目次

  1. 1 産後に胸が垂れるのは避けたい…
  2. 2 早い段階でこの記事を見たあなたは正解!
  3. 3 妊娠中から垂れ胸防止をするメリット
  4. 4 妊娠中にできる垂れ胸防止対策まとめ
  5. 5 妊娠中の垂れ胸防止①:胸の成長に合わせたブラのサイズ変更
  6. 6  妊娠中の垂れ胸防止②:たっぷり保湿して皮膚を守る
  7. 7  妊娠中の垂れ胸防止③:大胸筋を鍛える
  8. 8 【注意】妊娠中はバストアップサプリやジェルを使わない!
  9. 9 赤ちゃんのことも考えつつ妊娠中もバッチリ垂れ胸防止♡

妊娠中どんどん変わっていく自分のカラダに、毎日ドキドキワクワクしますよね。

嬉しい変化もある反面、不安になる事も多いと思います。

その中でも女性として大きな不安の中に、「授乳後に胸が垂れる」という問題があります。

今はなんとなく、自分は大丈夫だと思っているかもしれませんね。

でも、「授乳後に胸が垂れる」現象は、残念ながらほとんどのママが経験しています

胸が垂れるのは絶対避けたい!でもどうすればいい?

今日は妊娠中からできる、産後の「垂れる胸」対策についてご紹介していきます!

絶対に垂れるのは避けたい!!

妊娠中はお肌も敏感です、育乳サプリだけでなくジェルもちょっと心配…

そんなデリケートな妊娠中のバストケアには着け心地抜群のナイトブラが最適です♪

Viageビューティーアップナイトブラは日中使用にも◎

着けているだけで気になるケアを叶えてくれます。

昔から多くのママ達を悩ませる、「授乳後に胸が垂れる」という問題。

本当に多くの人が経験し、大変悲しい思いをしています。

垂れる胸を実際に目の当たりにすると、想像以上にダメージが大きいものです。

目を背けたくなりますね。

しかし、キチンとケアをすれば胸が垂れるのを防ぐことができるようです。

ポイントは妊娠中から対策を始める事

だから、妊娠中の今、この記事をみたあなたは正解ですよ!!!

では、なぜ妊娠中という早い段階から始めるのが良いんでしょうか?

先手必勝なのです。

バストが膨らむ妊娠中の正しいケアで、

産前より産後のボディを魅力的にすることもできるんです!

お椀型バストをキープしてくれるViageビューティーアップナイトブラ はこちらから↓

「垂れ胸防止のケアは妊娠中から!」これには理由があります。

妊娠期は女性ホルモンが多量に分泌されることもあり、乳腺が発達し、胸が急激に大きくなります。

妊娠中の急激なこの胸のサイズの変化…これに対応しないでいると、産後に胸が垂れる原因のひとつであるクーパー靭帯が切れてしまうことにつながってしまいます。

産後に胸が垂れる原因は、妊娠中からあったということなんですね!

また、一般的には、妊娠・出産・子育ての流れの中で、一番身も心もゆったりし、自分の体と向き合うことができるのは妊娠中だと言われます。

実際に私も経験していますが、子育てが始まってしまうともう本当に毎日が戦いで気の休まる時間なんて殆どありません。

自分のケアをしっかりするなんてほぼ不可能な状態です。

垂れる胸を見るともちろんショックですが、だからといって、それどころじゃない生活になるんですよね。

だからこそ、まだ余裕のある妊娠中に「産後・授乳後に垂れる胸」について真剣に取り組んでおくことが重要なんです!

幸せな時間ですが、自分の時間はありません。

妊娠中からケアすることで、クーパー靭帯の損傷を最小限にとどめます。

そのためにもバストを正しく優しくサポートしてくれるブラ選びが大切なんです。

4つの3D構造 で心地よくケアしてくれるのはこのブラ!!

産後に垂れる胸対策には妊娠中から取り組むことが大切だということがよくわかりましたね!

では、実際にどんな方法で取り組めば良いのでしょう。

妊娠中からできる、「産後の胸が垂れる現象」防止対策を3つご紹介いたします!

胸の成長に合わせたブラのサイズ変更

サイズはどんどん変化します。

妊娠中に胸の大きさはどんどん大きくなっていきます。だいたい2カップほど大きくなります。

人によっては5カップほど大きくなり、ブラウスのボタンが飛びそうになったというエピソードも!

胸の成長率は人それぞれですが、人生最高の巨乳期の到来です(笑)

しかし、つわりやお腹が大きくなることによる圧迫が苦しく、ブラジャーを合わせるどころか、ノーブラ生活を送ったり、あまりホールド感のないスポブラタイプのものを使っている人が多いのではないでしょうか。

実は、これは「授乳後の垂れる胸対策」としてはあまりよくありません。

重みで支えきれなくなって、垂れる原因を作ってしまうのです

妊娠中には胸のサイズはどんどん変化していきますが、面倒でもブラサイズをその都度あわせていきましょう!

Viageビューティーアップナイトブラは伸縮性に優れています。

だから、バストのサイズ変化にも柔軟に対応可能♪

公式サイトでお得にまとめ買いだってできちゃいますよ…

たっぷり保湿して皮膚を守る

乾燥はハリを失う原因になります。

保湿と垂れ胸…あまり関係がないようにも感じられるかもしれません。

でも、保湿は大切。

お肌で考えていただくとわかると思いますが、保湿せずにハリが失われると、お肌も全体に下がっていきますよね。

胸もこれと同じ。バストの肌が重力に逆らえずに下がっていくと、垂れる原因となってしまいます。

たっぷりと保湿し、ハリを保つことで胸が垂れるのを防いでいきましょう。

大胸筋を鍛える

産後に胸が垂れるのを防止する方策として、胸の土台である大胸筋を鍛える、というものがあります。

大胸筋を鍛えることにより、大きく重くなるバストを支えることができるようになるのです。

胸が大きくなり始める妊娠中から大胸筋を鍛えることで、すでに重くなり始めている胸を支えていきましょう。

「支えきれなくなって垂れる」現象の予防になりますよ。

また、妊娠中からエクササイズの癖をつけておくことで、産後でも抵抗なく取り組めますよ!

以上、妊娠中から取り組める垂れ胸防止策をご紹介いたしました。

ここからは、これら3つの具体的な方法を詳しく説明します。

先ほど書きましたが、妊娠中から授乳期にかけて、胸のサイズは目まぐるしく変わっていきます。

具体に言いますと、妊娠して2ヶ月頃より少しずつ乳腺が発達してサイズがアップし、だいたい出産の頃には2サイズほどバストアップします。

そして出産後赤ちゃんがおっぱいを飲む事により、乳頭が刺激されて母乳が一気に生成され始め、産後2〜3日頃には胸が一番パンパンな状態になり、かなり重たくなります。

少し面倒ですがこの重たくなった胸を、キチンとサイズの合ったブラジャーで支えて、胸を支えるクーパー靭帯が伸びないように対策をしましょう。

このクーパー靭帯を支えてあげる事が、胸が垂れるのを防止する大きなポイントです。

垂れる前に対策をする事が一番重要なのです。

サイズはどんどん変化します。

胸も顔と同じく皮膚ですので、ハリを保つために保湿をする事が重要です。

ケアのタイミングでおすすめはお風呂上がり

みなさん妊娠線防止のためにお腹周りにクリームを塗ったりしますよね?

このタイミングで一緒に胸もケアしてしまいましょう。

ちなみに、胸にも授乳線という肉われが出来る可能性があります。

これも乾燥が原因の一つになってますので、一緒にケアできて一石二鳥です。

ここで注意点がひとつ、妊娠中の乳首への刺激は子宮を収縮させれる働きがあります。

流産や早期出産の可能性がありますので、乳首部分を避けてケアする事と、胎盤が安定していない妊娠初期の頃のマッサージは控えるようにしましょう。

お風呂上りはきちんとケアを!

大胸筋を鍛える事で胸の土台を大きくする事ができますので、胸が垂れるのを予防する事にもつながります。

しかし、妊娠中に大胸筋を鍛えようと腕立て伏せをするのはお腹が下になりますので少し危険。

お勧めのエクササイズは、手のひらを胸の前で合掌し、ぐーっと押す運動。

15秒くらいを2セットずつ行ってください。

これなら妊娠中でも、出産後でも簡単に場所を選ばず行えますので、やりやすいですよね。

ゆっくりと呼吸をしながら、胸の上の方を意識して行うのがポイントです。

大胸筋を鍛える事で血流も良くなりリンパの流れがスムーズになりますので、バストアップにも効果的です。

カラダに無理のないトレーニングを!

ここで一番注意してほしい事です。

「バストアップサプリを使えば、胸垂れ防止になるかも?」と言って、妊娠中にバストアップサプリやジェルを使うのは危険なこともありますので、なるべくやめましょう!

バストアップ成分として使われているプエラリアは、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を持っています。 **その成分のおかげでバストアップ効果があるのですが、妊娠中に摂取をすると体調を崩してしまう可能性があります**。

詳しく説明しますと、排卵日に向かって女性の体では妊娠をする準備のため、エストロゲンが増えていきます。 排卵を過ぎますと、妊娠をしやすくしたり、妊娠を維持するために、今度はもう一つの女性ホルモンプロゲステロンが増えていきます。 そして生理前にプロゲステロンが減り、またエストロゲンが増えていくのです。

このように女性の体では二つの女性ホルモンが交互に増減をしています。

妊娠中は、出産に向けてこの二つの女性ホルモンが分泌量を増やしていくのですが、この時にバストアップサプリを摂取すると急激にエストロゲンがのみが激増し、ホルモンのバランスが崩れてしまい体調を崩す可能性があるということなのです。

妊娠中は身体が特に繊細です。

通常のサプリでもお医者様に相談するなど気をつけた方がいいですね。

バストアップサプリメントは妊娠中はなるべく控えましょう!

妊娠中のバストケアはナイトブラがおすすめです

お腹に赤ちゃんがいる妊娠中は、サプリの使用はおすすめできません!

だからこそ、ナイトブラによるケアが大切。

Viageビューティーアップナイトブラは、ケアだけでなく

お椀型の美乳をサポートくれるブラです。

キレイなママでいる事は子育てをする上で、モチベーションが上がるポイントでもあります。

産後はどうしても自分の事は後回しになりがちです。

やれる事は妊娠中の今からやっておきましょう

妊娠中から胸が垂れるのを防いで、素敵なママを目指しちゃいましょう!

まずは赤ちゃん第一で!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。