お家で簡単!バストケアをしてツヤバストを手に入れて!【方法・効果】

バストのケア、おろそかにしていませんか?

バストのケアきちんとしている?

ボリュームやハリのある綺麗なバスト、同性から見ても羨ましいですよね。

そんな素敵なバスト、実は自分で作れるってご存知ですか?

今回は、おうちでできる簡単バストケアの方法をご紹介します。

年齢や出産による垂れ防止にもぴったりですよ!

綺麗なバストを維持するためにはケアが必要不可欠

胸のケアが大切

お肌なら、年齢を重ねても化粧品やマッサージしたりして、毎日ケアしますよね。

バストだって同じなんです。

何もしなければバストはどんどん下がっていってしまいます。

それを防ぐためのバストケアが重要ですよ。

まだ若いから大丈夫なんて思っていてはダメです。

病気もそうですが、何事も未然に防ぐ事が大事。

今の綺麗なバストを維持するためには、今から始める事が大切なんです。

垂れるのは大きなバストだけ、なんて事もありませんよ。

大きなバストほど顕著ではありませんが、小さくたってやっぱり垂れます。

そうなる前に、お肌と同じように毎日のケアで、綺麗なバストを維持しましょう。

 

 

そもそもバストが垂れる原因は?

どうして胸は垂れるのか

では何故バストが垂れてしまうのでしょうか。

 

ホルモンバランスの変化

いくつかありますが、加齢と共に垂れてしまう原因にはホルモンバランスの変化があります。

これは、エストロゲンというバストのハリを保つ女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうため。

また、バストの形を保つクーパー靭帯という組織があります。

この靭帯が激しい運動をして伸びたり切れたりするとバストを支えられなくなり、垂れてしまうのです。

 

生活習慣や姿勢

生活習慣も影響してきます。

姿勢が悪い事もバストが垂れる原因のひとつ。

猫背でいるとバストを支えている大胸筋の血の巡りが悪くなってしまい、ハリを失ってしまいます。

ハリを失ったバストは、そのまま重力に逆らえず垂れてしまうのですね。

 

普段つけている下着

さらに、毎日身につけている下着の付け方にも注意が必要です

ブラジャーはバストを支えるためにつけるもの。

きちんと正しく着用しないと、かえってバストが垂れる原因になってしまうのです。

 

ツヤのある美バストをつくるバストケアのポイント

バストが垂れる原因をふまえて、バストケアをご紹介しましょう。

原因がいくつもあって、ケアなんて大変そうと思うかもしれません。

でも大丈夫、ポイントをおさえれば、綺麗なバストを維持する事ができますよ!

 

大胸筋、肋間筋、肩甲骨をよく動かす

胸をマッサージする女性

バストに大胸筋が重要というのは有名ですね。

大胸筋は、バストを支えているいちばん大きな組織で、これが緩んでしまうと垂れる原因になるのです。

対策としては胸の前で合掌するポーズが簡単でおすすめ。

胸に力を入れる事を意識してみましょう。

次に重要なのが肋間筋。

あまり聞き慣れない言葉ですが、肋間筋は呼吸にかかわる組織です。

腹式呼吸をすると胸が大きく膨らみますが、その時動いているのが肋間筋です。

最後に肩甲骨。

背中側なのでバストとは無縁にも思えますが、バストを支える小胸筋と繋がっています。

小胸筋自体を動かすのは難しいですが、肩甲骨を動かすと一緒に動いてくれますよ。

肩を大きく回したりして、動かしてみましょう。

 

安定したブラでバストが垂れるのを避ける

ホールド感のあるブラ

バストを支える重要な役割をつとめるブラジャー。

毎日身に着けるものですが、なんとなく選んでいたりしませんか?

また、自分のバストサイズをきちんと把握しているでしょうか。

小さいサイズのブラをつけると、血流が圧迫されてしまってハリを失う原因に。

逆に大きすぎるとバストをきちんと支えられず、クーパー靭帯に影響が出る事もあります。

バストサイズをきちんと知り、正しいサイズのブラジャーを着用しましょう。

 

また、つけ方も大事です。

正しいサイズのブラジャーでも、なんとなくつけていては意味がありません。

むしろ垂れるのを加速させてしまうかも。

ブラジャーをつける時は、前かがみになるのがポイントです。

背中や脇の下のお肉を寄せ集め、お肉に定位置を覚えさせると正しい形を保ってくれます。

安定したブラジャーでバストを支えてあげましょう。

 

 姿勢を良くする

姿勢改善

バストにとって意外と重要なのが姿勢。

座ってる時など、気が緩むと猫背になっていたりしませんか?

気が付いた時に、背筋を伸ばすように意識してみましょう。

椅子に座る時は、深めに座るのがポイントです。

背もたれがある椅子の場合には、背もたれと背中がまっすぐくっついているよう意識して座りましょう。

また、足を揃えて太ももと床が平行になるようにすると、自然と正しい姿勢になりやすいのでおすすめです。

 

立っていたり歩いたりする際には、お腹とお尻に力を入れて引き締める感じにしましょう。

頭のてっぺんから吊られているようなイメージも良いですね!

猫背になると筋肉がかたくなって脂肪がつきやすくなり、バストが垂れる元になってしまいますよ。

リンパの流れも悪くなってしまうので、冷えの原因にもなります。

正しい姿勢をしていれば、バストだけでなく見た目にも美しくなれるので一石二鳥ですね♡

 

お家でも簡単にできるバストケアの方法

毎日ケアなんて大変そう、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、案外簡単なんです。

自宅で簡単にできちゃいますよ。

いくつかその方法をご紹介しましょう。

 

入浴後のバストマッサージ

お風呂上がりのバストアップマッサージ

お風呂に入った後は身体が温まり血行が良くなるので、バストマッサージをするのにおすすめです。

 

方法は、まず右手で左の胸の下から右上に向かって優しく撫で上げます。

同じように、今度は左手で右の胸の下から左上に撫で上げます。

バストを包み込むように8の字を描くイメージですね。

これを左右10回ずつ行いましょう。

ポイントは、「外から中へ」「下から上へ」を意識する事。

 

最後に、指の腹で細かくつまむようにします。

乳腺やリンパが刺激されて、効果アップが期待できますよ。

 

バストケア用クリームやボディミルクを使用すると滑りが良くなるのでおすすめです。

逆に、使わないでマッサージすると肌を傷めてしまう原因になるので注意しましょう。

 

 

ストレッチ

合掌のポーズ

前述のバストケアのポイントでも触れましたが、バストを支える筋肉のストレッチを行いましょう。

大胸筋のストレッチには、胸の前で合掌して「いただきます」のポーズがおすすめ。

そのまま息を吐きながら、10秒間ほど手をぎゅっと合わせましょう。

胸に力が入っている事を意識してくださいね。

 

肋間筋のストレッチは、まず右手を右の肋骨の下に当てます。

左腕をまっすぐ上に伸ばして、そのまま左方向に倒していきます。

当てた右手のあたりを伸ばすようなイメージです。

ゆっくり大きく息を吸いながら行うのがポイントですよ。

息を吸い切るくらいまで倒したら元に戻り、反対側も同じように行います。

 

最後に肩甲骨のストレッチは、両手の先を肩につけます。

肘が肩と同じくらいの高さになるように上げましょう。

そのまま内側に向かって10回程ぐるぐると回し、今度は外側に10回回します。

なるべく腕を大きく回して、肩甲骨を意識しながら行うのがコツですよ。

 

運動

膝つき腕立て伏せ

バストが垂れるのを防ぐには、やはり筋力が重要となってきます。

上記でご紹介したストレッチも有効ですが、ちょっとハードな筋トレを行うのも良いですね。

バストケアの筋トレと言われて最初に思いつくのが「腕立て伏せ」ではないでしょうか。

今回は運動が苦手な人でも出来る、きつくない腕立て伏せの方法をご紹介します!

 

まず、膝を立てて腕を肩幅より少し広めに開いた状態で床に手をつきます。

よつんばいのような恰好ですね。

そのまま息を吐きながら肘をゆっくりと曲げていき、あごが床につくくらいまで身体を下していきます。

今度は、息を吸いながらゆっくりと元の状態に戻していきます。

これを15回、2セット行いましょう。

慣れてきたら手のひらを外側に向けて行うと、より胸の筋肉に刺激を与えてくれますよ。

最初はつらいかもしれませんが、バストケアには効果抜群なので、ぜひ試してみてくださいね!

 

お家で簡単バストケアの方法を動画でチェック

 

 

こちらはバストアップの動画ですが、垂れないために行うケアも基本は同じです。

共通するのは、血液やリンパの流れを良くする事。

バストに栄養がきちんと届いていないと、やはり垂れる原因になってしまいます。

この方法は1分ほどでできるので、覚えてしまえば簡単ですね。

お風呂上りの習慣にすると良いでしょう。

 

バストアップブラ導も一緒に使うとさらに効果UP♡

導

毎日のケアだけでなく、アイテムを使ってさらに効果をアップさせましょう。

オススメはバストアップブラ「導-MICHIBIKI-」

なんと、つけているだけでバストアップの効果が期待できるというブラなんですよ!

その秘密は「脇肉逆流動システム」にあります。

脇や背中に流れるお肉を寄せ集めてバストにしてくれる優れものなんです。

三段階補正システムが段階ごとに脇肉を胸へと寄せ集め、2本のサイドバーが集めたお肉をしっかりホールド。

また、ノーホック式で背中の肉をすっきり集約してバストへと導いてくれます。

 

でもせっかく集めたお肉も、そのままでは垂れてしまいますよね。

その点このブラは下部素材がパワーハングオン加工になっているので、集めたお肉をしっかり支えてくれます。

しかもノンワイヤーなので、無理な圧迫はなく、装着感はスポーツブラとほとんど変わりません。

 

そして何より嬉しいのがお値段。

補正下着は高いものが多くて、1つ1万円以上するものだってありますよね。

その点この「導-MICHIBIKI-」は、1つ3000円程度と普通のブラとほとんど変わりません。

洗濯用に3つ買うと、1つ無料で付いてくるので1個あたり1000円代ととってもお得なんです♡

眠る時にもこの「導き-MICHIBIKI-」を使えば、綺麗なバストをキープする事ができますよ。

 

 

 

簡単バストケアとバストアップブラでハリのある美バストに♡

ハリのあるバストに

おうちでも簡単にできるバストケアの方法をご紹介しました。

バストアップブラも併用すれば、効果アップも期待できますね。

バストケアを毎日の習慣にして、ハリのある美しいバストになりましょう。