目次

  1. 1 バストアップするなら腕立て伏せ!上向きおっぱいを手にいれよう
  2. 2 腕立て伏せがバストアップに効果的な理由とは
  3. 3 バストアップ効果抜群!【腕立て伏せ】の基本のやり方
  4. 4 【かんたんver.】バストアップ効果のある腕立て伏せのやり方
  5. 5 腕立て伏せのバストアップ効果を高めるために注意するポイントは
  6. 6 バストアップ効果を高める【腕立て伏せ】なら動画を参考に♡
  7. 7 大胸筋を鍛えてバストアップ

バストアップする方法の1つに腕立て伏せがあるのをご存知でしょうか?

腕立てはバストアップだけでなく、バストの維持にも大きく役立ってくれるトレーニングです。

ここでは腕立てに何故バストアップ効果が期待できるのかを説明していきます。

正しい腕立ての方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

腕立て伏せがバストアップに効果的な理由、それは大胸筋にあります。

腕立てと聞くと腕を鍛えるのかな?と思うかもしれません。

確かに腕立て伏せは腕の運動ですが、バストに必要な大胸筋も鍛えてくれる効果もあるのです。

 

<1>大胸筋はバストを支えている

大胸筋とは胸の上部のほとんどを占める筋肉のことで、胸の前部左右に扇形に広がっています。

人体の生命活動に大切な呼吸運動や、上腕の運動という役割を担っており、体にとって大切な筋肉の1つと言えるでしょう。

そんな大胸筋は男性なら逞しい胸板、女性なら胸の張りを出す役目もあります。

年齢とともに胸板が薄くなったり、胸が垂れたりするのは大胸筋が鍛えられていないからなのです。

大胸筋を鍛えることはバストの土台を作ることになります。

土台が大きくなればその分胸は大きくなるので、大胸筋のトレーニングはバストアップに効果的と言えるのです。

<2>腕立ては大胸筋を鍛える簡単な方法

大胸筋がバストを支える土台になっていることは説明しました。

では、鍛えるにはどの様な方法があるのでしょうか?

大胸筋のトレーニングにはダンベルを使用した方法もありますが、最も簡単なのは腕立て伏せです。

腕立てならやり方も簡単だし、女性でも無理なく続けられます

バストアップを目指す人も、バストの垂れ防止をしたい人も、腕立て伏せで少しずつ大胸筋を鍛えていきましょう。

一様に腕立て伏せと言っても方法は色々ありますよね。

正しい方法でバストアップしたい…。

ここではバストアップ効果が期待できる腕立ての方法を紹介していきます。

基本の方法をおさえてバストアップを目指しましょう。

<1>手をバストの真横より少し上につく

まず、手をバストの真横より少し上につきます。

よく肩と水平につく方がいますが、それは間違いです。

大胸筋にあまり効かない上に、肩を痛める原因になるので止めましょう。

手の位置はバストの真横より少し上あたりにおくようにしましょう。

手のポジションは大事です

<2>手の向きはまっすぐ

手をついた時に指が内側や外側を向いてはいませんか?

手が内側や外側に向いていると肩の可動域が小さくなってしまいます。

肘にも負担をかけることになるので、手の向きはまっすぐにしましょう。

手の向きに注意!

<3>腕を直角に曲げる

腕を曲げる時、肘を頂点に腕が直角になるようにしましょう。

キツくてできない!という方は無理をせず、まずは出来る範囲でやってみてください。

ただ、効果的な腕立ての方法は腕を直角に曲げることです。これを目標に頑張りましょう。

腕を直角に曲げる

<4>体と視線はまっすぐに

腕立てをする時、頭から足までが直線になるようにまっすぐに保ちましょう。

腰が上がってしまうと腕立て効果が半減します。バストアップにもなりません。

キツイ方はまず膝をついてもいいので、体をまっすぐ保つようにしましょう。

視線を前方に向けると背中が丸まらずまっすぐな体勢を保ちやすくなりますよ。

体をまっすぐに保つ

<5>腕を曲げる時に息を吸い、伸ばす時に吐く

腕立てに限らず、他の筋肉トレーニングにも通ずる呼吸法です。

これを意識すると腕立てが多少楽になります。

一番ダメなのは腕立て中に呼吸を止めてしまうこと。

力んで変な所に力が入ってしまい、体を痛める原因になります。

いきなり腕立てと言われても、慣れてないとキツいし続きませんよね。

ここでは女性でも続けられてバストアップ効果も期待できる簡単な腕立て伏せの方法を紹介していきます。

<1>膝付き腕立て伏せ

簡単な腕立てと聞いて最初に思い浮かぶのが膝付き腕立て伏せ

その名の通り膝をついて腕立てするトレーニング方法です。

体への負荷が減るので通常の腕立てより楽にすることができます。

膝付き腕立てをする際に注意すべき点は膝の位置です。

この時、四つん這いの位置に膝をついて行わない様、注意が必要。

四つん這いの位置に膝をつくと腰が上がり腕や大胸筋に負荷がかかりません。

膝付き腕立てをする場合は、うつ伏せになった時の膝の位置に膝をつくようにしましょう。

この時膝を曲げてスネが床に付かないようにするのが良いでしょう。

<2>壁を使う腕立て伏せ

壁を使う腕立ては、まず肩幅より狭い程度に足を開き、壁を正面に手を付きます。

次にゆっくりと肘を曲げて胸を壁に近づけます。そして3〜5秒その体勢をキープします。

この時背を曲げたり腰が引けたりしないよう、体をまっすぐに保ちましょう。

最後にゆっくり肘を伸ばして、これで一回です。これを10~30回。

壁では物足りないという人はベット椅子などでやってみましょう。

腕立て伏せでバストアップをはかる方法には注意点もあります。

しっかり目を通しておいて下さい。

<1>継続して行う

腕立てのような筋力トレーニングは3日続けただけでは効果を発揮しません。

継続して行うからこそ大胸筋が鍛えられ、バストアップに繋がるのです。

慣れない人は一日おきからでも大丈夫なので、続けてみてください。

<2>無理な姿勢で行わない

説明のところでも書きましたが、間違った姿勢で続けると体を痛める原因になります。

最悪胸の脂肪を燃焼してバストアップどころかサイズダウンしてしまう可能性も…。

腕立ては正しい姿勢をキープして行うように心がけましょう。

説明文で分かり難かったという方はぜひ動画を参考にしてください。

動画では膝をつく腕立ての方法も紹介しています。

バストアップに必要な大胸筋を鍛える腕立てとして紹介されているので、自分の腕立ての姿勢に自信のない方はご視聴あれ。

【1ヶ月筋トレ塾】DAY6 バストアップ腕立て

女性が腕立て(膝付き)を実演してくれる動画です。フォームが綺麗なのでぜひ参考にしてください。

大胸筋を鍛える筋トレ、バストアップ(壁フィットネス)大阪

こちら実演しているのは男性です。壁を使う腕立てとその応用の筋トレを教えてくれます。

腕立て伏せでバストアップする方法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

腕立てならお風呂を溜めている間やテレビのCM中のスキマ時間にできる簡単な方法だと思います。

バストアップの方法として紹介しましたが、腕立ては筋トレの1つでもあります。

筋肉がつけばその分基礎代謝も上がり、太り難い体にもなるわけです。

まずは5回からでもいいので始めてみませんか?

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。