目次

  1. 1 妊娠希望だけどプエラリアって飲んでも平気なの?
  2. 2 そもそもプエラリアって?
  3. 3 プエラリアは妊娠中・授乳中に飲んでも平気なの?
  4. 4 プエラリアを妊娠中・授乳中に避けた方がいい理由とは
  5. 5 妊娠中・授乳中に安心・安全で出来るバストアップ術
  6. 6 ママが健康で、元気でいられるようにすることが、バストアップに繋がる!

プエラリアは女性ホルモンを活性化させる作用があるため、バストアップや美容、そして妊活にも、おすすめされている成分です。

ただ、妊娠中授乳中には、赤ちゃんへの悪影響母乳への悪影響はないか、ちょっと不安ですよね。

ママの身体、赤ちゃんの身体、両方にどんな影響があるのか調査しました。

妊娠中、授乳中のバストケアには、

下垂防止も期待できるナイトブラの使用がオススメ です。

美しいバストライン、理想の谷間を維持できるのは…

タイやミャンマーなど亜熱帯地域の山岳地帯に自生するマメ科クズ属の植物です。

芋のような根の部分に、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲン・イソフラボンを豊富に含み、美容、バストアップに効果があるとして注目されています。

最近はサプリメントなども大人気で、さまざまな種類のものが販売されています。

食事や生活習慣など、なるべくからだの負担にならないように赤ちゃんへの悪影響がないように気をつけたいですよね。

プエラリアが、ママや赤ちゃんのカラダにどんな影響を与えるのかを、まとめました。

女性ホルモンの過剰分泌が続くと病気のリスクが高まります。あなたが女性ホルモンの分泌が足りている年代であれば、プエラリアの摂取はあまりおすすめできません。また生理中の摂取や妊娠、授乳期も副作用のリスクが高まるため控えた方がよいでしょう。

http://antiaging.akicomp.com/?p=8168

女性ホルモンの分泌がデリケートな妊娠中、授乳中には、ホルモンのはたらきに影響を与えるサプリを摂るのは避けましょう。_ http://hadalove.jp/pueraria-side-effect-24465

ホルモンバランスが変わることによる頭痛や生理不順、肌荒れなどの副作用があるとのことですが、妊娠中・授乳中はただでさえホルモンバランスが不安定。

そんな時には、女性ホルモンに影響を与えるような成分はなるべく避けたほうがいいでしょう。

なるべく不自然なものは摂らず、からだに優しい生活をすることが望ましいでしょう。

同様の理由で、プエラリアミリフィカの摂取は避けるようにしてください。 授乳時も、母親が摂取した成分が母乳を通して赤ちゃんの口へと運ばれることになるので、こちらも何らかの健康障害が起こる可能性が出てきます。 プエラリアミリフィカを摂取したいのであれば、出産後、授乳が終了してからにしましょう。

:http://www.hello7.jp/ninnsinn.html

一般的に、プエラリアのようなバストアップサプリを授乳中に飲んでもいいのかについて調べてみました。 それによると、やっぱり、プエラリアなどのサプリメントは飲まないようがよさそうみたいです・・・・。 プエラリア・ミリフィカはかなり強い女性ホルモン様の作用を示す成分なので、授乳中に飲んでしまうと、その成分が母乳に出てきてしまい、赤ちゃんの身体に入ってしまうそうです。

http://liliananajdorf.com/junyuuchuu.html

母乳は、お母さんが食べたもの摂取したものからつくられます。

授乳期に特別な栄養やサプリメントなどを摂取するのは、なるべく控えたほうが良いでしょう。

とくに、ホルモンに働きかける作用があるという点で、身体の基礎を作っている赤ちゃんにその成分が届いてしまうことによって、何かしらの悪影響になる可能性があります。

母親として、赤ちゃんの健康のために、最善を尽くしたいですよね。

なぜ、妊娠中・授乳中はプエラリアを控える必要があるのか?

具体的にどんな理由があげられるのか、くわしくまとめました。

<1>ホルモンバランスが崩れやすくなるから

妊娠中・授乳中は、ホルモンのバランスが普段と違って不安定です。

普段と違う不安定なところに、強いホルモン作用のあるプエラリアを摂取することは、ホルモンバランスを大きく崩してしまう可能性が高いです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、頭痛や吐き気などの体調不良が起こることがあり、妊娠中・授乳中の大事な時に体調を崩してしまうことはママにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。

からだへの影響は大きいので、妊娠中・授乳中には摂取を控えましょう

<2>赤ちゃんに届くと悪影響の可能性があるから

妊娠中は、へその緒を通じてお母さんの栄養が赤ちゃんに運ばれます。

授乳中は、お母さんの摂取したものが母乳になって赤ちゃんに届きます。

薬やサプリメントなど、強い作用のある成分をお母さんが摂取すると、それは赤ちゃんにも届くことになります。

ホルモンに強く作用するため、身体のちいさい赤ちゃんにとって強力な影響力があります。

赤ちゃんの健康な発育のため、摂取は控えましょう

<3>サプリメントには不明な添加物などが多いから

サプリメントの多くは、添加物が含まれています。

保存のため、保存のため、などさまざまな理由で添加されているのですが、それらの成分がからだに悪影響を及ぼすということもあるのだそうです。

余分な添加物をなるべく含まないものを選ぶ知識も重要ですが、特に安全安心に気をつけたい妊娠中・授乳中には、こうした添加物の害も極力避けるべきでしょう。

妊娠・授乳中は赤ちゃんに影響のない

外側からのバストケアが有効です。

Viageナイトブラは、脇肉補正・背肉スッキリ構造で

気になる産後のスタイル戻しにだって効果があります!

では、妊娠中・授乳中はどのようにバストケアをしたらいいのでしょうか。

サプリメントなどの力を借りずに、自分でできるケア方法をまとめました。

<1>バストマッサージ

胸やワキのまわりには、リンパの通り道や、ツボがたくさんあります。

マッサージで刺激を与えることで、リンパの流れが良くなり、それによって女性ホルモンの活性化にもつながり、結果的にバストアップにもつながります。

ただし、妊娠初期はバストへの刺激が子宮の収縮につながり赤ちゃんに悪影響のおそれもある為、妊娠後期に医師の了承を得てからマッサージしましょう。

<2>バストに合ったブラジャーで形を整える

出産が近づくにつれ、母乳の準備のためバストは大きくなり、授乳中は母乳をつくるため、普段よりかなりバストサイズは大きくなります。

授乳が終わると、普段のバストに戻ったり、小さくなってしまったり・・・

そのタイミングによって、バストサイズの変化が激しい妊娠・授乳期。サイズに合ったブラジャーでサポートしましょう。

Viageナイトブラは、伸縮力と圧着構造でバストにフィットしながら

理想のお椀型美乳を守ります。

妊娠前より魅力的なボディをGetするのも夢じゃありません…

<3>栄養バランスの良い食事

バストケアの為に、また、おいしい母乳のためにもママの元気のためにも、栄養バランスの良い食事はとっても大切ですね。

バストアップを気にして、偏った食事にならないように、バランスを重視した和食中心の食事がおすすめです。

バランスの良い食事を日々続けた結果、女性ホルモンが正常に働くようになり、バストアップにもつながっていくでしょう。

<4>バストアップに効果的なエクササイズ

胸を大きくするというよりも、エクササイズが目指すのは、ハリのある垂れないバストを保つことです。

胸のまわりの筋肉を鍛えることで、垂れたりしぼんだりしないしっかりしたバストをつくりましょう。

<5>こまめに睡眠をとる

夜中の授乳やオムツ替えなど、ママは睡眠不足になりがちです。

質の良い睡眠は、女性らしいからだを保つために重要な要素なので、なるべく赤ちゃんが寝たタイミングで、ママもこまめにお昼寝しましょう。

ママの体力、元気を保つためにも、睡眠はおろそかにしてはいけません。

妊娠中・授乳中は、ママが健康で、元気でいられるような努力をすることが、いちばん大切です。

結果としてバストアップにも美容にも繋がっていきます。

ホルモンバランスも不安定で、ましてや初めての赤ちゃんとなると不安なことも多いかもしれません。

先輩ママやお婆ちゃんに上手に頼って、おいしいご飯を食べて、赤ちゃんと一緒にお昼寝して、妊娠・授乳期を元気に楽しんでくださいね。

ボリュームアップしたバストケアにはViageが◎

妊娠・授乳中は嬉しいくらいにバストがボリュームアップします。

でも…何もしないで放っておくと、卒乳後に萎んだり垂れたり…

そうならないためにも、ナイトブラによるバストケアが大切です。

サプリを使えない期間だからこそ、より美乳キープに有効なものを選びましょう!

オススメは、着けて寝るだけでお椀型ボリュームバストを守ってくれる こちら↓


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。