日本人の乳輪の平均サイズはどれくらい?【保存版】

自分の乳輪は大きい?小さい?平均のサイズを知りたいアナタに徹底解説

今この記事をお読みのあなたはご自身の乳輪の大きさがどれ位か把握しているでしょうか。

バストの「大きさ」や「形」と異なり、乳輪というのは服や下着に隠れており、普通は見る機会はありません。

そのため、「他人より大きい・小さいかも?」と人知れず悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょか。

そこで、本記事では日本人の平均の乳輪サイズを調査しました。

なかなか他人に相談しにくい乳輪のお悩みを徹底解説します!

自分の乳輪は大きい?小さい?

 

なぜ乳輪の大きさは人によって違うの?

そもそも何故、人によって乳輪のサイズは異なるのでしょうか。

乳輪のサイズを決定する要素は色々ありますが、中でも影響が大きいと考えられるのは遺伝、ホルモンバランス、バストの大きさです。

各要素の影響を順番に見ていきましょう。

 

遺伝によるもの

遺伝

乳輪のサイズを決定する要素の一つが遺伝です。

ご両親を始めとして血のつながった親族の中に平均よりも乳輪のサイズが大きな方がいらっしゃると、それが遺伝することがあり得ます。

バストの大きさ等もそうですが、乳輪の大きさはある程度は生まれつき決まってしまうわけですね。

 

 ホルモンバランスによるもの

ホルモンバランス

ホルモンバランスの変化によっても乳輪の大きさが変化することがあります。

遺伝が先天的な要因だとすれば、こちらは後天的な要因と言えます。

過度の偏食、睡眠不足、あるいはストレス等が原因でホルモンバランスが崩れると、結果として乳輪の大きさが変化することがあるようです。

乳輪の大きさもそうですが、ホルモンバランスの乱れは体の様々な箇所に害をもたらします。

普段から規則正しい生活を心がけましょう。

 

 バストの大きさによるもの

バストの大きさにも左右される

バストの大きさ自体も乳輪の大きさに関わってきます。

一般に、バストが平均よりも大きい場合、乳輪も大きくなる傾向にあるようです。

但し、これは飽くまで一般傾向であってバストが大きいからと言って必ずしも乳輪が大きいとは限りません。

 

乳輪は大きい人で8cm、小さい人で3cmと個人差が大きい

乳輪のサイズが決定されるメカニズムは上で解説した通りです。

乳輪のサイズの平均サイズも勿論気になりますが、大きい人と小さい人ではどれ位差があるのでしょうか?

実は、乳輪の大きさはかなり個人差が大きいのです。

日本人の場合、小さめの人では3 cm程度ですが、大きい人では8 cm程ある場合もあります。

バストの大きさが個人によって大きく異なるのと似ていますね。

 

あなたはどれくらい?

 

【結論】日本人の乳輪の平均サイズは3.5cm!!

乳首の大きさ

さて、少し前置きが長くなりましたがいよいよ本題です。

日本人の乳輪の平均的なサイズはどれくらいなのでしょうか。

結論を言いますと、乳輪のサイズの平均は3.5 cm(直径)であると言われています。

この数値は日本の主要都市に医院を展開している美容整形外科の調査によるもので、信ぴょう性はかなり高いと考えられるでしょう。

 

乳輪は妊娠・出産でサイズが変化する場合も多い

妊娠・出産

さて、乳輪のサイズの平均は分かりました。

しかし、これまでも何度か触れましたが、乳輪の大きさというのは生涯不変、というわけではありません。

既に解説しましたが、ホルモンバランスの変化によって乳輪の大きさが変化することがあります。

ホルモンバランスが変化する要因は多種多様ですが、最も劇的に変化するシチュエーションの一つは妊娠、出産であると言えるでしょう。

実際、子育て体験記などを読むと、授乳後に乳輪が黒く、大きくなったと悩む方が多く見られます。

しかし、多くの人は断乳後元に戻ったとも言っているのであまり気にしすぎないようにしましょう。

 

乳輪の大きさを自分で改善することは出来るの?

先述の通り、乳輪のサイズは個人によって大きく異なります。

そのため、自分の乳輪のサイズについてコンプレックスを抱いている方もいらっしゃると思います。

では、乳輪の大きさを自力で改善するにはどうしたら良いのでしょうか。

結論から言いますと、乳輪のサイズを自己ケアで変えるのはほとんど不可能に近いと考えられています。

乳輪の大きさはホルモンバランスやバストサイズによって変わる、ということは最初にお伝えしましたね。

従って、これらが変化することで多少乳輪の大きさが変わってくる可能性は考えられます。

しかしながら自分で思ったような変化を起こすのは難しく、確実な方法としては後述する外科手術のようなものしか存在しないようです。

 

意図的に大きさを変えるのは難しい…

 

乳輪を大きくする方法は今のところない

乳輪のサイズを自己ケアで変えるのは難しいと先ほど述べました。

中でも、小さな乳輪を大きくする明確な方法は存在しません。

外科手術なども乳輪を大きくするものは残念ながら見つけることができませんでした。

これは、乳輪が小さくて悩んでいる方が大きくて悩んでいる方より少ないことが原因だと考えられます。

勿論、乳輪の悩みは人それぞれです。

しかし、やはり需要が少ないと研究も進まないのでしょうね…。

 

乳輪を大きくする方法は無い…

 

乳輪を小さくするには美容整形手術という手段も

残念ながら、乳輪を大きくする確かな方法は確立されていません。

しかし、一方で小さくする方法については、美容整形手術という選択肢があります。

 

乳輪縮小術という方法

乳首の手術

シリコンバッグ豊胸のメリット・デメリット

乳輪縮小術は、文字通り外科手術によって乳輪を小さくする方法です。

最大のメリットはその効果の高さでしょう。

先ほどご紹介した通り、乳輪の大きさは自己ケアで変えるのは極めて困難です。

それを踏まえると、必ず一定の効果が得られる外科手術による方法は非常に頼もしい選択肢であると言えるでしょう。

 

一方でリスクやデメリットも存在します。

乳輪縮小術は切除を伴う手術になりますので手術後にダウンタイム(回復期間)が存在します。

また、乳輪の状態や担当医師の腕次第では仕上がりが不自然になってしまうこともあるようです。

手術は必ず信頼のおける医院でよく相談してからにしましょう。

 

 費用的は10万~40万と差も大きい

費用はちょっとお高め…

費用はちょっとお高め…

 

さて、乳輪縮小術の気になるお値段ですが大体10~40万円とほどです。

最低でも10万円するケースが多く、ちょっとお高く感じますね。

ですが、乳輪の大きさはバスト全体の印象を左右する重要なものなので、それを考えると検討の余地はあると思います。

 

また、安いものと高いものでかなり価格差がありますが、安いものにはそれなりに理由があると思った方が良いでしょう。

大切なバストを任せるわけですから、値段が安いからと言って安易に飛び付かず、よく考えて選びましょう。

 

 しっかりとカウンセリングを受けて決めましょう

 

カウンセリングはしっかりと!

カウンセリングはしっかりと!

 

乳輪縮小術を受ける前に、大抵の医院ではカウンセリングを受けると思います。

カウンセリングでは主に状態などを確認、相談して施術方法を決めるようです。

カウンセリングでは専門の医師が優しく対応してくれます。

施術前に疑問や不安を相談して万全の状態で手術に臨みましょう。

 

【番外編】日本人の乳首にまつわる平均データ

乳輪の悩みは大きさだけではありませんよね。

普段なかなか他人に相談できないことですから、この機会に是非日本人のバストトップの平均を知っておきましょう!

先述の通り、乳輪の平均サイズは直径3.5cmです。

一方、乳首の平均の直径は1cm、高さは0.8cmとなっています。

乳首の大きさも不変というわけではなく、授乳などによって変わることがあるようです。

 

また、乳首の色に関しては平均して茶色が多いようです。

これはメラニンという色素が関係しています。

黄色人種(モンゴロイド)は白人(コーカソイド)に比べるとこのメラニンが多いため、乳首が茶色~黒色になりやすいようです。

 

気になる乳頭周りのデータをチェック!

気になる乳頭周りのデータをチェック!

 

乳輪のサイズは人それぞれ!あまり気にしないことが大切

乳輪のサイズは個人差が大きく、それだけに他人と比べてコンプレックスになりがちです。

しかし、個人差が大きいということは皆それぞれ少しずつ異なるということです。

平均サイズというのも、あくまで統計的に中間を取ったというだけです。

ですのであまり気にしすぎず、自分のバストを大切にケアしていきましょう!

 

気にしすぎず、あなたらしく行こう!

気にしすぎず、あなたらしく行こう!