陥没乳首が原因で赤ちゃんに授乳できない!原因と対策まとめ

陥没乳首で授乳がしにくいとお悩みのママさんに朗報です!

赤ちゃん 授乳

陥没乳首で悩んではいませんか?

陥没乳首だと授乳がしにくく、授乳のたびに億劫になってしまいますよね。また、人に相談しづらい悩みである事も事実です。

でも、陥没乳首は症状によっては改善することができるんです。陥没乳首対策をして、授乳の悩みを解消しましょう!

 

陥没乳首で授乳しにくいと悩むママさんは多い

https://twitter.com/556UAyqTmeYJEND/status/739353214537994241

陥没乳首で悩んでいるママさんたちは、日本中にたくさんいます。泣きながら赤ちゃんに授乳をするなんて、辛いですよね…。

そもそも陥没乳首って何?

陥没乳首

 

陥没乳首とは、そもそもどのような症状なのでしょうか?

陥没乳首とは、へこんだ乳首のことを言います。本来は乳房の中央で隆起しているはずの乳首が、乳房の中に埋もれてしまっている状態です。

陥没乳首で悩んでいる人は多くいると言われています。見た目が気になるのはもちろんのこと、赤ちゃんを授かって授乳をするときには更に深刻な悩みとなります。

 

 

陥没乳首になってしまう原因は人によって様々

陥没乳首になる理由は人それぞれで、いくつかの原因が考えられます。

 

乳管の未発達によるもの

胸の構造はこんな感じ

まずバストの構造ですが、乳房の脂肪組織には乳腺と呼ばれる組織が広がっています。ここで、赤ちゃんに飲ませるための母乳が作られています。

作られた母乳は乳管と呼ばれる組織へと届けられ、乳管の中を通ってその先にある乳首へと到達します。

この乳房内に無数にある乳管が未発達である場合、その先の乳首がバストに埋もれてしまいます。これが、乳管の未発達により陥没乳首になってしまう理由です。

乳管とバストは、本来同じ度合いでバランスをとって成長する必要があります。そのバランスが崩れてしまうと、赤ちゃんに授乳するときに多くの人を悩ませる陥没乳首となってしまいます。

 バストの成長の度合い

胸を押さえる

近年は、食生活を含め全体的な生活習慣が変化しています。それにより、一世代前に比べてバストの大きい女性が増えてきました。

このバストの成長に乳管の成長が追いつかないとバランスが悪くなり、成長したバストが乳首を中に引き込んでしまいます。このことが、陥没乳首の原因となります。

年々バストの大きな女性が増えるにつれ、陥没乳首で悩む女性の数も増えていると言われています。

 

 繊維の癒着のよるもの

また、陥没乳首になる原因の3つ目として繊維の癒着によるものが挙げられます。

繊維が癒着することにより、本来は外に出ているはずの乳首が内側に引っ張り込まれてしまうのです。

しかし、これが起こるはっきりとした原因はまだ明らかにされていないようです。

 

 

陥没乳首でもケアすれば赤ちゃんへの授乳は可能!!

陥没乳首で授乳するときの問題点としては、乳首がバストに埋もれているため飲ませにくいことや赤ちゃんの吸い付きが悪くなること、またそのことにより胸が張ることなどが挙げられます。

しかし、授乳することができないわけではありません。陥没乳首で授乳するときのポイントとしては、乳首だけではなく乳首の周囲全体を赤ちゃんにくわえさえるということです。そのときに、乳輪のあたりを柔らかくしておくとより授乳しやすくなります。

陥没乳首には、赤ちゃんのいるママのうち約10%が悩まされています。それでもケアを行いながら授乳を行っている人もたくさんいるので、安心してくださいね。

 

垂れた胸をバストアップ

陥没乳首でも、赤ちゃんに授乳はできますよ!

 

 

陥没乳首を自力で改善する対策方法

陥没乳首でも授乳することはできるとはいえ、できることなら改善したいですよね。ここでは、陥没乳首を自力で改善する方法をご紹介します。

乳首をひっぱる

乳首を引っ張ることで、改善の見込みも

乳首をひっぱることで、改善の見込みも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳首をひっぱるだけでも、陥没乳首の改善が期待できます。

そのやり方ですが、まず片方の手で乳房を支え、乳房が動かないようにします。そして、もう片方の手の親指、人差し指、そして中指で乳首をつまみます。

乳首をひっぱるときには、痛みを感じない程度の強さで無理せずに行ってください。継続して行っていくと、陥没乳首の改善が見込めますよ。

 

 上下から挟むように圧力をかける

陥没乳首

上下を挟んで乳頭を押し出しましょう

 

 

 

 

 

 

 

乳首周りを上下から挟んで圧力をかけることも、陥没乳首の改善に効果があります。

まず、人差し指と親指で乳首周りを上下から挟みます。そして、ゆっくりと数秒かけて徐々に圧力を加えていきます。

そして、位置や方向を少しずつ変えながら約1分間ほど乳首を押し出すように圧迫を続けます。

指が白くなる程度の圧力をかけるのが理想ですが、痛いときには無理のない程度に行ってください。

 

 マッサージをする

また、マッサージをすることも陥没乳首の改善にはオススメです。

まず、人差し指と親指で乳首をつまみます。そして指を動かしながらこよりを作るようにもみずらしていきます。縦方向、横方向と変えながら行うと良いでしょう。

お風呂の中で行うと、血行が促進されるためより高い効果が期待できますよ。

 

 

陥没乳首改善マッサージ方法を動画でも確認

こちらの動画では、陥没乳首マッサージの方法を丁寧に説明しています。

バストの模型を使って実演しており大変わかりやすい動画ですので、陥没乳首マッサージを行いたいという方はぜひご覧になってください。

【確認】陥没乳首対策マッサージを行う際の注意点

陥没乳首対策のマッサージは、大変効果があると言われています。実際に陥没乳首に悩んで陥没乳首位対策マッサージを行った人で、改善が見られたという人もたくさんいます。

しかし、陥没乳首対策マッサージを行うにあたって注意点があります。

一つ目は、妊娠中には行わないということ。妊娠中に乳首を刺戟しすぎると、子宮の収縮を促進してしまう可能性があります。

また、授乳中は胸が張ることも多いはず。痛みを感じた時には、無理をせずにマッサージを中断してください。

最後の注意点は、清潔な状態で行うこと。陥没乳首マッサージは、手と乳首を清潔にした状態で行ってくださいね。

 

後天的な陥没乳首は危ない

陥没乳首マッサージを行うときの注意点

 

 

 

 

 

 

陥没乳首でも赤ちゃんの授乳を成功させる対策方法

陥没乳首がなかなか治らない…そんなときでも、赤ちゃんに授乳させることはできますよ。その方法をご紹介しますね。

 吸引器具などを使用する

陥没乳首

乳頭吸引器で、乳首を露出させよう

 

 

 

 

 

 

 

乳首が出てこない時には、吸引器具を使用することによって乳首を外に引っ張り出すことができます。

継続使用することで乳首が外に出るクセがつき、陥没乳首が改善することもあります。

赤ちゃんに授乳するときに限らず、陥没乳首マッサージをするときに乳首が出てこないという時にも使えます。

強く吸引しすぎると痛みや傷の原因となるので、注意して使用してください。

 

 

 乳頭保護器を使用する

赤ちゃんが吸いやすくなります

赤ちゃんが吸いやすくなる乳頭保護器

 

 

 

 

 

 

 

乳頭保護器は本来は乳頭が傷ついたときにカバーとして使用するものです。しかし、陥没乳首の対策としても使用することができます。

乳首が出ている時はそのまま授乳、出てこない時は乳頭保護器を使用して授乳することによって、赤ちゃんが違和感を感じずに授乳することができます。

 

 

赤ちゃんに沢山吸ってもらうことで改善する場合も

授乳していく内に改善することも

授乳していく内に改善することも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろと工夫を重ねて赤ちゃんに授乳を行っていくうちに、自然と陥没乳首が改善していく場合もあります。

赤ちゃんがたくさん母乳を飲むことにより、赤ちゃんにとって母乳を飲みやすいように乳首が柔らかく変化していくためです。

はじめは大変かもしれませんが、いろいろな器具を使って授乳することにより根本的な問題の解決につながります。

 

 

授乳が難しい場合は産婦人科で相談することも必要

陥没乳首の症状によっては、自力でケアをしてもなかなか改善しない場合があります。また、授乳のための器具を試してみてもうまくいかない時もあると思います。

そんな時は、ぜひ産婦人科で相談してみてください。産婦人科であれば、授乳しにくい場合の授乳のコツを丁寧の詳しく教えてくれます。

自分で様々な手段を試してもうまくいかない場合は、プロの助けを借りるのが一番の近道。自分のためにも赤ちゃんのためにも、恥ずかしがらずに産婦人科で相談してみましょう。

陥没乳首で悩んでるママの多い今、産婦人科では的確なアドバイスがもらえます。自分ではどうにもならなかった授乳の悩みも、きっと解決策が見えてきますよ。

クリニック選び

病院で相談するのが一番の近道です!

 

 

 

陥没乳首を改善してママも赤ちゃんもハッピーな毎日を!

ママ

 

陥没乳首は、丁寧にケアをすることによって改善が見込めます。陥没乳首の悩みを解消して、ママにとっても赤ちゃんにとっても楽しい授乳ライフを送りましょう!