太っても胸が大きくならないのはなぜ?

太っても胸が大きくならない!胸は脂肪でできているはずなのにどうして?

胸を大きくする方法として、「太ったら胸が大きくなった」と聞いたことがある人は多いと思います。

もしできるなら、なんて簡単なバストアップ方法でしょうか!

原理から言えば、胸は脂肪でできているので、太ったら増えるのは納得できますよね。

でも、本当?

実際に「太っても胸が大きくならない」と言う人も少なくありません。

なぜ脂肪が増えるのに太っても胸が大きくならないのか、理由をまとめてみました。

 

https://twitter.com/XXAYAMIHXX/status/713366586636107776

 

 

太るより簡単にバストアップできて、スタイルまでバランスよく整えてくれる

美味しい美容サプリ もありますよ♪

 

太ったら胸が大きくなるは嘘?ホント?

バストアップ

 

胸の大きな女性タレントが「太ったら胸が大きくなった」と言っていましたが、本当に太ったら胸が大きくなるのでしょうか。

胸を大きくしたい女子には、効果があるのか気になる情報ですよね。

実際に「太って胸が大きくなる」「太っても胸が大きくならない」を体験した人の口コミをいくつかご紹介します。

 

太ったら胸が大きくなったという口コミ

 

10キロ太ったら2カップあがったw
出典:http://girlschannel.net/topics/92751/

160/45kgでCカップだったのが
太ってからはD~Eになった。
それから痩せても胸の大きささほど変わらず。
出典:http://girlschannel.net/topics/92751/

固い胸を揉んで柔らかくしたことと、背中の肉を胸に向かって流したこと。一番は太ること笑
出典:http://girlschannel.net/topics/92751/

太って胸が大きくなるのを体験した人たちの声です。

2カップ上がった、痩せても胸の大きさはさほど変わらずなど、期待ができる口コミがありますね。

硬い胸は柔らかくするといったケアも合わせてやるとより効果的のようです。

 

太って胸の脂肪が増えるとバストアップできるんですね。

 

太っても胸が大きくならなかった人の口コミ

 

太ると胸にも脂肪つく
けど、痩せると胸から縮む
中途半端に食事制限すると胸のわりに下半身太い悲惨な体型になる
出典:http://asdhttp://girlschannel.net/topics/256270/

ケンタッキーでバイトしてるのでバイトのたびにチキン食べてるけど、お腹ばっかり肉が付いてって胸には全く付かず(。-_-。)
出典:http://asdhttp://girlschannel.net/topics/256270/

私太っても胸だけ太らなくて悲惨な体型になった。痩せてた方がまだ胸って認識できる。
今おっぱいマッサージをYouTubeで見てやってる。大きくなれー!
出典:http://asdhttp://girlschannel.net/topics/256270/

こちらは、太っても胸が大きくならないといった口コミです。

確かに太ると胸にも脂肪がつくけど、痩せるとその脂肪も減る、または、胸だけ太らなかったり結局太っても胸が大きくならないといった、避けたい現実があるのも事実のようです。

 

バストアップのために太るのは、やっぱり女の子にとってはリスキー!

太らずバストにボリュームを出したいなら…

女の子のキレイバランスを整えながら育乳するこのサプリが◎

 

 

太っても胸が大きくならない理由とは?

 

では、どうして胸は脂肪でできているのに、太っても胸は大きくならないのでしょうか。

また、太っても胸が大きくならない人と大きくなる人の違いはあるのでしょうか。

脂肪がついても痩せると胸から落ちてしまう、太っても胸は増えないなど、太っても胸が大きくならない理由を5つまとめてみました。

 

脂肪はつきやすい順番がある

脂肪にはつきやすい順番があります。

女性ホルモンの影響もあって、女性は下半身からつきやすくなります。

個人差はありますが、

  • お尻
  • おなか
  • 太もも
  • ふくらはぎ

の順でつきやすいとされています。

胸につく前におなかにつくんですね。

太っても胸が大きくならない人は、もう少しで胸に脂肪が回ったのかもしれません。

しかし、つきやすい順の反対、つきにくかったところから脂肪は落ちていきます。

なのでせっかくついた胸の脂肪も、痩せたらおなかの前に胸から痩せてしまうんですね。

一度太ってから胸以外を痩せれば胸が大きくなるという方法は、納得しやすく確かにそうだ!と思いやすいですが、体につく脂肪の順番があるので実際は難しいのです。

 

脂肪は冷えやすい所につく

体につく脂肪役割のひとつに、体温をキープするというのがあります。

寒いと体温を維持するために脂肪を消費するので、人間の体は脂肪を蓄えようとします。

女性に冷えは大敵と言いますが、冷え性の女性は多いですよね。

体が冷えていると実感がなくても、お尻や足を触ってみると冷たい人は少なくありません。

そうすると冷えやすい部分を守ろうとして、脂肪がつきやすくなります。

胸は心臓に近いので体の中でも温かい部分ですよね。

なので、体温が高い胸より、低く冷たい下半身に脂肪がつきやすくなるのです。

体の冷えが、太っても胸が大きくならない理由のひとつになっているかもしれません。

 

女性ホルモンのバランス

睡眠

 

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があります。

そのうちのエストロゲンは、胸を大きくするホルモンです。

胸は脂肪ともうひとつ乳腺でできていますが、乳腺を発達させる役割を持つのがエストロゲンなのです。

ただ、ストレスや偏った食事、睡眠不足から女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンの分泌が減ってしまいます。

太っても胸が大きくならないのは、エストロゲンの分泌が関係しているかもしれません。

ストレスを貯めないように、バランスの言い食事を心がけながら、ホルモン分泌が活発になる夜10時から夜中2時までの時間に、深い眠りについているとエストロゲンの分泌を促すことができます。

 

女性のホルモンバランスにフォーカスした

育乳サプリが「ハニーココ」 なんです♪

 

 

体のむくみ

悩む女性

 

太ったという理由だけでなく、顔や手、足などが腫れぼったくなっていることはありませんか?

体にむくみがあると、胸が大きくなるのを妨げる原因になります。

先ほど書いた、冷えや生活の乱れから体の代謝が悪くなると、体に老廃物水分が溜まってむくんでしまいます。

そうすると栄養が体の隅々に運ばれにくくなって、せっかくの胸への栄養も届きにくくなってしまうのです。

その結果、太っても胸が大きくならないという状況にも繋がるのです。

むくみを改善する方法として

  • 塩分を控える
  • 血の巡りをよくする
  • 長時間同じ体勢を続けない

などがあります。

太るとむくみも出やすくなりますので、リンパマッサージで老廃物を流して、むくみにくい体を作ることも大切です。

 

乳腺が発達してない

胸は脂肪と乳腺からできていると書きましたが、割合で言うと、脂肪9割乳腺1割となっています。

たった1割の乳腺ですが、脂肪は乳腺を包むように存在しているため、実は胸の大きさは乳腺で決まるとも言われているんです。

子どもを産むと胸のサイズが上がるのは、授乳のために乳腺が発達することで、乳腺を守る役割の周りの脂肪がつきやすくなるから。

乳腺が発達していないと、乳腺を包んでいる脂肪も増えないんですね。

反対に、乳腺が発達すれば、胸に脂肪がつきやすくなるということです。

すべての人に当てはまるわけではないですが、太って胸についた人とつかなかった人の違いとして、乳腺があげられるようです。

 

胸の筋肉が足りない

先ほども書きましたが、胸は脂肪と乳腺からできています。

そして、その土台として胸を支えているのが筋肉なのです。

胸に脂肪がついても、その脂肪を支える筋肉がなければ胸はきれいな形を保てません。

本当は胸についたはずの脂肪が流れて背中にいってしまって、太ったのに胸が大きくならないと感じてしまっているかもしれません。

脂肪をしっかりと胸の位置でキープするためにも、胸の筋肉を意識して、エクササイズや運動を取り入れてみてはいかかでしょうか。

 

太っても胸が大きくならない人はこんな人

太っても胸が大きくならない理由をあげてきました。

それをもとに、太っても胸が大きくならない人はこんな人という特徴をまとめてみました。

あなたは当てはまっていませんか?

 

生活習慣が乱れている人

睡眠不足、朝は食べないなどといった生活になっていませんか?

規則正しい生活ができていないと体に栄養が行き渡りません。

体を作る細胞やホルモンの分泌も鈍くなっていきます。

それが太っても胸が大きくならないことへ繋がっていってしまいます。

ストレスも体によくないので、溜まってしまう前に発散できるといいですね。

生活の乱れが冷えを招くこともあります。

体が冷えるとむくみやすくもなりますし、胸より冷えのある部分に脂肪をためやすい状態になってしまいます。

体の血液とリンパの循環が整っていないとめぐりの悪い体になり、太っても胸が大きくならない原因になってしまうので注意したいですね。

 

乳腺が発達してない人

乳腺が発達していないと、その周りにある脂肪が増えても定着しません。

胸の大きい人は乳腺が発達していると言われています。

胸を大きくするには、乳腺に刺激を与え、発達を促すことが必要なんですね。

乳腺は太っている、太っていないに関わらず発達させることができます。

乳腺を刺激して発達を促すことで、胸を大きくすることができますよ。

 

上半身の筋肉がない人

胸を支える土台となる筋肉がないと、胸はキープできません。

それには、胸の筋肉がもちろん大切ですが、正しい姿勢を保つためには上半身全体の筋肉も必要になってきます。

姿勢を正すと胸の位置も変わりきれいに見えますし、習慣化すると筋肉がついて胸をバランスよく支えられるようになります。

胸についた脂肪を流さないために、胸を含め上半身の筋肉をつけましょう。

 

ハニーココは乱れてしまったキレイバランスを整え

よりバストアップしやすい体内環境へ導きます。

その秘密はギュギュっと詰まった美容成分にあり!!

美味しいのは味だけじゃないんですよ♪

 

太らずに胸を大きくする方法をご紹介♡

太っても胸が大きくならない理由と、当てはまる人をまとめてきました。

まず太って、上記に書いた胸が大きくならない原因を改善していくのもひとつの手ですが、

脂肪がつく順番があると書いたように、願った通りに胸だけに脂肪残すのはやはり簡単ではありません。

そこで、太らずに胸を大きくする方法をご紹介します。

 

乳腺を刺激する

乳腺が発達すると、その周りを包むようにある脂肪が増えやすくなると書きました。

では、どうやったら乳腺を発達させることができるのでしょうか。

乳腺を刺激するのは、女性ホルモンのエストロゲンです。

エストロゲンの分泌を高めることができれば、乳腺が刺激され、胸を大きくすることに繋がっていきます。

 

女性ホルモンに似た食べ物を摂る

キャベツ

女性ホルモンの分泌を促進する効果がある食べ物といえば、キャベツです。

胸を大きくしたいと思った人は、一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

キャベツに含まれる「ボロン」は、乳腺の発達に重要なエストロゲンの分泌を活性化してくれる成分なんです。

ボロンを効果的に摂取するには、キャベツを生のまま1日に1玉食べましょうと言われています。

生で食べるとなると量が多いですが…。

 

ではもう少し続けやすく、摂取しやすい食べ物をご紹介します。

 

大豆製品を摂る

 

大豆製品も、胸を大きくする食品として有名ですよね。

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンに似た働きをする成分です。

そのため、適度に摂取することで、乳腺の発達を助ける働きをしてくれるんです。

豆乳やきなこ、豆腐や納豆など、大豆製品はたくさんあるので、いろんな食品をバランスよく食事に取り入れてくださいね。

キャベツも大豆製品もそうですが、早く効果を得たいからといって、摂りすぎるのは胸を大きくするより体を壊します。

それだけ食べるといった偏りのある食事も体によくありません。

エストロゲンを活発にしたり、似た働きをしてくれるとはいえ、食べ物だけでは目を見張る効果は出にくいのです。

乳腺を発達させやすい体内環境を作るという意識で、無理せず取り入れてくださいね。

 

ハニーココに配合されている、バストアップ成分「プエラリア」は

大豆の約40倍のイソフラボンを含有することで注目される果実なんです!

 

 

睡眠をとる

睡眠

 

睡眠をとるといっても、ただたくさん寝ればいいというものではありません。

先ほども書きましたが、女性ホルモンが分泌されやすい時間、夜10時~夜中2時の間に熟睡しているのが理想です。

この4時間はゴールデンタイムと呼ばれていて、女性ホルモンだけでなく成長ホルモンや、肌や皮膚の生まれ変わりに必要な、細胞分裂が活発に行われる時間でもあるんです。

体を作るのにとても重要なんですね。

体はすべて繋がっているので、胸を大きくすることだけに焦点をあてて他の部分を怠っていると、胸を大きくする効果も出にくくなってしまいます。

できるだけ睡眠時間を気にかけて、寝ている間にエストロゲンをたくさん分泌させましょう。

 

乳腺マッサージをする

乳腺に刺激を与えるのは、エストロゲンの分泌だけでなく、マッサージでも促すことができます。

バストアップのマッサージは色々ありますが、今回は乳腺を刺激するマッサージをご紹介します。

食事、睡眠と合わせてやることで効果がアップしますよ。

 

右手を左の脇の下におき、左の胸の下→谷間を通って→右のデコルテへ、撫でるように指を滑らせます。

反対も、左手を右の脇の下におき、右の胸の下→谷間を通って→左のデコルテへ同じように優しく行います。

次に、左手を右の上胸におき、右手を胸下におきます。

左手はわきに向かって、右手は谷間に向かって力を加えず動かしてマッサージをします。

左胸も手を変えて同じようにマッサージします。

それぞれゆっくり10回を目安に行いましょう。

 

ポイントは、胸を支えているクーパー靱帯を伸ばしたり切ったりしない様に、力を入れずに優しく行うことです。

クーパー靱帯は伸びたり切れたりすると元に戻らないので注意してくださいね。

血行がよくなっているお風呂上りに行うと効果的です。

皮膚や胸に負担がかからないよう、クリームやオイルを塗ってから行うようにしましょう。

 

太って胸を大きくするより乳腺を育てよう

「太っても胸が大きくならないのはなぜか」の理由についてまとめてきました。

食事や生活習慣によっても影響があるということと、太っただけだと、残したい部分に肉を留めておくのは簡単ではないということが分かりました。

胸を大きくするのは、何かひとつ実行するだけで叶えられるものではないんですね。

太るのではなく、胸を大きくするベースを体の中に作り、その上で、胸を大きくするのに重要な乳腺の発達を促進すること、そして続ける事で、胸に今までとは違った嬉しい変化を感じられるはずです。

スーパーで手に入る物と、時間を作れば家でできる始めやすい方法で、理想の胸に近づきましょう!

 

ハニーココでバストも女らしさもぐんぐんUP

乳腺の発達には、女性ホルモンが不可欠。

ハニーココはその女性ホルモンの働きを活性化させる作用のあるサプリ です。

他にも、女性のキレイに嬉しい美容成分をたっぷり配合。

いろんな意味で女性に美味しいサプリなんですよ♪

バストアップも女磨きもハニーココで叶えちゃいましょう!