脂肪注入豊胸のしこり【予防と対策まとめ】

 

脂肪注入豊胸ってしこりができる可能性がある?

世の中には様々な豊胸方法がありますが、その中で脂肪注入による豊胸は、自然な見た目と柔らかさがメリットです。

自分の脂肪を注入するため、拒否反応も少なく、脂肪を吸引した部位のダイエットも出来ます。

ですが、脂肪注入による豊胸で、胸にしこりができるという声も。

しこりが出来る原因や対策などを徹底分析してみました。

気をつけるポイント

https://twitter.com/s274156/status/734215357125169153

 

 

脂肪注入豊胸のしこりを不安視する声

脂肪注入豊胸に興味はあっても、術後のしこりが気になる人不安な人は多くいました。

せっかく胸が大きくなっても、しこりが出来てしまうのは嫌ですよね。

https://twitter.com/7o11252/status/718729631646355457?lang=ja

 

≫バストアップに補正力のある育乳ブラを着けるのも手です。

<逆流補正「導~MICHIBIKI~」>

【原因】脂肪注入豊胸のしこり

では、脂肪注入豊胸でなぜ胸にしこりが出来てしまうのでしょうか?

考えられる原因を3つ挙げてみました。

 

不純物を含んだ脂肪を胸に注入した

しこりの原因の1つに、注入した脂肪の中に含まれた不純物が考えられます。

自分の脂肪を使っても、その中に細胞膜や老化細胞などの不純物が多いと「質の悪い脂肪」になってしまいます。

その質の悪い脂肪を注入すると、元々あった脂肪組織のように定着することなく壊死してしまい、その部分がしこりとなってしまうのです。

チェクとベリーの副作用

不純物を含んだ脂肪はダメ

 

 脂肪注入者の技術によるもの

脂肪の質と同様に、しこりの発生に影響を与えるのが脂肪注入者の技術です。

いくら綺麗な脂肪を使っても、注入する技術が低ければしこりになってしまいます。

一気に脂肪を大量注入したり、一箇所にまとめて脂肪注入すると、胸の中で脂肪が塊になってしまいます。

脂肪が身体に定着するには、血液によって酸素や栄養が脂肪細胞に届くことが必要ですが、塊になった脂肪の中心の方には血液がなかなか届きません。

そうすると、脂肪が壊死してしこりになりやすくなるのです。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは信頼出来るの?

 術後の喫煙が原因

手術がどんなに上手くいっても、術後のケアが不適切であればしこりができる原因になってしまいます。

特に、喫煙は注入した脂肪の定着に大きく影響します。

タバコによって、身体の血管は細くなります。そうすると、脂肪の定着に必要な血液の流れが悪くなり、注入した脂肪へ酸素や栄養が届きにくくなってしまいます。

喫煙により脂肪定着率が落ちたというデータもありますので、クリニックの指示に従ってしっかり禁煙しましょう。

乳腺症の疑い

喫煙はよくありません

 

【術前の予防】脂肪注入豊胸のしこり

脂肪注入豊胸による胸のしこりを予防するには、どうしたら良いでしょうか?

大切なのは、クリニック選びです。

どの点に気をつけてクリニックを選んだら良いのか3つポイントを挙げてみました。

 

コンデンスリッチ法

しこりを予防するには、良質な脂肪を注入することが大切です。

コンデンスリッチ法とは、吸引した脂肪から不純物を取り除き、純粋で良質な脂肪細胞のみに加工する特殊な濃縮技術です。

コンデンスリッチ法により精製された脂肪は身体への定着率が高くしこりが起きにくいと評判ですよ。

 

 評判のいいクリニックを選択する

評判の良いクリニックで脂肪注入豊胸を受けられたら安心ですよね。

コンデンスリッチ法を採用しているかどうか、医師の技術はどうなのかなど、色々と気になる事は多いと思います。

手術にかかる料金だけではなく、クリニックの口コミなどをチェックして比較するようにしましょう。

 

 脂肪の注入量に注意する

クリニックでカウンセリングを受ける際に、使用する脂肪の質以外にも脂肪の注入量について必ず確認するようにしましょう。

一度に大量に脂肪を入れたり、一箇所にまとめて脂肪を入れるとしこりの原因になってしまいます。

適切な脂肪量細かく入れてくれる医師なら安心ですよね。

納得が行くまでカウンセリングを続ける事も大切ですよ。

お得?

クリニック選びに注意しよう

 

≫育乳ブラ「導~MICHIBIKI~」は脇肉や背肉の余分なお肉を胸に集めて逃がさないという機能があります。

安心して育乳が出来ます。

<早速チェックしてみる>

脂肪注入豊胸の手術後は、ケアが大切!

脂肪注入豊胸によるしこりを防ぐ為には、クリニック選びも大事ですが、手術後のケアも非常に大切です。

どんな手術でも、術後のケアによって結果が大きく左右されてしまうのです。

禁煙、禁酒を心がけること、安静にして身体を休めること、傷に響くような身体を大きく動かす動作はしないようにすること、栄養を摂って良く寝ることが必要です。

きちんとケアをしないと、せっかく注入した脂肪の定着が悪くなってしまいます。

また、これらの注意事項は脂肪注入によるしこり防止だけではなく、術後の体力回復にも役立ちます。

副作用は避けられる

術後のケアはとっても大切

 

脂肪注入豊胸でしこりが出来てしまったら…

もしも脂肪注入豊胸でしこりが出来てしまったらどうしたら良いでしょうか?

しこりがとても小さくてあまり気にならないようであれば、そのまま様子を見ることが多いです。

大体直径1センチ以下であれば自然に吸収されることもあります。

でも大きなしこりが出来てしまった場合は、見た目で明らかに膨らんでいるのが分かったり、触ると非常に気になってしまいますよね。

その場合は、しこりの原因となっている脂肪の塊を吸引して除去したり、胸を切ってしこりの部分を取り除くという方法で対応します。

気になる人は、まずクリニックで相談してみましょう。

信頼できるクリニック

もしもしこりが出来てしまったら…。

 

脂肪注入豊胸をする際は細心の注意を!

脂肪注入豊胸は、自然な膨らみと柔らかさが人気の豊胸法です。

人気があっても、費用や身体の負担を考えると気軽に受けられるものではありません。

やるからには失敗せず、しこりの無い綺麗なバストを手に入れたいもの。

注入した脂肪の定着率を出来るだけ上げて、しこりの発生を抑えるには様々な注意事項があります。

クリニック選びから術後のケアまで、しっかりと予備知識をつけたうえで手術を受けましょうね。

バストの悩み

正しい知識でしこりを予防しよう

 

脂肪注入豊胸の以外のバストアップの選択肢は

それは、育乳ブラを着けることです。ただ、いつものブラを変えるだけでバストアップが望めます。

育乳ブラの中で最もお勧めなのが「導~MICHIBIKI~」です。売り切れ続出の大人気なのは結果が出ているから。

下垂したバストも手で持ち上げたような感覚でリフトアップ。脇肉や背中の余分なお肉が気になる方やバストが垂れてきた方、

寄せてもすぐ戻るなど、幅広い悩みに応えします。

ブラを変えるだけの安心なバストアップ。ノンワイヤーでノンホックで着心地満点ですよ。

「導~MICHIBIKI~」でバストアップ始めましょう。

<公式ページはこちら>

導