バストアップクリームの簡単な作り方まとめ【自宅で3分DIY】

バストアップクリームもDIYする時代♡

クリーム

バストアップや、産後のバストケアに用いられているバストアップクリーム。

そのバストアップクリームが自分で作れちゃうって知っていましたか?

DIYが流行っている今日このごろ。

好みの成分や香りを入れて、バストアップクリームも自分にぴったりのオリジナルを作ってみませんか。

誰でもトライできる作り方をご紹介していきます。

【ズボラ派さん】のバストアップクリームの作り方

バストアップクリームが作れるといっても、作り方が難しいのではと考えている人も多いのではないでしょうか。

実は、バストアップクリームの作り方はとっても簡単なんです♪

規成品のバストアップクリームに、自分の取り入れたい成分をプラスするだけ。

作ってみたいけど作り方が複雑だと面倒だし、簡単に作れるものがいい!というズボラ派さんにはぴったりですよね!

短時間に作れてすぐ使えちゃうのが嬉しいポイントですよね。

詳しい作り方をご紹介していきます。

 

バストアップ

 

1)まずは容器に既成のクリームを適量入れる

簡単バストアップクリームの作り方は、まず容器に好きな既成のクリームを入れることから始まります。

この「既成のクリーム」は、ボディクリームやバストアップクリームなどです。

既成のクリームといっても、中に入っている成分は様々で、中には刺激の強い成分が入っているものももちろんあります。

せっかく自分だけのオリジナルのバストアップクリームを作るのですから、体にやさしい天然成分でできているクリームをベースに作るのがオススメです。

 

2) 好きな成分を適量入れる

続いての作り方の手順です。

容器の中にボディクリームやバストアップクリームなどのベースとなるクリームを入れたら、自分の好きな成分を入れていきましょう。

ベースをバストアップクリームにすると、もともとバストアップ効果のある成分が含まれているため、さらに効果が期待できます

ベースにプラスで入れる成分で代表的なものは、ゼラニウムやはちみつなどが挙げられます。

これらの成分の詳細については、後ほどご紹介していきます。

 

3)アロマを適量入れる

ベースとなるクリームと好きな成分を入れたら、最後はお好みでアロマを入れてみてはいかがでしょう。

自分の好きな香りを入れれば、より愛着もわきますし、オリジナル感も増しますね。

アロマを入れることによって、手作りバストアップクリームを使った時にリラックス効果で女性ホルモンを安定させることができます

作り方が簡単なので、毎回香りを変えるのも楽しいですよね。

 

【こだわり派さん】のバストアップクリームの作り方

既成品にプラスする、簡単なバストアップクリームの作り方をご紹介してきました。

ここからは、もっとこだわるオリジナルのバストアップクリームの作り方をご紹介します。

すべて一から作る、まさに世界に一つだけの、自分だけのバストアップクリームです♡

 

 

バストアップ

 

1)まずは容器にキャリアオイルを適量入れる

完全オリジナルなバストアップクリームの作り方、まずは容器にキャリアオイルを適量入れます

オイルは使用するとき乾きにくいので、より時間をかけて丁寧にバストアップマッサージもできます。

そのため、バストアップの効果もより期待できますね。

 

2)ミツロウを加える

オリジナルのバストアップクリームの作り方、2つ目はミツロウをキャリアオイルに加えることです。

クリームを手作りするのに必須なミツロウを湯煎で溶かし、キャリアオイルと良くかき混ぜます。

ミツロウとはハチの巣から得られる天然のロウを精製したものです。

ミツロウの量で、クリームの柔らかさを調節できます。

多くすれば固め、少なくすると柔らかめのクリームにできます。

 

3) 粗熱を取り、エッセンシャルを加える

オリジナルのバストアップクリームの作り方、3つ目は最後に、エッセンシャルオイルを加えることです。

湯煎で溶かしたミツロウとキャリアオイルをクリームの容器に移し、粗熱を取ります

そこへエッセンシャルオイルを加えて混ぜて出来上がりです♪

 

バストアップ効果が期待できる3つの成分

手作りのバストアップクリームの作り方が簡単だと言っても、どんな成分がバストアップにいいのかわからないですよね。

ここからは、特にバストアップに効果のある成分3つをご紹介していきます。

 

バストアップ

 

はちみつ

バストアップに効果がある成分、一つ目ははちみつです。

はちみつはしっかり甘さがあるのに低カロリーな上、美容効果も高いので人気ですが、さらに女性ホルモンの分泌を高めてくれる、ボロンという成分が多く含まれているのです。

バストアップには女性ホルモンの分泌がとても大きく関わってきます。

そのため、ボロンが多く含まれるはちみつは手放せない成分なのです。

 

 

 

 

ゼラニウム

バストアップに効果がある成分、二つ目はゼラニウムです。

ゼラニウムは、人間のホルモンと同じ働きをします

人間のホルモンと同じ働きをすることで、バストに潤いやハリを与えてくれるほか、体の血の巡りも良くなるため、バストアップに効果的なのです。

 

 ダマスクローズ

バストアップに効果がある成分、三つ目はダマスクローズです。

ダマスクローズにはローズオットーという、女性ホルモンに影響を与える成分です。

ローズだけあって、バラのいい香りがするのも女性には嬉しいですね。

リラックス効果もあるため、ゆったりマッサージできそうです。

 

バストアップクリームに入れるキャリアオイルはタイプで選ぼう!

バストアップに効果のある成分をご紹介してきました。

1から手作りバストアップクリームの作り方でご紹介したキャリアオイル。

キャリアオイルは、お肌のタイプで自分に合ったものを選びましょう

 

バストアップ

 

【近年注目!乾燥肌にオススメ】ピーチカーネル油

一つ目はピーチカーネル油

乾燥肌にオススメで、近年注目されているキャリアオイルです。

ピーチカーネルは名前の通り、桃の種から抽出している成分で、少し粘度があります。

そのため、ゆっくりしっかりと浸透してくれ、保湿効果も高いのが特徴です。

刺激も低いので、乾燥肌や敏感肌にも安心して使用できます

 

 【敏感肌にオススメ】ホホバオイル

次にご紹介するのはホホバオイルです。

名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ホホバオイルは、どんな肌質タイプの人でも安心して使うことのできる万能なオイルです。

アレルギーも起こしにくい、使いやすくて安全な成分です。

また、品質が良いため、使用期限が長く劣化しにくいのも特徴です。

 

 【保湿効果が高い!】スイートアーモンドオイル

三つ目は、スイートアーモンドオイルです。

赤ちゃんのマッサージにもよく使われているもので、とても滑らかな使い心地が特徴です。

栄養分を豊富に含んでいるため、肌を柔らかくしてくれる効果もあるので、美肌にもなれちゃいますね!

 

 【別名:若返りオイル!】マカダミアナッツオイル

四つ目は、マカダミアナッツオイルです。

これは別名「若返りオイル」と呼ばれています。

その名前の由来は、肌の老化に大きく関係しているパルトミン酸が含まれていること。

加齢とともに、本来人間の肌に存在しているパルトミン酸が減少していきます。

パルトミン酸が含まれているマカダミアナッツオイルを使えば、それを補うことができるのです。

肌への浸透力もとても高く、保湿力も抜群です。

 

 マッサージに◎サンフラワーオイル

最後にご紹介するのは、サンフラワーオイルです。

潤いをしっかり与えてくれる成分で、肌をやわらかくしてくれます

滑らかな使い心地なのでマッサージに最適です。

バストアップマッサージとして使いたいですね。

 

 

バストアップクリームの作る上での注意点

好きな成分を入れて作る、作り方も簡単なオリジナルのバストアップクリーム。

自分だけのとっておきで気分も上がりますが、注意する点もあります。

 

バストアップ 

 

1)使用期限

手作りのバストアップクリームは、作ってからできるだけ1ヶ月以内に使い切るようにしましょう

上でご紹介したキャリアオイルの中には保存がきいてとても長持ちするものもありますが、一緒に入れている成分すべてがそうとは限りません。

既成品のように保存料を入れているわけではないので、1ヶ月くらいを目安に考えていた方がいいでしょう。

作り方も簡単なので、どんどん新しく違った成分を入れて作って楽しめれば最善ですね♪

 

 2)保管方法

また、保管は高温・多湿なところは避けましょう

キャリアオイルは遮光ビンに入れて作るのもオススメです。

高温・多湿で成分が分離してしまったり、変化してしまうのをできるだけ防ぐように、涼しい陰で保管するのがいいですね。

 

手作りバストアップクリームの効果を高めるマッサージ【動画】

 

 

手作りバストアップクリームが作れたら、バストアップマッサージにトライしましょう。

バストアップクリームの効果に加え、マッサージをすることで、より効果が期待できます。

首から鎖骨にかけてリンパを流したり、鎖骨のマッサージなども丁寧にわかりやすく紹介されているので、試してみやすいと思います。

 

 

手作りバストアップクリームのメリットとデメリット

ネットや店頭では、既成品のバストアップクリームがたくさん売られています。

手作りのバストアップクリームを作るメリットやデメリットはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

 

メリット

バストアップクリームを手作りすることのメリットは、何よりオリジナル感ですよね。

自分で作ること、自分の好きな成分を入れることで、既成品を買うよりも愛着がわきます

また、簡単な作り方でご紹介したように、既成のバストアップクリームにさらにバストアップ効果のある成分を入れれば、より一層効果が期待できます

入れる成分によっては、バストアップと美肌効果など、ダブルで嬉しい効果が得られるのもメリットの一つです。

 

 デメリット

逆に、手作りのバストアップクリームのデメリットとしては、コストがかかってしまうことでしょうか。

例えば既成品にプラスする作り方だと、本来なら既成品そのものの値段で済みます。

そこへさらにひと手間増やしているので、その分どうしてもコストがかかってしまいます。

また、好きな香りを楽しめることが手作りのバストアップクリームの楽しみ方のひとつです。

ですが手作りのバストアップクリームだと、元々のクリームの香りと選んだ好きな香りがぶつかってしまうというデメリットも挙げられるでしょう。

しかし、これは香りを抑えた天然成分のクリームをベースに使えば改善することができます

 

バストアップクリーム【ラシュシュ】なら自分では手に入らない美乳成分をたっぷり配合

ラシュシュ

 

手作りのバストアップクリームについていろいろご紹介してきました。

でも結局のところ、市販のバストアップクリームを使おうかな、と思う方もいらっしゃるかもしれませんね!

ここでは人気のバストアップクリーム「ラシュシュ」をおすすめします♪

楽天の総合ランキングでも1位を獲得し、雑誌にも多く取り上げられています。

秘密は独自のエステティックモイスチャー製法

バストアップの美容成分である、ボルフィリンとセサフラッシュという成分が含まれています。

ボルフィリンは肌に弾力を与え、バストアップを叶えてくれる成分。

また、セサフラッシュは肌を滑らかにし、ハリを与えてくれます。

他にもバストアップに効果的な美容成分が11種類も入っているのです。

たっぷりの美容成分でしっかりマッサージしながらバストに塗って、綺麗なバストを作っちゃいましょう!

 

作り方をアレンジしてあなただけのバストアップクリームを手に入れよう♡

 

バストアップ

バストに悩みを持つ方は多いですよね。

でも、手作りのバストアップクリームの作り方は簡単だということがわかりました。

自分にぴったりの、こだわりのバストアップクリームを作って、綺麗なバストを目指したいですね。

バストアップクリームは直接肌に付けるものです。

バストアップの成分をしっかり肌に浸透させられるよう、綺麗な肌を保てるよう、オイルの質にはこだわって良いものを使いましょう♪