目次

  1. 1 気づくと胸の谷間が汗でビショビショに…
  2. 2 胸の谷間の汗の原因とは
  3. 3 胸の谷間の汗を止めるのは難しい
  4. 4 胸の谷間の汗の対策方法
  5. 5 胸の谷間の汗、きちんと対策しないと大変なことに…!?
  6. 6 胸の谷間のニオイも気になる…
  7. 7 胸の谷間の汗のニオイを防ぐには
  8. 8 胸の谷間の汗対策におすすめの汗とりインナーはコレ
  9. 9 胸の谷間の汗対策に汗とりインナーを使用した人の口コミ
  10. 10 谷間の汗もきちんと対策してサラサラ肌に♪

ジメジメとした夏、運動のあと、気づくと胸の谷間が汗でビショビショになっている…。

なんてこと、よくありますよね。

一度気になり始めたら、ずっと気になってしまいますし、人前で拭くわけにも行きません。

この記事ではそんな谷間の汗を改善する方法をご紹介します。

是非参考にしてみて下さいね!

気になる谷間の汗、バストサイズが大きさに関わらず、悩んでいるという方は多いですよね。

汗をかいた後、しばらく放っておくと嫌なニオイがすることも…。

そもそも、なぜ谷間に汗をかいてしまうのでしょうか?

ひとつはワキガと同じく、アポクリン汗腺の存在からいわゆる「チチガ」の症状として発汗・ニオイが出る場合。

ふたつめは、ブラの締め付け・寄せ効果によって肌が密着することで蒸れてしまう場合です。

特に、最近は寄せて上げるタイプのブラも多く、後者に該当する方が増えているように感じます。

気になる谷間の汗、出ないようにしたい!

その気持ちはよく分かりますが、現実はそうもいきません。

汗を分泌する汗腺が胸に存在する以上、汗を根本的に絶つことは出来ないのです。

でも、がっかりするにはまだ早いですよ。

たとえ汗をかいても、快適に過ごせる方法をこれからご紹介します!

\手っ取り早く蒸れを回避!秘密はこれ/

それでは胸の谷間の汗を対策するために有効な方法をご紹介します。

どれも市販・ネット販売されているもので、すぐ手に入れることが出来ます。

気になる方は是非、試してみて下さいね!

汗ふきシートでこまめに拭く

王道ですが、汗ふきシートを使うのは谷間の汗を防ぐために有効です。

汗ふきシートのなかには発汗抑制効果を持つものや、拭き終わると谷間がサラサラになるものもありますので、自分に合った製品を選ぶようにしましょう。

しかし、なかなか人前で使うことが出来ないので、どうしてもこまめに拭くというのは難しいかもしれませんね。

また、拭き過ぎにより皮脂が過剰に落とされてしまい、乾燥することによって雑菌が発生する場合もあるそうです。

汗とりインナーを使う

持続的な効果を得られるのは汗とりインナーでしょう。

吸収性の高い素材によって作られた汗とりインナーは、谷間だけでなく、インナーが保護している面の汗を吸収してくれます。

また、乾くのも速いため、汗をかいたあと嫌な臭いが出ません。

 体質を変える

体質から変えていくとなると、難しい気もしますが、根本的な改善のためには欠かせません。

特に、便秘の方など、腸内環境が不安定な方は腸内のガスが血中に流れ、全身を巡ることで、汗が嫌な臭いを伴ったものになりがちです。

食物繊維を豊富に含んだ食品を食べるのはもちろん、サプリメントを使って、普段あまり取れていない栄養を補給することで、上手に対策していきましょう。

谷間の汗を対策せずに放置しておくと、もっと面倒なことに発展してしまうかもしれません。

そもそも汗は体温調節のためにかくものなので、悪いものでは無いのですが、蒸れやすい谷間の場合は少し事情が違います。

谷間に汗をかいたあと、長時間放っておくと、雑菌が発生してしまいます。

雑菌の発生は肌荒れやニキビの原因になってしまいますから、はやめに対策したいところ。

また、この状態が長く続くと慢性的な症状に変化してしまうため、きちんと対策をしていきましょうね。

谷間のニオイも気になりますよね。

下を向くともわっ、と湿気と共にニオイが上がってきて嫌な気持ちになってしまいます。

この症状も、汗を放置したことによる雑菌の繁殖から起こるものなので、早めに対策したいですね。

しかし、前述の通り、胸にはアポクリン汗腺が存在するため、生半可な対策では根本的な解決にはなりません。

ではどういう対策を取れば谷間の汗のニオイをシャットアウトできるのでしょうか?

谷間の汗のニオイを防ぐ方法をご紹介します。

是非、参考にしてみて下さいね!

通気性の良い下着を選ぶ

通気性の良い下着を選ぶことは重要なポイントといえるでしょう。

寄せて上げるブラの中にも、通気性に考慮したものはたくさんありますし、

デザイン性を重視しつつも機能性を追求した製品も最近ではよく見かけます。

谷間の汗が気になるという方の中には

通気性の悪いカッチリした下着を付けていることが原因で蒸れてしまっている方も多いのでは?

そんな方は一度下着を見直してみると良いかもしれません。

しかし、なかなか通気性のいいブラはないですよね…。

かわいいけど通気性が悪くて付けごこちも悪い。

そんな時はオススメのブラはいかがですか?

裏地が綿100%だから汗の吸収性の面もバッチリです!

一度試してみてはいかがですか?

\バストアップブラとしても人気/

締め付けのない下着を選ぶ

胸を大きく見せたいという気持ちはよくわかるのですが、やりすぎは禁物。

締め付けすぎると、胸の形を悪くしてしまいますし、なにより蒸れがひどくなってしまいます。

どうしても締め付けのある下着が良いという方は仕方ありませんが、夏場や運動の時だけでも、緩い下着を着用することをオススメします。

デオドラントクリームを使う

クリームタイプのデオドラント製品もまた谷間の汗臭対策に有効です。

特に、保湿性の高いものを選ぶことで、不要な皮脂や雑菌の発生を防ぐことが出来ます。

シートタイプは強力な除去力で、雑菌も皮脂も取り去ってしまい、ニオイが発生する下地を作ってしまうのであまりオススメできません。

汗をかく前に使うクリームタイプのものを使って、ニオイを防ぎましょう。

着れば快適に過ごすことが出来、こまめに汗を拭く必要もないため、イチオシは汗とりインナー!

数ある製品の中でも、評価の高い2つを厳選しました!

谷間のハンカチ スウィントル

スウィントルは谷間に差し込むことで、汗を吸収することの出来る優れもの!

また、見えにくいように配慮されているので、着けていることがバレません!

しかし、胸が小さい人の場合は谷間をさらけ出す服を着る場合、見えてしまうことがあるそうです…。

私服というよりも、ブラウスの着用が多いビジネスシーンで大活躍するかもしれませんね。

ベルメゾン 汗取りインナー

こちらのサラリスト・汗とりインナーはスウィントルのような差し込むタイプではなく、肌着として着用するものです。

着用面を全体的に保護してくれるので、脇などの他にも汗が気になる部位があるという方にオススメ

速乾性の高い生地を使用しているため、汗でぴったり肌にひっつくということも無く、快適に過ごすことが出来ます。

谷間を覆うデザインですが、自然な見た目なので私服の場合に着用しても違和感がありません。

夏場、ショッピングに出かける際は重宝しそうですね!

実際に汗とりインナーを使用した方の口コミを集めてみました。

参考になる口コミがあると思いますので、是非チェックしてみて下さいね!

良い口コミ・感想

汗をしっかり吸収してるようで、上の服に汗が染みてきません! 重宝してます。

@cosme(アットコスメ)

着てみて納得 吸水性、吸湿性、速乾性にすぐれているって思いました。

@cosme(アットコスメ)

動きやすく、着心地が良い、という肌着のマスト要素をしっかりカバーしているようです。

また、谷間だけでなくワキもしっかり保護してくれるという声は注目度が高いですね。

汗の嫌な臭いがインナーに移る心配も無いようで、安心して着ることが出来そうです!

インナーと合わせてブラも変えてみるのがオススメ!

だって、いちばん胸に触れるのはブラだから…。

根元から原因を取り除こう!

\マシュマロがオススメするバストアップブラはこれ!/

一方悪い口コミ・意見も・・・

あまりにも大量に汗をかく方には効果が充分ではないそう。

その場合はスウィントルを併用してみては如何でしょうか?

また、生地の厚さが気になる方も居るみたいですね。

洗濯に強く、より高い効果を実現するために汗とりインナーは厚い記事を採用していることが多いです。

どうしても気になる方は、市販されているものをチェックしてみては如何でしょうか?

ひんやりするようだけどべたつき感があるので 汗を吸い取る機能はいまいちです

@cosme(アットコスメ)

汗かいてもあまり吸わないような…意外とベタ付き感がきになります。

@cosme(アットコスメ)

谷間の汗は暑い時期に気になりますよね。

しかし、ちゃんと対策すれば、実は簡単に防ぐことが出来ると分かりました。

今回ご紹介した方法で、是非サラサラ肌をキープしてください!

\今回このページで紹介したバストアップブラはこちら/


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。