最も安全な豊胸手術は一体どれ?豊胸手術の種類・違い・安全性を解明!

 

どうせ受けるなら1番安全な豊胸手術が良い!

豊胸

 

 

豊胸手術を受けようか考えているけど、安全性が心配…。

1番安全な豊胸手術はどんな手術なの?

現在の豊胸手術は、どの手術方法も安全性が高くなっています。

豊胸手術の種類も様々で、それぞれの施術方法によってリスクも異なってくるんです。

もちろん、安全性も種類によって違ってきます

まずは、豊胸手術の種類と、それに伴うリスクについて知っておくことが先決です。

 

豊胸手術の<種類>と<違い>

豊胸手術

 

豊胸手術と一言に言っても、様々な種類があるのをご存じでしょうか?

豊胸手術は主に3種類の手術方法がありますので、それぞれの豊胸術についてご説明していきます。

 

1)ヒアルロン酸を注入する方法

ヒアルロン酸注入の豊胸術は、豊胸手術の中で最も手軽に受けることのできる手術です。

その名のとおり、ヒアルロン酸をバストに注入するというものです。

1回に入れられる容量は100㏄程度で、カップは1カップアップくらいが目安です。

1度で大きくバストアップすることは難しいのですが、メスを使わず注射で注入するため、傷跡が残りません。

手軽な施術なので、カウンセリングを受けた当日に施術することもでき、ダウンタイムが軽く済むのも特徴です。

料金も他の豊胸術に比べ、安価です

また、少量を数回に分けて注入することも可能なため、周囲にバレることなくバストアップすることが可能です。

ただ、注入したヒアルロン酸は1~2年かけてゆっくりと身体に吸収されていきますので、いずれサイズが元に戻ってしまいます。

 

2)脂肪注入を行なう方法

脂肪注入豊胸は、腹部や臀部、太ももなどから自身の体脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法です。

バストアップと痩身が同時に叶う、一石二鳥の豊胸術ですね。

自身の体脂肪を注入するので安全性も高く、異物を入れたくない人には安心。

1回の施術で、1~1.5カップアップが望めます。

現在の脂肪注入豊胸の技術には、

①吸引した脂肪をそのまま注入する方法。

②異物を除去して注入するピュアグラフト豊胸。

③異物を除去しさらに活性化した幹細胞を追加して注入するセリューション豊胸。

以上の3パターンが存在します。

①、②、③の順に料金は高くなっていきますが、その分生着率が高くなり、しこりなどのリスクも軽減します。

 

3)シリコンバッグを挿入する方法

シリコンバッグを挿入する方法は、豊胸の代名詞とも言える施術方法。

豊胸術と言えばシリコンを挿入する、というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

シリコンバッグを挿入する豊胸術は、乳腺下や大胸筋膜下にシリコンバッグを挿入し、バストアップをはかります。

一気に2〜2.5カップほど、バストアップすることも可能な施術です。

ヒアルロン酸や脂肪注入は、注入直後の大きさを保つことが難しいですが、シリコンバッグは小さくなることがないので、大きさを保つことができます

ただし、体の一部にはなりませんので、他の豊胸術と比べると感触や胸の動きがどうしても若干不自然になりがちです。

 

豊胸手術の【安全性】はどのくらい?

1950年代

 

豊胸術の歴史は古く、1950年代から始まっています。

そのころは、シリコンやパラフィンと呼ばれる石油を原料とした、炭水化物化合物を注入するものが主流でした。

しかし、安全性は低く、パラフィンなど身体によくないものを使用していましたので、豊胸術が原因で感染症や注入部の組織炎症や破損が多くみられていました。

シリコンバッグも、以前のものは安全性が低く、バッグが破損したり癒着したりというトラブルが多発していたといいます。

乳がんの原因となっていたこともあり、一時は使用を禁止されていたこともあったようです。

脂肪吸引豊胸は、1987年に開発されましたが、当初は脂肪がうまく定着せず石灰化するというトラブルがありました。

現在は、医療技術が進歩し、どの豊胸術も安全性が高くなってきています

シリコンバッグも身体に害のないもの、破けないもの、状態が分かるようにマイクロチップが内臓されているものなど、種類が豊富になり、選べるようになっているんです。

脂肪吸引豊胸も、生着率を上げるための技術が向上しており、昔のようなトラブルは格段に減少しています。

万が一のことがあっても、アフターケアが手厚いクリニックも多いですね。

 

知っておきたい豊胸手術の<リスク>

リスク

 

安全性が高まっているとはいえ、豊胸術も手術であることに変わりありません。

身体を切ったり、異物を注入することで起こりうるリスクは、知っておいた方がよいでしょう。

 

1)後遺症が出る可能性がある

後遺症とは、術後から何かしらの症状や異変が現れて、生活に支障をきたすことを言います。

豊胸術の場合、特にシリコンバッグを挿入した時に、拘縮と言ってバストの組織とシリコンバッグが癒着を起こし、固まってしまうということがあります。

すぐにこのような状態になるわけではないですが、稀にこのような後遺症が出る場合があるのです。

脂肪注入豊胸では、施術方法によっては、しこりができやすいことがあります。

こちらも全ての人にできるわけではなく、体質にもよるため、そのようなリスクがあることは覚えておくとよいでしょう。

 

2)思い通りの仕上がりにならない可能性がある

豊胸術を受ける際、こんな形にしたい、手触りは自然な方がいい、大きくバストアップしたい、など希望があるかと思います。

ですが、施術を受けてみたら、こんなはずじゃなかった!なんていうことも。

また、大きさに関して言えば、身体に何%かは吸収される脂肪注入豊胸などでは、生着率の問題で思うようなバストアップができないこともあるかもしれません。

施術前にカウンセリングがあるクリニックがほとんどですので、どんな仕上がりを望んでいるのかを明確に伝えておくことが、リスク軽減につながります。

 

3)術後の痛みや感染症の可能性がある

豊胸術を受けた後、ダウンタイムと言って体を安静にして、休まなくてはいけない時間があります。

手術後から数週間は、施術による痛みや腫れ、内出血、むくみが著明で、身体が回復しようとしています。

その期間を過ぎてからも痛みがひどかったり、期間中でも腫れがひどかったりしている場合は、感染症など二次的な症状となっている可能性があるのです。

ダウンタイム中の注意事項については、それぞれのクリニックで説明がありますが、明らかにおかしい場合は早期に対応してもらうことが必要です。

 

どの方法でも手術!“100%安全なものはない”

手術

 

上記で説明してきたリスクについては、可能性としては低いものばかりです。

ですが、100%安全ということはないことを覚えておきましょう。

豊胸手術は、あくまで手術なんです。

一般的な手術と同じで、身体にメスを入れることに変わりはありません。

いくら「安全性が高い」と言われる豊胸術でも、リスクを0にすることはできないのです。

だからと言って、いたずらに怖がる必要もありません。

それぞれの施術方法やリスクを正しく理解し、医師の説明もしっかりと聞いておくことが、安全性を高めることにもなるのです

 

 

クリニック選びが安全な豊胸への第一歩!

クリニック

 

 

では、より安全な豊胸術を受けるためには何をすればいいのでしょう?

自分でできることと言うと、それぞれの豊胸術とリスクについて詳しく理解し、どの豊胸術を選択するかを決めることですね。

それ以外の要因としては、クリニックや医師選びがとても重要となります。

豊胸術を受けるクリニックや医師の腕で、仕上がりや安全性は全然違ってくるのです。

症例数や症例写真、口コミでの評判、万が一の時に保証制度はあるか、などが判断要因となります。

より安全性の高い豊胸術を受けるために、「ここだったら任せられる」と思える医療機関を見つけることがとっても大切です。

 

豊胸手術のクリニック選びの【ポイント】

ポイント

安全性の高い豊胸術を受けるためには、自分に合ったクリニック選びが重要ということでしたね。

クリニック選びのポイントをここで押さえておきましょう。

 

1)信頼出来る医師かどうか

まずは、医師選びです。

実際に豊胸術を執刀する人なわけですから、「このお医者さんなら自分のバストを任せられる」、と思える医師を探します。

カウンセリングを丁寧にしてくれるか、自分のコンプレックスを理解し寄り添ってくれるのか、実績はどうか、などが決め手となるかと思います。

クリニックへ足を運び、医師の顔を直に見て話してみるのが1番ですが、遠方の場合はそうはいきませんのでメールでのカウンセリングを受けてみるのも1つの方法です。

美容外科医師に関する口コミもありますので、そういったものも利用してみるのも良いでしょう。

 

2)リスク・後遺症・費用に関する説明がしっかりしているか

後遺症や術後に起こりうるトラブル、かかる費用についての説明をきちんとしてくれるかどうかも重要なポイント。

いいことばかり並べ立てて、リスクについての説明が無いようなクリニックは信頼できませんよね。

トラブルやリスクについての説明と、万が一そうなった時の対処方法や、その際の保障についてまで説明があれば安心です。

また、決して安い施術ではないので、費用についての説明も細かく丁寧にしてくれるクリニックも良心的で好感が持てます。

 

3)クリニックの実績や口コミもしっかりチェック

実際にそのクリニックで施術を受けた人の生の声も、とても参考になります。

多くの口コミを見ることで、そのクリニックの傾向を知ることができます。

例えば、医師の人柄、受付や看護師の対応、院内の清潔感、設備の充実度など、実際に体験した人にしか分からないようなことも知ることができます。

もちろん、個人的な感想ではありますが。

実績については、やはり症例数の多いクリニックが信頼性、安全性が高いと考えられます。

また、得意な施術がクリニックによって違うこともありますので、口コミやクリニックのホームページを参考にすると良いでしょう。

 

安全性を求めるなら<聖心美容外科クリニック>がおすすめ

聖心美容クリニック

 

聖心美容クリニックは、前身である聖心美容外科の時代から20年以上続いている実績ある美容クリニックです。

全国に9か所のクリニックを展開しています。

豊胸手術の種類も豊富に用意されており、定番のヒアルロン酸、脂肪注入、バッグプロテーゼ豊胸の他に、アクアフィリングという新しい技術を用いた豊胸術を日本で初めて導入したクリニックでもあります。

安全性、仕上がりにも細かな配慮がされており、術後のアフターケアや無料検診も行っています。

 

脂肪注入豊胸では、セリューション豊胸という豊胸技術で日本一の症例数を誇っています。

セリューション豊胸術は、脂肪から不純物を除き濃縮(ピュアグラフト)したものに、活性幹細胞を加えて注入する豊胸術。

通常の脂肪注入やピュアグラフト豊胸に比べ生着率が高く、しこりもできにくいとう利点があり、臨床研究でも安全性が証明されている豊胸術なんです。

 

アクアフィリング豊胸は、ヒアルロン酸豊胸のように手軽で、脂肪注入と同じような自然な手触り、バッグプロテーゼと同じくらいのバストアップも可能、という他の豊胸術の良いとこ取りのような豊胸術。

安全性も高く、98%が水分でできている薬剤で、ヒアルロン酸の6~8倍長持ちするといわれています。

各種学会への参加や講演会等の研修活動も盛んに行われており、勉強熱心な先生が多いことも分かります。

費用は、他院に比べるとやや高めの設定となっていますが、高い技術と安全性が得られると考えれば納得の料金設定ですね。

 

聖心美容外科クリニックで豊胸手術を受けた人の口コミ

 

両胸で240cc注入し、1カップアップしました。胸上部のボリュームも出て左右差も解消されたので満足です。
出典:e-kuchikomi.info

大満足、長年のコンプレックスが解消され自信を持つようになった。水着選びも楽しくなり、洋服の幅も広がった。もっと早く手術すればよかったと思う
出典:e-kuchikomi.info

バストだけではなく、気になる太ももが細くなったので、いろいろなファッションを楽しめるようになりました。現在、手術からちょうど1年ですが、バスト、太もも、ともに自然な仕上がりを維持できています。
出典:houmannbreastngy.net

聖心美容クリニックの先生のカウンセリングはとても丁寧で色々な不安を解消してから手術を受けることができました。色んな豊胸法の中から私に合った方法を提案して頂いた結果、自分の理想以上のバストを手に入れることができました。
出典:xn--kpu35s3vrixg66evxe.com

 

聖心美容クリニックで豊胸を受けた方たちは、皆さん仕上がりに満足されているようです。

他院に比べ、カウンセリングがとても丁寧だという口コミも。

豊胸術を安全に受けるためには、カウンセリングはとても大切です。

聖心美容クリニックの医師やスタッフの皆さんは、物腰が柔らかく丁寧に接してくれるという口コミもあり、手術前の緊張を少しでも和らげてくれるよう配慮してくれているようです。

 

安心できるクリニックを探して安全な豊胸手術を!

安心のクリニックを

安心・安全に豊胸手術を受けるためには、丁寧なカウンセリングを行ってくれて、自分のバストの悩みを親身に受け止めてくれるクリニックがおすすめです。

これから豊胸手術を受けようと考えている方は、ぜひ参考になさってくださいね。