンバッグ豊胸手術のおさらいをしていきましょう!

まず、脇の下や胸の下を数センチ切ってシリコンバッグを入れます。

シリコンバッグを入れる方法は、

  • 大胸筋と乳腺の間にある筋膜の下にシリコンバッグを入れる大胸筋膜下法
  • 大胸筋の下に入れる大胸筋下法
  • 乳腺の下に入れる乳腺下法

があります。

体形やどのくらい豊胸したいのかによって方法を選びます。

最後に傷口を縫い合わせ、シリコンバッグを正しい位置に定着させるために胸部をバストバンドで固定します。

術後3日ほどでドレーンを抜去したり、1週間後に抜糸をします。

シリコンバッグによる豊胸は、胸を大きくすることが期待できます

一方、脂肪注入やヒアルロン酸による豊胸では、1から2カップ程度は大きくすることが期待できます。

脂肪注入による豊胸の場合、注入した脂肪の定着率は50%から70%です。

そのため、注入直後と同じ大きさを1年後に保っているかどうかはわかりません。

ヒアルロン酸豊胸の場合は、ヒアルロン酸が少しずつ体内に吸収されていきますので、豊胸の効果は1年から2年程度となります。

次に、せっかくシリコンバッグ豊胸をしたのに、なぜ除去・抜去したいと思ったのか、気になる理由について見ていきましょう。

口コミを見てみると

「デコボコした触り心地が嫌でした」

「シリコンバッグが拘縮を起こしたため、木津が目立たないように抜去していただきました」

「妊娠を機に人工乳腺の抜去を行いました」

と言った内容のものがありました。

シリコンバッグ豊胸をしたものの、シリコンバッグの異物感が嫌だったり、触り心地が気になったりした方など、気持ちの面で除去・抜去したいと思った方や、シリコンバッグが拘縮を起こしたり破損したりなど、除去・抜去せざるを得なかった方もいますね。

豊胸をして胸に対するコンプレックスをなくすどころか、逆に豊胸がコンプレックスになってしまったためや、妊娠がきっかけになった方もいます。

人によってシリコンバッグを除去・抜去したい理由は様々なんですね。

シリコンバッグ豊胸をしたけれど除去・抜去を決意した理由は、人によって様々だということがわかりましたね。

ですが、除去・抜去の原因は以下の3つが大きく関係しています。

1)シリコンバッグの寿命・破損のため

最近のシリコンバッグは耐久性に優れたものが多いです。

しかし、シリコンバッグ豊胸は永久のものではありません!

シリコンバッグには寿命があるんです。

多くのクリニックは、10年から15年でシリコンバッグを入れ替えることを薦めています。

また、10年も経たないうちに破損や劣化してしまう場合もあるんです!

破損してしまうと、見た目には変化がなくても炎症や腫れを起こしている心配があります。

また、胸がしぼんでしまったり形がいびつになってしまったりします。

破損してしまうのではという不安や、実際に破損してしまって除去・抜去手術に踏み切ることが多いようです。

2)加齢などでバッグが合わなくなったため

年齢による体形の変化で、シリコンバッグが合わなくなったことが抜去・除去の理由の1つです。

加齢により胸が垂れてきてシリコンバッグの位置がずれてきたり、痩せたことによって脂肪が減り、胸の感触が悪くなったりすることがあるようです。

また、豊胸するときにあまりにも大きいサイズのシリコンバッグを入れたりすると、加齢による胸の垂れと共にシリコンバッグの重さで胸が垂れて形が悪くなることもあります。

3)見た目が不自然になったため

シリコンバッグで豊胸すると、体内でシリコンバッグを異物と認識してシリコンバッグの周りに固い膜が出来てシリコンバッグを強く締め付ける場合があります。

これをカプセル拘縮と言います。

カプセル拘縮を起こすと、胸が固くなったり胸の形が不自然な形になってしまったりします。

また、胸の一部が尖っていたりしわがよったりなど、不自然な状態になってしまうことがあります。

これは、シリコンバッグがよれてしまった時に起こるリップリングというものです。

やせ形のために豊胸時にシリコンバッグの挿入スペースが少なかったことや、時間の経過と共にシリコンバッグがよれてしまったりする場合があるんです。

それでは、シリコンバッグの除去・抜去手術がどのように行われるのかを説明していきますね。

麻酔はクリニックによりますが、静脈麻酔や局所麻酔を行います。

抜去切開する部位は、脇の下、胸の下、乳輪の周囲のいずれかになりますが、切開する部位はクリニックによっても違いますし、胸の状態によっても変わります

そして、2センチから5センチ程度切開して、カプセル状の被膜をはがしてシリコンバッグを除去・抜去していきます。

シリコンバッグの種類にもよりますが、シリコンバッグの一部を切って中身を吸いとった後、バッグ本体を取り出す方法もあります。

シリコンバッグが入っていた部分を洗浄し消毒後、切開部位を縫合して消毒します。

胸をバストバンドなどで固定して終了です。

術後の腫れや痛みなどは軽く、通常1週間後に抜糸となります。

手術は難しいものではなく、15分から1時間ほどで終わります。

次に、シリコンバッグの除去・抜去手術はどのくらいの料金がかかるのかを見ていきましょう!

シリコンバッグ豊胸の除去・抜去手術の料金の相場は、大体20万から50万円くらいです。

他のクリニックで挿入したシリコンバッグを除去・抜去する場合は、割高になる場合があります。

その他、麻酔代、MRIや血液検査料金などが別途必要になるクリニックもあります

シリコンバッグの除去・抜去手術の詳細や料金の相場について説明しました。

手術自体はそんなに難しいものではないことがわかりましたね。

ただ、シリコンバッグを除去・抜去すると、当然ですが豊胸効果はなくなり胸が小さくなりますね

また、シリコンバッグを入れていたため皮膚が伸びていたり、乳腺や大胸筋などの組織が圧迫されたことによって薄くなっていたり弾力がなくなっていることがあります。

そのため、シリコンバッグの除去・抜去後に胸が垂れたり形が悪くなってしまう可能性があります。

人によっては、胸の下垂の程度が大きくなる場合も…。

このようなことから、以前と同じ胸の大きさや形を維持することを望んで、除去・抜去手術だけで終わらず、再び豊胸手術を受ける方が多いんです。

シリコンバッグの除去・抜去手術は比較的簡単な手術だということを説明しましたね。

ですが、長い間シリコンバッグを入れていたり、シリコンバッグが破損していたりすると取り出す方法が変わる場合もあります。

シリコンバッグの破損、カプセル拘縮、胸の変形、しこりなどの問題があれば、医師による技術がとても重要になるのは当然ですよね。

クリニックや医師の技術によって仕上がりや安全性が変わるので、信頼できる医療機関を見つけることが大切なんです!

カウンセリングをしっかり受け、手術の方法、リスクやデメリット、料金など、納得できるクリニックを選ぶようにしましょう。

安心して手術が受けられるクリニックとしては、聖心美容外科クリニックがあります。

聖心美容外科クリニックは、開院して20年以上経つクリニックです。

  • 個室、半個室の用意や受付時間が重ならないようにするなどプライバシーを重視
  • 医師によるカウンセリングを実施
  • 手術後、医師による無料のチェックがあり、アフターケアも充実
  • 一般病棟で経験のある常勤医師を採用し、一定期間指導医の元で技術トレーニングを行う
  • 満足いかなかった場合などには、再手術などが受けられる保証制度がある

このような特徴があります。

シリコンバッグの除去・抜去費用は、麻酔代込みで432,000円(税込)と血液検査代5,400円(税込)となっています。

手術当日は、専門スタッフによる24時間対応可能な電話によるアフターケアをおこなっていますので、術後に不安な方も安心ですね。

次に、聖心美容外科クリニックの評判を見てみましょう。

聖心美容外科クリニックで手術を受けた人の口コミ

口コミを見てみると

「症例数が多いことでr決めました。ホスピタリティあふれるアフターケアでした」

「とても感じがよかったです」

「カウンセリング時も術後もしっかりお質問に答えてくださった」

とのこと。

聖心美容外科クリニックでシリコンバッグ豊胸の除去・抜去手術を受けた方は、医師に対してはもちろん、看護師や受付スタッフの方たちの対応の良さに満足しているようです。

症例数の多さで選んだ方もいらっしゃいますね。

手術前のカウンセリングや手術後の対応もきちんとしているとのことですので、安心して手術が受けられそうですね。

自分が信頼できる医師やスタッフさんを見つけることが大切ですね♪

シリコンバッグの除去・抜去手術について説明してきましたが、いかがでしたか?

手術を受ける上で大切なのは、こちらで紹介した聖心美容外科クリニックなどのような信頼できるクリニックを選ぶことですよ!

合わせて読んで!オススメまとめ

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。