バストアップをしたい高校生におすすめの胸を大きくする方法

バストアップをしたい高校生におすすめの胸を大きくする方法

高校生になると胸の大きい小さいがハッキリしてきますよね。

「友達と比べて小さい」とか「全然成長しないから心配だ」とか胸のコンプレックスや不安を抱えている高校生は多いのではないでしょうか。

しかし、諦めるのはまだ早いですよ!

高校生からでも胸を大きくする方法があります。

高校生の時期が最も効果が出やすいとも言われていますので、バストアップをするなら高校生の内から始めることをおすすめします。

高校生からでも安心して始められるバストアップ法を紹介しますので、ぜひマスターして理想の胸を手に入れましょう!

バストアップマッサージ

 

バストアップマッサージは、胸を大きくする方法として誰もが知る方法ではないでしょうか。

しかし、本当に効果があるのかどうか半信半疑な部分もありますよね。

胸の成長は女性ホルモンに大きく影響され、女性ホルモンが活発になれば胸は大きく成長します。

その女性ホルモンは小学生の高学年から高校生くらいまでに多く分泌されますので、その時期にマッサージを取り入れることでバストアップが望めます。

バストマッサージは体が温まった状態で行うとより効果が高まると言われているので、お風呂上りに行うと良いですよ。

手順としては、胸を上下左右から優しく中心に向かってさするだけです。

この時、マッサージオイルを使うとやりやすいですし、専用のオイルを使えばより効果が期待できるでしょう。

この方法なら道具がいらず簡単な方法なので今すぐ始められますし、気軽に続けられますね。

バストアップ体操

おっぱい体操という方法を知っていますか?

おっぱい体操は元助産師の女性が考案したバストを大きくする方法の一つで、近年注目されています。

体操直後からサイズアップする人がいるほど即効性が期待できるバストを大きくする方法です。

腕や脚、腰などのように動かして運動する部位なら分かりますが、胸は自分の意志では動かすことができませんよね。

それなのに、どうやって運動するの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

これは、バスト自体の体操というより周囲の筋肉を鍛えて血行を促進し、リンパの流れをスムーズにすることを目的とします。

脇腹や腕、背中、肩などのストレッチを行った後にバストを鎖骨の中心に向かって片方ずつ手で持ち上げて揺らします。

左右が終わったら、次は両方のバストを中央に向けて持ち上げて揺らします。

さらに効果的にするには心臓のある左側のバストから始めるようにすれば良いそうですよ。

コツは、優しく大きく揺らすことです。

十分な睡眠

胸を大きくする方法として一番簡単で大切なことが睡眠です。

それは、寝ている間にバストアップに重要な成長ホルモンが分泌されるからです。

高校生になるとスマホでSNSをやったり電話をしたり、動画を見たりしてついつい夜更かししてしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、夜更かしをして寝不足になってしまうと成長ホルモンのバランスが崩れてしまうので、ほどほどにしましょうね。

成長ホルモンが多く分泌される高校生の時期に質の良い睡眠をとって、さらに分泌を促すことでバストアップが期待できますよ!

バランスの良い食事

高校生の時期は成長期の真っ最中なので、バランスの良い栄養を摂る必要があります。

ダイエットに気を取られていると、栄養が不足してバストの成長も止まってしまいますよ!

バストを大きくする方法の一つとしてバストアップしやすい栄養を摂ることも大切ですね。

大豆イソフラボン

女性にとって大豆イソフラボンが良いというのは有名ですよね。

それは、大豆イソフラボンの作用が女性ホルモン「エストロゲン」の作用と似ていることからきています。

大豆イソフラボンはその名のとおり大豆食品に含まれていて、豆乳や豆腐、納豆、味噌、醤油などが身近な食品として挙げられます。

大豆食品は様々な料理に活用できるので、毎日の食事に手軽に取り入れられます。

キャベツ

大豆食品はバストアップに良いというのは、何となくうなずけるかもしれませんが、その他の食品というとあまり思い浮かばないのではないでしょうか。

その他の食品としておすすめなのがキャベツです。

キャベツにはボロンというエストロゲンの分泌を促す成分が含まれているので、バストアップに最適です。

これは知らなかったという女性も多いのではないでしょうか?

キャベツもあらゆる料理に利用できますので、積極的に取り入れてバストアップを目指しましょう!