「キャベツで胸が大きくなる」は嘘!?バストアップへの効果の真実

キャベツでバストアップは可能?!

 

胸が小さい、バストアップしたいというお悩み「キャベツを食べたら胸が大きくなった!」という話を耳にしたことがあるかと思います。

もし本当なら、すぐにでも取り入れたいと思いますが、

本当なのでしょうか・・・・・??

キャベツで本当に胸が大きくなるのか、根拠も踏まえ検証していきたいと思います。

キャベツで胸が大きくなるって本当なの?

某有名タレントさんが「キャベツを食べてバストがB→Dになった!」という嘘のような話があります。

もし事実だとするとその根拠は、

キャベツに含まれる『ボロン』と言われる成分にあります。

ボロンとは別名ホウ素とも呼ばれています。

 

ボロンはミネラル類の一種で、胸を大きくするために必要な女性ホルモン『エストロゲン』を増やす効果があります。

エストロゲンとは女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンとも呼ばれ、

女性らしい丸みの帯びた身体をつくる作用があります。

キャベツを食べる事でボロンを体内に摂取し、エストロゲンの分泌を促進させることで乳腺を発達させてくれるのです。

さらに発達した乳腺を守るため、今度は皮下脂肪が分厚くなることでバストアップができる…という仕組みなんです。

またキャベツには、たっぷり食物繊維が含まれてるので、

便秘解消やデトックス効果があり、体内循環を良くして、

胸への栄養補給もスムーズに行うことが出来るようになるという、なんとも優れた食べ物なのです。

バストアップ効果 キャベツ

 

≫果実プエラリアのサプリも胸が大きくなると期待できます。

バストアップサプリ<ハニーココ>

「キャベツが胸を大きくする」と言われている根拠とは?

キャベツが胸を大きくするといわれる根拠は、

キャベツに含まれる『ボロン』が

血中の女性ホルモン『エストロゲン』の濃度を2倍にする働きがあるためといわれてます。

エストロゲンの分泌量が不足してたり、ホルモンバランスが崩れると、

発達していた乳腺が小さくなってしまって乳腺を囲んでいる脂肪の量も減少し、

胸が小さくなってしまいます。

しかし、ボロンをたっぷり身体に取り込んでいれば、

エストロゲンの分泌量、または濃度を倍にしてくれるので、バストアップが期待出来ます。

この根拠、詳しく解説していきますね。

 

エストロゲン増加効果

ボロンにエストロゲンを増やす効果が本当にあるのか疑問ですよね。

けど、医学的にボロンの効果はアメリカで確認できてるんです。

1989年以降にホウ素、つまりボロンに栄養素として生物的な役割を持つのではないかという議論が起こりました。

アメリカの農務省は閉経後の50代の閉経後の女性に対して1日3mgのホウ素を投与する実験を行った結果、ホウ素の補給がカルシウム排出を44%抑えエストロゲンおよびビタミンDを

活性化させるという結果が示されました。

この結果からボロンにエストロゲンを増やす効果があるとわかったのです。

 

エストロゲンの効果

ボロンの効果を確認したところで、次はエストロゲンについてです。

エストロゲンは女性ホルモンの一つで美のホルモンと呼ばれるほど、

私たち女性には欠かせないホルモンです。

エストロゲンには乳腺を増殖させる効果があります。

乳腺は母乳を作るための器官で、脂肪によって守られています。

乳腺が増えるということだけで、バストアップ効果があり、さらに身体が新しくできた乳腺を守るために脂肪をバストに増やしてくれるそうです。

一般的に乳腺と脂肪の割合は1:9でできているといわれているので、

乳腺が2になったら脂肪は18と単純計算でバストが2倍になるというわけです。

だから、エストロゲンが増えるということは、バストアップに繋がるといえます。

 

実際に効果があった人がいる!

キャベツを食べ続けた結果、バストアップした芸能人もいます。

キャベツを半年間食べ続けてバストアップしたという平山あやさん。

番組で医師が検証したところ、

「血液がさらさらになることで、バストアップに繋がったと考えられる」と

医学的に根拠があることがわかりました。

筧美和子さんもキャベツでバストアップ経験しています。

 

≫プエラリアはエストロゲンを活性化します。

<ハニーココ>はプエラリアが主成分

胸を大きくするためのキャベツの食べ方まとめ

キャベツにバストアップ効果があるとわかったら、

一日どれだけの量を食べ、どんな風に食べたらいいか気になりますよね。

また、ボロンを取り過ぎた場合問題はないのかなど気になります。

ここでは効果的な食べ方や量、注意点をまとめてみました。

 

1日どのくらいたべたらいいの?

ボロンの1日の摂取目安量は、2.1mg~4.3mgです。

キャベツ1㎏に含まれるボロンの量は145mgですから、キャベツ約14〜30g程度ということになります。

大きめのキャベツ1枚で60gあるので、摂取目安はそれ以下となります。

つまり、一日の摂取量はキャベツ半枚で十分といえます。

食べ過ぎた場合の毒性ですが、次のように公表されています。

 

ヒトや動物にとっては食塩と同程度に無毒である。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%B4%A0

塩は身体に必要不可欠ですが、摂り過ぎると内蔵に負担がかかって健康を害すのと同じです。

食べ過ぎには注意ですが、食べ過ぎたからとすぐに病気になるという訳ではないので、安心してください。

 

ボロンは熱に弱い!?生じゃないと効果がない!!

キャベツに含まれるボロンは熱に弱く、加熱してしまうとボロンが崩れ体内に吸収されにくくなりバストアップの効果もなくなってしまいます。

ロールキャベツやポトフなどおいしい料理たくさんありますが、バストアップしたのなら生で食べる必要があります。

けど、ずっと生で食べ続けると飽きてしまいますよね…

そんなときは、飽きないように一工夫してみましょう。

 

生キャベツのレシピで検索すると美味しそうなレシピがたくさんでてきます。

こんな感じに一工夫するだけでも全然続けられそうですよね。

重要なのは、キャベツに含まれるボロンを壊さず体内に摂取することです。

 

食事の代わりにキャベツを食べるのは間違い!!

多くの人は、「食事のかわりにキャベツを食べまくる!」ということをやってしまいがちですが、それは間違いです。

これをやってしまうと、炭水化物と脂肪分の摂取量が不足してしまいバストダウンの原因になります。

キャベツを食べる意味は『エストロゲンを増幅させるため』です。

キャベツ以外の栄養を摂らなくていい、というわけではないのです。

いつもの食事+キャベツを食べることで意味があるのです。

 

≫どんなことでもそうですが、偏った摂取をしていると健康に悪いですよね。

サプリメントも規定量を守ってバストアップをしましょう。女性の味方<ハニーココ>はこちら

キャベツで胸を大きくする際の注意点

キャベツを積極的に摂ることはいいことですが、

バストアップに直接効果があるわけではなく、女性ホルモンの分泌を活発にすることで

間接的にバストの成長を促すものです。

キャベツをたくさん食べただけでは、バストアップというものは難しいのです。

気をつけたのが「過剰摂取」です。

栄養バランスが偏ってしまっては、逆効果になります。

バストアップに効果的な食べ物を積極的に摂りいれるのはホルモンバランスを整えるためであり、単品だけ摂りまくっていたら

栄養バランス、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

過剰摂取はせずに栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

キャベツ以外で胸を大きくする食べ物ってあるの?

どうしてもキャベツばっか食べていると飽きてきますよね。

キャベツ以外にもボロンを含む食べ物はたくさんあります。

わかめやひじきなどの海草類、ナッツ類、リンゴなどにも含まれています。

ボロン以外にもイソフラボンやタンパク質がバストアップに効果的なのはみなさんもご存知かと思います。

「食べると胸が大きくなる」と話題になった食べ物とその理由をまとめてみました。

 

大豆製品(大豆イソフラボン)

 

大豆製品には女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きを持つ「植物性エストロゲン」が含まれます。

植物性エストロゲンとはいくつかの物質をまとめた名前、総称で、科学的に大きく「リグナン類」と「イソフラボン類」の2つに分けられ

この中でイソフラボン類が有名です。

イソフラボン類にはバストアップサプリの原料によく使われるプエラリア・ミリフィカやレッドクローバーなどがあります。

1日のイソフラボンの摂取量は70〜75㎎が目安とされ、豆乳なら200㎖パック一本分に相当します。

大豆イソフラボンは過剰摂取すると、女性ホルモンの分泌を乱して、生理不順や不正出血のリスクが高まるので、気をつけて摂取しましょう。

 

≫実は「ハニーココ」の主成分プエラリアにもイソフラボンが入っているのです。

しかも、大豆イソフラボンの40倍の含有量です。女性らしいからだをサポートします。

<ハニーココを早速チェック>

 

鶏肉(タンパク質)

鶏肉ささみ

タンパク質は筋肉や血、骨を作り、ホルモンの分泌を促す働きがあります。

適量摂取することで、胸を大きくするための土台を作ります。

一日に必要なタンパク質は「体重=必要なタンパク質の量」が目安です。

仮に体重50㎏の人だと、50gのタンパク質が必要だということです。

タンパク質の中で鶏肉が有名なのは、TVなどでグラビアアイドルたちが「昔からよく食べていた」と公言したのが理由だそうです。

鶏肉は部位と皮の有無によって栄養素やエネルギー量に大きな差があります。

鶏肉の中でバストアップに効果的な部位は、ささみが最適です。

乳製品

 

 

乳製品にもタンパク質が含まれています。

牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品はアミノ酸も高く、良質なタンパク質が摂れます。

成長ホルモンを促す効果もあり、バストアップにおすすめです。

チーズなどの乳製品にはビタミンB群も多く含まれ、女性ホルモンを活性化させたり、血行を良くしバストアップ効果が期待できる成分です。

 

まとめ

結論からいいますと、キャベツだけでバストアップするのは難しいと思います。

確かにキャベツにはバストアップに効果的な成分「ボロン」があります。

ただ、ボロンを摂取しているからといって胸が大きくなるとは限りません。

上でも書きましたが、直接バストアップに効果があるわけではなく、ボロンを摂取することで女性ホルモンの分泌量を増やすことでバストアップに繋がっているので

ただ食べたからといってすぐに胸が大きくなるわけじゃありません。

栄養が偏ってしまうと健康にもよくなく、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

栄養バランスを考えた食事をとることで、キャベツの効果が得られるということでしょう。

 

サプリメントを使ってバストアップが◎

「ハニーココ」は、プエラリアを1日あたり250mg配合。女性らしいBODYへと導きます。

特徴は2つ。

モデルのようなスタイルを目指すタイプと大胆ボディをキープするタイプの2種があること。

前者には輝く美容成分が、後者にはスッキリ成分が配合されていますので目標別に選べるのです。

それから、大きな特徴ですが、ラムネのように食べれる手軽なサプリです。ヨーグルト味で食べやすいですよ。

女性の魅力をUPするバストアップサプリ「ハニーココ」キャベツもサプリもこれから始めてみませんか?

 

 

ハニーココ