2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 授乳後に伸びた乳首…どうやったら治すことができるの?
  2. 2 伸びた乳首は自然と戻る可能性あり
  3. 3 【自宅でできる】授乳で伸びた乳首を戻す2つの方法
  4. 4 確実に乳首を戻したいなら【乳頭縮小術】
  5. 5 伸びた乳首を治せる【乳頭縮小術】の特徴
  6. 6 【乳頭縮小術】で起こりうる3つのリスク
  7. 7 【乳頭縮小術】による授乳への影響はナシ
  8. 8 【乳頭縮小術】を受けた人の口コミ
  9. 9 【乳頭縮小術】は安全・安心なクリニックで!
  10. 10 【乳頭縮小術】なら聖心美容クリニックがおすすめ◎
  11. 11 授乳で伸びた乳首は治せる!乳頭縮小術であの頃の綺麗な乳首に♡

授乳で乳首が伸びてしまい、悩んでいるママさんはとても多いです。

赤ちゃんのためとはいえ、女性として伸びた乳首はショックですよね…。

でも、安心してください!

実は、伸びきってしまった乳首を元に戻す方法はあるのです!

この記事では、そんな乳首を小さくする方法を3つ紹介していきますので、自分に合った方法を見つけてくださいね♪

なんと、伸びた乳首は自然と戻る可能性もあります…!

授乳中は赤ちゃんが吸いやすい形になっているだけで、断乳してしばらくたつと、2~3ヶ月で授乳前のような形に戻ることが多いのだとか!

乳首が伸びてしまっても、まずは焦らず断乳後にしばらく様子をみてみるのがよいでしょう。

合わせて読んで!オススメまとめ

それでも、「いち早く元のかたちに戻したい…」と気になる方もいるでしょう。

ここでは、伸びた乳首が元に戻りやすくなるポイントをお伝えします!

新代謝を良くする

新陳代謝が良くなるとお肌がキレイになる、というのはご存知ですよね?

新しい細胞が生まれる作用で、お肌もキレイになるのです♡

もちろん、乳首にも同じ作用が働きます。

新陳代謝が良くなることで、元の大きさに戻ろうとするスピードもグンとあがるのです!

これは乳首の色の変化に悩んでいる人にも効果的。

さらに女性ホルモンの働きを促すと、より効果が上がりますよ♪

乳首が伸びた際は、新陳代謝と女性ホルモンを活発にすることを意識してみてください。

ここまでは、伸びた乳首を治すために自分でできる改善方法を紹介してきました。

ですが、これらの方法は体質などにより結果に個人差があるのも事実です。

効果の有無が変わるような方法ではなく「確実に直したい!」という人にオススメなのが、乳頭縮小術

クリニックで受ける手術なのですが、乳首を自分の理想のかたちや大きさにすることができる、確実な改善法なんです!

伸びた乳首が確実に元に戻る乳頭縮小術とは、いったいどんなものなのでしょうか。

詳しく紹介していきます♪

手術方法

乳頭縮小術は簡単な手術で、日帰りで受けられる手術です。

時短で手術ができる点は、小さなお子さんがいるママには、とても嬉しいポイントですよね♪

伸びた乳首を戻す工程はとってもシンプル。

伸びた乳首の側面や先頭を切除して、短く細くしていくのです。

局部麻酔なので、身体への負担も最小限に抑えることができますよ!

手術時間

手術に要する時間は<30〜40分>程度。

これだけ短い時間ですべての工程が終了するなら、忙しい日常のちょっとしたすき間時間でもチャレンジできますね♪

 治癒までの期間

術後、約1週間程度で抜糸が行われ、傷については10日程で消えることが多いそうです。

手術直後は腫れがあり、完全に腫れが引くまでは人によって数週間~半年ほどかかることも…。

 値段

クリニックにもよりますが、おおよそ乳首片方につき15~20万円が相場になっています。

伸びた乳首を元に戻す乳頭縮小術には、リスクもあります

どのようなリスクがあるのか、手術を受ける前に必ず把握しておきましょう!

傷跡が気になる

伸びた乳首を短くする乳頭縮小術の傷は、目立たずに治る場合がほとんど。

ですが、乳首に傷が残ってしまう可能性もあります。

また体質によっては傷跡が段差を作ってしまったり、周りとの皮膚の色の差がでてきてしまうことも…。

気になる場合はお医者さまと相談し、傷を薄くする塗り薬や再手術の方法をとりましょう!

希望の大きさにならない

また、自分の理想の乳首の大きさにならない場合も考えられるリスクのひとつ。

想定より大きかった分には再手術が可能ですが、小さくし過ぎてしまった場合は再度大きくするのはとても難しいんです…。

手術前に理想の大きさのイメージを、お医者さまにしっかりと伝えておくことが大切になります。

血流が悪くなり、壊死する

可能性は0.1%以下と言われており、起こるの非常にまれですが、乳首が壊死してしまう可能性もあります。

乳頭縮小術をすることで血流が悪くなり、皮膚が腐ってしまうためです。

こうなってしまうと、元の状態に戻すことはかなり困難。

しかし、きちんと手術経験を積んでいるお医者さまであれば、ほぼ起こることはないリスクと考えていてよいでしょう!

伸びた乳首を短くす乳頭縮小術で気になるのは、もしまた赤ちゃんを授かったときの授乳への影響だと思います。

でも、安心してください!

乳頭縮小術は乳腺を切ることはなく、皮膚を形成する手術なので授乳への影響はありません。

もし、手術後に赤ちゃんが産まれても問題なく授乳することができます

先ほどは症例写真を見ていただきましたが、ここからは実際に乳頭縮小手術を受けた人の口コミを見ていきましょう!

乳首の大きさが元に戻った感想はいかに…。

口コミをいくつか調査したところ、伸びた乳首を小さくできる乳頭縮小術に対して満足度が高いのがわかりました♡

「自分の裸を見るのが嫌になるくらいのコンプレックスが解消された」と喜ぶ声も。

多くの女性たちが、この手術に救われているようです!

乳頭縮小術は複雑な手術ではないものの、縫い合わせる技術によって結果が変わってくるとも言えるでしょう。

先ほど述べたリスクを避け、満足する結果を手に入れるためには、スキルを持った信用できるクリニックで手術をうけることが重要です!

では、一体どんなクリニックを選んだらいいのでしょうか…?

  • 症例数、実績の多さ
  • 料金設定の明確さ
  • クリニックに対する口コミ

見るべきポイントは、以上の3つ。

正しくクリニックを選ぶためには、ただ口を開けて待っているだけではダメ。

クリニックに任せっきりにするのではなく、公式HPで手術の内容を確認したり、口コミサイトでクリニックの評判を調べたり…。

自分でも事前にしっかり準備をしておくことが大切です!

調べてはみたけど、クリニックが多すぎて選びきれない…!

と、お悩みのあなたにオススメしたいのが、聖心美容クリニック

多くの女性が安心して手術を受けられる環境や、多くの実績を誇るお医者さまが自慢のクリニックなんです!

聖心美容クリニックの特徴

聖心美容クリニックは「高品質な美容医療」を掲げ、20年続いている老舗のクリニックです。

乳頭縮小術以外にも、美容整形や痩身術、ワキガ治療などで今までも多くの女性の悩みを解決してきた実績があります。

様々な症例に対して経験がある、腕の確かなドクターがいるというのは、なによりも安心できますよね!

 アフターケアの充実

聖心美容クリニックが人気の理由はアフターケアにあります。

施術別の保証制度を設けていて、違和感がある場合はもちろん相談に乗ってもらえますし、再手術も保証に含まれます。

期間も施術内容によって3ヶ月~無期限と長期間。

手術後もしっかりサポートしてくれるのは、とても心強いですよね!

豊富な症例写真と体験談

また、公式HPには症例写真体験談が多く掲載されていますよ!

施術ごとの検索も簡単で、たくさんの変化を自分の目で確かめることができます。

ここまで、伸びた乳首を戻すオススメの方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

伸びた乳首に悩み、実際に手術を受けた人の生の声や写真を見ることで、手術へのイメージがぐっと具体的になりましたよね。

コンプレックスを解消された女性の声に、背中を押された人もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし乳頭縮小術を受けるのなら、リスクを回避するためにも聖心美容クリニックのような、信頼できるクリニックをしっかり見つけてくださいね!

コンプレックスを克服して、いつまでも自信にあふれた輝く女性でいましょう☆

合わせて読んで!オススメまとめ

ブラを変えてバストアップ?導ブラをチェック♡
PR

美しい谷間を作り、キープしてくれると話題の導ブラはもうご存知でしょうか。 脇や背中に流れてしまったお肉を胸に変えて、憧れの谷間を作ってくれるのです。 実際にAカップさんやAAカップさんでも導を着用して谷間が出来たそうです! 単品は2600円。3個まとめ買いで1個付いてくるので、1個1000円代で手に入れられるというお得な購入方法もあります。

リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-
リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-

リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。