目次

  1. 1 断乳・卒乳後こそ胸のケアは重要!美胸キープ方法を徹底解説
  2. 2 断乳・卒乳後の胸に訪れる変化とは?
  3. 3 【注意】断乳・卒乳後の胸は放っておくと<小さく・垂れる>可能性が…
  4. 4 断乳・卒乳後の胸のケアはナイトブラが効果的!
  5. 5 断乳・卒乳後のナイトブラ選びの<ポイント>
  6. 6 断乳・卒乳後におすすめのナイトブラは【導~MICHIBIKI~】
  7. 7 ナイトブラにプラス!おすすめ簡単バストケア方法
  8. 8 断乳・卒乳後の胸は簡単バストケアで、いつまでもキレイなママに!

ご自身の断乳・卒乳後の胸を見て、愕然としませんでしたか?

ちょっと小さくなった…では済まされない人も多いのではないでしょうか?

妊娠・授乳中は胸が大きかっただけに、ショックも大きいですよね。

しかし、あきらめてそのまま放置は禁物です!

断乳・卒乳後こそ美胸を取り戻すチャンスになるのです。

それではまず、断乳・卒乳後の胸の変化の状態を詳しく見ていきましょう。

胸の大きな変化には、実に様々な理由が重なっているのです。

(1)女性ホルモンが減少する

授乳期間中は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が著しく減少してしまいます。

エストロゲンは身体を女性らしくしてくれる、もちろん美しいバストを保つためにも欠かせない成分です。

授乳期間中は、エストロゲンから母乳生成のためのプロラクチンというもうひとつの女性ホルモンに切り替わります。

断乳・卒乳後はそんなプロラクチンも役目を終え、分泌が止まります。

そして、エストロゲンが再び正常分泌されるまで時間がかかるため、女性ホルモンがほとんど分泌されない状態がしばらく続くのです。

そのため女性ホルモンを失った胸はハリが失われやすく、小さくなってしまうという訳なんです。

(2)発達した乳腺が衰える

授乳期間中は乳腺が太く大きく発達し、それに伴ってバストも大きくなっています。

女性ホルモンであるプロラクチンがたくさん分泌され、乳腺でしっかり母乳を作り出すためです。

断乳・卒乳後は母乳を生成する必要がなくなるため、乳腺が衰えます。

しかも、毎日母乳を生成するために一生懸命働いた事により、乳腺は今までになく弱り疲れきっています。

この事が、元気がなく小さくしぼんだバストを作り出してしまうんです。

(3)授乳により胸の皮膚が伸びる

授乳期間中は乳腺や母乳によって胸が大きくなるので、皮膚がその分伸びてしまいます。

断乳・卒乳後は皮膚が引き伸ばされたま胸が小さくなるので、皮膚のたるみを引き起こすのです。

また、毎日の授乳においても母乳が溜まると乳房が張り、赤ちゃんが母乳を吸う事により乳房はしぼみます。

この授乳の度に胸が張ったりしぼんだりを繰り返す事も、胸の皮膚にかなりの負担がかかっていると言えるでしょう。

そのため、断乳・卒乳後は皮膚がたるんだ事で、ハリのないシワシワのバストになる可能性があるのです。

断乳・卒乳後の胸の変化で最も怖いのは、そのまま放っておくと妊娠前の胸より小さくなり垂れてしまう場合もある事です。

これは、女性ホルモンであるエストロゲンの減少が主な原因

産後、エストロゲンの分泌量が回復するまでに約1〜2年かかるため、美しい胸を取り戻しにくくなるのです。

さらに産後の忙しい子育てによる、不規則な生活、運動や睡眠不足、ストレスなどもバストアップには大敵です。

時間と共に自然に妊娠前のバストに戻れば問題ないのですが、なかなかそうはいきません。

そこで小さく垂れた胸の定着を防ぐためにも、断乳・卒乳後のバストケアが大切になってくるのです。

断乳・卒乳後のバストケアには、ナイトブラを身に付ける事が最もオススメなります。

断乳・卒乳後の胸でも、無理なく確実にバストケア出来るのであきらめないで下さいね。

(1)背中や脇に流れたお肉を正しい位置に戻してくれる

断乳・卒乳後は、育児に追われてどうしても運動不足になりがちですよね。

抱っこしたりオムツを取り替えたりなど前かがみの姿勢をとる事も多く、姿勢も悪くなります。

こういった習慣が胸を支える筋力を衰えさせ、背中や脇に胸の脂肪が流れてしまう原因を作っているのです。

新生児育児の姿勢が断乳・卒乳後の胸をさらに小さくし、垂れさせてしまう可能性があるんです。

ナイトブラの中には、そんな背中や脇に流れたお肉を寄せ集めて、胸に戻してくれる機能が付いているものもあります。

断乳・卒乳後こそ、ナイトブラを利用してのバストケアが大切なのです。

(2)着けて寝るだけなので忙しい育児の合間に出来る

バストケアマッサージやエクササイズなども、自宅で手軽に出来るのでオススメです。

しかし慣れない子育てに忙しいママさんには、時間を取って毎日行う事はなかなか難しいですよね。

ナイトブラは、そんな忙しい育児中でも夜着けて眠っている間にバストケア出来る、とても楽チンで取り入れやすいアイテム。

しかも断乳・卒乳後であれば授乳の為に胸を出す事もなくなりますから、ナイトブラを生活に取り入れるのも問題ありませんね。

まさにナイトブラは、断乳・卒乳後に最適なバストケアグッズなんですよ。

(3)ママや赤ちゃんの体に負担をかけずバストケアが出来る

断乳・卒乳後のバストケアのために、バストアップサプリを摂取するという方法もあります。

しかし、断乳・卒乳後は女性ホルモンが乱れ免疫力も低下しています。

バストアップサプリは女性ホルモンを刺激する成分を多く含むので、さらにホルモンバランスを乱し体調を崩してしまう可能性があるんです。

断乳・卒乳後の赤ちゃんは、自分で動けるようになっていることがほとんどですから、サプリを誤飲する心配もありますよね。

その点、ナイトブラは外側から身に付けるだけのバストケアなので、安心して使用する事が出来ますよ。

数あるナイトブラの中から、断乳・卒乳後に最も適したモノを選んでいきましょう。

選びやすいように3つのポイントに押さえてみましたよ。

(1) 胸を締め付けすぎない適度なフィット感

子供が小さいうちの育児は、昼夜を問わず忙しいですよね。

そのため寝てる間は質の良い睡眠を取り、体を十分に休める事が大切になってきます。

だからこそ、ナイトブラの着け心地が重要になるのです。

締め付け感が強いナイトブラだと、寝苦しかったり疲れが取れなかったりして、着けるのがイヤになってしまいます。

もちろんバストケアのための補正力も重視したいので、バストをしっかり固定してくれるのに、締め付け感が少なく着け心地の良いナイトブラを選ぶ事がポイントになりますよ。

(2)胸全体をしっかり支えるホールド力

産後の胸はとても形が崩れやすく、通常の場合とワケが違います。

胸全体を余す事なく支え、ホールド力に優れたナイトブラを選びましょう。

さらに断乳・卒乳後のバストは垂れやすいのが特徴でもあります。

アンダーバストからしっかりと持ち上げ、バストトップ位置を高くしてくれる機能付きのものが特にオススメ。

伸縮性が高い事も、胸にしっかりフィットされホールド力をより高めてくれるので、押さえておきたいポイントとなります。

(3)価格や口コミの評判もしっかり確認

毎日ナイトブラを着けるとなると2〜3枚はまとめて買っておきたい、だけど育児にもお金がかかるから、高いお金はかけられない…。

出来れば、お手頃価格のナイトブラを購入したいですよね。

しかし価格だけで選んでしまうと、機能性が欠けていたり着心地が悪かったりする場合があるので要注意です。

ナイトブラの価格と合わせて口コミもしっかりチェックする事が大切です。

実際に使用した人の声は信頼度が高く、安心して購入出来るでしょう。

断乳・卒乳後の胸にオススメなのは、今最も人気の高いナイトブラ「導」

脇や背中に流れてしまったお肉を、ムダなく胸に寄せ集めてくれる機能がバッチリなのです。

また、胸をしっかり持ち上げてバストトップ位置を高くキープすることもできます。

まさに断乳・卒乳後の垂れがちで形が崩れやすいバストにピッタリなのです。

胸への補正力に優れているのに、締め付け感を最低限に抑え、着心地が良いと評判のナイトブラでもあります。

価格も3,000円以下と、お手頃ですよ。

さらに、3つまとめて買うとナイトブラがもう1つ付いてくる特典も展開中です。

子育て奮闘中のママのお財布に優しいナイトブラですよね。

導~MICHIBIKI~を使用している人の口コミ

「ホックがなく、想像以上にホールド感があった」

導のナイトブラのホールド力や着け心地の良さを皆さんそれぞれ実感しているようです。

しかもとても気に入って、昼間も着けている方やリピートして購入してる方もいらっしゃいます。

効果の高さが非常に良く伝わってきますね。

ナイトブラと合わせて自宅で簡単に出来るバストケア方法もご紹介しますね。

断乳・卒乳後の胸をより効果的にケアしていきましょう。

(1)胸に良い食材を積極的に摂る

体の外側からのケアのナイトブラに加え、体の内側から栄養で補う事も綺麗なバスト作りに欠かせません。

バストケアに最も必要な栄養素はタンパク質と言われています。

中でもオススメなのは、植物性タンパク質である大豆になります。

これは、大豆にイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分が入っているためです。

大豆製品と言えば、豆腐、納豆、豆乳などが挙げられます。

これらの大豆製品の良いところは、凝った調理をしなくてもすぐに食べられるという事です。

赤ちゃんの離乳食を作るのに精一杯なママに、嬉しい食材ですよね。

授乳中ではないので摂取量に神経質になる必要はありませんが、大豆の1日摂取量上限の基準は70mgであることは把握しておきましょう。

(2)バストアップマッサージを行なう

育乳カウンセラーの行うバストアップマッサージの様子がみられますよ!

このマッサージとナイトブラのW効果で、綺麗な美胸を取り戻しましょう!

(3)バストアップエクササイズを行なう

ナイトブラで胸を外側から支え、エクササイズで胸周り筋を鍛えて内側から支える事も、より効果的にバストアップ出来ますよ。

さらに、このエクササイズは肩コリ防止にもなるそうです。

赤ちゃんを一日中抱っこして、肩コリに悩まされているママにぜひ取り入れてもらいたいエクササイズにもなります。

断乳・卒乳後のバストケアについてまとめました!

しぼんでしまったと思ってもガッカリする事はありません♪

ご紹介したバストケア方法は簡単で楽チンなので、忙しいママでも無理なく美胸を取り戻せるのです。

お子さんが自慢できるキレイなママでいるために、まずはココから始めてみませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。