垂れ胸の原因になっている生活習慣まとめ【改善方法】

知らないと怖い!あなたの生活習慣、垂れ乳の原因かも…

あなたの胸は綺麗な上向きですか?

今は上向きでも、加齢などでどうしても少しずつ垂れ乳になっていってしまいます。

すでに少し垂れ気味なんていう人もいるかも?

そのあなたの垂れ乳、原因があるんです。

しかもその原因、普段の生活習慣の中にある事が多いんです!

いったいどんな生活習慣が垂れ乳の原因となっているのでしょう?

今回はそんな胸の悩み、垂れ乳の原因についてまとめてみました。

 

ちなみに、今すぐ垂れ乳を改善したいという方は、就寝中に胸が背中や脇に流れていかないよう、しっかりホールドしてくれる、ビューティーナイトアップブラ「viage」がオススメなので、公式サイト を見てみて下さいね。

 

 

垂れ乳の原因となっている生活習慣とは!?

垂れ乳の原因とは一体どんなものがあるのでしょうか。

普段気にも留めないことが、垂れ乳の原因になっているのかもしれません。

以下から紹介していきます。

 

ほとんど運動をしない

 

悩む女性

運動不足は垂れ乳の原因

 

運動をしないことによって胸の筋肉が衰えると、胸が垂れる原因になります。

他に、左右の胸が離れていってしまう離れ乳の原因になる事も。

適度に運動することも大切ですね。

 

激しい運動をすることが多い

 

上記の運動不足の逆で、運動が激しすぎても垂れ乳の原因になります。

激しい運動をすると、胸が揺れますね。

胸が揺れると、クーパー靭帯という胸を支えている靭帯が伸びてしまったり、切れてしまったりします。

クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると二度と元に戻りません。

このことが原因で垂れ乳になってしまうのです。

 

合わない下着を着けている

悩む女性イラスト

 

合わない下着も垂れ乳の原因になります。

きつすぎるブラジャーは、圧迫されて血行が悪くなり、老廃物が溜まって胸が成長しません。

逆に緩すぎるブラジャーはしっかりと胸の脂肪をホールドできず、背中や脇に脂肪が流れていってしまいますよ。

 

寝ている間はブラをつけない

寝ている間はブラをつけない

寝ている間ノーブラだと、緩いブラジャーを着けているときと同様、胸の脂肪が脇や背中に流れていってしまいます。

寝ている間にブラジャーをつけていない人はおよそ半数いるということがわかっています。

これだとどんどん胸の形が悪くなっていきますし、垂れ乳の原因となってしまいますよ。

 

急激なダイエットや無理な食事制限をしている

急激なダイエットや、リバウンドを繰り返すことで皮膚や筋肉に負担をかけてしまい、それが原因で垂れてしまいます。

無理な食事制限を行うと栄養のバランスが崩れ、皮膚が乾燥したり、ハリがなくなったりするので、垂れ乳の原因になってしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ソファーで悩む女性

年を重ねていくとホルモンの分泌が減ってくるもの。

特にエストロゲンという女性ホルモンの量が減ってしまうと、垂れ乳の原因になってしまいます。

若くても、生活習慣の乱れなどからホルモンバランスを崩す人も多いよう。

その結果エストロゲンの分泌が減り、若いのに垂れ乳になってしまう事もあるので、気をつけましょう!

 

まだ諦めないで!垂れ乳は改善できる

上記では垂れ乳になる原因を紹介しました。

皆さんはどれくらい当てはまったでしょうか?

沢山当てはまってしまった方も安心してください。

垂れ乳はさまざまな方法によって改善することができるのです。

生活習慣から見直す!垂れ乳の改善方法6選

まずは生活習慣から見直していきましょう。

 

姿勢を良くする

 

背筋をのばすだけで

美姿勢で垂れ乳改善!

 

猫背になっているなど姿勢が悪いと、背中から胸にかけての血行が悪くなって、垂れ乳の原因になります。

特に、デスクワークやパソコンで作業をしていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなる人も多いですよね。

姿勢を良くすることによって、血行を良くするだけでなく、胸を張って綺麗な胸の形に見せることができますよ。

 

身体を冷やさない

 

入浴 ダイエット

 

身体が冷える原因には、自律神経と女性ホルモンがとても深く関わっています。

身体が冷えると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

上記でも紹介しましたが、ホルモンバランスの乱れは垂れ乳の原因。

女性は身体が冷えやすいもの。

お風呂や食事、着衣などで身体を冷やさない対策が必要ですね。

 

筋肉を鍛える

垂れ乳を改善するためには、大胸筋を鍛えることが大切です。

大胸筋はクーパー靭帯とともに胸を支える役割を持っています。

あまり鍛えすぎると、胸が硬くなってしまうので過度な筋トレは禁物。

そして、大胸筋だけでなく、全身の筋肉を鍛えることによって、上記で紹介した冷えを改善することもできます。

 

身体にあったブラを着ける

 

胸を押さえる女性

 

自分の身体にあったブラジャーは、どのように選べばいいのでしょうか。

現在、アナタのブラジャーにこのような症状はありませんか?

  • カップの上が浮いている(または食い込んでいる)
  • カップに空洞ができて、あまっている
  • カップのワキから胸がはみ出てていて納まらない
  • ワイヤーが胸に食い込んだり、当たっている

もし当てはまるものがあれば、それはブラジャーが合っていない可能性があります。

他にも

  • ストラップが食い込んだり、ずり落ちたりする
  • アンダーがキツイ
  • 背中側のアンダー部分が上にずれてくる

などの症状も要注意です。

逆に言うと、このような症状がなければ現在のブラジャーは身体に合っているということですね。

自分で合っているかチェックするもの大切ですが、専門の下着屋さんなどでちゃんと測定してもらうのもおすすめです。

 

睡眠中はナイトブラを着用する

 

ナイトブラ

上記でも紹介しましたが、就寝中にナイトブラなどの胸をケアするものを着用している人は意外と少ないもの。

締め付けが気になる人も多いと思いますが、現在はつけ心地の良いノンワイヤーのナイトブラがたくさん販売されています。

程よい締め付けで、就寝中に胸が背中や脇に流れていかないよう、しっかりホールドしてくれます。

 

バランスの良い食事をこころがけて、良質な睡眠をとる

バランスの良い食事

 

バランスのいい食事と良質な睡眠は、内側から垂れ乳を改善するのに有効です。

特に垂れ乳にはビタミンAを摂る事を心がけるといいそう。

ビタミンAには肌を強くする働きがあるので、胸にハリを与え、弾力のある胸にする効果のある栄養素です。

特にビタミンAが含まれている食材には

  • 人参
  • トマト
  • ほうれん草
  • レバー
  • しそ
  • うなぎ
  • かぼちゃ

などがあります。これらを積極的に摂るようにしましょうね!

 

カラダの冷えはホルモンバランスを乱すので特に注意!

上記でも触れていますが、身体の冷えは一見胸の大きさとは関係ないように思うかもしれません。

しかし、冷え性の人は体温がさがると、卵巣の機能が低下してしまいます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されているので、卵巣の機能が低下するということは女性ホルモンが減少するという事。

冷え性だという人は注意が必要です。

冷えの改善には適度な運動や、バランスの良い食事、睡眠などが大切。

ここまでで紹介した生活習慣を見直すことで、冷えの改善も期待できますよ!

垂れ乳の改善に効果的な筋トレとストレッチ

ここまでで紹介した垂れ乳の改善のための、筋トレとストレッチを具体的に紹介していきます。

 

ストレッチで姿勢を良くしよう

上記でもありましたが、デスクワークやパソコンなどで猫背になってしまったりすると、筋肉がこわばって収縮しにくくなります。

これが垂れ乳の原因です。

ストレッチを行なうことによって、筋肉の収縮性を維持し、胸が自然と上向きに持ち上げられる土台を作ります

 

まず、頭の後ろで両手を組みます。このときに腕が一直線になるように大きく開き、顎を上げて上を向きます。

次にバストトップが天井に向くように意識をしながら、身体をそらし、そのままキープして3回呼吸してください。

最後に始めの姿勢に戻り、息を吐きながらおへそを覗き込むように背を丸め、3回呼吸します。

 

大胸筋を鍛えて胸にハリを取り戻そう

大胸筋を鍛える方法はさまざまありますが、一番気軽にできる筋トレを紹介します。

 

ます、足を肩幅くらいに広げて立ちます。

胸の前で両手の手のひらを合わせて、胸の高さまで肘が上がるようにします。

胸の筋肉を意識しながら、両手を押し合うようにぐっと力を入れます。

その状態を10秒ほどキープした後、力を緩めます。

これを5回ほど繰り返して行ないましょう。

 

 垂れた胸を元の位置に戻すマッサージ

胸のすぐ上にある小胸筋が凝ると、鎖骨が下に引っ張られて、垂れ乳の原因になります。

この筋肉をほぐすと、正しい位置に胸を戻すことができますよ。

 

右の鎖骨の真ん中の少し下で、押すとイタ気持ちいいと感じる部分を指先で押してほぐします。

少しずつ押す位置をずらしながら1分ほどマッサージを行なってください。

左も同様です。

マッサージは入浴中や入浴後など、血行が良くなっているときに行なうと効果的です。

何度も触れていますが、垂れ乳の原因に、睡眠中のノーブラが挙げられます。

脂肪には形状記憶の機能があります。

たとえ夜だけといっても、長年にわたってノーブラだと、寝ている時の胸の形で脂肪が形状記憶されてしまうかもしれないのです。

そして、クーパー靭帯が就寝中に伸びていってしまうということもあります。

睡眠時間はだいたい一日のおよそ3分の1くらいです。

そう考えるとかなりの時間ですよね?

この時間をノーブラで過ごすというのは垂れ乳の大きな原因となってしまいます。

 

 

垂れ乳を支える優秀ナイトブラは「Viage」がおすすめ!

垂れ乳を改善するためのナイトブラはたくさんあります。

その中でも特におすすめのナイトブラがViageというものです。

ノンワイヤーで伸縮性バツグンで、バストをしっかりホールドしているのに締め付けがありません。

この伸縮性には秘密があり、ゴム編みという手法で従来品の約3倍もの伸縮性を実現しました。

これによって補正力は高まりながらも、締め付けは感じないというとても付け心地の良いナイトブラが完成しました。

  1. 背肉スッキリ構造
  2. 脇肉誘導構造
  3. おわん型構造
  4. 谷間成型構造

という4つの3D補正構造で、背中や脇からいらない肉をホールドし、理想のおわん型のバストを手に入れることができます!

締め付けがないので寝ている間だけでなく普段使いにも、とてもおすすめのブラジャーです。

ちなみにまとめ買いするとお得になるようですよ!

 

締め付けがないviage公式サイトを見る→

 

ナイトブラViageを動画でチェック♡

 

 

この動画ではナイトブラViageがどのようなものなのか、他のナイトブラとの違いなどが紹介されています。

ナイトブラViageを着用して垂れ乳を改善しましょう。

 

生活習慣から原因を見つけて垂れ乳を改善・予防しよう!

バストアップ

 

自分の生活習慣でついついやってしまっている垂れ乳の原因はいくつありましたか?

かなり当てはまったという人も安心してください。

今からでも遅くはありません。

今、この瞬間から垂れ乳改善のために生活習慣を見直しましょう。

健康的な生活を続ければ、必ず綺麗で上向きなバストを手に入れることができますよ!

 

\viageで垂れ乳とサヨナラ♡/