目次

  1. 1 世界に比べて日本人は胸が小さい…でも理由は人種の違いだけではなかった!?
  2. 2 まずは世界と日本のバストサイズ事情を比較
  3. 3 日本人が平均Bカップの貧乳大国と言われる理由
  4. 4 同じ日本人でも都道府県別で胸のサイズは違う
  5. 5 胸のサイズは食生活と生活習慣が大きく影響している
  6. 6 日本人の平均より胸を大きくしたい人におすすめのバストアップ方法
  7. 7 バストアップサプリで女性ホルモンに似た成分を摂るのも効果的
  8. 8 日本人の胸が小さい理由を知ることでバストアップの道が見えてくる!!

日本人は世界的に胸が小さいと言われています。

そもそも外人とは骨格が違うから・・と思う人が大半ですが、実際はそれだけではなく様々な理由があります。

たとえば食生活と生活習慣は胸の発育に大きく関わっており、それは成人後も変わりません。

本記事を読み終わる頃には日本が貧乳大国と言われる理由を知ることで、バストアップのメカニズムが見えてきます。

是非、しっかり読んでバストアップに繋げて下さいね!

最近の傾向として、日本人のバストは大きくなりつつあると云われていますが、これには大きなカラクリがあります。

アメリカなど欧米諸国と日本ではカップ表記の仕方は同じでも基準が違うのです。

例えば日本人でCカップというと少し大きい部類に入りますが、アメリカ基準では何とAカップに分類されてしまいます。

アメリカの人から見た日本人のCカップはもはや貧乳…。

2カップの差があるなんて驚きですよね。

どうしてこんなにも世界と日本ではバストサイズに差があるのでしょうか?

日本人がなぜ平均Bカップの貧乳大国と言われるのか?

気になる理由を詳しくご説明致します。

体格差の違い

外国の方に比べて我々日本人は体格に明らかな違いがありますよね。

アメリカにおける女性の平均身長が162cmなのに対し、日本人は158cmと4センチも差を付けられています。

もともとの人種の違いもありますが、日本人がバストだけでなく全体的に小柄だということがわかります。

 食文化の違い

流石に毎日このようなジャンクフードを食べているということはないと思いますが、食文化の違いも胸の発育に非常に重要な要素のひとつ。

日本の歴史の中でも特に平均身長の小さかった時代は江戸時代だったといわれています。

というのも江戸時代にはほとんど肉食の文化が失われており、動物性たんぱく質を摂る機会が少なかったためです。

この動物性たんぱく質がキモで、人体に脂肪や筋肉を付ける上でとても重要な栄養素です。

日本より平均バストサイズが大きな国は、そっくりそのまま「日本人よりお肉をたくさんたべる国」と言い換えられるでしょう。

 歴史の違い

先ほど江戸時代の話が出ましたが、歴史上肉食に慣れ親しんできたかどうかもバストサイズに関係があります。

ヨーロッパ諸国で肉食が多いのは、豊富な土地を活かした狩りなどを生業にしていた人が多く、肉の流通量が多かったからです。

日本も面積的にはそこまで小さな国ではないのですが、大陸と比べてしまうと貿易などで流通する肉の量に大きな差がありました。

それに加え、「年貢」という日本独特の「米で税金を払う」という文化からも分かるように、日本では伝統的に農作物を食べることが食の主流だったことが関係しています。

今でこそ、日本人のほとんどが肉食に慣れてきましたが、やはり何世紀にもわたって肉食に慣れ親しんできた欧米諸国と比べると、まだ身体が適応できていないのかもしれません。

日本人は統一民族ですので、都道府県で平均バストサイズに差は無さそうなものですが、地域によってはかなり差があります。

例えばバストが小さい人が多い地域は埼玉県であるという統計結果が出ています。

その理由は喫煙率が他の地域と比べると高いことと、郊外なので首都圏へ通学や通勤に向かう人の多くが睡眠が不足しがちだからと考えられているます。

このことから、如何に睡眠時間や生活リズムが胸のサイズに影響するのかがよく分かりますね。

上述のように、体格差などは仕方ありませんが、食生活や生活習慣は胸のサイズに大きく影響しています。

睡眠のゴールデンタイムというのをご存じでしょうか?

22時から2時までの時間は傷付いた肌を修復したり、身体を成長させるためにもっとも睡眠の質が向上するタイミングだとされています。

これは成人後も例外ではありません。

胸の大きさは成人後も大きく変わります。

胸をもっと大きくしたい!という方は、睡眠を含めた生活習慣と食生活の向上を心掛けるようにしましょう。

日本人の平均であるBカップよりもっと胸を大きくしたい!

その気持ち、よく分かります。

そんな方にオススメのバストアップ方法をご紹介します。

バストに良い食材をとる

バストに良い食事と一口に言っても、多種多様な食品があるなか何を食べればいいのか分かりませんよね。

一般的にはささみや鳥の胸肉などの脂質の少ないお肉は動物性たんぱく質が豊富でバストを大きくするために効果があると言われています。

また、納豆などの大豆発酵食品もバストアップに必要な食品として有名です。

大豆に含まれるイソフラボンは「植物性エストロゲン」と呼ばれ、女性ホルモンの分泌を助ける働きがあるのです。

 睡眠をしっかりとる

ゴールデンタイム中の睡眠は絶対に欠かせません。

といっても仕事や家事などの関係で22時に寝るのは無理!という方がほとんどではないでしょうか?

そんな場合は24時に寝ることを心掛けるようにしましょう。

出来るのであれば22時までに就寝するのが望ましいですが、それでも充分な効果が期待できます。

 バストアップブラを付ける

バストアップブラはバストアップのためだけに開発された製品であるため、胸を大きくする効果には期待できます。

夜着けて寝るだけという手軽さも人気の秘訣ですね。

また、バストアップブラは谷間を作る、美乳育成などの効果もあるので、大きくて綺麗なバストを目指すのであればバストアップブラを検討してみては如何でしょうか?

バストアップサプリで女性ホルモンに似た成分を摂るのも効果的です。

食生活然り生活習慣しかり、すべては体内のバランスを整えるためにするもの。

胸を大きくしたいのならば、女性ホルモンのバランスがとても大事です。

バストアップサプリの効果とは?

バストアップサプリは女性ホルモンの分泌を助けてくれる成分や、エストロゲンなどの女性ホルモンに近い成分を配合することでバストアップに必要な栄養素を補うものです。

特に、食の細い日本人にとっては不足している栄養素を補ってくれるため効果が期待できます。

バストアップサプリは各社から多種多様な製品が発売されていますが、どの製品がいいのでしょうか?

人気のサプリは【ベルタプエラリア】

ベルタプエラリアはバストアップサプリの中でも不動の人気を誇る製品です。

バストに嬉しいプエラリアを豊富に含んでいる他、コラーゲンなどの女性に嬉しい成分をたっぷり配合しているのが特徴です。

また、バストだけでなく肌にツヤとハリを出してくれるというポイントも見逃せません。

 ベルタプエラリアを使用している人の口コミは?

バストにハリが出てきた、ブラがきつくなってきたような気がするといった声が多く見られましたよ。

皆さんそれぞれバストアップに効果があることを実感されているようです。

口コミでは飲み始めはあまりバストアップを感じなかったけど、数ヶ月後から大きくなり始めたという声が多かったです。

逆に肌の質感は飲み始めからすぐわかる程変わっていくみたいです。

また、気になったのは「疲労感が減った」という口コミ。

女性ホルモンの不足が解消され、体内環境のバランスが整った結果、疲労感の減少につながったのかもしれませんね。

どんなことにもかならず理由があります。

日本人の胸が小さいのは、何も人種の差だけでなく、生活習慣に起因することも多いことがわかりました。

バストはいつからでも大きくなりますから、この記事で紹介した胸が小さい原因をひとつひとつ解決して、理想の胸を実現してくださいね。

ただ…

今の生活を変えるのは大変という方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

そんな方には、女性ホルモンを増やして胸が大きくなる体質に変えてくれるサプリはとてもおすすめです。

ブラを変えてバストアップ?導ブラをチェック♡
PR

美しい谷間を作り、キープしてくれると話題の導ブラはもうご存知でしょうか。 脇や背中に流れてしまったお肉を胸に変えて、憧れの谷間を作ってくれるのです。 実際にAカップさんやAAカップさんでも導を着用して谷間が出来たそうです! 単品は2600円。3個まとめ買いで1個付いてくるので、1個1000円代で手に入れられるというお得な購入方法もあります。

リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-
リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-

リメイクアップブラ導-MICHIBIKI-


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。