バストアップするならリンパケアが近道!【リンパの位置を図付きで解説】

リンパケアでバストアップできるってホント!?

 

強いマッサージ

あなたは自分のバストに満足していますか?

今よりバストアップしたいと思っている女性はなんと50%以上いるそうです。

「バストアップするにはエステに行くんじゃないの?」

「矯正下着とか買わないと無理でしょ」

と思っている方が多いのではないでしょうか?

ここでは、時間やお金のかかるエステに通わなくても、

自宅で簡単にできるリンパケアでバストアップできる方法をご紹介します。

 

そもそもリンパって何?

よく耳にする「リンパ」ですが、からだのどの部分が「リンパ」かご存知ですか?

「リンパ節」「リンパ管」「リンパ液」のことをまとめて「リンパ」と言っています。

エステなどで「リンパ流していきますね~」と、鎖骨下から脇の方へ押されたことがある方もいるかもしれませんね。

からだの中の汚いものや余分なもの(=老廃物)を含んだ「リンパ液」を、「リンパ管」を通して、わきの下や首の回り、鼠蹊部(太ももの付け根)などに多くある「リンパ節」へ排出してくれる働きをしています。

おへそから下の老廃物は主に鼠蹊リンパ、上は腋窩(わきの下)リンパに流すのが基本です。

からだの中に汚いものや余分なものが溜まると血行が悪くなり、むくんだり皮膚が固くなったり、血色も悪くなってしまいます。

リンパケアをすることは、

バストアップだけでなく全身を生き生きとさせるのに有効な方法なのです。

 

バストアップにリンパケアがオススメな理由

バストアップするためには、様々な要素が必要です。

ただ胸を刺激すれば大きくなるというものではないのです。

リンパケアをすることで、バストアップだけでなくたくさんいいことがあるのです。

 

<1>バストアップ+α効果も!

 

肌がキレイな女性

冷えや肩こりといった女性に多い悩みも、張りのないしょぼんとしたバストの原因です。

乳房は乳腺と脂肪でできていて筋肉がないので、血液やリンパの流れがもともとあまり良くありません。

そこへ、肩こりで血行が悪いとさらに胸まわりの循環が悪くなって胸はしぼんでしまうのです。

リンパケアをすると胸と肩周りや首周りの血行やリンパの流れが良くなるので、バストアップしつつ肩こりや冷えを解消できるのです。

また、肩首周りの血行が良くなると頭部の血流も良くなりむくみが取れるので、すっきり小顔にもなります。

バストアップのためにリンパケアをすると、バストアップ以外にもたくさんいいことがあるのです。

 

<2>女性ホルモン分泌アップ!

ブラを付けている女性の胸

ふっくらした柔らかく丸いバストは女性の象徴といえますよね。

バストアップには、女性ホルモンの分泌を盛んにすることも欠かせません。

女性ホルモンの分泌アップに関係するリンパは、実はバストから離れたところにあります。

太ももの付け根にある「鼠蹊リンパ」とひざの裏の「膝窩リンパ」です。

リンパケアで流れが良くなると目に見えてすっきりしてくるので、ついついバストに近いわきの下や鎖骨、首の回りばかりがんばってしまいがちです。

でも、女性らしい丸くふっくらしたおっぱいを手に入れるには、

「鼠蹊リンパ」と「膝窩リンパ」も忘れずにケアしましょう。

 

<3>ぷよぷよ二の腕もすっきり!

二の腕をマッサージする女性

バストアップには、バストを支える大胸筋の筋力アップも欠かせません。

せっかく老廃物を流してふっくら大きなバストになっても、支える筋力が弱いと、重力に負けて下へ下へと垂れてしまいます。

これではバストアップしたとは言えません。

外出時はブラジャーでがっちりサポートできても、お風呂上りに鏡に映る垂れたバストは見たくないですよね。

大胸筋は乳房と肋骨の間にある筋肉です。

スポーツマンなど、しっかりと筋肉のついた胸板の厚い男性を思い浮かべてください。

鎖骨の下から胸のあたりが盛り上がっていますよね。

あの筋肉です。

上腕(肩に近い腕の部分)から鎖骨、胸部、腹部の上のあたりにつながっています。

リンパケアをして乳房周辺からわきの下を刺激することで、大胸筋も少しずつ鍛えられていくので二の腕の引き締め効果も期待できます。

 

バストアップに効果的なリンパケア【リンパの位置を図で解説】

リンパケアがバストアップに効果的なのがわかったところで、いったいリンパはどこにあるのでしょうか?

ここでは、バストアップに欠かせないリンパの具体的な場所を図付きで説明します。

 

<1>鎖骨リンパ

 

鎖骨リンパは首の付け根のあたりの鎖骨のくぼみにあるリンパ節で、リンパケアをする時にもっとも重要なリンパです。

特に左側の鎖骨リンパは、体中を流れるほとんどのリンパ液が「鎖骨下静脈」と合流して心臓に戻る部分「リンパの出口」なので、リンパケアをする時には、毎回最初と最後に必ずおさえておきたい大切なリンパです。

<2>腋窩リンパ

 

腋窩リンパはわきの下にあるリンパ節で、わきの下のくぼみの奥の方に30個近くのたくさんのリンパが集まっています。

腋窩リンパの流れが悪くなっていると、わきの下のくぼみにゴリゴリと固いしこりのような手ごたえがあると思いますが、柔らかくしようと強く刺激するのはNGです。

固いゴリゴリが小さく柔らかくなっていくイメージで優しく押しましょう。

 

<3>鼠蹊リンパ

鼠蹊リンパは足の付け根にあります。

あぐらの形で足を広げた時に、くぼみができる部分です。

鼠蹊リンパは下半身のリンパの集中している部分でもあり、ここの流れを良くすることで下半身のむくみの解消にもつながります。

また、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を盛んにしてくれるので、鼠蹊リンパも忘れずに流していきましょう。

 

バストアップするなら!オススメのリンパケアのやり方

それでは、自宅でできるリンパケアの方法をご紹介します。

ポイントは、あくまで優しく、自分の胸がふっくらとバストアップしていくイメージで行うことですよ。

 

<1>まずはお風呂でよく温まる

お風呂に入る女性

リンパケアは就寝前など、リラックスした状態でやるのが良いといわれています。

冷えたからだは血行やリンパの流れも悪く、なかなか老廃物を出すことができません。

また、冷たい手でからだを触るのもリラックスしませんよね。

リンパケアの前にはぬるめのお湯にゆっくりとつかり、全身を温めて血行が良い状態で行いましょう。

 

<2>リンパ節のつまりをとっておく

胸をマッサージする女性

老廃物の出口である「リンパ節」がつまっていると、せっかくトリートメントして流しても老廃物が出ていきません。

なので、まず最初に「リンパ節」のつまりをとって出口を開いておくことが大切です。

  1. 鎖骨リンパ節・・・鎖骨の内側を、首から肩へむかって優しくさする。
  2. 腋窩リンパ節・・・親指以外の4本の指をわきの下のくぼみに押し込み、くぼみの奥の方をほぐす。4本の指はそのままで、親指でわきと胸の間をつかみ、もみほぐす。

鎖骨リンパ節は特にとても固くなっていると思います。

とにかく優しく、深呼吸しながらさすりましょう。

 

<3>乳房のまわりからわきへ流す

リンパを流す女性

さあ、リンパケアの準備が整いました。

リンパを流していきましょう。

  1. 乳房の上、デコルテからわきの下へ向かって親指以外の4本の指で3~5回流す
  2. 乳房の下、みぞおちからわきの下へ向かって親指以外の4本の指と手のひらを使って3~5回流す

いずれも片方ずつ、左右同じ回数行うようにしましょう。

胸のまわりからわきの下へと流れていくのをイメージしながらやるのが効果的です。

 

<4>最後に仕上げ流しをする

バストアップイラスト

最後に全体をすっきりと流して整えます。

みぞおちから左右の胸の中央を通り、鎖骨の中央から両肩へ流していきます。

両方の手のひらを使って、大きく動かします。

押すというよりは、優しくさすり上げる感じで、20回ほど行います。

胸が大きく開いて軽くなっていくイメージで、深呼吸をしながら行いましょう。

 

リンパケアのバストアップ効果を高めるポイントは?

リンパの場所とリンパケアのやり方がわかったところで、バストアップの早道はあるのでしょうか?

もっと効果的にバストアップできるポイントを見てみましょう。

 

いつでもどこでも、気が付いたらやる!

仕事中の女性

リンパが詰まらずにいつでもぐんぐん流れていれば、それだけ胸に栄養が運ばれてバストアップにつながります。

鎖骨リンパや腋窩リンパは、座っていながらでも誰にも気づかれず、何気なく刺激することができるので、通勤途中の電車の中や仕事中でもどんどんやりましょう。

くれぐれも、ボールペンのおしりの固いところでグリグリはしないようにしてくださいね!

あくまでも、リンパが流れるのをイメージしながら、優しくさするように刺激することがポイントです。

 

 

オイルを使う

クリームを手に取る

リンパケアは優しくさするようにするのが基本ですが、どうしても摩擦で皮膚が赤くなってしまうなどのトラブルが起こることもあります。

そこで、セサミオイルやアーモンドオイルなど肌なじみの良いオイルを使うことで摩擦による刺激を軽減し、同時に保湿ケアもできます。

また、むくみに効果的なアロマオイルを混ぜたり、お気に入りの香りのボディクリームを使うと香りでも癒されます。

 

「ベルタアップジェル」がマッサージ効果的です。サプリ「ベルタプエラリア」とセットで効果大!

鼠蹊リンパ・膝窩リンパも刺激する

美乳

バストアップのためのリンパケアというとバスト周辺のトリートメントに目が行きがちです。

リンパの流れを良くするとやわらかくきれいなバストになりますが、なかなか女性らしいふっくらとボリュームのあるバストにはなりません。

ボリュームのあるバストを手に入れるには、女性ホルモンが欠かせません。

鼠蹊リンパ・膝窩リンパを刺激することで女性ホルモンの分泌がさかんになり、ただきめ細やかく柔らかいだけでない、理想のバストに近づくことができるのです。

 

リンパケアでバストアップするなら動画を参考に♡

ここまでバストアップのためのリンパケアの方法を説明してきましたが、やはり文章ではリンパケアのやり方はわかりづらいですよね。

実際に自分でできるリンパケアの、わかりやすい動画をご紹介しますので参考にしてみてください。

 

豊胸効果のある鎖骨リンパマッサージ3種類

リンパケアで最も重要な鎖骨リンパのトリートメントの仕方がわかりやすく解説されている動画です。

鎖骨のどの部分を刺激していくのか、よーく見てみてください。

 

 

 

豊胸マッサージ/腋窩リンパマッサージでバストアップ!

腋窩リンパの刺激の仕方の解説動画です。

手の使い方がとてもわかりやすいのでおすすめです。

 

プエラリアのマッサージジェルとサプリを併用して

プエラリアは女性ホルモンを活性化するというイソフラボンが大豆イソフラボンの40倍の果実。

中でも非常に高品質なものを高配合しているのが、バストアップサプリ「ベルタプエラリア」。

その他にも美容成分が入っています。

そして、マッサージジェル「ベルタアップジェル」にはもちろんプエラリアと

こだわりのヒアルロン酸が配合されてジェル&サプリがバストアップだけでなく美肌にも応援します。

「ベルタアップジェル」と「ベルタプエラリア」のコンビは最強ですよ。

 

これであなたもふっくらバストに!

いかがでしたか?

バストアップのためのリンパケア、意外と簡単にできそうですよね。

お風呂上がりのリンパケアで、バストアップの他にもすっきり小顔効果も期待できて一石二鳥です。

さっそく今日から、チャレンジしてみてください。