2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 胸は垂れるもの、それをグンと上向きに♡
  2. 2 ズバリ!垂れた胸は戻せる
  3. 3 胸が垂れるには原因がある【タイプ別】
  4. 4 胸の垂れを治す・戻す方法8選
  5. 5 迷ったら!垂れ胸を戻すならサプリとバストアップジェル♡
  6. 6 ぜひ、上向きバストを手に入れて♡

最近なんだか垂れた胸が気になって胸のあいた服が着られない、好きな人にどんな反応をされるか心配・・・。

何もしなければ胸ってどうしても垂れてきてしまうんです。でも安心してください!垂れた胸を戻す・治す方法があるんです。

上向きバストを取り戻して楽しい毎日を過ごしませんか?

バストは乳腺や脂肪組織から作られています。それらを支えているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は細かいコラーゲン組織の繊維束で作られていて、胸と皮膚や筋肉をつなぐ役割をしています。

実はこのクーパー靭帯によって胸が引っ張り上げられて上向きのバストになっているんですね。

しかし、色々な原因でクーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまったことが垂れた胸になることに関係しているんです。

ですから、クーパー靭帯を伸ばさないように守ることが垂れた胸を治す・戻すことを助けてくれるんです。

クーパー靭帯はバストの命綱

垂れた胸を戻すことができるのはわかったけれど、そもそも胸が垂れてしまったのはなぜでしょうか。

胸の垂れを治すには、まず原因を知ることが大切です。一緒にチェックしていきましょう。

年齢とともに胸が垂れる

実は、胸は20代後半から少しづつ垂れ始めるんです。

主な理由はこちらです。

  • コラーゲンの減少
  • 大胸筋が衰える

胸のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンは年齢を重ねるにつれどうしても減少します。

すると、コラーゲンから作られているクーパー靭帯も衰えて胸を釣り上げる力が弱くなります。

また、胸の皮膚のハリや弾力がなくなり乳腺も衰えてくるため、柔らかく垂れた胸になってしまいます。

大胸筋は筋肉ですので、使わなければだんだん衰えます。

胸を支えている筋肉が弱くなったため、胸の脂肪が脇や背中に流れたり下に垂れてしまうんです。

産後の胸下垂

妊娠中や出産後は、赤ちゃんに母乳を与えるために、通常よりも多くの女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンが分泌されると、乳腺が発達し脂肪が増え胸が大きくなってきます。

胸が大きくなるのと同時に胸の皮膚とクーパー靭帯も伸びます。

卒乳が近づいてくると乳腺が衰えて胸が小さくなってきますが、皮膚やクーパー靭帯は伸びた状態のままです。

そのため垂れた胸になってしまうんです。

また、赤ちゃんが乳首を引っ張ることも胸が垂れる原因になります。

 運動のしすぎにより垂れた胸

胸を支えて引き上げているのはクーパー靭帯ですよね。

このクーパー靭帯は重力や過度な運動などでも伸びてしまいます。

通常の歩行でも胸は揺れますが、ジョギングや激しい運動はさらに振動が大きくなりますよね。

振動が大きくなると、クーパー靭帯には普段よりもさらに負担がかかって伸びてしまいます。

そして、垂れた胸になってしまうんです。

胸が垂れる原因は主に「クーパー靭帯・皮膚の伸び」「大胸筋の衰え」だとわかりましたね。

次に垂れた胸を治す・戻す方法を具体的に見ていきましょう。

筋トレで胸を鍛える

バストの重みを支える土台となっているのは大胸筋です。

上向きのバストに戻すために大胸筋の筋力を鍛え、しっかり胸を支えられるようにしましょう。

大胸筋で胸を支える力が強まれば、クーパー靭帯への負荷も減らすことができますよ。

大胸筋を鍛えるのに効果的な方法は、

  • 合掌のポーズ

  • 腕立て伏せ

の2種類です。

合掌のポーズは簡単にできますので続けやすいと思います。

普通の腕立て伏せが苦手な方のために、比較的負担の少ない膝をつけて行う方法を紹介していきます。

垂れた胸を戻す・治すためにも、胸の筋肉を意識して毎日行うことが大切ですよ。

 バストアップブラをする

上向きバストに治す・戻すためにブラジャー選びも大切です。

自分の体や胸に合っていないブラジャーをつけていると、胸が脇や背中に流れてしまいます。

また、ブラジャーをしていなければ胸を支えるクーパー靭帯に負担がかかり、垂れた胸やサイズダウンを引き起こすことになります。

バストアップブラを使えば、脇や背中に流れてしまった肉をバストへ集めて胸の形を美しく保ってくれます。

また、垂れた胸を上向きに治す・戻すように下から持ち上げて支えます。

ブラジャーのなかには、垂れた胸の原因にもなる猫背を治す機能を備えているものもあります。

バストアップしよう

 食事で内側から胸にハリを

バストを上向きに治す・戻すために大切な栄養素は色々あります。

  • イソフラボンを多く含む納豆などの大豆製品
  • 柑橘類や緑黄色野菜などのビタミン類

女性ホルモン「エストロゲン」はハリを保ち乳腺を刺激する、バストアップに大切な成分です。

大豆製品に含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンを多く含んでいます。

また、コラーゲンが減少すると肌のハリや弾力が衰えてきます。

ビタミンA、B、Cはコラーゲンを作り出すために必要ですし、肌のハリや新陳代謝も良くしますよ

バランスの良い食事をしていけば、胸に必要な栄養は自然と摂れます。

バストのハリや弾力を取り戻し垂れた胸を上向きのバストに治す・戻すためにも、食事に気を付けてみましょう。

背筋をピンと張り、胸を張る(猫背をなおす)

運動不足になって筋力や体力が低下するとまっすぐな姿勢を保つことができません。

また、長時間のデスクワークなどが原因で姿勢が悪くなりがちです。

姿勢が悪く背中が丸まった状態になると、胸部が圧迫されてしまいます。

すると胸全体の血流が悪くなって、胸の細胞に必要な酸素や栄養素、乳腺の発達に必要な女性ホルモンが胸に届きにくい状態になってしまいます。

その結果、ハリがなくなって垂れた胸になってしまうんです。

垂れた胸を治す・戻すために、背筋を伸ばして血行を良くしていきましょう。

正しい姿勢でバストアップ

 ツボ【えんえき】を押す

えんえきは乳首から10センチ程外側のわきの下にあるツボです。

このツボを押すと、血行促進や姿勢が良くなる効果があるそうです。

血のめぐりが良くなると、栄養や女性ホルモンを十分胸に届けることができますよね。

その結果、胸にハリが出て垂れた胸を治す・戻すことにつながります。

ツボの押し方ですが、お風呂上りなどに親指で左右のツボを同時に押していきます。

5秒ほど押さえたらゆっくり離してください。

バストマッサージをする

バストマッサージをすることによって老廃物を取り除き血行をよくします。

その結果、女性ホルモンや栄養が胸に届きやすくなります。

すると、乳腺が刺激されバストアップにつながるんです。

お風呂上りなど、体が温まっている状態でマッサージを行うと垂れた胸を治すのに効果的ですよ。

できればバスト用クリームなどを使い滑りを良くしましょう。

強くし過ぎて乳腺を傷つけないよう、優しくマッサージして上向きの胸に戻すようにしてくださいね。

ナイトブラをする

寝ている間に重力の影響で胸は下や横に引っ張られてしまいます。

すると胸の垂れに影響のあるクーパー靭帯が伸びてしまいますね。

クーパー靭帯の伸びをなるべく防ぐためにも、ナイトブラをつけましょう。

ナイトブラは締め付ける感覚がありません。

上向きや横向きで寝ていても、胸が横に流れたり垂れたりしないように心地よく支えてくれます。

また、胸を温めてくれるので血流がよくなり胸へ栄養が届きやすくなりますよ。

胸が垂れる原因や垂れた胸を治す・戻す方法は色々あることがわかりましたね。

でも沢山ありすぎて迷ってしまったわという貴方に。胸を上向きに治すのにおススメなのはサプリメントとバストアップジェルの併用ですよ。

気になるクチコミは??

垂れた胸を戻す・治すための方法を色々みてきましたが、気になったものはありましたか?

まずは貴方が一番やりやすい方法で試してみてくださいね。

上向きバストを手に入れて、みんなに自慢しちゃいましょう!

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。