うつ伏せと仰向け、胸が大きくなる寝方はどっち?

うつ伏せと仰向け、胸が大きくなる寝方はどっち?

寝る時のうつ伏せと仰向け。

寝方によって胸が大きくなる、または、小さくなる…とよく聞きますよね。

せっかくバストアップに努力しているのに、寝方で胸を小さくしては、困ります!

どちらが胸を大きくするのにいいのでしょうか?

じっくり検証してみます。

>>理想のバストを目指すなら、サプリの使用もオススメ♪

エンジェルアップは、満足度・継続率ともに90%超えのバストアップサプリです。

うつ伏せで寝ると胸が小さくなる?

「うつ伏せで寝ると胸が小さくなる」という噂聞いたことありますか?

疲れが溜まっていたりすると、うつ伏せでついつい寝てしまいがち…。

人によっては、うつ伏せのほうが寝やすかったりしますよね。

私も疲れたときよく、うつ伏せで寝てしまいます。

twitterのつぶやきを見てみると、結構な人が「胸が小さくなった」「胸が育たない」など書き込んでいました。

そこで、うつ伏せ寝で胸が小さくなる理由をみていきたいと思います。

 

 

>>うつ伏せ寝が癖になってしまっている貴女へ朗報♪

女性ホルモンに働きかけてバストアップを応援してくれるサプリがあります!

発酵プエラリア配合だから効果を実感しやすい、エンジェルアップはこちらから→

 

うつ伏せ寝が胸に良くない理由とは?

なぜ、うつ伏せ寝が胸に良くないのか気になりますよね。

うつ伏せ寝で胸が小さくなるなんて、普段からうつ伏せで寝てる人からしたらショックですよね。

そこで、うつ伏せによって胸が小さくなる原因をまとめてみました!

 

 胸がつぶれるから小さくなる

うつ伏せで寝ると、胸が圧迫されると思います。

人間の身体は圧迫され続けると成長をやめてしまいます。

昔、中国で幼児期に足に布を巻かせ足を大きくさせない風習がありました。

窮屈な姿勢や圧迫をやり続けると血行が悪くなり、

その状態にあわせて成長をはじめます

おなじように、胸を圧迫しつぶれた姿勢を続ければ血行が悪くなり胸は

体と脳の判断により、つぶれた姿勢を最適とし胸を大きくさせないようにします。

そのため、胸が小さくなるといわれているのです。

 

胸に必要な栄養が届かない!!

圧迫されると、どう胸に悪影響があるのかわかってもらえたでしょうか。

圧迫されると血行が悪なると少しお話しましたが、血行についてもお話ししたいと思います。

血液は栄養分を身体全体に運んでくれる役割を持っているのは知ってますよね?

その血行が悪くなってしまうと、胸に必要な栄養分が届きにくい状態になってしまいます。

睡眠中の血液循環が悪い状態なので、寝ている間に分泌されるホルモンや酸素、栄養も細胞に届きにくくなって元気がなくなり、小さくなってしまうのです。

 

クーパー靭帯が伸びきるかも…!?

胸はクーパー靭帯と呼ばれるコラーゲンでできた繊維で支えられています。

うつ伏せで寝てしまうと胸が潰れて、クーパー靭帯に大きな負担がかかります。

負担がかかると、どうなるかご存知でしょうか?

クーパー靭帯には多少の伸縮性があります。

しかし、ゴムのように伸び縮みするものではありません。

伸び緩んでしまうと、丸みを帯びた形に保てず、形が崩れてしまいます。

一度伸びたクーパー靭帯はなかなか戻らず、切れてしまうと二度と再生することはありません。

クーパー靭帯が損傷することによって、下垂の原因になり胸を小さくする理由の一つになってしまうと言われます。

 

>>エンジェルアップは女の子のキレイを内側からサポートするサプリ。

うつ伏せ寝の失敗を取り戻したい!そんな女性にオススメです。

さっそく、こちらからチェック↓

 

逆に、仰向き寝は胸を大きくする寝方なの?

うつ伏せがダメなら、仰向きは胸を大きくするのか、気になりますよね。

仰向けの寝方は内蔵の負担が少なく、身体のバランスがとりやすいので骨が歪みにくい寝方になります。

うつ伏せより新陳代謝が活発になり、血行もいい状態なので胸を大きくする栄養や酸素をたくさん運んでくれます

このことから、うつ伏せより仰向きに寝た方が胸が大きくなるといえます。

また、寝る前に水分補給をすることで、血行がよくなります。

ただし、冷たい水は身体を冷やしてしまうので、ぬるま湯か常温の水を飲みましょう。

 

 

 

 

仰向き寝と合わせてしたい胸を大きくする寝方を紹介♡

うつ伏せ寝よりも仰向け寝の方が胸にいいとわかったところで、

仰向き寝と合わせてしてもらいたい寝方を紹介しますね。

仰向き寝と一緒にすることで、胸を大きくする効果が期待できます。

 

ブラじゃなくナイトブラを着用しよう!

寝るときブラを外したり、ブラを着用したままなんて人が多数だと思いますが、

ブラを外したままでは、クーパー靭帯が伸びてしまいバストが垂れてしまいます

逆にブラを着用したままだと、胸が締めつけられ血流が悪くなってしまいます

しかも、ブラを12時間以上つけることで乳がんのリスクが21倍に増えるそうなんです!!

寝るときナイトブラをつけることで、形の悪い胸になるのを防いでくれます。

胸全体を保護してくれるのと同時に綺麗な形に導いてくれます。

また、楽な位置に胸が安定するように作られていて、ワイヤーもないので締め付けられることもないですし、つけ心地もいいです。

バストアップにはナイトブラをして、仰向けで寝てみてくださいね!

 

 

枕の高さをチェックしよう!

胸を大きくするなら、良質な睡眠が鍵になります。

良質な睡眠のためには枕の高さがポイントになります。

枕にのせた頭が敷き布団と平行になるような4〜5㎝くらいの高さが理想です。

下の図のように肩口が枕にあたるように頭を乗せるのが正しい枕の位置です。

もちろん、仰向けで寝ることはお忘れなく。

 

夜22時〜2時の間は寝よう!

胸を大きくするには寝る時間帯も重要です。

睡眠の質や量は女性ホルモンや成長ホルモンに影響します。

特に夜22時〜2時の間は女性ホルモンと成長ホルモンが活発に分泌されます

胸を大きくしたいなら、このゴールデンタイムにしっかりと仰向けで寝ることをおすすめします。

 

>>効率よくバストアップを目指すなら睡眠の改善と同時進行で、サプリを使用するのが◎

内側から女の子を美しいバランスボディへ導いてくれるのがエンジェルアップです♪

 

仰向き寝と合わせてしたい胸を大きくする寝方なら動画を参考に♡

 

仰向き寝と是非あわせてやってもらいたいものを動画で紹介したいとおもいます。

参考にして、やってみてくださいね。

 

太鼓橋のポーズ

これは、ヨガのポーズの一つで胸を大きくする効果があります。

ヨガにはリラックス効果もあるので、一石二鳥のポーズです。

動画も1分少々と短いですし、簡単です。

仰向けで寝る前に少しやってみてください。

 

 

 

魚のポーズ

これもヨガポーズの一つで大胸筋を鍛のばすことによって胸周辺の血行をよくします。

また、猫背改善など姿勢もよくなります。

伸ばすと気持ちいいので、やってみてください。

 

 

うつ伏せより仰向けで寝よう!

うつ伏せと仰向け、どちらが胸にいいのかわかってもらえたでしょうか?

普段の寝方を変えるのは少し難しいことかも知れませんが、胸のためにも意識して仰向けで寝てみましょう。

胸を大きくするには仰向けの寝方、寝る時間帯が大切

正しい寝方、仰向け寝で胸を大きくさせちゃいましょう!

 

美しい胸の為にできることはまだあります…

うつ伏せ寝を続けて、ちょっとマイナススタートな貴女へ。

エンジェルアップは、これからの努力をより確実な成果へ導く手助けをしてくれます。

その理由は、バランスよく配合された高品質の成分に有り!

詳しくはこちらから↓