目次

  1. 1 今注目のバストアップ成分ボルフィリン!
  2. 2 そもそもボルフィリンって?
  3. 3 ボルフィリンのバストアップ効果とは
  4. 4 ボルフィリン配合のバストアップクリーム

女性にとって、カラダに関する悩みで上位に入るのは、「バスト」の悩みなのではないでしょうか。

「小さい」だけではなく、「ハリがない」、「形が悪い」など悩みは尽きませんよね。

頑張って大豆製品を食べてみたり、マッサージをしてみたり、色々やってもなかなか思うようには効果が出ないものです。

そんな悩みを解消してくれるかもしれないのが、今注目のバストアップ成分「ボルフィリン」です。

本記事では、気になるバストアップ成分「ボルフィリン」について、徹底的にご紹介いたします。

バストアップ成分のボルフェリン?

「ボルフィリン」とは、2007年にフランスの化粧品開発会社、セダーマ社が開発したバストアップ成分です。

ユリ科のハナスゲという植物の根から取れる「サルササポゲニン」を主な成分としたもので、バストアップに効果があるとして注目されています。

ボルフィリンが主成分のバストクリーム「ラシュシュ」は魅力的な女性を目指す人を応援します。

「ボルフィリン」は、バストアップに効果があると言われている成分なのですね!

では、「ボルフィリン」がどのようにバストアップにつながるのでしょうか。

ボルフィリンの嬉しいバストアップ効果について具体的にご紹介します。

 脂肪を分化し増殖させる

「ボルフィリン」に含まれる「サルササポニゲン」は、脂肪を作る刺激を与え、脂肪細胞の分化を活性化してくれるます。

バストは90%が脂肪分で出来ていますので、バスト部に塗ることによりその脂肪細胞を分裂して増やし、結果バストにボリュームを出してくれることになります。

これは、セダーマ社の臨床試験でも結果が出ており、ボルフィリン5%配合のジェルを1日2回、2ヶ月塗ったAカップ(300cc)の女性のバストが81cc大きくなったと紹介されています。

脂肪を蓄え、減りにくい

「ボルフィリン」には脂肪を蓄える働きもある上、増やした脂肪は減りにくいと言われています。

豊胸手術の手法である脂肪と注入するのとは違い、上記の様に細胞自体の数を増やしますので「ボルフィリン」塗布を止めたことにより急激にバストが小さくなるということもなく、比較的長持ちする様です。

 塗った部分にのみ効果がある

「ボルフィリン」は塗った部分にのみ効果がありますので、鎖骨からバストトップにかけてなど自分の好みの形になる様に、バストアップしたい部分を狙って使う事が出来ます。バストのみならず、痩せてしまいがちなデコルテなどに使用するのもおすすめです。

ボルフィリンの具体的なバストアップ効果をご紹介してきました。

大きくなるだけではなく、それが持続し、好みの形にもっていくことができる…とても魅力的ですね!

早速使ってみたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは、「ボルフィリン」配合のバストアップクリームについて、おすすめポイントを絞って3つご紹介いたします。

コスパ重視派に!「PEACH JOHN ボムバストクリーム リッチ」

女性下着メーカーで有名なピーチジョンが販売している「ボムバストクリーム リッチ」。

ボルフィリンの他にも、プエラリア、ザクロ花エキスなどバストアップに効果的な成分を配合し、さらにアルブチンなどのブライトニング成分、ヒアルロン酸などの保湿成分により、透明感があるしっとり肌へと導いてくれます。

価格が安く1本で約2ヶ月分とコスパもいいです。

さらに定期コースで割引もあり、初回サービスではバスト用マスクやボディクリームなど、うれしいオマケもついてきてかなりお得ですよ。

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。