垂れ胸は豊胸しなくても治るんです!バストアップ方法5選【徹底解説】

 

胸の垂れは豊胸するしかないの?とお悩みのアナタに朗報です!!

 

年齢と共に垂れ乳が気になってきた、妊娠・出産を終えて、胸の形が変わってしまった・・・そんな悩みを抱えた女性、多いのではないでしょうか。

垂れ乳は一度なってしまうと元に戻せないかもしれない、治す方法もわからないという思いから、豊胸手術という方法を考えている人もいるかもしれません。

でも、安心してください!

豊胸手術という方法を選ばなくても、垂れ乳は自分でケアをすることで十分治すことができるんです

垂れ乳の原因からそれを治す方法まで、たくさんご紹介していきます。

豊胸は確かに胸の垂れに即効性あり!でも気軽には出来ないもの・・・

豊胸手術は慎重に!

垂れ乳はどうやって治すのか方法がわからないし、自分でなんとかしようとしてもすぐに効果がでないなどが理由で、手っ取り早く豊胸手術という方法を選ぼうと考えている人もいるでしょう。

確かに豊胸手術をすれば、すぐにハリのある、自分の理想の胸に戻すことができます

ただ、気軽にはできない方法ですよね。

もちろんお金もかかりますし、クリニックによっては技術にも差があるかもしれません

そういった不安を解消したいけれど、どこから情報を集めればいいか方法がわからないですよね。

何より、豊胸は手術です。それを選択するにしても、慎重にならなければいけません

垂れ乳を治すため、豊胸手術以外の適切な方法があるならぜひとも知りたいところです。

 

垂れ乳改善の前に!まずは胸が垂れてしまう原因を押さえよう

垂れ乳を治す方法を学ぶ前に、まずはどうして体は変化してしまうのか、垂れ乳になってしまう原因を見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの変化

バストアップ 悩み

 

 

まず、垂れ乳の原因の一つとしてホルモンバランスの乱れが挙げられます。

中でも「エストロゲン」という女性ホルモンは、女性らしい体を作る・うるおいやハリを与えるのに大切なもの

そして、エストロゲンには乳腺を増殖させる効果もあるのです。

そのおかげでハリのあるバストを保てるのですが、女性ホルモンが乱れ、減少してしまうことで、垂れ乳になってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる主な原因には、加齢・過度なダイエット・授乳などがあります。

女性はとてもホルモンバランスに影響を受けやすいのです。

 

加齢によりコラーゲンの量が減っていく

加齢による垂れ乳は、上で書いた女性ホルモンも関係しています。

エストロゲンが体内でのコラーゲンの生成を促す役割をしているのですが、エストロゲンなど女性ホルモンの分泌は25歳ころから徐々に、分泌が減少していくのです。

女性ホルモンの分泌が減少するということは、結果的にコラーゲンの生成も減るため、垂れ乳になってしまうのです。

 

筋肉の衰えやクーパー靭帯が伸びる

胸の構造はこんな感じ

胸の構造はこんな感じ

 

胸の構造は、上の図のような感じです。

垂れ乳になる原因として、筋肉の衰えやクーパー靭帯が伸びるといったことも挙げられます。

胸は脂肪や筋肉・乳腺などをクーパー靭帯が覆っており、それによって支えられています。

しかし、加齢で筋肉が衰えたり、激しい運動によってクーパー靭帯が伸びてしまうことで、垂れ乳になってしまいます。

 

生活習慣の乱れも垂れ乳になってしまう原因の一つ

 

垂れ乳の原因としていくつか挙げてきましたが、生活習慣の乱れも垂れ乳になってしまう原因の一つなのです。

不規則な食事や睡眠を十分にとっていないなど、これらは女性ホルモンの分泌を低下させる原因です。

また、最近はスマートフォンを使うことも多いため、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなっていることもあるかと思います。

姿勢が悪いことも、垂れ乳の立派な原因になります。

姿勢の悪さにより、バストを支えている大胸筋の血流が悪くなってしまうからです。

また、胸に合わない下着を着けることもよくありません。

締め付けの強い下着を着けていると、皮膚が圧迫されて、クーパー靭帯が伸びてしまう原因になります。

このように、日ごろの生活習慣が垂れ乳の原因を作っていることがあるんですね!

 

垂れやすい胸と垂れにくい胸がある!その違いとは?

 

胸には垂れやすい胸と垂れにくい胸があることを知っていますか?

調べる方法はとても簡単。胸を触ってみてください。柔らかいですか?

柔らかい人は、脂肪質の胸である可能性が高いです。

胸には、乳腺質脂肪質のふたつがあり、脂肪質の胸は、バストを構成している要素のうち、脂肪の割合が高いということです。

脂肪の割合が高いということは、胸の脂肪が動きやすいため、寝ている間も横に流れてしまったり、形が崩れやすいのです。

そのため、脂肪質の胸の人は、年齢に関係なく垂れ乳になる可能性が高いのです。

 

垂れ乳は豊胸なしでもケア次第でハリを取り戻せる!

 

 

ここまで、垂れ乳の原因や胸の構造などについてお話してきました。

では、垂れ乳は治す方法がないのでしょうか?

そんなことはありません。

自分の普段の生活などで、何が原因になっているのかをしっかり把握して正しい方法でケアすれば、垂れ乳は元に戻すことができるのです。

 

垂れ乳を治す方法①:女性ホルモンのバランスを整える

垂れ乳を治す方法を見ていきましょう。

まず、なにより女性ホルモンを増やすことで、バストアップに繋げていくことが大切です。

 

食事からバストアップに効果的な食材を摂る

食生活からバストアップ!

 

垂れ乳を治す方法の一つ目は、食事からバストアップに効果的な食材を摂ることです。

バストアップに効果的な食材として有名なのは、大豆ではないでしょうか。

豆乳を飲んだり、豆腐を食べたりを心がけている人もいるかもしれません。

大豆には「イソフラボン」という成分が含まれているのですが、その構造が女性ホルモンである「エストロゲン」と似ているため、バストアップに効果があると言われています。

 

生活習慣を改善する

垂れ乳を治す方法の二つ目は、生活習慣を改善することです。

垂れ乳の原因を説明をした中で、生活習慣については多く挙げましたが、改善できることがたくさんありそうですね。

まずは睡眠をしっかり摂ること規則正しい食事を摂ること。これだけでも女性ホルモンの乱れは改善できそうです。

少しでもいいので運動を取り入れ、筋肉をつけたり姿勢をよくすることで、胸にハリも出てきます。

 

 バストアップサプリを摂る

 

垂れ乳を治す方法の三つめは、サプリメントを摂ることです。

食生活を気を付けたり、生活習慣を正しくすることはもちろん大切なことですが、プラスでサプリメントを取り入れ、より垂れ乳の改善の効果を発揮しましょう。

 

垂れ乳に効果的なバストアップサプリはコチラ!

胸

垂れ乳を治す方法として、サプリメントを摂ることを挙げました。

多くの垂れ乳に効果があると言われるサプリメントが存在しますが、なにを選べばいいかわからないですよね。

ここではオススメサプリメントとして、エンジェルアップをご紹介していきます。

 

実際に使ってみた人の感想

1日3粒飲んで今4ヶ月目です。前よりもツンとしてて少し形が良くなったようにみえます。
不規則な生活で不安定だった体調が良くなったのもサプリメントの効果かなって思います。
出典:http://g-cosme.net/

サイズは測ってないですけど、確実に前よりもボリュームがアップしてます、私のバスト!!
横から見ても、完全に下乳のハリも違うし、ブラつけなくてもほんのり谷間が出来たんです!
胸がやや重い感じ…最近走ると、すごく揺れます…それぐらい、重みがあるんです。
出典:http://g-cosme.net/

品質の高い成分を配合しているのがいいですね。
少し匂いがしますが小さい粒なので飲みやすくていいです。
出典:http://g-cosme.net/

皮膚のたるみが気になっていました。
胸も以前より減ってきた様な…?このまま、ただ垂れて醜くなっていくのはいやだなぁと思っていたら、 バストアップにもなってホルモンバランスの乱れも調整出来ると先輩から教えてもらって、購入してみました。1カ月半で1.5カップサイズがあがったんです。
出典:http://g-cosme.net/

 

胸がもともと小さいことに悩んでいる人も、垂れ乳を気にしている人も、それぞれ胸にハリが出てきたという嬉しい口コミが多くみられました

安全な成分がたっぷり含まれていることも、安心して飲める嬉しいポイントです。

 

垂れ乳を治す方法②:筋トレ&エクササイズ

垂れ乳を治す方法として、筋トレ&エクササイズをご紹介します!

筋トレ&エクササイズをし、大胸筋を鍛えることで胸を支えることができ、垂れ乳の改善につながるのです。

 

胸周りの筋肉を鍛えて上向きバストに!

垂れ乳改善のエクササイズ

垂れ乳改善のエクササイズ

 

垂れ乳を治すための筋トレのオススメは、胸周りの筋肉を鍛えることです。

まずは姿勢をよくするため、肩や肩甲骨を意識した筋トレをするのがポイントです。

手を後ろで組んで、無理のない程度に上にあげます。

また、前で手を合掌して、手のひら同士を強く押し合います。

この二つの動きをすることで、姿勢もよくなり、胸周りの筋肉も鍛えることができます。

 

胸の垂れに効果的な筋トレ方法を動画で確認!

 

上でご紹介した、手のひらを合わせる筋トレです。

とっても簡単に大胸筋を鍛えることができます

簡単な方法の方が、すぐに理解できる上、短い時間を利用していつでも取り組むことができるので嬉しいですね。

 

胸の垂れに効果的なエクササイズ方法を動画で確認!

 

もう一つの垂れ乳に効果的な筋トレは、壁を使った方法です。

こちらもとても簡単にできます。

上で紹介したものもどちらも姿勢もよくなり、大胸筋を鍛えることが出来ます

 

垂れ乳を治す方法③:バストアップマッサージを行う

垂れ乳を治す方法のもう一つは、バストアップマッサージです。

バストアップマッサージをすることで、リンパの流れが良くなります

バスト周りにも多くのリンパ腺がはりめぐらされているので、バストアップマッサージは胸にハリを取り戻すことができるのです。

 

まずは乳腺を刺激するマッサージ

 

まずは乳腺を刺激するマッサージです。

妊娠すると、乳腺が女性ホルモンによって刺激され、その刺激によって胸が発達します。

それと同じように、妊娠していなくても、乳腺に刺激を与えることで、胸を大きくできるのです。

やり方はとても簡単で、両手を交互にして、胸をすくいあげるように上へ持ち上げます。

このとき、バストの下のお肉も残さず持ち上げるように意識しましょう。

 

上向きバストを作るマッサージ

 

もう一つの垂れ乳を治すマッサージは、指4本を使うようなイメージで、胸から鎖骨まで流していくマッサージです。

これをするとリンパの流れもよくなります

リンパの流れが良くなると、老廃物や溜まってしまった水分が流れるため、余計なものがなくなり、バストに効果のある食べ物やサプリメントがしっかり胸に行き届いて効果も増します

 

マッサージを行う際の注意点

強くしすぎは禁物!

強くしすぎは禁物!

 

垂れ乳を治す効果のあるマッサージですが、気を付けることもあります。

それは、力を入れすぎないということです。

力を入れすぎると、クーパー靭帯への刺激が強すぎるため、逆にクーパー靭帯が伸びてしまう原因となってしまいます。

気持ちいいと感じるくらいにしましょう。

 

垂れ乳を治す方法④:バストアップクリームを使用する

上で、垂れ乳を治すためのマッサージを行うには、力を入れすぎてはいけないというお話をしました。

力の入れすぎを防ぐためにも、滑りやすくマッサージしやすくするため、バストアップクリームを使用しましょう

また、バストアップクリームには垂れ乳を治すのにピッタリな、バストアップに有効な成分がたっぷり含まれています。

女性ホルモンに似た成分も含まれているため、塗るだけで効果が期待できます。

また、より効果を深めるためには、シャワーやお風呂上がりの体が温まっているときを選びましょう。

血行がよくなっているため、浸透しやすくなっています。

垂れ乳を治す方法⑤:バストアップブラを着用する

img_0143_fotor

そして垂れ乳を治す方法最後の一つは、バストアップブラを着用することです。

マッサージや筋トレ、サプリメントなど、様々な方法に合わせ、バストアップブラの着用をすることはとても効果的です。

寝ているときにも胸のお肉はどんどん横へと動いて行ってしまいます。

バストアップブラを付けることで、それを防いでくれる上、寄せて上げる・持ち上げるバストアップブラの効果で、つけているだけでバストアップが期待できるのです。

いつまでも綺麗な胸を保つために、寝るときにもバストアップブラをしっかり着用しましょう。

豊胸なしでもケアすれば垂れ乳からハリのあるバストになれる!

ここまで、垂れ乳の原因からそれを治す方法まで、たくさん紹介してきました。

もちろん、豊胸手術で手っ取り早く垂れ乳を治すこともできます。

しかし、それに踏み切ってしまう前に、何か一つでもチャレンジしてみませんか?

どれもすごく簡単で、気軽に取り入れられるものばかりです。

筋トレなどをして垂れ乳が治るだけではなく、姿勢もよくなって、見た目も綺麗になれる方法がたくさんです。

前向きに、自分に合った方法で垂れ乳を治していきましょう!

 

美乳