バストアップ体操のススメ♡【胸を大きくする方法】

バストアップには、土台が大事

女性の鎖骨

胸を大きくする効果のあるサプリメントや、食べ物をいくら摂取しても、「全然変わらないわ」と、がっかりすることないですか?

高いお金を支払って効果がないなんて、悲しいですよね。

胸を大きくするには、サプリメントだけでは駄目だったのです。

胸を大きくするためには、土台が大事だったのです。

土台をしっかり作るために、おすすめのバストアップ体操を紹介しますね!

 

 

胸を大きくするのにバストアップ体操がオススメな理由

サプリメントや、豊胸手術はコストがかかりますよね。

しかしバストアップ体操は、自分の体を自分で鍛えるのですから、コスト0円なんです。

 

さらに、胸を大きくするためにバストアップ体操がオススメな理由を、3つご紹介します。

 

<1>土台からバストアップができる

胸の構造はこんな感じ

家や、アパート、マンション等を想像してください。

土台がしっかりしていないと、どうなるでしょう?

居住空間を、持ち上げられません。

実は、バストも同じなのです。

 

土台ができていないと、胸(脂肪)の部分を支えられません。

その為、胸が背中などに流れやすくなります。

その状態では、胸を大きくするのに効果のあるサプリメントや食品を摂取しても、結果に繋がりにくいのです。

バストの土台とは、大胸筋の事です。

大切な大胸筋のためにも、毎日コツコツと、簡単な体操をしていくことが大切ですよ。

 

<2>バストアップの要、血流が改善できる

運動している女性

胸を大きくするためのキーマンは、血の巡りなのです。

血の巡りが悪いと、体中に栄養分が行きわたりませんね。

それだけではなく、リンパや血の流れが悪いと冷えの原因になります。

冷え性改善とバストアップは、切り離しては、考えられないのです。

 

血の巡りが良くなると、バストにも栄養やホルモンが十分に回るようになります。

バストアップ体操で血の巡りをよくして、バストに栄養供給し、胸を大きくしやすい状態を作りましょう。

 

<3>バストを引き上げる力を維持できる

水着の女性

大胸筋はバストの土台であると同時に、バストが重力によって下がらないよう、引き上げるという役目も持っています。

天然のブラジャーだとイメージしてみてください)

大胸筋も、年齢と共に衰えてきます。

衰えてくると、バストを引き上げるという力もなくなります。

その結果、大事なバストが垂れてしまい、ほかの部分に流れて行ってしまいます。

そうならないためにも、バストアップ体操で、筋力維持して行きましょう。

また、ナイトブラではバストアップへと導く「Viageビューティーアップナイトブラ」 があります。

バストアップ体操と併せると効果的です。

 

 

 

 

 

 

バストアップ体操-その1-

まず1つ目のバストアップ体操をご紹介します。

 

姿勢が悪い(特に猫背)と、バストアップに必要な大胸筋が、収縮してしまいます。

大胸筋が収縮すると、胸の土台が狭くなってしまい、バストが育ちにくくなります。

バストを大事に育てるためにも、肩や肩甲骨をほぐして姿勢を正しましょう。

 

<1>姿勢をただす(肩・肩甲骨ストレッチ)

合掌する女性

  1. まず、両手を肩の高さ迄横に伸ばします。
  2. 息を吸いつつ、そのまま肩甲骨肩甲骨を、くっつけるように胸を張ります。
  3. 息を吐きつつ、手のひらを、大きく外側に回しながら前に持っていきます。
  4. そのまま正面で、背中を丸めるように、手の甲と手の甲をくっつけます。

 

 

次は、土台である大胸筋を育てる筋トレです。

 

<2>筋トレで土台作り

エクササイズする女性

  1. 膝をついて床に座りましょう。(膝立ち)
  2. 手を肩幅より少し広く開き、床に手のひらをつけます。(四つ這い)
  3. しっかり胸を張った状態で腕を曲げていきます。(腕立て伏せ)
  4. 息を吐きながら、体を下します。(深く上半身を下すことが大切)
  5. 息を吸いながら、体を上げます。

 

 

以上1~5を、15回×3セット行います。

最後に、おっぱいが垂れないように、吊り上げ筋も鍛えていきます。

<3>最後に、吊り上げ筋体操

背伸びする女性

  1. 壁際に立ちます。
  2. 手をまっすぐあげます。(学生時代に、はいってあげていたように)
  3. 気持ちその位置から手を、下にずらします。(グリコポーズの様な感じです)
  4. 壁に、親指の付け根をあてます。
  5. 重心を、前にスライドさせていきます。

この体操をすることで、胸から肩にかけてのスジが、ピンッと伸びていく感覚になります。

その感覚があれば、鍛えられている証拠ですよ。

 

バストアップ体操-その2-

もう1つ、バストアップ体操をご紹介します。

 

おっぱいを揺らすことにより、血液やリンパの流れを良くし、栄養を行き渡らせることができます。

<1>おっぱいを自由に

マッサージ

肩甲骨の下側からおっぱいの脇にむけて、やさしくマッサージをしてあげます。

さらに脇側のおっぱいの下を手づかみして、掬い上げるように動かしましょう。

胸筋や側胸筋にぴったりはりついている、おっぱい靭帯を引きはがしてあげることによって、引っ張られて不自由になっているおっぱいを自由にしてあげれます。

 

<2>おっばい揺らし1

胸を支える女性

まず左のおっぱいを、右手で斜めに持ち上げます。

おっぱいを、下から上に掬うような感じでやさしくゆすります。

(持ち上げて行うことで靭帯に負担がかかりにくくなります。)

鎖骨の中心(左なら右に向けて)に向けて、斜め上に弾ますようにポンポンと揺らします。

  • 1秒×3回のリズム
  • 10秒間揺らす
  • 合計30回

このおっぱい揺らしを左右行いましょう。

 

<3>おっぱい揺らし2

マッサージする女性

今度は、両手で脇からおっぱいを中央に寄せる感じで、揺らしましょう。

  • 1秒間×3回
  • 10秒間
  • 30回

大切なのは、下に揺らすのではなくに向かって揺らすことですよ。

 

寝ている間はナイトブラでバストアップ

「Viageビューティーアップナイトブラ」は、3D補正で脇や背中の余分なお肉をバストへ導く構造です。

「離れてきた、形に自信がない、寝ている間の横流れが心配」などのバストの悩みの応えます。

抜群の伸縮性で着心地も◎理想のおわん型バストへ導くブラです。

昼と寝ている間は重力が違います。だからこそナイトブラが必要ですよ。

 

 

 

【注意!!】バストアップ体操で気をつけるポイント

胸に手を当てる女性

せっかくバストアップ体操をがんばっているのだから、その努力を無駄にしたくないですよね。

無駄にしないためにも、注意してほしいことがあります。

 

<1>正しい姿勢

大事なことは、正しい姿勢で行うことです。

姿勢が悪い(猫背等)と、血流やリンパ液が滞ってしまいます。

それでは、せっかくバストアップ体操をしているのに、胸を大きくできるどころか逆効果になってしまいます。

 

<2>加減を考える

早く胸を大きくしたいからと言って、力任せに行っていたのでは、大きくなりません。

筋力をアップさせる体操にしても、痛みを感じたり、何か違和感を感じるときは行わないでください

体を壊してしまっては、胸を大きくするどころではなくなります。

なにごともほどほどに、行ってください。

 

<3>ストレス

ストレスは、バストアップの天敵です!!

ストレスが溜まってしまうと、自律神経のバランスや血流、リンパの流れも悪くなります。

 

毎日バストアップ体操しなくてはならないと、自分を追い込むような気持ちにならないことも大切です。

また、体操をするときは、バストアップに成功した自分の姿を想像したり、理想のおっぱいの写真を眺めながら実施することもお勧めです。

 

 

バストアップ体操で胸を大きくするなら動画を参考に♡

文字だけではイメージつかないよ~という方もいらっしゃいますよね。

そんな方の為に、バストアップ体操の動画もご紹介します!

 

おっぱい体操

おっぱい体操が、胸を大きくするのにどのくらい効果があるのか、ぜひご自身の目で確かめてみてくださいね。

 

 

筋力トレーニング

大胸筋アップの為のトレーニングの動画です。

動画でトレーニングを行っているのは男性ですが、勿論女性の胸を大きくするのにも効果があります!

 

健康的にバストアップ

バストアップは、一日にしてならず

これを念頭にいれて、日々の生活にバストアップ体操を取り入れていきましょう。

肩や肩甲骨の体操は、トイレでもできちゃいます。

(私も気分転換に、会社のトイレでやっちゃってます)

バストアップ体操によって、コリや冷えも解消できます。

一石二鳥、三鳥なバストアップ体操、ぜひお試しください!

そして、ナイトブラ「Viageビューティーアップナイトブラ」でバストをホールドし

女性の美しいボディへ目指してくださいね。