バストアップエクササイズで胸が大きくなる◎胸が垂れて悩んでいる人にもオススメ

胸が小さい&垂れてきた人必見!!バストアップのためのエクササイズ!!

バストは女性の象徴です。

少しでも大きく、美しくと願うことは、女性なら自然なことですよね。

「胸が小さくて、何とか大きくしたいけど、何から始めたらいいか分からない・・・」

「昔はハリのあるバストだったのに、何だか最近垂れ気味だわ・・」

こんな風に悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?

 

決して特別なことじゃない、いつでもどこでも、誰でもできる、バストアップエクササイズがあるんです!

「あー知ってるよ」と思われるものもあるかもしれませんが、バストを意識しながら改めてやってみてはいかがでしょうか?

 

あなたの胸にハリや弾力はある?胸は垂れてない?

 

今、胸のハリや弾力がなくなってしまったと感じている方の中には、「若い頃は、もっとハリのある胸だったのに…」という方が多いのではないでしょうか。

バストは、筋肉クーパー靭帯脂肪乳腺で構成されています。

10代、20代の頃のバストは、乳腺組織が多く、全体にハリがあります。

 

ですが、加齢により乳腺組織が減少し、脂肪の割合が多くなっていきます。

すると、バスト全体がやわらかく、重くなり、結果的に垂れてしまうのです。

それと同時にバストを支えていたクーパー靭帯も伸びていってしまい、さらに下垂が進んでしまいます。

 

クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元には戻らないと言われていますが、バストまわりの筋肉は鍛えられます

筋肉は年齢に関係なく鍛えることができます。

胸垂れを防ぎ、ハリのあるバストを維持するためには、適度なエクササイズで筋力アップを図っていくことが大切です。

pixta_17757292_M

バストアップエクササイズが胸を大きくしたい人と胸が垂れている人にオススメなワケとは

 

胸を大きくしたい人と、胸垂れが気になる人双方に共通することは、「胸周りの筋肉を鍛えればよい」ということ。

大胸筋小胸筋肩甲骨周囲筋がバストを支える重要な筋肉です。

ツンと上向きの美しいバストのためには、バストアップエクササイズは欠かせません。

 

<1>バストを底上げできる

まずは、バスト全体を支えている大胸筋をエクササイズで鍛えましょう。

大胸筋を鍛えることは、胸を土台から底上げすることになります。

胸の小さい方も、土台となる筋肉量を増やすことで胸を大きくすることができます。

大胸筋は、デコルテからバストの下全体にありますので、そこを鍛えることでバスト全体が下がるのを防ぐことができ、さらに良い形を保つ効果も期待できます。

バストアップ効果は本当?

 

<2>下垂を防ぎ、形を整える

大胸筋の内側に、肩甲骨から肋骨にかけて伸びている「小胸筋」という筋肉があるのをご存じでしょうか?

大胸筋に比べると小さい筋肉ですが、この筋肉がバストの下垂を防ぐ役割をしているのです。

 

また、背中にバストのお肉が流れるのを防ぐ役割もありますので、形のいいバストを保つためにも小胸筋のエクササイズは欠かせません。

場所はデコルテあたりに位置しており、この小胸筋が凝っている方も少なくありません。

凝りは胸垂れの原因になりかねないので、小胸筋をほぐすことも重要です。

 

女の子のバストズーム写真

 

<3>肩甲骨周囲筋

バストアップというと、胸周りの筋肉に注目しがちですが、実は、肩甲骨周囲の筋肉もとっても重要なんですよ。

胸が小さい、胸が垂れると悩んでいる方の多くは猫背のことが多いようです。

また肩こりに悩んでいる方も少なくないでしょう。

猫背も肩こりもバストアップには大敵です。

 

肩甲骨周囲筋をバストアップエクササイズでほぐし、程よく筋力をつけることによって

猫背・肩こりを解消し、さらには代謝を上げる効果もあるんです。

 

骨盤から背筋を立てましょう。

バストアップエクササイズ-その1-「合掌ポーズで大胸筋アップ」

まずは、胸を支える大胸筋のエクササイズを行いましょう。

胸を大きくしたり、胸が垂れるのを防ぐには欠かせない筋肉です。

場所を選ばず、道具も必要ありませんので、気付いた時に気軽に行えますよ!

 

<1>まず、胸の高さで両手を合わせる

姿勢を正して両手を胸の前で合わせます。

合わせた手は、できるだけ胸に近づけておきましょう。

それと同時に、脇を空けて両肘を張ります。

 

女性の合掌ポーズ

 

 

 

<2>次に、両手を押し合う

ふーっと息を吐きながら、合掌した手を押し合います。

この時、いきみ過ぎないように注意しましょう。

呼吸をしながらゆっくり、5秒間押し合います。

押し終わったら、ゆっくり息を吸いながら両手の力を抜きます

<3>1~2を10回繰り返す

10回で1セットとして、これを1日3回ほど行います

じんわりと胸のあたりが温まってくる感覚があるはずです。

女性の合掌のポーズ

バストアップエクササイズ-その2-「肩甲骨ストレッチ」

肩甲骨周囲をほぐすことは、肩周辺の筋肉の血行を良くし、胸を大きくするだけではなく、肩こりや猫背解消にも大きな効果を発揮します。

姿勢を良くすることは、バストを美しく見せることにもなりますので、ぜひ取り組んでいただきたいエクササイズです。

 

<1>まず、背筋を伸ばして立ち、両手を上げる

肩幅くらいに足を開いて立ちます。

ゆっくりと息を吸いながら、両手を天井に向けて伸ばします。

伸ばしたら、両手を頭上で合わせます。

 

<2>次に、腕をゆっくり下ろす

てのひらを外側に向け、真横より少し後ろをてのひらで触るような感覚

腕を下ろしていきます。

この時、肩甲骨が中心にギューっと寄るのを意識しながら行ってください。

息はゆっくりと吐きながら行います。

 

<3>胸の高さまで肘を下ろす

肩甲骨が中心に寄るのを意識しながら、肘が胸の高さに来るまで下ろします。

1~3を20回ほど繰り返して行います。

 

バストアップエクササイズ-その1-「小胸筋ストレッチ」

大胸筋の下にある小胸筋は、胸が垂れるのを防ぐ役割をしてくれます。

例えてみると、サスペンダーのような役割をしているのです。

この筋肉は、姿勢が悪いと凝ってしまうこともありますので、

適度にほぐして、筋力をつけていきましょう。

 

<1>まず、壁の前に立ちます

壁から30cmほど離れた場所に姿勢よく立ちます。

 

<2>次に、手を前に突き出します

胸の高さに手を突き出します。

腕はしっかりと伸ばしておきます。

真正面ではなく、手が少し外側を向くような角度で伸ばしてください。

 

<3>腕を上に伸ばします

突き出した腕を、そのまま上に伸ばします。

肘はしっかりと伸ばした状態で行います。

 

 <4>壁に手を付いて体を倒します

腕を持ち上げた状態で壁の方を向き、手を付きます。

場所はななめ上あたりになります。

手を付いたら、そのまま上体を前に倒して、ゆっくりと呼吸します。

1~4を左右5回ずつ行います。

 

バストアップエクササイズで胸を大きくしたいなら動画を参考に♡

 

文面だけではイメージがわかない!という方もいらっしゃると思います。

動画を見れば、細かい身体の動かし方も理解できるかと思いますので、ぜひご覧になってください。

 

小胸筋ストレッチ

あまりメジャーでないトレーニングかと思いますので、

実際に動画を見て行うとよいと思います。

 

 

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨をほぐすことは、バストアップのみならず、肩こり・猫背解消や

代謝アップにもつながります。

ぜひ取り組んでみてください。

 

簡単バストアップエクササイズで、美乳を目指そう!

胸まわりの筋力アップエクササイズを中心にまとめてみましたが、

どのエクササイズも時間・場所を問わずに取り組んでいただけるものばかりです。

忙しい方でも、ちょっとしたすきま時間で取り組むことができると思いますので、

胸が小さい、胸が垂れてきたとお悩みの方はちょっとずつ始めていくことをおすすめします。

継続すれば必ず結果は出るはずです!