切れてしまう前に!クーパー靭帯を鍛える方まとめ

クーパー靭帯は鍛えて切れるのを防げる…!

https://jp.pinterest.com/pin/470344754812464140/

クーパー靭帯は、バストが垂れないように支えてくれている靭帯です。

日常生活のなかでこのクーパー靭帯は伸びてしまったり、切れてしまうことがあります。

一度切れてしまったクーパー靭帯は二度と修復できません。

しかし、伸びきっていなかったり、切れていなければ、鍛えることでクーパー靭帯を守ることができます

そんな方法をご紹介していきたいと思います。

 

残念ながらクーパー靭帯は一度切れてしまうと戻りません。

今あるクーパー靭帯をこれ以上プチっと切らさないためにもオススメなのは、クーパー靭帯を守るバストアップブラです。

\クーパー靭帯を守る/

 

 

 

クーパー靭帯の役割ってなんなの?

胸の構造

クーパー靭帯は、乳腺・大胸筋・皮膚とつながっている、コラーゲン繊維の束でできているゴムのような靭帯です。

このクーパー靭帯は非常に細い繊維束で、1本ではなく複数本でバストの中にある乳腺と皮膚や筋肉との間を繋いでいます。

そして、バストを垂れないように上向きに吊り上げています。

バスト全体を包み込むように張り巡っており、このクーパー靭帯こそが美しいハリのあるバストを保ってくれています

短いクーパー靭帯が乳腺の周りに張り巡めぐり、それによってバストが丸みを帯び、形を固定させることができます。

クーパー靭帯が伸びてゆるんでしまうと、丸みを帯びた形を保つことができず、バストの形が崩れてしまいます。

この崩れが、いわゆるバストの垂れということです。

胸が垂れてきたなと感じてきた人も、今すぐケアすることで対策できるので安心してくださいね。

毎日忙しいママやキャリアウーマン、激しいスポーツをする人におすすめなのが24h着用するだけでクーパー靭帯を保護してくれるブラ導~MICHIBIKI~です。

\人気すぎて売り切れ続出?!/

 

 

 

切れてしまったクーパー靭帯は戻らない!その理由を徹底解説

https://jp.pinterest.com/pin/782078291510049519/

クーパー靭帯は、ゴムのようなコラーゲン繊維の束でできているので、ある程度は弾力性がありますが伸び縮みするものではありません。

激しい運動や、妊娠・出産・授乳、加齢など、さまざまな原因で伸びたり、切れてしまったりすることがあります。

しかも厄介なことに、クーパー靭帯は伸びたり切れたりするときに痛みを感じないので、知らないうちにクーパー靭帯が伸びきって、気が付いたらバストが垂れ下がっていたという事もあります。

 

このクーパー靭帯は一度伸びてしまうとなかなか元には戻りにくく、もしも切れてしまうともう二度と修復することができません

そしてたとえ美容整形の手術をしても、クーパー靭帯の再建は難しいものです。

それなので、バストが垂れたりしないよう、美しい形を保つには、とにかくクーパー靭帯を伸ばさない、切らないということがとても重要です。

そのため、美しいバストになるためには、クーパー靭帯を鍛える必要があるのです。

厳密にいうと、クーパー靭帯を直接鍛えるより、大胸筋や小胸筋を鍛えることで、クーパー靭帯の負担を軽くして伸びないようにしてあげることとなります。

衝撃の事実に落ち込む暇はありません。残ったクーパー靭帯をこれから大事に守ってあげてくださいね。

そこでおすすめなのが、24h着用できるバストアップブラ導~MICHIBIKI~です。最安で1000円代で購入できるのでお財布にも優しいのが魅力です。

通常ブラより太いアンダーベルトでしっかり胸をホールドするのに、強い締め付け感はありません。

 

\手で包むようなつけ心地でバストをサポート/

 

 

 

切れる前に!気になるクーパー靭帯の鍛え方♡

 

それでは、次にクーパー靭帯の鍛え方をご紹介します。

正確にはクーパー靭帯の周囲の筋肉を鍛える方法になります。

https://jp.pinterest.com/pin/422423640029779540/

①大胸筋を鍛えて上向きバスト

大胸筋はバストを支えてくれている有名な筋肉です。

バストの奥にあり、普段の生活では鍛えることが難しい筋肉で、鍛えるとバストトップの位置をキープできます。

大胸筋を鍛えると、バスト全体のハリもでるので、クーパー靭帯を守ることができます。

 

②小胸筋のストレッチ

小胸筋は大胸筋の裏にあるインナーマッスルで、肩甲骨と肋骨とつながっています。

小胸筋は、バストを吊り上げる働きとバストが背中に流れないようにする役割があります。

小胸筋をやわらかくすることで、肩甲骨が倒れにくくなり、バストが中央に上向きになるため、クーパー靭帯を助けます。

 

③大胸筋とのバランスが大切。菱形筋を鍛える。

菱形筋は大胸筋と対の動きをする背中にある筋肉です。

大胸筋を伸ばすことで引っ張られる特徴があります。

大胸筋ばかり鍛えると凝り固まってしまうので、菱形筋をしっかりストレッチングし、柔軟にすることが大切です。

 

運動中のスポーツブラが適当だと、せっかく鍛えても効果が台無し?!

スポーツブラにもバストアップブラにも使える「導」で美バストライフを送りましょう♩

 

\運動時にも使える(24h使用可能)/

 

クーパー靭帯の鍛え方①:大胸筋を鍛える動画をチェック!

 

クーパー靭帯を鍛えるには大胸筋を鍛えると効果的です。

育乳カウンセラーの戸瀬恭子さんの「育乳に効果的!大胸筋の鍛え方」の動画を参考にご説明いたします。

この動画の中でポイントの部分は、0分18秒をチェックです!

育乳に最も重要なクーパー靭帯を支える大胸筋。この大胸筋の位置や役割の説明がされています。

 

まず鍛えるところは鎖骨の上の大胸筋です。

女性は上下の動きがないために、大胸筋が衰えてしまいます

筋肉は使わないと衰えてしまうので、まずは動かす事を習慣化しましょう

  1. 胸の前で手を軽くあわせます。
  2. 軽く力を入れずにキュッキュッキュッと左右に動かします
  3. これを続けることで大胸筋が動いて段々ととできてきます
  4. 次に、合掌します。
  5. 合掌をしておっぱいを挟みます
  6. 挟むと谷間ができます
  7. 次に合掌したまま、手を上に上げて胸に谷間を作ります。
  8. 数回繰り返します

クーパー靭帯の鍛え方②:小胸筋のストレッチ

大胸筋の筋トレと合わせて行いたい、小胸筋のエクササイズ動画です。

動画の中でポイントの部分、開始5秒から簡単なストレッチが動画になっています。

  1. まず鎖骨下の小胸筋に手を当てます。
  2. 指の腹を使って優しくほぐします。(目や方が凝っている人は固くなっていると思います。)
  3. 次に腕の力を抜きます。
  4. 腕の力を抜いたまま上半身を倒していきます。
  5. 上半身を倒しながら腕をぐるぐると回します。(左回り、右回りどちらでも大丈夫です。)
  6. 腕をぐるぐる回すと小胸筋が動いているのがわかります。
  7. 優しくマッサージしながら20回ほど腕を回し続けましょう。
  8. 反対側も同じようにほぐした後、腕を回してください。

小胸筋のストレッチはバストを上向きにするだけでなく、猫背や巻き込み肩を治すのにも効果的です。

小胸筋をも揉むときは、痛めないように優しく行いましょう。

 

クーパー靭帯の鍛え方③:菱形筋をほぐして鍛える動画をチェック!

この動画は少し長い動画です。

他の筋肉のエクササイズも入っているので、下のポイントを中心にエクササイズしましょう。

菱形筋をきたえるポイント部分は3箇所をチェック!

(1)【1秒20分から2分00秒】  とっても簡単にできる菱形筋のストレッチ

肩甲骨と肩甲骨を寄せるエクササイズを気がついた時にするといいストレッチです。

少しの時間でもいいです。

  1. 両手を背中の後ろで組み、両肘をのばします。

(2)【11分25秒から14分15秒】 基本的な菱形筋のストレッチ①

  1. 両手を後ろで組みます
  2. もし後で手のひらが合わない人は、タオルかベルトを持って肘を伸ばします
  3. 手のひらが合う人は手を組んで伸ばします
  4. 足は腰幅に立ちます
  5. 胸を開いて
  6. ゆっくり背中を絞って肩甲骨をよせていきます
  7. 方の力を抜いてください(10カウント)
  8. 次はこのままゆっくり前屈します
  9. 腕をゆっくり上げていきます
  10. そのまま(10カウント)
  11. 膝を曲げます
  12. 体をゆっくり元のようにおこします。
  13. 腕は背中の後ろでタオルを下に引っ張ったまま天井を見上げます。
  14. 胸を開きます胸を開いて、天井に近づけるようにします
  15. 背筋を伸ばします(10カウント)
  16. 息を吸ってゆっくりと前屈します
  17. 8から13を繰り返す

 

(3)【17分15秒から18分00秒】 基本的な菱形筋のストレッチ②

  1. 左手を体の右側へまわし、ひじを少し伸ばし、少し斜め下にします
  2. 右手で下から左手の肘を抱え込むようにします。
  3. 右手で引っ張って、左手をゆっくり伸ばしていきます(10カウント)
  4. 反対側も同様にします

 

生活習慣で、スマホを長時間みたりすると、猫背や巻き肩になりやすく、菱形筋が固くなると、姿勢が悪くなります。

菱形筋が柔らかくなると、大胸筋とのバランスもとれ、クーパー靭帯の負担も軽くなるので、気がついたときに鍛えるといいでしょう。

 

やりすぎは禁物です!

https://jp.pinterest.com/pin/407294360031741080/

クーパー靭帯が伸びたり、切れたりしないように、バストが垂れないように鍛えることはとても大切ですが、鍛えすぎるとバストの脂肪も筋肉になってしまうので要注意です。

固いバストになってしまうと、せっかくの女性らしさが半減してしまいます。

固いバストにならないように、鍛える時は、思い負荷をかけたりせず、軽い負荷の筋トレなどをとりいれ、

筋肉を太くしないで鍛えることが大切です。

 

 

クーパー靭帯は切れる前に鍛えよう♡

https://jp.pinterest.com/pin/53480314304406459/

一度切れてしまうと修復できないクーパー靭帯。

手遅れになる前に、クーパー靭帯を鍛えて、

美しいバストを目指しましょう。

 

\バストアップブラをプラスして効果倍増/