タンパク質抜きにはバストアップできない!タンパク質と胸の深い関係とは

豆乳や豆腐がバストアップにいい理由は、ずばり”タンパク質”にあった!

 

顔に指を立てる女性

美しく豊かな胸は、多くの女性の憧れです。
少しでもバストアップしたい!そう思う女性は多いはず。

そんなバストアップの悩みには、女性ホルモンに似たイソフラボンが含れている豆乳や豆腐などの大豆製品が良いと言われます。

でもその効果はイソフラボンだけではなく、大豆に含まれるタンパク質にあったのです!

タンパク質は血液や筋肉をつくるイメージですが、実はバストアップに欠かせない大切な栄養素なのです。

では、タンパク質がどのようにバストアップに関わっているのか、順を追ってご説明しましょう!

 

 

知っているようで知らない【タンパク質】って何?

エッグバーガー

タンパク質は「筋肉の元」というイメージですが、糖質や脂質に並ぶとても大切な栄養素です。

三大栄養素である糖質は、車で言うとガソリンのような役割を持ち、脂質は脳の機能やビタミンの運搬などに欠かせません。

そしてタンパク質は筋肉だけではなく、臓器、血管、血液など体全体を構成しています。

さらに病気にかかりにくい体を作ったり、日々の代謝機能をつかさどるホルモンの原料ともなります。

つまり、体の機能をうまく働かせるために必要不可欠な栄養素なのです

不足すると筋肉量が減り、体力が落ち、病気にかかりやすくなります。
さらに集中力が落ちたり、女性らしい体を作る女性ホルモンの低下も招いてしまうことも・・。

ホルモンのバランスが乱れると、生理不順になることもあるので、注意が必要ですね。

タンパク質がバストアップに欠かせない理由とは?

バストのほとんどは脂肪でできていますが、バストアップに必要なのは、脂肪をバストへと導くことと、バストの形を美しく保つことです。

それにはタンパク質が欠かせないのですが、どのようにタンパク質がバストアップに関わっているでしょうか?

バストアップするにはまず乳腺

乳房の説明イラスト

バストを構成するのは9割の脂肪と1割の乳腺ですが、たくさん脂肪を摂取してもバストアップが期待できるわけではありません。
でも乳腺を増やすことができたら、9割の脂肪の全体量も増やすことができます。

その乳腺を増やすために必要になってくるのが、女性ホルモンのエストロゲン

そのエストロゲンは卵巣で作られる女性ホルモンの一つで、女性らしい体を作る働きをする、とても大切なホルモンです。

そのエストロゲンを体内で生成するために、材料となる良質のタンパク質の摂取は欠かせないのです。

 

バストを豊かにするためには酵素

ふっくらバスト

バストアップのためには、乳腺を増やし、脂肪を付けることが必要ですね。その脂肪もただ摂取すればよいわけではありません。

体内に取り込んだ脂肪から女性らしいバストを作るためには、酵素の存在が欠かせないのです。

酵素は腸での栄養の吸収や、その運搬も助ける働きがあります。
そして豊かなバストとなる脂肪を作る時や女性ホルモンを作る時も酵素が働きます

その酵素の原料のひとつにも、タンパク質があるのです!

美しいバストを作るためには、酵素の摂取や体内での酵素の生成は欠かせません。
そのために良質の脂肪とタンパク質を含むバランスの良い食生活を心がけましょう。

 

適度な大胸筋をつける

筋肉質の女性

せっかくボリュームのある豊かなバストがあっても、下に垂れてしまっていてはもったいないですよね。若々しい上向きバストには誰もが憧れます。

そしてその美しいバストの形を作り、維持するためには、適度な大胸筋が欠かせません。

大胸筋は文字通り筋肉ですから、タンパク質でできています。

大胸筋を増やすには、誰もが筋トレを思い浮かべますね。正解です。
でも、筋トレだけでは効率よく大胸筋を増やすことは難しいもの。

筋トレに加えて、その前後にタンパク質やアミノ酸を摂取することが、バストアップのための適度な大胸筋を増やす近道になりますよ。

 

タンパク質を上手に摂取してバストアップしよう!

タンパク質といっても、植物性のタンパク質もあり、動物性のタンパク質もあります。毎日の食事で上手に取り入れていくために、どのようなをものを食べれば良いのでしょう?

具体的な食品の例をあげてお話しますね。

 

毎日の食事に豆腐、納豆、味噌などの大豆製品

豆腐や納豆、味噌などの大豆製品は、良質の植物性タンパク質を含むだけではなく、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含みます。
バストアップにはもってこいの食品ですね。

毎日の食事にお味噌汁を取り入れ、ご飯のお伴に納豆を食べれば手軽に摂取できます。

和食を食べていれば自然と口に入るものばかりですから、無理なく摂取できますね。

 

外出先でも摂取しやすい豆乳

豆乳

豆乳も大豆製品ですから、豆腐や納豆などと同じように、良質の植物性タンパク質だけでなくイソフラボンを含みます

無調整豆乳は苦手な人がいるかもしれませんが、色々な味のものがあります。そのまま飲んでも美味しいですし、スムージーに混ぜたり、シリアルにかけても美味しく頂けますね。

コンビニでも買えるので、昼食時や休憩時間に手軽に飲めます。

バストアップしたいけど、忙しい!という女性にピッタリですね。

 

鶏肉料理を食べる

チキン料理

鶏肉は良質の動物性タンパク質が摂取できる食材でありつつ、胸肉やささみなど脂肪分の少ない部位もあるので、効率よくタンパク質を摂取できる、バストアップのためにとても優秀な食べ物です。

焼いて良し、煮て良し、揚げて良しで、和食にも洋食にも取り入れやすい食材ですね。

焼き鳥など居酒屋メニューにも多いですし、外食でも取り入れやすいですよ。

 

日本人大好き!赤身のマグロ

マグロ

マグロはアミノ酸を豊富に含む、良質の動物性タンパク質を摂取できる食材です。その中には、人間が体内で生成することのできない必須アミノ酸も含みます。

これらは健康を維持するためにも、エストロゲンを生成するためにも、ぜひ摂取したいアミノ酸です。

毎日お刺身を食べるのは現実的ではありませんが、ツナ缶を利用して、サラダやパスタに取り入れるのは簡単で、今日からでも始められますね。

 

種類豊富なチーズなどの乳製品

カプレーゼ

多くの乳製品は動物性タンパク質を豊富に含みますが、チーズは特に牛乳の栄養素がギュッと詰まったバストアップに効果的な食べ物です。

チーズのタンパク質は必須アミノ酸をはじめ、多くのアミノ酸を含んでいて、バストアップを効率的にサポートします。

様々な種類のチーズがあるので、朝食にもおつまみにも食べやすいですし、おやつとしても良いですね。

 

アレンジ自在の卵

卵焼き

バストアップに効果的な食べ物として、鶏肉を例にあげましたが、その鶏が産む卵もバストアップに効果的な食べ物の一つです。

良質な動物性タンパク質を多く含むので、エストロゲンの生成や大胸筋を増やす手助けをしてくれます。

ご飯にもパンにも合わせやすい卵は、毎日の食事に取り入れやすい食材ですね。
忙しいときは茹で卵でも良いですし、外食でも卵を含むメニューは豊富にあるので、ぜひ意識してみて下さい。

 

酵素を多く含むフルーツやお漬物

野菜果実

フルーツやお漬物は、ビタミンや食物繊維というイメージで、タンパク質というイメージはないかもしれません。

でもバストアップに必要なタンパク質の一種である酵素が豊富なものが多く、腸の消化吸収を助けることで、結果的に美しいバスト作りをサポートしてくれるのです。

バナナやキウイを常備しておけば、朝食に取り入れるのも簡単です。
キムチやぬか漬けもご飯と一緒に無理なく食べられますね。

 

 

バストアップのためのタンパク質摂取で注意するポイント!

 

バストアップのためと思って、あれもこれもとタンパク質を摂取していると、知らず知らずのうちにカロリーオーバーになっていることがあります。

タンパク質と一緒に脂肪分を多く取っていないかにも注意しましょう。

またタンパク質は、他の栄養素と違って分子が大きいので、消化吸収する内臓の負担が大きくなります。
腸だけでなく、アミノ酸からアンモニアを作る肝臓、尿をろ過する腎臓にも大きな負担を与えます。

またタンパク質の過剰摂取は、尿からのカルシウムの排泄が増えて、骨粗鬆症を招く恐れが!

タンパク質ばかりに気を取られて他の栄養素が不足しないように、色々な食材を組み合わせて、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

タンパク質でバストも体も美しく!

水着の女性

美しく豊かな胸をつくるためには、女性ホルモンが必要不可欠です。

そこにはタンパク質が深く関わっています。

摂取したタンパク質が消化され、吸収され、バストアップへつなげていくために、バランスの良い食生活と、適度な筋トレをしましょう。

それは健康にも良いことばかりで、体全体を美しくすることにつながります。

続けているうちに、きっと今より自分に自身が持てるようになって、もっと素敵な女性になっていることでしょう。

さあ、次の食事は何にしますか?