目次

  1. 1 脂肪注入豊胸のリアルな実態を知りたいならブログがおすすめ!
  2. 2 まずは脂肪注入豊胸がどんな手術かおさらい
  3. 3 脂肪注入豊胸のリアルな経過・効果が分かるブログ厳選5選
  4. 4 おすすめブログ①:脂肪幹細胞注入で豊胸!経過報告ブログ
  5. 5 おすすめブログ②:ひとみの脂肪注入による豊胸体験+α
  6. 6 おすすめブログ③:バストup豊胸日記☆
  7. 7 おすすめブログ④:バンビのキレイなデコルテ♪
  8. 8 おすすめブログ⑤:みーにゃの脂肪吸引、脂肪注入による豊胸ブログ
  9. 9 脂肪注入豊胸のブログを読む際のポイント
  10. 10 脂肪注入豊胸に向いている人
  11. 11 【確認】脂肪注入豊胸のリスクと注意点
  12. 12 脂肪注入豊胸の不安や疑問はブログでまとめて解決しよう!

胸を大きくしたい!というとき、1つの方法として豊胸手術がありますよね。その中でも話題なのが脂肪注入豊胸。脂肪注入豊胸とはどんな手術なのでしょうか。

今回は、そんな脂肪注入豊胸について調べてみました。脂肪注入豊胸でのメリット・デメリット。そして、参考になるブログも合わせてご紹介していきますね。

脂肪注入豊胸とはそもそもどういったものなのでしょうか。一緒におさらいしてみましょう。

脂肪注入豊胸は、シリコンなど異物を入れるものではなく、自分の脂肪を使う豊胸手術です。脂肪を注入するので触り心地も自然で、他の人からも気づかれにくいというメリットがあります。

脂肪注入豊胸には1.ピュアグラフト法  2.コンデンスリッチ法(CRF) 3.脂肪幹細胞(セリューション)法と3種類の施術方法があります。

それぞれの方法と定着率、そして相場は以下の通りです。

  1. 吸引した脂肪を特殊なフィルターに通してからバストに注入する施術方法。定着率は50〜60%。相場は70~90万円くらいです。
  2. 吸引した脂肪を遠心分離させ濃縮させて行うよ施術方法です。しこりができにくいと言ったメリットがあり、定着率は80%。相場は100~120万円くらいです。
  3. 脂肪に幹細胞と血小板をプラスして注入することで、70〜80%と高い定着率を得られる方法。相場は90~150万円くらいです。

豊胸手術のリアルな体験談が知りたい!という人にはブログがおすすめ。特にこれからご紹介する5つのブログが、経過や効果などとても参考になりますよ。そのブログはこちら。

  • 脂肪幹細胞注入で豊胸!経過報告ブログ
  • ひとみの脂肪注入による豊胸体験+α
  • バストup豊胸日記☆
  • バンビのキレイなデコルテ♪
  • みーにゃの脂肪吸引、脂肪注入による豊胸ブログ

これらのブログを順に紹介していきますので、気になった人はチェックしてみてくださいね。

こちらは脂肪幹細胞注入法で手術をした方のブログです。

手術前の体型や、なんと手術中に目が覚めた時の話まで載っています。脂肪幹細胞注入法での費用は100万円。脂肪幹細胞注入法の中では安い方でしょうか。

お尻から脂肪を吸引したようで、術中は麻酔によって痛みも痒みもなかったとのことです。しかし術後はやはり痛かったようです。

手術後、1週間後まで細かく経過が記載されていますが、残念ながら術後1週間のブログしか更新されていません。クリニックでの様子、手術の様子、術後の痛みなど、詳しく知りたい人はぜひ見てみてくださいね!

こちらはアラフォーのひとみさんのブログ。

旦那様に豊胸したいとカミングアウトした時のことなどもブログにしており、主婦や彼氏がいる人には共感できる部分も。ひとみさんの手術を受けるクリニックの決め手は、先生とのカウンセリング。やはり信頼できる先生にしてもらいたいですよね。

ひとみさんは2回手術をしたようです。何回か手術を受ける方もいるということで、1回で脂肪が定着しないという人もいるということがわかりますよね。術後、何日間のブログはアメンバー限定で見れますよ。6ヶ月後まで術後の経過が記されています。

3つ目にご紹介するのは、すぅさんのバストup豊胸日記☆です。

豊胸手術前と後の写真を載せていて、どのくらい違うのかがわかります。その他にも、手術当日に用意していくものや、禁煙も言われるようですね

すぅさんは痩せ型なので300cc程しか脂肪を吸引できないと言われたようですが、先生とのカウンセリングでシリコンではなく脂肪注入を選んだようです。先生とのカウンセリングで、シリコンか、もしくは豊胸・脂肪注入での豊胸かをしっかり決めることも大切ですね。

ブログは術後60日目でストップしていますが、手術痕なども載っているので、術後の胸の様子を知りたい人にはおすすめのブログです。

こちらはバストアップに色々試しているバンビさんのブログです。

立ち仕事をしているバンビさんですが、術後3日目で仕事復帰したとのこと。その時の様子など、ブログに記されています。手術直後は大きくなったようですが、4か月後、ご本人が痩せたため胸も小さくなってしまったようです。

バンビさんは、豊胸手術2年後の手術痕の写真も載せています。手術から2年、バンビさんが思っていることなどが綴られています。脂肪注入豊胸手術のメリットやデメリットを知りたい方に参考になるブログです。

最後にご紹介するのはみーにゃの脂肪吸引、脂肪注入による豊胸ブログです。

彼氏や友達に胸の大きさを指摘され、豊胸手術を決めたみーにゃさん。豊胸手術するクリニックも何件か回って決めたようです。その行動力はすごいですね!豊胸手術に向けて、クリニック選びや用意するものなど詳しくブログに記されていますので、もしクリニック選びに悩んでいる方は参考になると思いますよ。

また、みーにゃさんは脂肪を吸引した足の、内出血の後なども写真で載せています。術後6日の時点では、まだ足がむくんでいるようですが、内出血の後は薄くなってきたようです。豊胸から1週間後までしか更新されていませんが、とても読みやすくわかりやすいブログですよ。

脂肪注入豊胸についてのブログは、経験者ならではの意見などもありとても参考になりますね。

豊胸の効果や経過はもちろんですが、クリニックのHPには記載されていないようなマイナーなトラブルや対処法なども参考にできる点です。

例えば、脂肪吸引した後の内出血について。ブログでは実際の写真で確認することもできます。

そして、どこが痛むのか・どのくらい痛いのかもブログでわかるので、脂肪注入豊胸手術を受けるときに覚悟ができそうです。

こうした脂肪注入豊胸でのメリットやデメリットなんかもブログからわかるので、ブログをチェックすることをおすすめします。

脂肪注入豊胸に向いている人はどんな人なのでしょうか。

まずは、胸の皮膚が柔らかい人。皮膚が伸びない人は、圧力がかかって注入した脂肪に皮膚が押し戻されてしまいます。

そのため、皮膚が柔らかく伸びる人の方が向いているんですね。

次に、注入するための脂肪が確保できている人

痩せていると十分な脂肪が取れず、胸に注入できる量が少なくなってしまいます。

そうなると、希望のバストになる事は難しいですよね。

最後はタバコを吸っていない人

喫煙していると血流が悪くなり、注入した脂肪に栄養が届きにくくなってしまいます。

そうなると定着率も下がってしまうため、喫煙者の人は脂肪注入豊胸をするならば禁煙した方がよさそうです。

最後に脂肪注入豊胸のリスクと注意点について説明しますね。美容整形と言ってもやはり手術である以上、こんなこともあると知っておきましょう。

①人によって術後の痛みがある

手術した後の痛みはどうなの?と気になるところですよね。この痛みについて調べてみたところ、脂肪注入豊胸は脂肪を吸引した部位に多少の痛みはやはりあるようです。術後の麻酔が切れた後は、筋肉痛のような鈍い痛みがあることが多く、この痛みが約1カ月続く場合もあります。

人によっては、術後当日〜2日後くらいまで動けないくらいの痛みもあるようです。その時は鎮痛剤を飲むと楽になるそうですが、程度は違うもののやはり痛みがあるということは覚悟しておいた方が良さそうですね。

②脂肪が定着しない

脂肪注入豊胸は、希望のバストの大きさにならない場合もあります。その理由は、どのくらい大きくなるか予測しづらい手術だから。術後は思ったよりも小さかったり、大きかったりすることもあるようです。

しかも、脂肪注入豊胸の定着率は100%ではなく、手術後に少し小さくなるといったケースもあるようです。もしも、術後の胸の大きさに納得できない場合は、3ヶ月以上の間隔があけば再手術が可能です。脂肪注入豊胸の場合は、脂肪が定着しないといったこともありうるようです。

③  しこりができる

脂肪注入豊胸手術後、稀ではありますがしこりができるケースもあるようです。その理由は、注入した脂肪と血管がうまく接続できていないということ。脂肪と血管が接続できないと、脂肪は異物とみなされ脂肪の周りに被膜が作られます。この被膜が厚くなるとしこりとなってしまうのです。

しこりができても、健康面に問題があるわけではありません。皮膚から浅い場所にしこりがあれば、注射器で吸い取ることもできますが、深い部分のしこりは取り除けない場合も。もししこりが気になるようであれば医師に相談してみましょう。

脂肪注入豊胸に限らず、自分の体を変えるのは勇気が要りますよね。でも、そんな不安や疑問を解消するためには経験者の声がとても参考になります。新しい自分になると、きっと世界も違って見えてきますよ!

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。