2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 美しい体になりたいのにダイエットで胸が垂れるなんて本末転等!
  2. 2 なぜダイエットして胸が垂れてしまうの?
  3. 3 ダイエットで垂れたおっぱいはもう元には戻らない?
  4. 4 胸を垂れさせないでダイエットするコツ

せっかくダイエットして、痩せたのに、胸が垂れるなんて・・・。

そんな経験をお持ちの方もいるのでしょうか。

せっかく痩せるなら、バストをキープして、綺麗に痩せたいですよね。

そんなあなたにとっておきの方法を伝授します!

なぜダイエットで胸が垂れてしまうのか、とても不思議に思いませんか。

その原因について調べてみました。

 エストロゲンの分泌量の低下

ふくよかなバストは、乳腺が関係しています。

乳腺は、女性ホルモンであるエストロゲンによって発達します。

しかし、ダイエットする事で栄養が足りなくなると、エストロゲンの分泌が低下してしまう事も。

それが乳腺を細く衰退させてしまう原因になるのです。

乳腺が衰退してしまうと脂肪をとどめておく必要が無くなるので、だんだんバストに脂肪がつきにくい状態になるので、注意が必要です。

大きかった胸が小さくなって、ハリが無くなり、胸が垂れる感じになってしまう可能性もありますよ。

 クーパー靭帯の衰退

バストが垂れないように引っ張っているのがクーパー靭帯です。

食事制限ダイエットなど運動をしないダイエットをすると脂肪だけでなく、筋肉も減ってしまいます。

筋肉が減るとバストを支えている大胸筋や小胸筋が衰え、クーパー靭帯に負荷がかかってしまうのです。

そうなるとクーパー靭帯はバストの重さを支えることができず、垂れてしまいます。

ダイエットで痩せる事で胸が垂れるのを防ぐためには、クーパー靭帯がカギのようですね。

一度垂れてしまった胸は、残念ながら、なかなか元に戻すことは難しいようです。

なぜなら、クーパー靭帯は、一度伸びてしまうと戻すのにかなりの時間がかかってしまうからです。

また何より恐ろしいのが、クーパー靭帯は、一度切れてしまうと一生元に戻ることはありません。

一生元に戻らないなんて悲しすぎますよね。

そのためにもただ痩せるだけのダイエットをするのではなく、胸が垂れないようにキープして痩せることが大切ですね。

「痩せたいけど、胸が垂れるから、ダイエットはしたくない!」という方。

胸が垂れることなく、綺麗に痩せる方法がありますよ。

次にその方法を伝授いたします!

せっかくダイエットして痩せるなら、綺麗に痩せたいあなたへ。

胸が垂れないようにキープして、ダイエットするコツをご説明します。

簡単なので、試してみてくださいね。

サイズの合ったブラジャーをつける

自分の胸のサイズに合っていないブラジャーをつけていませんか?

試着するのが面倒だから、昔から同じサイズのブラジャーを購入しているという方も多いのでは。

でも胸も同じで大きくなったり、小さくなったりするので、時々サイズを測って購入することが大切です。

実は、バストにぴったりフィットしていないブラジャーをつけているとブラの中でバストが揺れてしまい、クーパー靭帯が伸びてしまう可能性があるのです。

痩せるために体を動かすと胸が揺れるので、さらにクーパー靭帯に影響を与えそうですね。

運動するときは、スポーツブラもおすすめです。

 ナイトブラの着用

「寝る時は、何もつけない。ノーブラが一番楽。」

そのように思われている方もいるのではないでしょうか。

寝ているとき寝返りをうったり、うつぶせになったりしますよね。

実は、その度に胸は、潰されたり、流れてしまったり……。

ですから寝る時もナイトブラを着用して、乳腺やクーパー靭帯を保護して、胸が垂れないようにする必要があります。

ナイトブラは、締め付け感がなく、素材も優しいものが多く、つけると安心感があってよく眠れますよ。

ダイエットには、睡眠も大切なので、胸が垂れるのも防いでくれるナイトブラは、一石二鳥ですね。

 筋肉トレーニング

ダイエットによって痩せることで、筋力が減ってしまいます。

筋力が減ると、胸をキープする力が無くなり、クーパー靭帯に負荷をかけ、胸が垂れてしまいます。

ですから、筋肉トレーニングも重要になってきます。

おすすめしたいトレーニングは、、腕立て伏せ

腕立て伏せは、胸の筋肉である大胸筋を効果的に鍛えることができます。

「腕立ては、きつい」という方、壁を使って腕立て伏せをしても効果的ですし、少し楽にできますよ。

テレビを見ながらなど、ながらエクササイズをしてみましょう。

 ツボ押し

胸が垂れたと感じないためにもダイエットで乳腺を衰退させないことが大切です。

ダイエット中も乳腺を発達させるツボを意識的に押しましょう。

親指で、左右の乳房を持ち上げるように、内側に向かって押すことがポイントです。

ゆっくり心地よい強さで押してみてくださいね。

 バランスのとれた食事

ダイエットで、痩せて綺麗になる。

なおかつ、胸もが垂れることなく、綺麗なバストもキープされる。

そのためには、バランスの良い食事が大切です。

特にビタミンAは、バストにハリを与え、弾力のあるバストにしてくれるので、意識的に摂ると良いようですよ。

*ビタミンAが多く含まれる食材には、緑黄色野菜、カボチャ、ニンジン、トマト、レバー、しそ、ウナギなどがあります。 * 身近な食材ばかりなので、いつもの食事に積極的に取り入れてみましょう。

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。