デコルテをふっくらさせてバストアップする方法!貧相な胸を大きくしよう!

上半身が痩せすぎてデコルテが貧相…胸も小さく見えてしまう…

 

寂しそうな女性

上半身が痩せていると、デコルテが骨ばって貧相に見えてしまいますよね。

そのせいで、胸が余計に小さく見えてしまうんですよね。

この悩みを抱えている人は、たくさんいると思います。

でも、どうやってデコルテ周りをふっくらさせて、バストアップすることができるのでしょうか?

そこで今回は、デコルテをふっくらさせてバストアップする方法を紹介しますね♪

 

 

美のエキスパート「BELTA」が作った理想のボディを叶えるサプリが「ベルタプエラリア」です。

女性ホルモンを活性化させる話題の「プエラリア」をたっぷり配合♪

 

デコルテをふっくらさせてバストアップするポイントは?

デコルテだけふっくらさせるのは、とても難しいように感じますよね。

では、デコルテをふっくらさせて貧相な胸をバストアップするにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、ふっくらなデコルテでバストアップを図るポイントを紹介します。

 

筋肉をつける

 

鍛える女性

まず大切になってくるのは、大胸筋を鍛えることです。

大胸筋は、胸を支える土台となっています。

そのため、大胸筋を鍛えることによって、胸の垂れを防ぎハリのある胸にする効果があるのです。

大胸筋を鍛えて、デコルテをふっくらさせて、バストアップを図りましょう!

ただ、鍛えすぎることで脂肪まで筋肉になってしまうので、鍛えすぎには注意してください。

 

リンパの流れを良くする

 

強いマッサージ

 

リンパには、体内の水分を循環させ、血流の妨げとなる老廃物を排出する働きがあります。

リンパが詰まっていると、栄養や女性ホルモン、酸素といったバストアップに不可欠なものも届きません。

リンパがきちんと流れていると、老廃物がきちんと排出されるため血流が良くなるので、女性ホルモンもスムーズに胸へと届き、デコルテをふっくらさせバストアップにつながるのです。

その、リンパ節が集中しているのがデコルテです。

マッサージなどでリンパの流れを良くしてみましょう。

また、バスト周りのマッサージにはジェルを使うことでバストアップの効率を高められます。

 

脂肪をつける

 

セクシーな服を着る女性

デコルテをふっくらさせるためには、脂肪をつけることも大切です。

しかし、デコルテに脂肪をつけたいけれど、デコルテに脂肪をつけることはとっても難しいですよね。

そこで、バストアップに効果的と言われている食べ物を食べることで、デコルテに脂肪をつけ、バストアップにつなげましょう。

デコルテをふっくらさせてバストアップする方法【筋トレ編】

デコルテをふっくらさせて、バストアップするのにまず効果的なのは筋トレです。

簡単な筋トレを行うことで、ふっくらなデコルテを手に入れ、バストアップを図りましょう♪

今からバストアップする筋トレの方法を紹介しますね。

 

合掌のポーズ

 

バストアップトレーニング

 

①姿勢を正し、胸の前で両手を合わせます。(合掌のポーズ

②ひじを肩の高さまで上げ、直角に曲げます。

③息を吐きながら、15秒ほど手のひらを押し合います。(胸の筋肉に力が入るのを意識)

④5回を3セット行いましょう。

※手のひらを合わせたまま、左右にカラダをねじるとより効果的です。

 

腕立て伏せ

 

腕立て伏せをする女性

大胸筋を鍛えるのには、腕立て伏せも効果的です。

腕立て伏せが苦手な人は、膝をついて腕立て伏せをしましょう。

 

①膝を立てて、肩幅よりも広めに腕を開き、床に手をつけます。

②その体勢から、肘を曲げながらアゴが床に着くくらいまでからだを下ろします。

③ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

 

この腕立て伏せを、15回3セットやりましょう。

1セット終わったら30秒ほど休憩して、次のセットに移りましょう。

1日おきに、無理のないようにやってください。

 

デコルテをふっくらさせてバストアップする方法【リンパ編】

リンパの流れを良くすることで、バストアップにつながると先ほど紹介しましたが、ではどうやったらリンパを流すことができるのでしょうか?

リンパを流すのに効果的な、ツボ押しやバストアップマッサージを紹介していきますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

ツボ押し

デコルテをふっくらさせ、バストアップの効果があるというツボを押してみましょう。

お風呂上がりや、休憩時間など空いた時間などに押してみてください。

 

中府

 

鎖骨の外側の端から、指一本分下にあるくぼみにあるツボです。

親指をあて、肩をつかむようにして軽く押しましょう。

このツボを押すことで血行が良くなり、胸へと栄養が届くようになるので、バストアップが期待できます。

 

だん中

 

 

だん中は、両胸のトップを直線で結んだ中心にあるツボです。

押すと、軽く痛みを感じます。

だんだん強くなるように3秒間押し、ゆっくりと力をゆるめましょう。

それを、5回ほど繰り返しましょう。

だん中は、女性ホルモンの働きを促進するので、バストアップに効果的です。

 

リンパマッサージ

リンパを流すには、リンパマッサージも効果的です。

リンパマッサージで、リンパを流すことで胸へ栄養が届くようになります。

お風呂で温まっている時などに、ぜひリラックスしながらやてみてください。

 

①脇のお肉を、デコルテの中央へ寄せ集めるようにして持ってきます。

片方につき10回行いましょう。

 

マッサージ

 

②胸の下側から、谷間を通ってデコルテの方へ流しましょう。

こちらも片方につき10回行いましょう。

 

あまり強くやりすぎないように注意してくださいね。

外からのマッサージと、内側の活性化、Wの刺激で効率よくバストアップ!!

マッサージジェルとバストアップサプリ、両方まとめて揃うのは↓

 

デコルテをふっくらさせてバストアップする方法【食べ物編】

デコルテをふっくらさせてバストアップするには、脂肪をつけることが大切と話しましたが、バストアップに効果的な食べ物をとることで、胸周りの脂肪をつけるようにしましょう。

バストアップする食べ物は、意外にも日常の食生活でとりやすいものばかりなので、積極的に取り入れてみてください。

 

ボロンを含む食べ物

 

キャベツ

 

ボロンには、エストロゲンという女性ホルモンを活性化させる働きがあります。

そのため、ボロンを含む食べ物を食べることで、デコルテをふっくらさせ、バストアップが狙えるのです。

ボロンを含む食べ物には、

  • キャベツ
  • 果物(梨、りんご、ぶどうなど)
  • ナッツ類
  • 海藻類

などがあります。

ボロンは、熱に弱いので、生のまま食べるようにしましょう。

生キャベツを千切りにし、サラダにしてナッツ類をかけてみてはどうでしょうか?

キャベツとわかめのサラダなんかもいいですね♪

 

>>女性らしさをつかさどる成分を贅沢配合しているから、

確かな効果でリピーター続出中のサプリがこちら↓↓

定期便パックなら、噂のバストアップジェルもついてきます♪

 

 

大豆製品

大豆製品も、デコルテをふっくらさせてバストアップの効果が期待できます。

大豆には、イソフラボンというエストロゲン(女性ホルモン)によく似た働きをします。

そのため、丸みのある女性らしいからだを作るのに効果的なのです。

大豆製品は、

  • 豆腐
  • 豆乳
  • 納豆
  • 味噌
  • 油揚げ

などなど、たくさんありますよね。

また、よくおつまみにもされている枝豆にもイソフラボンが含まれています。

先ほど紹介した、キャベツと豆腐を具材にして味噌汁にするのもいいですね♪

ぜひ、積極的に食べてみてください。

 

プエラリアもバストアップに有効

 

プエラリア

実は食べ物をよく噛むこともバストアップの秘訣です。胸の筋肉が発達することでハリが出るとか。

そして、マメ科の植物。

女性ホルモンエストロゲンの活性を促してバストアップに効果的。

「胸にハリが出た」「ブラのサイズが大きくなった」「肌がスベスベになった」等メディアでも取り上げられ注目を浴びています。

バストアップを効率的に図るならプエラリアサプリ「ベルタプエラリア 」がおススメ

乳製品

 

牛乳

乳製品もバストアップ効果が期待できます。

それに伴って、デコルテもふっくらします。

乳製品には、女性ホルモンを活性化するたんぱく質が多く含まれているのです。

  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • バター

など、カルシウムもとれますし、ぜひ摂取してみてください。

ヨーグルトに、果物を入れて朝食にするのも良いですね。

 

 ふっくらなデコルテを手に入れよう

デコルテをふっくらさせ、バストアップする方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

私には無理だと諦めていたあなた!

とーっても簡単な方法ばかりでしたよね?

ぜひ、試して、ふっくらな理想間デコルテを手に入れ、バストアップを目指しましょう!!

 

短期集中でバストアップを図るなら

マッサージや筋トレによる外からのアプローチに加え、サプリによる内側の活性化が有効です。

女性ホルモンの働きを高めると話題の「プエラリア」を贅沢に配合したベルタプエラリアサプリとベルタアップジェルで、魅惑のデコルテをGetしましょう♪

詳しくは公式サイトをご覧ください。