目次

  1. 1 ヒアルロン酸豊胸をする前に知っておきたいリスクと失敗例
  2. 2 ヒアルロン酸豊胸に失敗の可能性がある理由とは?
  3. 3 ヒアルロン酸豊胸の失敗事例※口コミあり
  4. 4 ヒアルロン酸豊胸で失敗しないためのポイント
  5. 5 ヒアルロン酸豊胸でもし失敗してしまったら?
  6. 6 プチ豊胸ではないことを理解しよう
  7. 7 サプリを利用してお手軽にバストアップしよう

ヒアルロン酸豊胸は比較的安価でヒアルロン酸を注射で注入する方法です。

「安心」と思っている人も多いと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

体験談や失敗例、口コミを参照しながら、ヒアルロン酸豊胸の実際を見ていきましょう。

ヒアルロン酸豊胸の場合、時間が経つにつれてヒアルロン酸は体内に吸収されていくと言われていますが、注入する場所や量を間違えると、しこりとなって乳房内に残ってしまうことがあります。

しこりとならないまでも、ブヨブヨとした感触が残る場合もあるそう。

さらに細かい血管にヒアルロン酸が注入されてしまうと血液がせき止められてしまい、ひどい場合には細胞が壊死してしまいます。

内出血や腫れが続き青あざができてしまう場合も同様です。

ヒアルロン酸豊胸は、プチ豊胸として手軽さが前面に出ている場合があります。

しかし、ヒアルロン酸を注入する場所や量など、とても技術や知識を要する施術であるということを理解しましょう。

失敗したらどうなるのか、気になりますよね。

ここでは、ヒアルロン酸豊胸の怖い失敗事例と口コミをまとめてみました。生の声を見ていきましょう。

 しこりが出来てしまった

ヒアルロン酸豊胸で多いのは、しこりが出来てしまうという失敗例です。

ヒアルロン酸は、もともと体内にある成分なので時間が経つにつれて体内に吸収するとされています。

しかしながら、一度に大量のヒアルロン酸を注入すると吸収されずに残ってしまい「しこり」となります。

ヒアルロン酸をどのあたりにどの程度の量を注入するかというのには、専門的な技術と知識が必要となってきます。

信頼できるクリニックでしっかりとカウンセリングを受ける必要がありますね。

エコーを使って施術してくれるクリニックを選ぶのが、失敗しない最低条件といえるでしょう。

ヒアルロン酸豊胸経験者です。 低吸収を謳っているということは、ほぼ間違いなくしこりになると思います。長く胸に残ると体がヒアルロン酸を異物と判断して皮膜で包み、溶け出すのを防ぐためしこりになります。更にヒアルロン酸は時間が経つごとに硬化しますので硬く触れるようになります。乳癌検診でも丸見えです。すぐ吸収される種類のヒアルロン酸の方がまだ安全です。 私は両胸70cc入れましたが1カップもアップしませんでした。1年後に胸中しこりだらけになり毎日痛みましたよ。大きなしこりのせいで胸がボコっと変形してました。 今はある程度除去して楽になりました。 ご参考までに。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-133385.html

ヒアルロン酸の豊胸を昨年2月にしました。当初ヒアルロン酸は溶けて無くなると説明を受けましたが、現在しこりとして残っています。まだ美容外科には相談は行ってませんが、ネット上を見るとこのまま溶けて無くなるのかどうかは書いてないので、不安を持ってます。 その後の経過がどのようになるのか?良いことしか書いてないので心配しています

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-132834.html

ヒアルロン酸での豊胸手術を数年前に受けました。しこりでボコボコになりずっと胸の痛みに苦しんでいました。今はある程度ですが除去しました。ヒアルロン酸は胸中に満遍なく打つのでしこりになったり、万が一アレルギー症状が起こった場合でも完全には取り出せなくなります。色々な医師に聞きましたが、大きなしこりになると半永久的に胸内に残るそうですよ。フランスでは既に禁止されている危険な豊胸術です。 乳癌検診でもばっちり映ります。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-132834.html

 左右の大きさが違ってしまう

豊胸施術後、ヒアルロン酸が体内に吸収されていくスピードが違ったり、乳房内で皮膜化してしまったりと、ヒアルロン酸豊胸にはいろいろな失敗が起こる事があります。

特に左右で別々のトラブルが起こってしまった場合、大きさが明らかに違ってしまうということも起こり得ることを知っておきましょう。

特に左右の大きさが違う失敗例は、目で見てすぐにわかるものなので女性にとっては精神的にも辛い失敗と言えます。

なぜ、そんな失敗が起こるのでしょうか?口コミを見てみましょう。

確かにペッタンコでは無くなってきたのですが、左がCカップで右がAカップというアンバランスな状態になってしまいました(泣)。 豊胸前は左右対称だったので、豊胸したことで左右の大きさが変わってしまったのか…。 普通に戻りたいです。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-17953.html

 思ったより感触が硬い

ヒアルロン酸豊胸のバストは、想像していたものよりも硬くなるという失敗例の口コミが多く寄せられています。

人によっては、バストアップどころか胸板が厚くたくましくなってしまう失敗例もあるようです。思っていた仕上がりにならなかったら、ショックですよね。

それに何よりもパートナーとのスキンシップの際にバストの硬さが気になって、豊胸がバレはしないかと不安になる人もいるようです。

豊胸後のバストのことをしっかりと理解することが、失敗を避ける大切なプロセスですね。

授乳で、見るも無残だった胸が大きくなって、嬉しかったのですが、硬さがあり、パートナーにばれてしまうのではないかと日々悩んでいます。貧弱になってしまった胸がコンプレックスで、性生活も避けてしまっていたのですが、最近少しカンバック!?せっかく大金かけて、あんなに痛い思いしたのに…(涙)奥の方が筋肉のように硬くて、違和感があります。見た目にはまあまあですが…マッサージで半分くらい柔らかくなるのでしょうか?「これ、筋肉!?」って聞かれ、「そう、最近ジムで鍛えてたの…」なんて、苦しまぎれの嘘でごまかしています。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-23671.html

私も、ヒアルロン酸豊胸やりました。 1年半前に30 cc入れたのですが、乳腺がゴムボールのように硬くなってしまい、とても怖いです。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-23671.html

 持続性がない

しこりにならないようにと細かくヒアルロン酸を注入しすぎると、体内にすぐに吸収されてしまい効果が持続しないと事があります。

費用をかけて豊胸したのにその効果が持続しなければ、がっかりしてしまいますよね。

外科手術がないとはいえ、痛みやリスクがあるのがヒアルロン酸豊胸。

効果がなくなるたびに施術しなくてはならないとなると、費用面や体への負担も大きくなるということを理解しましょう。

今年の1月にヒアルロン酸を各100ccずつ入れた者です。まだ1年弱ですが、33万円はどこに行っちゃったのか・・・ 夏ごろに「だいぶ減ってきたような・・」と思っていましたが 柔らかくなってきたので自然と言えば自然でした。秋、そして冬12月を迎え 今では殆ど元の姿に戻ってしまい 現実の辛さを実感しています。

http://www.e-kuchikomi.info/bust/thread-23671.html?pageID=1

 ヒアルロン酸は異物です

もともと体内にあるものだから、と手軽な豊胸方法として注目されているヒアルロン酸豊胸ですが、そのイメージ故に施術後の異物感に悩まされる人の口コミが多くありました。

異物が体内に入っているという心理的負担によって、施術後すぐに取り出してしまうケースもあるとか。

硬さや冷たさなど、理解せずに手軽な豊胸と思ってしまうと、後から後悔する失敗例にもなりかねません。

医師のカウンセリングや豊胸に対しての知識をしっかり持つことをお勧めします。

では、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?後悔しないためのポイントをしっかりと押さえていきましょう。

 安すぎるクリニックには注意が必要

豊胸に使われるヒアルロン酸は、体内の成分に似せて作られた薬剤ですので、実際使われるヒアルロン酸は医院によって違います。

あまりにも安い薬剤を使っていると、硬くて質の悪いヒアルロン酸という可能性がありますので「しこり」になりやすいので注意が必要です。

他にも新人が施術するために安いキャンペーンを実施している場合もあるので、他医院と比べて極端に安い場合は、そこでの豊胸は避けるのが得策だといえるでしょう。

 エコーを使った施術がされているか

ヒアルロン酸の注入する場所や量を見誤るとバストの形への不満や「しこり」の失敗の原因となります。

エコーで確認しながらの施術をしている医院では、その類の失敗例は少ないようです。

持続性やサイズアップを追求するあまり、過量のヒアルロン酸を注入することは大変危険ですので、そのような施術内容になっていないかということを事前に確認しておくことが重要なんですね。

 自分のバストのタイプを知る

ヒアルロン酸豊胸は、柔らかさに難があります。バストに脂肪が多くあるタイプの人は、ヒアルロン酸を注入しても硬さがあまり気にならないという人も多くいます。

しかしながら、脂肪が少なくやせ型の人はヒアルロン酸豊胸の硬さが、目立ってしまいます。

ご自身がどういったタイプで、豊胸後のバストがどうなるかを医師と相談してから施術してもらうようにして失敗しないようにしましょう。

費用をかけてヒアルロン酸豊胸をしてみたものの思ったようなバストが手に入らなかった場合、とても失望しますよね。さらにしこりが残ってしまったり、硬くて厚い胸板になってしまったりと見た目にも問題がある失敗をしてしまうことだってあります。

そんな時は、まず施術した医院に相談しましょう。カルテなどが残っているので早めの対処をしてもらえるはずです。

もし、その医院が信用できないようであれば、しこりを除去したりヒアルロン酸を融解してくれる医院もありますので、失敗を一人で悩んでないですぐに相談することをお勧めします。

問題点を理解して解決してくれる医院を見つけることが、失敗してしまった時はとても重要ですので、「おかしいな?」と感じたら放っておかないことが重要なんですね。

ヒアルロン酸豊胸のリスクを理解していれば、失敗することも少なくて済むはずです。

ヒアルロン酸豊胸に興味のある人は、医院の選び方やリスクへの理解を深めていってくださいね。

ヒアルロン酸豊胸について参考になりましたでしょうか?

そこで、バストアップサプリを使うのも手です。

サプリメントは栄養補給の役割もありますから、そうした点では安心して利用できますよね。

マシュマロでは、たくさんのサプリメントを紹介していますので、気になる方はぜひそちらも見てみてくださいね!

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。