目次

  1. 1 ウォーキングでバストアップできるなら、やらない理由が見つからない!
  2. 2 ウォーキングでバストアップ効果が期待できるワケ
  3. 3 正しいウォーキングでバストアップ!
  4. 4 ウォーキングでバストアップしたいなら動画を参考に♡
  5. 5 ウォーキングにプラスしてバストアップ効果をUPさせるコツ
  6. 6 ウォーキングで魅力的なバストと健康的な体を!

「ウォーキングでバストアップ出来るというのは本当?」

たまに記事で見かけるこのフレーズですが、

実際なにがどういうわけでウォーキングが

バストアップにつながるのかってご存知ですか?

ウォーキングでダイエットもバストアップもできちゃうなら、

やらないワケがないですよね!

なんて言ったって費用がかからないのですから。

そんなウォーキングについて徹底リサーチ。

それでは順を追ってみていきましょう!

有酸素運動であるウォーキングですが、

ダイエット効果があることはもうご存知かと思います。

ではなぜ、今回の記事タイトルのように、

バストアップ効果があると言えるのでしょうか?

そのメカニズムについてまとめてみましたのでごらんください!

血液の循環が良くなるから

バストまわりにもたくさんのリンパが存在します。

手とか足の先は言わずもがな、

バストまわりも冷え性、なんてこともありうるのです。

バストアップの敵、冷え性を改善するためには、

栄養を全身に行き渡らせる必要があります。

そのためには、血液の循環を良くすること。

血液の循環を良くするためには、

有酸素運動であるウォーキングが最適というわけですね!

肩甲骨と大胸筋を動かすから

ウォーキングに限らず、普通に歩いている時も

腕をふって肩甲骨を動かしていますよね?

実は、この肩甲骨を動かすことは

人間の体にとってとても大事なことなんです。

*肩甲骨を動かすだけで、自然なダイエット効果もある *とも言われてますしね。

また、肩甲骨を意識的に動かすことによって、

大胸筋も勝手に動いてくれています。

大胸筋は土台となってバストを支えてくれている部分ですので、

垂れずハリのあるバストを実現することができます。

肩甲骨でアンダー痩せ、大胸筋でぷるるんバスト。

十分バストアップに効果があるといえるでしょう!

ストレス発散になるから

ストレスを溜めることは、女性ホルモン「エストロゲン」

の分泌量を減らしてしまうし、睡眠不足の原因にもなります。

こうなってしまうと、バストアップに最適な状態の体とは

かけ離れてしまいます。

そのためにも、ストレスは適度な運動で発散するべき!

ウォーキングはストレス発散になるほか

上で書いたような効果も期待できるので、

バストアップに最適といえるでしょう。

ほかのスポーツやジムに行くのと違って、

元手がほぼかからないっていうのも魅力的ですよね。

ウォーキングといっても、やり方次第で結果には雲泥の差があるんですよ。

しっかりと結果を出すために、大切なポイントを

4つに分けて説明しますのでしっかり覚えておきましょうね!

<1>まず、正しい姿勢をとる

まずは下の画像のように、ピシッとシャキッとした

姿勢を心がけましょう。

体の芯がまっすぐになっているかどうか

意識できているかがポイントになります。

そうすると、肩に力を入れずとも

適度に胸が張り、肩が自然に開くと思います。

これは上半身だけでもできるので、

試しに記事を見ながらやってみてください!

・・・ほら、シャキッとなりましたよね?

<2>次に、踵から足を下ろす

着地の直前ですが、踵から下ろすようにしてください。

つま先着地でひょこひょこ歩くより

全身の筋肉をまんべんなく使用することができますし、

足首が柔軟になり、血行促進により効果があります。

足を上げる時以外は膝が伸びているのが理想なのですが、

踵から着地することで、意識せずとも

膝が伸びていると思います。

いま歩ける環境ならば、是非引き続き体感してみてください。

<3>次に、内側に下ろすことを意識する

次は着地の瞬間とその後です。

足を下ろす時は体の中心線の延長線上、

つまり少し内側を意識して下ろしましょう

イメージ的には、平均台の上を歩くって感じですかね?

次の一歩に行くためには、先ほど説明した

<1>の綺麗な姿勢を経て、再度逆の足を上げます。

その時は、少し胸から出るイメージを

持つと、スムーズに歩けると思います。

どうぞ、いますぐやっちゃってください。

<4>最後に、腰に少しひねりを入れる

最後の説明ですが、足を上げる際に少しだけ

ひねりを入れてあげると効果的です。

とは言っても、<1>と<3>で説明したことが

きちんと出来ていれば、多少は自然とひねりが入ります。

余裕が出てきたら、意識的に腕をふってあげると

もっとひねりが入るのが実感できると思います。

ひねることでお腹周り、ひいてはアンダー部分に効果があるので、

バストアップ・アンダーダウンと

バストサイズアップに効果てきめんと言えるでしょう!

動画でもっと詳しい情報を見たい!

という方のために、参考動画を載せてみました。

ウォーキングでしっかりとバストアップの結果を出すために

ぜひ見てみてくださいね!

正しい歩き方 ローヒール編

こちらの動画は、タイトル通り歩き方の解説をしています。

動画で見て真似る方がわかりやすいという方は

こちらでチェックしてみてくださいね。

ここまでウォーキングのなんたるかについて詳しく見てきましたが、

ここでは、ウォーキングと並行してするとさらなるバストアップ効果が期待できるコツを紹介いたします。

より効果を得るためには一体何をしたらいいのでしょうか?

それでは見ていきましょう!

プロテインを飲む

バストアップには、食事の中でタンパク質や乳製品を摂ると良い

というのは聞いたことがあると思います。

しかし、多忙な毎日の中しっかり摂れるかといえば

実際のところ厳しいと思います。

そんな時はプロテインで補いましょう。

中でも、ホエイ(乳清)由来のプロテインがオススメです。

両方とも摂取できますからね!

ただ、「超吸収」や「ヘビー」が名前に付いている

プロテインは避けてください!

これらは体重を増加させてムキムキになること

に特化しているプロテインです。

用途をしっかり確認して購入しましょう。

マッサージをする

大胸筋のおかげでバストの土台がしっかりすることはお伝えしましたが、

ウォーキングだけでは、バストアップに必要な乳腺への刺激がやや足りないと感じます。

ですので、ウォーキングと並行して

バストアップマッサージをすることで、

より高い効果を得られるでしょう。

ただこれもやりすぎには注意です!

脂肪が燃焼するほどマッサージをやると

逆効果になってしまいますので気を付けましょう。

適度なマッサージを。

スポーツブラを着用する

スポーツブラを着用することは、

ウォーキングという運動においてとても重要になってきます。

なぜかというと、バストが揺れてしまうからです。

ほぼ脂肪でできているバストは、

長時間の運動により過度に揺れることで

「燃焼」してしまいます・・・。

つまりバストダウンにつながるリスクがある、ということですね。

これを抑制するために、バシッと引き締めてあげる必要が出てきます。

よって、ナイトブラを着用することで、

バストアップに対するマイナス効果を消すことができるのです!

スポーツブラ着用でバストを燃焼させない!

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

もうウォーキングの正しい方法とバストアップの関係性

についてはばっちりご理解いただけたと思います!

あとは何が必要かというと、みなさんの行動力とやる気です。

始めなければ魅力的なバストと健康的な体はやってきてはくれません。

ぜひこの機会に、生活に取り入れてはみませんか?

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。