ヒアルロン酸豊胸の痛みの原因と対策

 

ヒアルロン酸豊胸の痛みって、本当のところどうなの?

「ずっとバストの大きさに自信がなくて、いろんなバストケア商品を試してみたけど効果ナシ!思い切って豊胸手術を受けようかな…。

「プチ整形にも使われてるヒアルロン酸で豊胸もできるって聞いたけど、他の方法と比べてどうなんだろう?やっぱり痛いのかな?

とお悩みのあなた。

 

最近では、シリコンや、脂肪注入よりも、ヒアルロン酸豊胸を選択する人が増えているのはご存知でしょうか?

ヒアルロン酸豊胸は他の施術方法に比べて、痛みも軽いのが特徴です。

 

しかし、施術中・施術後どれくらい痛いのか、なぜ痛むのか、そして痛みがいつまで続くのか、とても気になるところですよね。

そんなあなたのために、ヒアルロン酸豊胸の痛みの原因と対策について、徹底的にリサーチしてみましたのでどうぞご参考に!

 

ヒアルロン酸豊胸の施術中の痛み

バストアップマッサージ

ではまず、ヒアルロン酸豊胸の施術中に感じる痛みから見ていきましょう。

豊胸でヒアルロン酸を注入する際には必ず麻酔が使われるのですが、ヒアルロン酸豊胸施術中にどれほど痛みを感じるかについては、そのときに施される麻酔の方法によって、大きく変わってくるようです。

麻酔の方法は主に3つありますので、痛みを強く感じやすい順番にメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

 局所麻酔で行う場合の痛み

局所麻酔とは注射による麻酔のことで、施術を受ける箇所やその周辺のみピンポイントで痛みを感じなくさせる方法です。

 

局所麻酔のよいところは、ヒアルロン酸豊胸施術中もしっかりと意識があり、注射するときの痛みも少なくてすみ、全身に及ぼす影響も少なく安全性が高いところです。

デメリットとしては、人によっては意識があるがために、手術時の周囲の様子が気になって痛い気持ちになってしまうことも。

また、個人差や麻酔科医の技量の差によって麻酔が効きにくく、人によっては豊胸手術中に鈍い痛みやつらい痛みを感じてしまう場合もあります。

 

 笑気麻酔で行う場合の痛み

笑気麻酔とは吸入による麻酔のことで、局所麻酔と併用して行われる方法です。最近では歯医者さんで、治療が怖いと感じる人に向けて用いられているところもたびたび見かけます。

 

笑気麻酔のよいところは、局部麻酔同様に豊胸手術中も意識はあるのですが、吸入後すぐに効いてリラックスした状態で豊胸手術を受けられるため、痛みが少なく感じられるところです。

 

笑気麻酔のデメリットは、鼻から麻酔を吸入させると発作を起こす可能性があるので、気管支喘息の人には使えないところです。

 

 静脈麻酔で行う場合の痛み

胸の大きさは違う

静脈麻酔とは点滴による麻酔のことで、静脈から全身に麻酔薬を行きわたらせて痛みや意識そのものをなくす方法です。

 

静脈麻酔のよいところは、点滴が落ちているヒアルロン酸豊胸手術中はずっと意識がなく、全く痛みを感じなくて済むところです。

 

静脈麻酔のデメリットは、シリンジポンプなどの特別な器具や麻酔深度のモニタリングが必要で大掛かりなことと、麻酔の濃度によっては豊胸手術中に目が覚めてしまう可能性があるところです。

 

ヒアルロン酸豊胸の施術後の痛み

ヒアルロン酸豊胸の施術中の痛みの感じ方については、麻酔の方法によって大きく異なってくるとお話しました。

では次に、ヒアルロン酸豊胸の施術が終わったあとの痛みについて、詳しくお話していきます。

なぜ痛みがあるの?

まず、ヒアルロン酸豊胸の施術後に痛みが生じる理由ですが、主に2つあります。

 

1つめは、胸へのヒアルロン酸注入によって起こる筋肉の刺激から生じる痛み

ヒアルロン酸の注入量が多いほど痛みは強いため、はじめは少量から始めるのがよいようです。

 

2つめは、ヒアルロン酸が正しい注入位置である乳腺の下や周囲ではなく、誤って大胸筋内に注入されたことによって起こる痛み

とくに腕を動かしたり胸を押されたりすると、鈍い痛みを感じやすいようです。

 

どんな痛み?

ヒアルロン酸豊胸の施術中は麻酔で基本的には痛みを感じませんが、麻酔が切れてからは、強い筋肉痛や、乳腺炎のような痛みに見舞われます

 

乳腺炎とは、母乳をあげているママの2~3割に起こる病気のことです。

具体的には、

  • おっぱいが硬くなってしこりができ熱を持つ、
  • 触られるとズキズキとした強い痛みを感じる
  • 時として腕を上げただけで激しく痛みを感じる

などの症状が出ます。

 

しかし本当の乳腺炎とは違い、全身にわたる熱が出たり起き上がれなくなるほど痛むことはなく、他の豊胸術と比較すると日常生活に支障が少ない痛みといえます。

 

どれくらい痛みは続くの?

ヒアルロン酸豊胸手術後、通常は数日から1週間程度で上記のような痛みはおさまると言われています。

もしそれ以上続くようであれば、単に術後の痛みというのではなく感染などの可能性も考えられますので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

 

 痛みに関する口コミ

ではここで、実際にヒアルロン酸豊胸施術を受けた女性たちの、痛みに関する口コミをいくつかご紹介します。

 

  • ヒアルロン酸豊胸手術しました。そんなに痛くないし、時間も短いし、120ずつ入れましたがかなりいい感じです。

出典:http://e-kuchikomi.info

 

全体的にボリュームを出すために胸全体の麻酔が痛く、筋肉痛以上、乳腺炎のようなかなり痛い感じがまだ続いています。
出典:http://e-kuchikomi.info

 

術後1日目までは、胸がパンパンで、痛みもありましたが、だんだんとおさまってきています。
出典:http://e-kuchikomi.info

 

術後直後は麻酔が効いているので痛みを感じませんが、麻酔が切れてくると筋肉痛よりも強い痛み、乳腺炎のような痛みが数日~1週間程度あります。
出典:http://breast-up.net

 

明日で丸一週間です。

左胸の痛みはほとんどないです。
右胸の内側の痛みが辛いです。

が、毎日記録をしていると、一昨日よりも昨日、昨日よりも今日、痛みは減っています。いまでも痛いには痛いですけどね。
出典:http://cocolog-nifty.com

 

 

口コミからもおわかりのように、やはりヒアルロン酸豊胸手術後麻酔が切れたあとは、筋肉痛以上の乳腺炎のような痛みや胸の異物感があるようです。

一方で、生活に不自由する程ではないそんなに痛くないと感じていた人もおられました。

術後数日は痛みがあるかたも、個人差はありますがケガと同じで1週間もすれば、日にちぐすりでだんだんとおさまっていくようですね。

ヒアルロン酸豊胸の痛みを緩和させる方法

個人差はあるものの、ヒアルロン酸豊胸で多少なりとも痛みが出るのは確かなようです。

しかし、痛みはなんとか回避したいところ・・・。

ここでは、ヒアルロン酸豊胸の痛みを和らげる方法について、ご紹介したいと思います。

 

 麻酔は笑気麻酔や静脈麻酔にしてもらう。

ヒアルロン酸豊胸施術中の痛みは、実は麻酔の方法にも原因があります。

局所麻酔だと、施術中の状況や音などによって、恐怖感を煽られ、必要以上に痛みを感じてしまう恐れがあります。

歯医者で治療されている方は、このような経験をされたことがあるのではないでしょうか。

あの治療の音を聞くだけで、憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

そういう方に、実際歯医者さんでも取り入れられている笑気麻酔や、意識をそのものをなくす静脈麻酔がおすすめです。

笑気麻酔は、不安や恐怖心を軽減させる効果があるため、痛みが恐いと思っている人にぴったりですね。

 

 一度に注入する量を少なくする。

ヒアルロン酸豊胸施術後の痛みの原因は、ヒアルロン酸による筋肉への刺激。

一度に注入するヒアルロン酸の量が増えるほど、それに比例して痛みも強くなると言われています。

痛みを少しでも和らげたいなら、一度に大きな胸にしようとよくばらずに、定期的に30~50ccぐらいを少しずつ注入した方が一回で感じる痛みが少なく、持続効果もアップします。

また、豊胸手術でありがちな「ある日突然胸が大きくなっていた!」という事態にならず、少しずつバストが大きくなっていくので、より自然なため豊胸がバレにくくもあります。

 

 「エコー下注入法」を行っているクリニックを選ぶ。

ヒアルロン酸豊胸施術後の痛みのもう1つの原因は、誤って大胸筋内にヒアルロン酸を注入されてしまうことです。

それを防ぐためには、「エコー下注入法」をオプションで利用できるクリニックを選ぶと安心です。

エコーを使うと、乳腺と乳腺下の正しい位置に、確実にヒアルロン酸を注入することができるので、誤って大胸筋内にヒアルロン酸が入ってしまう心配がありません。

また、さらにうれしいことに、正しい位置にヒアルロン酸があるため吸収率が下がり、ヒアルロン酸の豊胸効果が長く続くというオマケつきです。

 

 痛み止めは、痛みだす前から飲む。

 

バストアップ サプリ

 

麻酔をするときは、痛み止めも処方されます。

しかし、この痛み止めというのは、飲んでから効きはじめるまでに30分から1時間くらいかかってしまいます

痛み止めを飲むタイミングを誤ってしまうと、痛みと戦う羽目になってしまい、せっかく処方された痛み止めも台無しに。

麻酔がちょっと残っていて、何となくちょっと痛いぐらいかな…と感じている間に痛み止めをあらかじめ飲むようにしておきましょう。

 

ヒアルロン酸豊胸の痛みが治まらない時には…

バストアップ 悩み

 

ヒアルロン酸豊胸に術後の痛みはつきものですが、大体が数日から一週間ほどでおさまってきます。

1週間を超えてもまだ激しい痛みがある、いっこうに痛みが和らがない…という場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

ヒアルロン酸豊胸は、本来痛みは長引かない方法のはずですので、感染など別の原因も考えられます。決して一人で我慢してはいけませんよ。

 

ヒアルロン酸豊胸は他より痛みが少ない!

手ブラする女性

ヒアルロン酸豊胸は、シリコンバッグ挿入法や脂肪注入法に比べて、痛みが軽いということがお分かり頂けたかと思います。

他の豊胸方法は、脂肪を抜き取る痛みや、身体にメスを入れる痛みなどの、手術的な痛みが伴うのが一般的です。

“手術的”と聞くと、豊胸に対して不安も大きくなってしまいますよね。

そして、リスクも大きくなると考えなければなりません。
対して、ヒアルロン酸豊胸は、もともと体内に存在している成分を注射一本で注入するだけ

術後の違和感や、筋肉痛のような痛みが感じられるとはいえ、トータルで考えれば、ヒアルロン酸豊胸の方が、リスクも低く安全性も高めということになります。

やっぱり、ヒアルロン酸豊胸は試す価値アリ!

ヒアルロン酸豊胸の痛みと対策について徹底的にリサーチし、お話してきましたがいかがでしたか?

他の豊胸術に比べると痛みも軽いのが特徴の、ヒアルロン酸豊胸

お値段も、シリコンや脂肪注入と比べてお手頃ですので、豊胸を考えている方は、ぜひヒアルロン酸豊胸を検討してみてはいかがでしょうか?