目次

  1. 1 離れ胸をいまからでも治したい…!!
  2. 2 そもそも離れ胸の原因って?
  3. 3 離れ胸を防止するにはまずブラを見なおしてみて!
  4. 4 離れ胸の防止におすすめのブラ5選
  5. 5 離れ胸を防止するためのブラを選ぶポイント
  6. 6 迷ったらコレ♪離れ胸におすすめなブラは導!
  7. 7 離れ胸を防止できるブラ導の効果を画像で検証
  8. 8 離れ胸を防止できるブラ導を実際に使用した人の声
  9. 9 離れ胸を防止する方法まとめ
  10. 10 離れ胸を防止できるブラ導の動画を見てみる
  11. 11 「導〜MICHIBIKI〜」で離れ胸を理想のモテバストにしちゃおう♡

離れ胸だから、カップが小さく見えるのが嫌。

今からでもなんとかなるなら治したい…!

そんな思いを持っていませんか?

今回はそんな離れ胸で悩む方のために、今からでも遅くない離れ胸のケア方法を集めました。

日々やっておきたいケア方法から、つけるだけで効果が期待できるものまでご紹介しますよ。

離れ胸で悩んでいるなら必見です!

ツイッターによると、離れ胸で悩んでいる人は結構いるようです。

そっぽ向いた乳首って辛いですよね。

カップ数はあるのに小さく見えるもショックです。

みなさん悩んでらっしゃいますね。

そんな悩みを抱えている貴女にとっておきの方法を先取りしてご紹介しましょう。

それは育乳ブラを使うことなんです。おすすめの育乳ブラは後程詳しくご説明いたしますが、「導~MICHBIKI~リメイクアップブラ」といいます。

悲しい横流れを防いでバストに集めてくれて、形状補正をしてくれるから、離れ胸もキュッと寄せてくれるんです。

\ノンワイヤーで着心地のいいブラ/

離れ胸にはどうしてなるんでしょうか。

原因を探ってみました。

解決の糸口になるかもしれませんよ。

1)加齢

バストを構成しているのは、ほとんどが脂肪です。

この脂肪を支える筋肉は、放っておくと20代後半頃から徐々に衰えてしまうんです。

支えるものが衰えるとバスト自体の形も崩れてしまいますよね。

離れ胸もそうした加齢による衰えにより生じやすいとされています。

2)筋肉の衰え

加齢が原因以外にもバストを支える筋肉が衰えてしまうことがあります。

バストを支える筋肉はクーパー靭帯というのですが、これは結構脆いのです。

ランニングやちょっとした刺激ですぐに衰えてしまいます。

スポーツをするときには普通のブラでなくスポーツ用のブラの着用が推奨されるのもこのため。

クーパー靭帯の衰えは離れ胸以外にも垂れ乳の原因にもなってしまうんですよ。

3)ノーブラの時間が長い

ちょっとした刺激でも衰えてしまうクーパー靭帯。

当然、普段の生活がノーブラなら多くの刺激を受けてしまいます。

また、固定していないとあちこちにいってしまうのが胸の脂肪分です。

ノーブラでいる時間が長ければ長いほど、バストの形も崩れてしまうと考えられてるんです。

4)睡眠中にブラを着けていない

脂肪があちこちに動いたり、クーパー靭帯が刺激を受けるのは起きている時間だけではありません。

あなたは1日何時間寝ていますか?

そのときブラはしていますか?

6〜8時間睡眠をとっていたとしたら、その時間は無防備なバストになっています。

気をつけていても、寝ている時間は無意識に動いているもの。

うつ伏せに寝たり、横向きに寝ることで脂肪が動いてしまっているんです。

これを防ぐためにナイトブラは装着していたいですね。

特にナイトブラは寝ている時と起きている時と重力が違うから重要なんです。

おすすめする「導~MICHBIKI~」は、ナイトブラとしても着用できます。

寝ている間もバストをしっかりホールドして守ってくれるんです。

\一日中補正して美乳をキープする/

離れ胸さんに最初にしてほしいおすすめの離れ胸防止法は、ブラの見直しです。

正しいブラを着けることで、普通の人でもカップがアップすることがあるのをご存知ですか?

離れ胸さんだって、正しいブラを着用することでバストアップと離れ胸の改善が期待できるんですよ。

ブラを変えるだけで離れ胸が改善できるならやってみたいですよね。

離れ胸さんにおすすめのブラを5つご紹介します。

離れ胸をなんとかしたいあなたも、垂れ胸を予防したいあなたも必見ですよ。

1)導〜MICHIBIKI〜

離れ胸さんにおすすめしたいブラはこの「導」です。

導は、脇肉と背中の肉を徹底的に胸に寄せてくれる効果が期待できます。

さらに、4つの特徴が美バストをサポートしてくれます。

  • 脇肉逆流動システムで、脇肉をがっちりホールド離さない
  • 幅広のノーホックの背中が、背肉をきっちり胸に寄せる
  • 下からしっかりお肉を上げるハンズオン加工が手で持ち上げているような感覚に
  • 考え抜かれたWパッドが美しい胸の形をキープ

離れ胸さんに限らずバストのお肉を脇や背中に流れがち。

なんと人によっては2カップ分以上のお肉が流れていることもあるんだそう。

そんな勿体無いお肉を余さずバストにしたいあなたにおすすめしたいブラなんです。

だから離れ胸だけでなく脇肉が気になる、背中もスッキリしたいという人にピッタリのブラですね。

寄せてもすぐ戻る離れ胸には効果的な「導~MICHBIKI~」で離れ胸の悩みも克服できるかも。

\バストの悩みを解決できる/

2)Viage

次におすすめのブラはViageビューティナイトブラ

この商品の特徴は、3D補正構造メンテナンスの容易さ。

離れ胸の原因になっている脇や背中のお肉を補正してくれる構造はもちろん。

長く使い続けていく商品だからこそ、簡単にメンテナンスができるようになっています。

なんと、洗濯ネットに入れるだけで普通に洗濯できちゃうんですよ。

簡単にメンテナンスができる手間のかからないものを探している人におすすめです。

3)ブラデリスニューヨーク

ブラデリス

育乳ブラだっておしゃれがしたい人にはこれ!

ブラデリスニューヨークのブラは、普通のブラみたいなデザイン性

育乳完成までを3つのステップに分けてその時期に適切なブラを着用するシステムです。

育乳補正の3つのステップ

  1. ラインを作るベース作りに3ヶ月
  2. 寄せて高さを作るのに3ヶ月
  3. 理想のお椀型バストを作るのに3ヶ月

の3ステップです。

各ステップに合わせたブラの着用で離れ乳を改善する効果が期待できるんですよ。

4)リラリッチ

リラリッチビューティーメイクナイトブラ

リラリッチのブラはスポーツブラタイプのブラ。

スポーツブラタイプのブラというと可愛くないブラが多いですよね。

でもリラリッチは可愛い柄が揃っています。

JJや姉agehaのモデルさんも使用していることで有名なんですよ。

可愛いデザインのナイトブラを探している人におすすめです。

5)ディアマン

ディアマン

最後におすすめするブラはディアマンブラ。

モデルの武田静加さんがプロデュースしてるんですよ。

脇に入っている2本のサイドバーで脇のお肉を段階的に寄せられると考えています。

寄せてもすぐに戻ってしまう人や、形に自信のない人におすすめのブラです。

それでは、離れ胸を防止するためのブラ選びのポイントはなんでしょう。

おすすめのチェックポイントをお伝えしますね。

1)つけ心地

まずは、つけ心地のチェックをしましょう。

ブラ売り場には、専門の人がいることが多いので必ずサイズを測ってもらうのがコツ。

正しい胸のサイズを知ることで、間違いのないブラジャーを選ぶことこれが第一です。

2)離れ胸を矯正してくれるか

離れ胸を矯正してくれる効果のチェックも忘れずに。

サイズが合っていても補正効果が弱いものは離れ胸さんには不向きです。

ブラの中でも、補正効果をウリにしているものを重点的にチェックしましょう。

脇から背中にかけてのお肉を寄せる効果があるかどうかが重要です。

3)ブラを使うシチュエーションをチェック

ブラの種類も何種類かあるんです。

普段使っている昼用のブラや、スポーツ専門のスポブラ、寝る時専用のナイトブラなど。

兼用できるものもありますが、中には兼用できないものも。

離れ胸を治すことが目的のブラ選びでは、どんなシチュエーションのときでもしっかり補正できることが大切。

そのブラの得意分野以外のシチュエーションでの使用は補正効果が弱まることが考えられます。

シチュエーションに合わせてブラジャーも取り替えたいですね。

離れ胸さんにおすすめなブラは導です!

離れ胸さんは、本来あるべき位置にお肉がない状態。

その状態をしっかり改善する効果が期待できて、昼も付けれるブラ、導。

脇肉背肉の逆流補正というキャッチフレーズそのままの効果が期待できちゃいます。

昼も夜も愛用すれば、離れ胸を気にすることは無くなるかもしれませんよ。

導の効果が検証できる画像を集めてみました。

購入前の参考にしてくださいね!

①導で谷間メイク

着用時の画像です。

正面から見た画像と寝ている時の画像になります。

しっかり胸がよって、谷間になっているのがわかりますね。

②導でバストトップがUP

横から見たときの画像です。

トップの位置に変化が出来ているのがはっきりわかりますね。

これだけの盛り上がりは、なかなかできないように思います。

離れ胸が寄って、谷間もできていましたね。

おすすめのブラに変えるだけで、こんなに差が出るなんて驚きですよね。

実際に導を使用した人はどんな口コミを投稿しているのでしょうか。

集めてみましたので、見ていきましょう。

「導〜MICHIBIKI〜」で綺麗なバストに…!

想中身がない皮だけの胸でも寄せて谷間が出来ます!

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/d2w1-hzx8j-7rrv76_1_346662259/?l2-id=review_PC_il_body_05

ホールドされている感じはしないのに、 谷間ができるし、横になったときに脇にお肉が全く流れていないことに驚きました! いままで5、6枚いろいろなメーカーのものを試しましたが、横流れはダントツで防いでくれています。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/d2w1-hzxtu-k540vn_1_351349347/?l2-id=review_PC_il_body_05

ホックなしなので脱ぎ着は少し手間ですが、しっかりフィットしますし極厚パットで横乳をグッと寄せられてる感じがします。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/d2w1-hzx82-73iuqq_1_346601267/?l2-id=review_PC_il_body_05

早速着用してみるとおっぱいに谷間ができ付け心地も良くこのまま背中のお肉がおっぱいに定着するように毎日つけたいと思います。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/1.0/

皮だけの胸でも谷間ができる

数日で胸の形が変わった。

嬉しい口コミが溢れていますね。

一方あまり効果を感じなかったという意見も…

谷間は朝まで残ってましたが、F65だとカップに収まりません。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/d2w1-i0106-9jepky_1_583533687/?l2-id=review_PC_il_body_05

アンダーが少々緩いですが、 肩紐で調整できるので朝もちゃんと胸が包まれたままでした。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/d2w1-i0b3s-cmlwzw_1_423420299/?l2-id=review_PC_il_body_05

大きい胸の人にはサイズが合わないこともあるようですね。

ワイヤー部分が痛かったり、アンダーが緩かったり…。

きちんと自分のサイズをわかって購入していれば防げたかもしれませんね。

それでは、離れ胸を防止するためにはどうしたらいいのでしょうか。

おすすめの防止方法をまとめましたので、参考にしてくださいね。

1)ナイトブラをつける

離れ胸、もしくは垂れ胸を防止するおすすめ方法は、ナイトブラを使用すること。

離れ胸の原因のところでも触れましたが、美バストの鍵を握っているのはクーパー靭帯です。

このクーパー靭帯を保護するのに簡単な方法がナイトブラの着用なんですよ。

ナイトブラは、バストアップブラも兼用していることが多いんです。

つけているだけで美胸になる効果も期待できちゃいます。

2)エクササイズ、ストレッチをする

バストアップエクササイズバストアップストレッチもおすすめです。

これらを行うことで、バスト周辺の筋肉を鍛えクーパー靭帯以外でバストを支えます。

何か1つに頼るよりも、複数のもので支えた方がバストだって安定します。

3)うつ伏せで寝っ転がらない

うつ伏せに寝っ転がりながらのスマホゲームは楽チンですが、バストにはよくありません。

バストの脂肪は動きやすいものなんです。

うつ伏せに寝てしまうことで、バストがしっかり横に流れていってしまいます。

バストのためにうつ伏せに寝るのはできるだけ避けましょう。

♡合わせてオススメのまとめ♡

りなてぃんさんが実際に導を使用した感想動画です。

詳しく説明してくれていますので、参考になりますよ。

\導の詳細を動画で検証/

いかがでしたか?

離れ胸だからとあきらめずにしっかりケアすることが垂れ胸改善の第1歩です。

おすすめのブラ導を使って、憧れのモテバストを手に入れちゃいましょう!

♡合わせて読むとオススメのまとめ♡


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。