2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 バストアップできない理由は実は胸と反対側の背中が原因かも…
  2. 2 広背筋てどこにあるか知ってる?
  3. 3 広背筋が縮めてしまっている3つの悪習慣
  4. 4 広背筋とバストアップの関係とは?
  5. 5 広背筋のバストアップストレッチ①
  6. 6 広背筋のバストアップストレッチ②
  7. 7 背筋ストレッチについて、もっと知りたいなら動画を参考に♡
  8. 8 広背筋を鍛えてバストアップしよう!

大胸筋を鍛えているのに、バストは下向き・・。悲しいですよね。

そんな時は、姿勢を見直してみてください。

あなたの肩、前に巻き込まれていませんか?

それを解消してくれるのが、背筋ストレッチです。

綺麗な姿勢を手にいれて、今度こそ、笑顔になりましょう。

広背筋とは、背中から腰にかけて、三角の形をした筋肉です。

背筋の中で、最も大きく肩甲骨の真下から、骨盤あたりまで伸びています。

上半身と下半身を結んでいる為、姿勢維持にはとっても重要。

また、物を引っ張ったり、腕を後ろに引く時にも、使われます。

この広背筋が固くなったり、弱ったりすると猫背が進行します。

それが、バストアップの大きな妨げになっているんです。

それをこれから説明していきますね!!

広背筋を意識すると言われても、ピンと来ない方は多いですよね。

広背筋が縮まってしまう理由を、ここで3つご紹介します。

意識しないと伸びない訳が、隠されているんですよ。

デスクワークで肩が前に出る姿勢が続いてしまう

デスクワークでパソコンに集中すると、前かがみの状態になります。

広背筋は肩が前に出る事で、縮んだ状態になります。

筋肉は収縮運動を行わなければ、堅くなってしまうもの。

堅くなる事で筋肉の動く範囲が狭くなります。

結果、ずっと縮んだままになってしまうのです。

 無意識に歩く姿勢や立つ姿勢が猫背の原因

人はどうしても、自分が楽な姿勢で生活を送りがちです。

筋肉がこの姿勢がいつものものだよと、インプットしてしまうのです。

しかし、ちょっと、待ってください!!

背中が丸まり、首が前に出ていませんか?

その姿勢では、広背筋は縮んだままです。

この後、正しい姿勢を身に着けるストレッチを紹介します。

肩甲骨が動かないって、どういう事?

広背筋は肩甲骨の真下の位置にあります。

肩甲骨が動くと伸びたり、縮んだりと作用します。

しかし、猫背で肩が前にある状態ですと、僧帽筋という筋肉が堅くなり動きをブロックしてしまいます。

実はこの状態、肩こりの原因でもあるんです。

広背筋を伸ばすには、肩甲骨を動かしましょう。

バストアップは大胸筋や胸筋を鍛えると良い。そんなイメージが強いのではないでしょうか?

しかしその前に、広背筋を伸ばさないと逆効果になってしまう事があるんです!

広背筋を伸ばして、大胸筋を鍛える

大胸筋とは、胸と首の間にある筋肉で、鍛える事で胸を引き上げてくれます。

バストアップには重要ですよね。

しかし、肩が中に入ったまま鍛えると逆効果に!!

お花を思い出してください。

頭が垂れて、茎が曲がっている状態ですと、正面は下に向かいます。

胸も同じです。

せっかく、エクササイズしても、逆効果なんて悲しすぎますよね。

広背筋を伸ばす事で、その失敗を回避できます。

バストアップには効果があるポーズですが、広背筋を伸ばさないと意味なし!?

良い姿勢になる事でバストアップ

広背筋の動きがスムーズになると肩全体が良く動くので、自然な位置に肩が収まります。

その事によって、胸も下を向きません。

また、広背筋は上半身と下半身を結ぶ筋肉ですので、ヒップアップも望めます。

自然と上向きの体になっていくのです!!

バストアップと一緒にヒップアップも手に入れる

アンダーバストを引き締める

背中に贅肉がつくと、アンダーバストが大きくなります。

すると、胸が離れてしまい、トップバストの位置が低くなります。

背筋を鍛える事で、それが防止されます。

代謝もよくなり、体年齢も若くなりますよ!!

筋肉が固くなってしまっていると、突然伸ばしても

痛みが強く出てしまう可能性があります。

もう続けられない・・と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方の為に、初期におすすめのストレッチをご紹介します。

まず体を温めてからはじめる

ストレッチは朝が効果的の様に感じますね。

しかし、睡眠中は体温が下がっているので、筋肉も固くなっています。

初日に朝は、辛いかもしれません。

湯船につかり、体を温めてから、チャレンジしたほうが筋肉もやわらかくなって、痛みも軽減できます

僧帽筋を緩めて、腕をあがりやすくする

温めて血行を良くすることも大切ですが、日頃から蓄積されたものは、わりと頑固です!!

ストレッチをはじめる前に、緩めてあげる事で効果があがります。

脇の下の腕の付け根の部分を、つまむように優しくもんでください。

痛いと感じるところが、筋肉を緩めてくれるトリガーポイントと呼ばれる場所です。

2、3分程度でも、ほぐしてあげる事で、腕があがりやすくなりますよ。

では、初期におすすめのストレッチを実践しましょう!!

まずは、肩甲骨の周りのストレッチです。

  1. 背骨を中心に肩甲骨を動かすイメージで肩を前に回します。
  2. 1と同様、今度は後ろへ。
  3. それを3セット繰り返します。

肩甲骨まわりの筋肉を緩める事で、広背筋を伸ばしやすくなります。

続いて広背筋を伸ばしましょう!!

  1. 左側から、息を吐きながら体をそらします。
  2. 反対側もゆっくりと息を吐き、そらせていきましょう。
  3. それを左右三回セット行います。

はじめは無理せずに、ゆっくり、伸ばしましょう。

はじめから、無理をしすぎてしまうと、筋繊維を傷める事に

繋がってしまうかもしれません。

ストレッチは継続が大切なので、気持ちよく伸ばしていきましょう。

①で、だいぶストレッチに慣れてきた方へ。

広背筋も伸ばしながら、大胸筋も鍛えるストレッチをご紹介します。

ひとつひとつ、問題をクリアして理想のバストを目指しましょう。

①のストレッチは続けてください

人の体は、日常の記憶を、常にインプットします。

今までのストレッチをしたうえで 新しいストレッチを加えましょう。

習慣になる事で、きれいな姿勢が身に付きますよ。

 広背筋を伸ばし、大胸筋も鍛える

姿勢がきれいになってきたら、スタイルを保ちつつ

更にバストアップを目指しましょう。

  1. 床に座り、足をクロスしながら、息を吐きながら、体を対局にねじります。
  2. この姿勢で10秒キープ。
  3. 反対側も同じ姿勢で10秒キープ。
  4. これを5セット繰り返してください。

タンベルを使ったトレーニング

なければ、ペットボトルに水を入れた物でもかまいません。

しっかり、腕を使う事で広背筋が鍛えられます。

重りを持ちながらアップダウンすることで、大胸筋にも効果あり!!

  1. 腕を伸ばす時に息を吐いて。
  2. 持ち上げる時に息を吸います。
  3. 背中の筋肉が伸びているのを感じるのが大切です。腹式呼吸が効果的。
  4. 10回を5セット行いましょう。

よい姿勢は全体的にスタイルアップ

広背筋を鍛えることにより、ヒップアップも期待でき、背中の贅肉がとれる事で代謝もよくなります。

いい事尽くめですね。

形のよいバストをつくる為に、背筋ストレッチはおすすめです。

バストアップの為の背筋ストレッチを動画でご紹介します。

とても簡単ですので、空き時間に毎日、チャレンジしてみてください。

ストレッチは継続が大切です!!

肩甲骨と広背筋を伸ばそう

広背筋が伸びるポイントは両手を真上に伸ばす事です。

腕を上げる事によって広背筋は伸びます。

また、肩甲骨を回す事で背筋が緩みますので、伸ばしやすくなります。

単純な動作の様ですが、理に適っていますので、ぜひ、やってみてください。

動画の説明

最初になぜ、猫背だと大胸筋のストレッチだけではダメなのかをわかり易く説明してくれています。

肩甲骨のストレッチとご紹介していますが、裸の状態で、背中がどのようになっているかを見る事で

しっかり広背筋も伸びている事がわかります。

とても効果がありそうですね!

ひとつ視点を変える事で、体は変わります。

今まで、広背筋ストレッチがバストアップに効果があるなんて知らなかった方も、これからは違います!!

ぜひストレッチを試して、効果を実感してください。

体が変わるのを実感できますよ!

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。