胸を小さくする手術の種類や値段はどれくらい?メリットとデメリットを詳しく解説

胸を小さくする手術を検討しているアナタの疑問や不安をまとめて解消!

脂肪豊胸に向いている人

胸を小さくしたいと悩んでいる人は、年々増加傾向にあるようです。胸の小さい人にしてみれば贅沢な悩みかもしれませんが、胸が大きすぎることによって体調も悪くなったりと、胸の大きい人にとっては深刻な悩みですよね。

今まで小さくしようと色々な努力をしてみたけれど効果がない、といった人には胸を小さくする手術は最後の手段ですよね。ただ、手術ということで不安もあると思います。そこで今回は、胸を小さくする手術を詳しく調べてみました。これを読めば疑問や不安を解消できるはず。早速見ていきましょう!

その前に手術をするならクリニックはどこにしたらいいか気になっている方に先行しておススメクリニックをご紹介しましょう。

そのクリニックは、患者さんのこだわりの寄り添って納得のいくまでカウンセリングをしてくれます。

カウンセリングから術後のケアまでドクターが受け持ちますので安心感があります。

\納得のできる手術が受けられる/

 

胸を小さくする手術の種類は大きく2つ

胸を小さくする手術とはどんなものがあるのでしょうか?大きく分けると2つあるようです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①リダクション法

乳房縮小

リダクション法とは「乳房縮小術」というもので、大きいバストを縮小し形を整える方法です。どんな施術かというと、バストの余分な脂肪・皮脂・乳腺を除去し乳輪や乳頭の位置を上にあげる方法です。この手術では乳輪も小さくできるそうです。

リダクション法は、バストが大きいせいで垂れてしまったという人におすすめ。ただ、この手術では痕がT字に残ってしまいます。それがイヤな人はアンダーと乳輪周囲を切開し脂肪や皮脂を除去。乳輪と乳頭を移動させる釣りあげる方法もあるようですが、こちらの施術方法は横方向の縮小ができないとのこと。つまり、横幅が広くなく縦長に垂れてしまった人には可能な手術です。

 

②脂肪吸引法

脂肪吸引法

胸を小さくする手術として脂肪吸引法もあります。自分の体にメスを入れるのは怖い、手術痕が残るのはイヤ。という人には、この脂肪吸引法がおすすめです。

この手術はアンダーラインに沿って3~5mm程度の穴をあけ、そこから脂肪を吸引するというもの。時間が経過すると、その穴もなじみ目立たなくなります。しかも、短時間で手術も終わり当日帰宅することも可能忙しい人や、他の人に知られたくない人には嬉しい手術です。

また、胸の大きさは女性だけでなく男性にもあるもの。太り気味で胸も大きくなってしまった男性にも施術可能な手術なんです。

 

胸を小さくする手術の値段

手術の費用

胸を小さくする手術の方法はわかりましたが、気になるのはお値段ですよね。それぞれの費用を調べてみました。

 

①リダクション法の場合

リダクション法を施術した場合、バストの状態や希望する大きさにもよりますが相場は50万~100万円くらいです。ただし、皮膚や乳腺を同時に除去する場合はさらに値段が高くなります例えば、乳輪や乳頭の位置をあげる手術は別料金で約30万円ほどかかる病院もあるようです。

また、病院によっては全て含まれた金額を提示しているところもありますのでインターネットなどで調べたりしてみてくださいね。病院に問い合わせるときは、全ての施術が含まれているのか別料金が発生するのか聞いてみましょう。

 

②脂肪吸引法の場合

脂肪吸引法の場合、リダクション法よりも安価で平均して30万円代のようです。病院によっては、もっとお安い場合も。

脂肪吸引法には、ベイザーリポを使用した施術もあります。ベイザーリポとはカニューレの先端からベイザー波と呼ばれる特殊な振動エネルギーを発生させる方法。それによって、脂肪を乳化させ吸引の精度をあげるといったものです。このベイザー脂肪吸引法も30万円代の病院が多いようです

リダクション法に比べて安価と言っても、やはり30万円は大金ですよね。病院によっては分割で支払いが可能なところもありますので、病院に問い合わせる際にぜひ聞いてみてくださいね。

おススメする聖心美容クリニックの料金はのちにご紹介します。

聖心美容クリニックは様々な悩みに対応し多くの実績と高い技術を誇っています。

\豊かな対応力と真剣なこだわりを持ち合わせる/

胸を小さくする手術を受けるメリット

バストアップ 

やはりメリットがないと手術はしたくないですよね。胸を小さくする手術を受けるメリットとは?詳しく見ていきましょう。

 

(1)形や下垂も改善することが出来る

胸が大きい人の悩みに、年齢や授乳による形の崩れや下垂してしまうといった事もありますよね。仕方がない事とはいえ、やはりきれいな形や上を向いている胸は憧れるもの。

胸を小さくする手術によって、胸が小さくなる事はもちろん胸の形も良くなります。胸を小さくする手術を受ける際には、自分の希望の胸の大きさを決められるので小さくなりすぎるという心配はありません。

大きくて形が崩れてきた、垂れ下がってしまって年齢より老けて見えるなんていう悩みも、小さくする手術によって解決できちゃいますよ

(2)肩こりや腰痛のリスクを軽減出来る

胸が大きすぎる人の悩みで、深刻な悩みといえば肩こりや腰痛なのではないでしょうか。

カップ数の質量を比べてみると、Aカップの人は70g×2に対してFカップの人は810g×2。なんと、約11倍の重さになるんです!その重さが、胸を支える大胸筋に負担をかけていると思うと、肩こりや腰痛になりやすいのが納得できますよね。

しかも、胸が大きい人はその胸を隠そうと猫背になる場合も猫背になると血行も悪くなり、より肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。胸を小さくする手術で胸の質量を軽くする事によって、肩こりや腰痛のリスクを軽減する事ができますよ。

(3)服や下着の選択肢が広がる

胸が目立つ洋服が着れない、ちょうどいいサイズの下着は地味なデザインのものが多い…。と今まで悩んだ事はありませんか?こんな悩みも、胸を小さくする手術で解決できちゃいます。

胸を小さくする事によって今まで他人の目が気になって着れなかった洋服や、下着も色々なデザインから選べるようになり、ますますおしゃれが大好きになるかもしれませんね。

胸を小さくする手術を受けるデメリット

注意

胸を小さくする手術のメリットに対して、デメリットはどんなことがあるのか、手術を受ける前にチェックしておきましょう。

 

(1)乳腺を傷つけるリスクがある

リダクション法の胸を小さくする手術を受けた場合、乳腺を傷つけるリスクもあります。乳腺は、一度傷つけたら元に戻すのは困難です。もし、乳腺に傷がついてしまうと体への負担は大きくなり、術後の回復が遅れてしまいます

医師の技術の腕にもよりますが、最悪のケースとして血流障害が起こってしまう場合も。このことを防ぐためにも、確かな技術を持っている医師に施術してもらいましょう。

 

(2)脂肪吸引の場合は萎んだ分垂れる可能性がある

脂肪吸引法だけで胸を小さくする手術を受けた場合、皮膚の切除は行いません。そのため脂肪が少なくなった分、皮膚が余ってしまい胸が垂れてしまう可能性があります。

病院によっては脂肪吸引と切除を一緒に行ってくれる場合もありますが、そうなると脂肪吸引法のみ施術するよりも傷痕が大きく残ってしまいます。これでは、脂肪吸引法のメリットである痕がわかりにくいといった事の意味がなくなりますよね。

吸引する脂肪の量にもよりますが、医師とよく相談したうえ確認した方がよさそうです。

 

(3)皮膚を除去した場合は元に戻すことが難しい

リダクション法などで皮膚を除去した場合も乳腺と同様、元の状態に戻すことは非常に困難です。しかも、施術した部分の傷痕はメラニン色素が生成されないため白くなってしまいます

手術痕が目立たなくなるかどうかは肌質によって違うようですが、色白の肌の人の方が目立ちにくいようです。

手術には不安がつきものです。大事なバストの事ならなおさらです。

聖心美容クリニックなら、心行くまで何度でも無料で相談できるので不安も小さくなるでしょう。

\質の高い美容医療が受けられる/

 

胸を小さくする手術を受ける前に確認すべきこと

確認するべきこと

胸を小さくする手術を受ける前に、ぜひ確認しておきたいことをまとめました。少しでも不安を解消するためには何をしたらいいのでしょうか?

 

(1)信頼出来る病院と医師か

まずは、信頼できる病院か・医師かを確認しましょう。胸を小さくする手術は、自分の体にメスを入れたり穴を開けてする手術。そうなると、やはり少しでも安心してから手術を受けたいですよね。

病院の公式サイトでは実績などがわかるものの、実際の口コミまではわかりません。もちろん、手術を受けた人もたくさんいますからいい評判ばかりではないとは思います。

しかし、口コミや周りの評判、自分でカウンセリングを受けた印象も大切。メリット・デメリットを考え、自分の納得のいく病院や医師を見つけましょう

 

(2)アフターケアはしっかりしているか

胸を小さくする手術をしたものの、アフターケアをしてくれない病院もあるようです

もちろん、一度の手術で何もないのが理想ですが、術後の胸の形や手触りなど不安が出てきたときに、しっかりとフォローをしてくれる病院だと安心してお任せできますよね。

アフターケアをきちんとしてくれるのかどうか。公式サイトや口コミで調べてみる、またはクリニックに直接問い合わせて確認してみましょう。

 

(3)通院期間とダウンタイムはどのくらいか

病院によって切開範囲や脂肪・乳腺の除去量により通院期間やダウンタイムが違います。

ダウンタイムとは、手術を受けてから日常生活に戻るまでの期間のこと。手術は短時間で終わっても、ダウンタイムが長いなんてこともありえますよね。

ダウンタイムが長ければ、仕事にいくのも大変なんてことにもなりかねません。胸を小さくする手術を施術した後のダウンタイムも確認しておきましょう

 

 

胸を小さくする手術で実績のあるクリニック【聖心美容クリニック】

聖心美容クリニック

胸を小さくする手術には、病院選びも重要。そこで、おすすめしたい病院は聖心美容クリニックです。1993年に開業、20年以上続く実績のあり、患者のことを大切にしている病院です。

患者がリラックスできるように、待合室は個室または半個室になっています。また、カウンセリングを重視し医師が直接話をしてくれます。そして、術後のケアもしっかりとしてくれるので安心です。

胸を小さくする手術の費用は、脂肪吸引法が33万円(税抜)、乳腺切除法65万円(税抜)、脂肪除去・皮膚のたるみ取り・乳腺切除をすると120万円(税抜)となっています。カウンセリングがとても丁寧、仕上がりがキレイと評判の高い病院です

術後24時間フォローアップがあり、無理な営業もないから安心して受けられます。

不安なことも疑問点なども何でも相談してみましょう。

\希望に沿う心強いクリニック/

 

胸を小さくする手術は信頼出来るクリニックで安全に受けよう

誰かに微笑む女性

胸を小さくする手術は、きっとあなたに自信をつけてくれるはずだからこそ、胸を小さくする手術は安全に受けたいですよね。あなたに合った信頼できる病院で、理想の胸になっちゃいましょう!

聖心美容クリニックではバストの大きさや形にこだわる施術で自分のなりたいバストが実現します。

先進的で自然な方法などいろいろなこだわりに対応してくれます。

不安はだれでもありますが、カウンセリングでその不安を溶かしていってくれるでしょう。

聖心美容クリニックでまずは相談してみましょう。悩んでいたことがスッキリするかもしれませんよ。

\満足できるクリニック/