目次

  1. 1 垂れた胸をどうにかして上向きに上げたい!
  2. 2 胸が垂れる原因とは
  3. 3 若い人も胸が垂れるって本当!?
  4. 4 サイズが小さくても胸が垂れる恐れが…
  5. 5 垂れた胸を上向きに上げるために効果的な方法
  6. 6 垂れた胸を上げるにはナイトブラがおすすめ!
  7. 7 上向き胸にするにはナイトブラViageがおすすめ
  8. 8 実際にViageを使用した人たちの口コミ
  9. 9 ナイトブラViageを動画でチェック
  10. 10 併用で効果倍増!美乳エクササイズを動画でチェック
  11. 11 早めに対策をして垂れた胸にハリを取り戻そう!

「昔はこうじゃなかったのに・・・。」

「いつの間にかこんなに胸が垂れてしまった・・・。」

実は、そんな悩みを抱える女性は、決して少なくないんです。

女性の胸はあらゆる要因で変化していきます。

ケアを怠っていると日々生活しているだけでも、どんどん垂れていってしまうんですね。

でも、垂れてしまった胸・・・もうどうにもならないと諦めてはいませんか。

諦めるのはまだ早いんです

一度垂れてしまった胸でも、また上げる方法があるんですよ。

今回は、胸が垂れてしまう原因をしっかりと学びながら、胸を上向きにする改善方法までをまとめてみました。

垂れた胸に諦めてしまっていたあなた、胸の位置を上げるチャンス

必見ですよ。

では、まずは胸が垂れてしまう原因を学んでいきましょう。

あなたに当てはまるものがないか、チェックしていってくださいね。

ホルモンバランスの変化

胸にハリを与え、乳腺の発達を促すのはエストロゲンという女性ホルモンです。

このエストロゲンは、加齢や自律神経の乱れなどの影響を受けるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果、エストロゲンの分泌が少なくなってしまい、胸が垂れてしまうんです。

クーパー靭帯の伸び

クーパー靭帯とは乳房の中に張り巡らされている組織のことです。

このクーパー靭帯は大胸筋や乳腺、筋肉などを支えていて、それによって胸を上げることができ、形が守られているんです。

激しい運動や、授乳などの強い刺激により、クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうと、胸を支えられなくなるので胸が垂れてしまいます。

バストサイズの変化

妊娠や授乳を経験すると、その期間中は胸が張るのでサイズが急激に大きくなります。

そしてその期間が終わると、クーパー靭帯や皮膚が伸びてしまうので、胸がしぼんで垂れてしまう原因となってしまいます。

また、体重が急激に増減することによるバストサイズの変化も、胸が垂れてしまう原因になります。

合わないブラの締め付け

サイズの合っていないブラを着けて過ごしていると、締め付けられることによって、かえって胸をつぶしてしまうこともあります。

それにより、胸や皮膚を傷つけてしまうので、胸が垂れることにつながってしまいます。

また、正しい位置にブラを装着できていなかったり、胸を支えるサポート力の低い下着をつけているのも良くありません。

胸のお肉が脇や下にどんどん逃げていってしまうため、胸が垂れていってしまうんですよ。

姿勢の悪さ

猫背など姿勢が悪い状態も、胸が垂れてしまう原因の1つなんです。

背中が丸まっていると肩こりなどの不調以外に、胸のまわりの血流が悪くなってしまいます。

その結果、胸に必要な栄養が行きわたりにくくなってしまい、ハリを失ってしまうため垂れてしまうんです。

前項では、胸が垂れる大きな原因を5つ挙げてきました。

しかし若いからといって、胸が垂れることに縁がないと思ってはいませんか。

確かに胸が垂れてしまう原因として、加齢や妊娠、授乳などの要因は大きいです。

でも、油断してしまうと10代、20代の女性も胸が垂れてしまいますので注意が必要なんです。

例えば、ホールド力の少ないブラを着用して、激しい運動を行ってしまった場合。

激しい運動を行うと、胸が大きく揺さぶられます。

その時に、しっかりとしたホールド力のあるブラで支えていないとクーパー靭帯を傷めてしまい、胸を上げることができなくなってしまいます。

また、強い力でマッサージなどの刺激を与えてしまうことも、胸を傷めてしまう原因に。

「若いから・・・」といって安心するのではなく、十分な対策を行って胸を上げるようにしましょうね。

胸のサイズが小さくても、胸が垂れる恐れがあるんですよ。

胸が大きい人はその分胸の重みがあるので、当然クーパー靭帯への負担も大きく、胸を上げる負荷も大きくなります。

しかしサイズの小さい人も、加齢によるホルモンバランスの崩れや、妊娠、授乳によってサイズが大きく変わったりすると、クーパー靭帯や皮膚を傷めてしまったり、ハリを失ってしまって胸を上げることが難しくなってしまうんです。

その結果、胸が下に垂れてしまったり横に広がって離れ胸になってしまうことも。

また、日々着け心地の楽な下着をつけて胸を十分に支えられていなかったり、日々受け続けている重力も胸が垂れる原因になってしまうんですよ。

胸のサイズは関係なく、日々胸をしっかり支えて上向きにしていきましょう。

ここまで、胸が垂れてしまう原因について詳しくみてきました。

意外と身近なところに原因があったのではないでしょうか。

しかしすでに胸が垂れてしまったとお悩みの方、大丈夫ですよ。

垂れてしまった胸を上向きに上げるための方法をお教えします。

まだ間に合いますから、安心してくださいね。

適切なブラの着用

まずは自分のブラを見直してみましょう。

胸のサイズは日々変化しているといわれています。

定期的にサイズを測って、自分にきちんと合ったサイズのブラを着用してくださいね。

また、胸を上げるためにはブラの着用の仕方も非常に重要です。

カップの中にしっかりと胸が収まるよう、位置に気をつけて着けることを心がけましょうね。

体を温める

血行が悪く、体が冷えてしまうと胸の血流も悪くなってしまいます。

胸に必要な栄養が行き渡りやすくするために、体を温めるようにしましょう。

半身浴を行ったり、体が冷えるような食べ物を控えるようにすると効果的ですよ。

エクササイズやストレッチで大胸筋を鍛える

大胸筋の衰えは、胸の垂れにつながってしまいます。

胸全体を支えている大胸筋を鍛えると、胸がしっかりと支えられるようになり、胸を上げることができるようになるので、上向きの胸になってきますよ。

エクササイズやストレッチなど、毎日負担なく続けられるものが効果的です。

姿勢を良くする

姿勢が悪いと、それだけで胸が小さく垂れたように見えますよね。

さらに胸が垂れてしまう原因にもなります。

美しい姿勢を保って、胸をピンと張って上げるようにしましょうね。

 女性ホルモンの分泌を促す食品を摂る

女性ホルモンは乳腺の発達を司っています。

乳腺が発達することで胸にハリがうまれ、垂れた胸を上げることができるようになりますよ。

大豆食品やナッツ、卵などには女性ホルモンに似た作用を促す成分が含まれているのでオススメです。

垂れた胸を上向きにするために、日々気をつけることを学んできました。

では、垂れた胸を上向きにするためには、日中に気をつけるだけで良いのでしょうか。

実は、それだけでは垂れた胸を上向きにすることはできません。

それでは何が必要か・・・それは寝いている間のケアなんです。

その理由は、起きている時と寝ている時とでは、胸にかかっている重力の方向が全く違うことにあります。

起きている時、胸への重力は上から下に向かってかかっています。

しかし寝ている間、仰向けの状態の時には真正面から重力がかかるため、胸は横に流れてしまいます。

また横向きの状態で寝ている時には、胸の横から重力がかかってしまうため、胸は片側へ流れてしまうんです。

それを防ぎ、胸を上向きに保つために必要なもの・・・それがナイトブラなんです。

ナイトブラは、寝ているときもかかり続けている負荷から胸を守り、胸を上げることでキレイな形が保たれるようホールドし続けてくれるんですよ。

ナイトブラで、気持ちよく休みながら、寝ているときにかかっている重力から胸を守りましょうね。

寝ているときも、重力にさらされ続けている胸。

上向き胸にするためには、ナイトブラの着用が不可欠だとお話しましたね。

しかし、一口にナイトブラといっても、たくさんの商品があって迷ってしまいますよね。

では、寝ているときの胸をしっかり支えて持ち上げるナイトブラを知りたくありませんか。

そこで、数ある商品の中でもオススメできるのが、Viageビューティアップナイトブラ

Viageビューティアップナイトブラには、4つの3D補正構造が施されているのが特徴です。

1つ目は、背中のお肉をスッキリと補正する構造です。

胸の形をしっかりとキープしたまま、背中にある無駄なお肉を胸の位置に誘導してくれるんです。

2つ目は、脇肉を補正する構造です。

脇の部分を高さのある構造にして、横に流れようとする胸をしっかりと食い止めて補正してくれますよ。

3つ目は、バストラインをお椀型に補正する構造です。

この補正はアンダーバスト部分に施されていて、横や下に流れてしまったお肉を、中央に集めてキャッチしてくれるんです。お肉を中央に集めることによって、丸みを帯びた美しいお椀型のバストラインに導いてくれるんです。

4つ目は、谷間を形成する構造です。

下部分に厚みのあるパッドを施し、下からしっかりと胸を持ち上げることで、谷間を作り出します

そうすることによって、胸を上向きにし、美しい形をキープしてくれますよ。

これだけ贅沢な構造で胸を守ってくれる、Viageビューティアップナイトブラ。

ノンワイヤーで伸縮性にも非常にこだわっています。

寝ている間でも、楽な着け心地を実現できますよ。

それでは、実際にViageのナイトブラを使用したことのある方の口コミをご紹介します。

使用感が分かると、安心できると思います。

ナイトブラ選びの参考にしてみてくださいね。

良い口コミ・感想

着け心地が楽なのにホールド感があって胸が脇に流れていかないのでビックリしました。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-i0bq0-9kz6gz_1_127765231/?l2-id=review_PC_il_body_05

締め付けもなく、脇に流れたお肉も寄せることができ、ホールド感が抜群です!

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-hzxrv-g3405k_1_125795212/?l2-id=review_PC_il_body_05

今までノーブラかノンワイヤーブラをして 寝ていたのですが、いつも垂れていた胸… ですがこれは仰向けで寝てもくっきり谷間が!(笑)

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-hzxbi-bt3d8d_1_119434812/?l2-id=review_PC_il_body_05

脇に流れてしまったお肉をしっかりホールドできている、という口コミが目立ちますね。

仰向けの状態でも谷間をキープできて、持ち上げているようです。

それでいて締め付けのない楽な着け心地ですから、ナイトブラとして使用しやすく嬉しいですね。

一方悪い口コミ・意見も・・・

ぜいたくいうなら…他のお色もあったらうれしいです。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-i0b8x-90gh6v_1_127663243/?l2-id=review_PC_il_body_05

元々c65なんですが肩の部分が長すぎるしアンダーもゆるゆるで 丈の短いキャミソール着てるみたいになって残念でした。 細身の方はサイズをしっかり確認した方がいいと思います。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-hzxb9-94y071_1_119190473/?l2-id=review_PC_il_body_05

わたしの胸は小さすぎて寄せる肉もないので谷間はできませんでした(泣)

http://review.rakuten.co.jp/item/1/295419_10000071/dh4b-hzxjj-y00t6_1_123101237/?l2-id=review_PC_il_body_05

ものすごく細身の方には、少しサイズが大きすぎるという意見もあるようです。

購入される前には、サイズを確認してからの方が安心ですね。

それからカラーについては残念ながらブラックのみなようですが、シンプルで合わせやすくもありますね。

実際にViageビューティアップナイトブラを購入された方が、商品を開封するまでの流れを動画にしています。

ご自身が購入されたときの疑似体験ができますよ。

実際の商品を体感される前の参考にしてみてくださいね。

美乳メイクのスペシャリストMACO先生による、おっぱいが垂れないようにするためのエクササイズです。

なんといってもとても簡単で、すぐに実践して続けられそうなエクササイズであることが特徴。

ナイトブラと一緒に併用して、ますます理想の胸に近づけていきましょうね。

胸が大きく見える!?

いかがでしたか。

胸が垂れてしまう原因を知ることで、これから必要な対策を見出すことができたと思います。

すでに胸が垂れてしまった・・・と悲観的になる必要はまったくありません

日々の生活と下着を見直すことで、胸を上向きにすることは十分可能です。

今一度確認をしてみて、ぜひ実践してみてくださいね。

胸をしっかりと上げることで、上向きの重力に負けない美乳になれる日もそう遠くないですよ。

自信の持てる胸を手に入れましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。