目次

  1. 1 体に直接塗るものだから副作用があるか心配…
  2. 2 実際バストアップクリームを使って副作用があった?
  3. 3 バストアップクリームの副作用ってどんなことが起きるんだろう

バストアップにもっとも効果的といえるのが、バストアップの為のマッサージすることです。

ただマッサージするだけでなく、バストアップクリームを使うことでより効果が高まります。

しかし、直接塗るものって副作用が心配ですよね。

どのような副作用があるのか、なぜ副作用が起こるのか、しっかりと確認しましょう。

正しく理解し、自分に合ったバストアップクリームを選んでくださいね。

実際に副作用があった方の経験談を聞いてみたいですよね。

それでは、早速実際にバストアップクリームを使ったことがある方に副作用があったのか調査してみました。

お肌の赤みや湿疹、痒みが出てしまった方がいらっしゃいます。

また、我慢をしていたら痛みが出てしまった方もいるようです。

せっかくバストアップしたいのに、このような副作用が出てしまっては使用を中止しなければいけませんので、とても悲しいですよね。

しかし、体の中に直接摂りこむものに比べると割と副作用の心配は少ないということもできるでしょう。

副作用、副作用というけれど、実際にどのような症状が起こるのかご存知でしょうか。

ここでは、副作用としてどのような症状が起こるのかをまとめてみました。

副作用には個人差がありますので、出やすい方は注意してみてみましょう。

 肌荒れ

バストアップクリームに含まれている成分によって、副作用として肌荒れを起こしてしまうことがあります。

元々、アレルギー体質であったり、過剰に反応してしまう方も意外に多いかもしれませんね。

また、過剰に塗りすぎてしまってもいけません。

個人差がありますが、お肌が弱い方・敏感な方は、肌荒れを起こしやすいのです。

初めての製品を使う際は、念のためにパッチテストを行うと良いでしょう。

二の腕にクリームを塗ってみて、様子をみます。

しばらく時間を置き、もう一度二の腕に塗り、肌荒れが起こるかどうかをみていくのも良いですよ。

 下痢

バストアップクリームに含まれる成分には、摂取しすぎてしまうことで下痢を引き起こしてしまう場合があります。

また、もともとお腹が弱かったり、体調が悪いなど、体質に合わずにこのような副作用が出てしまう場合があるようです。

特に悪いものを食べたりなどしていないのに、お腹がゆるくなってしまったり、胃に不快感があるようなことがあれば、使用を中止しましょうね。

あなたの体調も影響してきますので、体調があまり良くない時には、あまり使用しない方がいいかもしれません。

 めまい

バストアップクリームに含まれている成分の中で、ある成分の純度が低いものをとりいれてしまっている場合に、めまいが起こることがあります。

純度が低いものには、不純物が多く含まれている場合があります。

そのため、毒性のものをとりいれてしまうことがあるのです。

すると副作用として、めまいという症状が起こります。

この場合には、バストアップクリームに含まれる成分の純度を確認すると良いでしょう。

 生理不順

バストアップクリームに含まれる成分によっては、女性ホルモンを補ってくれる効果があるものがあります。

その成分により、ホルモンのバランスが崩れてしまい、生理不順が起こるという副作用が出る場合があるのです。

これも個人差がありますが、過剰に塗りすぎてしまうとその成分を取り込みすぎてしまい、起こる可能性があると考えられます。

 むくみ

バストアップクリームに含まれる成分にはホルモンに対し、働きをかける作用があります。

そのため、効果を早く実感しやすいのですが、むくみという副作用が出てくる場合があります。

必要以上に塗りすぎてしまったり、質があまり良くないものを塗ってしまうと副作用が出やすくなります。

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。