小学生の胸の悩みベスト5【とっておきの解決方法を教えます!】

 

小学生は胸が成長しはじめる時期・・・でも戸惑うことも多い

バストアップ 悩み

女性なら誰でも一度は悩むことのある胸の悩み。

体が変化し始める小学生の成長期から悩むかたもたくさんいらっしゃいますよね。

小学生でも、『友達がブラを付け始めた』とか『周りの子と自分の胸の大きさをつい比べてしまう』とか。

親御さんでしたら、『体のことはなかなか親に言いにくいのでは・・・』

と心配になられているかと思います。

 

今回は、小学生の胸の悩みについて、考えていきます。

今抱えている悩みに当てはまるものが見つかるはず!一緒にゆっくり解決していきましょうね。

 

小学生の胸の悩みは人それぞれ

 

胸の悩みは人それぞれ。その人に合った解決方法を探していきましょう。

 

小学生には成長期ならではの胸の悩みがある

胸が大きくなってくるということは、大人の女性になる大きな一歩ですよね。

そしてその成長期も、個人差があるのが当たり前なんです。

小学生では早めなので、周りと比べる気持ちもよくわかります。

ですが、とても大切な成長期だからこそ、周りと比べすぎて成長中の胸に負担をかけてはいけません。

 

小学生の胸の悩みベスト5をご紹介!

さて、ここからは具体的な小学生の胸の悩みをベスト5にしてわかりやすくまとめていきます。

じっくりと見ていきましょう。

 

5位:乳首が痛い&かゆい

 

乳首が痛がゆいのは、胸がふくらみかけている時期にはよくあることです。かいたりしないように気を付けましょう。

 

4位:胸全体が固くて痛い

 

固くて痛いのは小学生の体と同じく、胸が成長している証。バストアップをしようとしているんです。

 

3位:胸が大きいのが恥ずかしい

 

 

これは個人差がありますよね。

しかし、無理やり小さくしようとするのは、小学生という大切な成長期にはお勧めしません。

 

2位:ブラジャーを着けるのが恥ずかしい

 

小学生で、周りでブラジャーをつけている人が少ないとわかると、つけにくくなってしまいますよね。

ですが、ご自分の成長に合わせて胸を守ってあげてください。

 

 1位:胸を大きくしたい

 

バストを大きくすれば悩み解決!

 

何度も記載していますが、成長期に胸を無理に大きくしようとするなどの胸への負担は避けてくださいね。

原因と解決法①:乳首が痛い&かゆい場合

バスト

胸が成長し始めているのが気になると同時に、乳首のかゆみや痛みがありませんか?

これは『乳頭期』といって胸が成長している証で、膨らみかけている時期にはよくあることです。

その後は、乳首のあたりがだんだん固くなって盛り上がり、乳輪が少し膨らんだ感じになっていき『乳輪期』に入ります。

このように、胸も段階を踏んで成長しているため痛みやかゆみがありますが、この時期はとてもデリケートな時期

無理にかいたりこすったりせず、あまりにもひどいかゆみのときには皮膚科に行きましょう。

原因と解決法②:胸全体が固くて痛い場合

胸の痛み

乳首の痛みやかゆみの他にも、胸全体が固く痛くなってきます。

小学生から10代にかけてのこの時期は胸が固いのが特徴なのです。

この痛みは病気ではなく、乳腺の発達の途中段階に起きることなので、無理に動かそうすると痛むことがあります。

まだまだこれから発達し続けていくので、その都度自分の胸にあった下着をつけるように心がけてください。

 

原因と解決法③:胸が大きいのが恥ずかしい場合

バストアップマッサージ

胸が成長してくると、女性ホルモンというのが10歳ころから盛んに出てきて、乳腺が発達していきます。

この発達を止めることはできません。胸は、この乳腺と脂肪で大きくなっていくのです。

大きいのが恥ずかしいからと体に合わない下着で無理に押さえつけたりせず、大きさにあった下着を堂々とつけてくださいね。

また、小学生にはスポーツブラもおすすめです。

これを付けると胸の上下をしっかり固定し、揺れを抑えてくれますので、揺れた時の痛みも軽減してくれると思います。

 

原因と解決法④:ブラジャーを着けるのが恥ずかしい場合

バストマッサージ

初めてのブラジャーは恥ずかしい思いもありますよね。

友達はつけているのか気になったり、親に買ってもらいたくても言うのが恥ずかしいと思うこともあるのでは…。

しかし、成長期にブラジャーを着けることは発育途中の胸や乳首の保護をするのにもとても大切なんです。

ホックの無いタイプにしたりブラジャーの色を白にしてみたり、上にタンクトップやキャミソールを1枚着るとカバーできますよ。

 

小学生から着けるブラジャーはコレがおすすめ!

小学生では、ブラジャーを選ぶのにも色々悩んでしまいますよね。

大切な成長期の胸を守るためにおすすめのブラジャーを紹介します。

ワコールのジュニアブラジャーは、3つのステップに分けそれぞれの成長期に合わせてつけられるようになっています。

・『乳頭期』に悩んでる方には、クッション性のある柔らかい生地で乳首を保護してくれるもの。

・『乳輪期』のようにどんどん成長していく胸には、膨らみにフィットするような付け心地のもの。

・立体的にはなっているけれどまだ大人用では早いかも…という方に、大人用とは違ったワイヤー入りの

優しく胸を支えてくれるもの。

この3ステップのブラジャーで、優しく胸を保護していければと思います。

 

また、ブラジャーを選ぶときには試着をしたり、採寸をしてもらってから購入するようにしてくださいね。

体に合ったものをつけるように心がけてください。

 

原因と解決法⑤:胸を大きくしたい場合

体の成長のように、胸が大きくなり始めるのも個人差は大きいものです。

今胸が小さいからといって無理やり大きくしていくのも難しいので、まずは今無理なく出来るバストアップ法を紹介します。

 

 

運動と睡眠

バストアップにも、運動をすると効果的なものがあります。

それは、大胸筋上腕三頭筋のトレーニングです。

これらのトレーニングをすることでバストが持ちあがり、胸や上腕三頭筋を引き締める効果が見られます。

 

それから、睡眠を十分にとることも大切です。成長ホルモンが盛んに分泌されるのは睡眠中です。

この成長ホルモンは、バストアップに効果をもたらす女性ホルモンの分泌も盛んにします。

よく眠れていないと、胸を大きくしてくれるエストロゲンというものの分泌が妨げられてしまいます。

 

 

サイズの合ったブラを着ける

ブラジャーを買うときに、サイズを目で見ただけで買ってしまうと本当に合っているのかわかりません。

サイズの合わないものを付け続けていると、胸が小さくなってしまうこともあります。

バストそのものの型崩れもおこしてしまいますよ。

 

 

マッサージをする

マッサージも効果的です。しかし、痛みが出るまでやったりやみくもに揉んだりするのは逆効果です。

 

1.鎖骨の部分を、中心からわきの方に向かって円を描きながらほぐしていきます。

2.胸の中心部分から外側に向かって、ぐるりと胸のまわりをマッサージします。

3.マッサージをすることにより、わきの方へ流れてしまった脂肪を胸の中心に向かいかき集めるようにします。

 

 

バストアップマッサージを動画でも確認!

動画でわかりやすく説明されていますので、無理のないよう出来る範囲で実践してみてください。

 

【注意】小学生が胸を大きくしたいなら無理は禁物!

悩む女性

胸を大きくしたい気持ちは大人でもあることなのでわかりますが、発育途中の体では無理をしてはいけません

例えば、小学生の体の段階でサプリメントを使うと体にかなりの負担がかかります

生理の始まったばかりの体で女性ホルモンもバランスがしっかりとれていないため、子宮の病気や吐き気、頭痛等も引き起こす可能性があり大変危険です。

ダイエットもよくありません

小学生の成長に必要な栄養素を摂取できなくなると、もちろん胸の発育にも影響が出ますよ?

もしダイエットをしたいなら、しっかりと三食を食べたうえで間食をせず、適度な運動をすることが一番のおすすめです

 

胸の悩みは大人の女性への第一歩!焦らず大切に育てましょう

いかがでしたか?

胸についての悩みを解決するお手伝いはできましたでしょうか。

小学生の今は、まずは胸の成長を妨げないことが大切ですね。

上記でも申し上げたように、成長段階は人それぞれですから、焦らず自分の体とゆっくり向き合って、素敵な大人の女性を目指してくださいね。