胸の脂肪を落とす方法が知りたい!ヒントは女性ホルモンにあり?

胸を小さくするには脂肪燃焼がカギ!

脂肪燃焼

大きい胸を小さくしたくて悩んでいる…。

こんなことを言ったら、まわりの女性からは「贅沢すぎる」「羨ましい悩み」と、偏見の目で見られたりしてしまい、理解されにくいかもしれません。

世の中バストアップしたい女性に向けたコンテンツが多いですからね。

ですが、本気で大きい胸に悩んでいる女性もいるんです

胸の脂肪を落とすためには、脂肪燃焼させることが必要不可欠。

胸のふくらみの約90%が脂肪です。

脂肪の多い部分は血行が悪くなりやすいので、脂肪が冷えて固まってしまいがち。

これは胸の大きい女性にも当てはまります。

胸を温めて血行促進し、脂肪を落とすためには効率的に燃焼させていくことが重要なんです。

 

女性ホルモンと胸の脂肪の密接な関係とは?

脂肪燃焼

女性の胸のふくらみは、脂肪と乳腺で構成されています。

女性ホルモンが分泌されると、乳腺が発達し大きくなり、その乳腺を守るためにまわりに脂肪がついてくるのです。

脂肪と乳腺の割合は、一般的に9:1と言われていますので、ふくらみのほとんどは脂肪。

女性ホルモンが特に活発に分泌されるのは、思春期頃の第二次性徴期と、妊娠中です。

中学生・高校生の女の子の胸が大きくなるのは、女性ホルモンが一気に増加するからなんです。

この頃は胸だけでなく、身体全体が丸みを帯びて女らしくなっていく時期でもあります。

妊娠中も同様に、授乳に備えて女性ホルモンが増加するので、胸が大きくなります。

女性ホルモンによって胸が大きくなるのは、男性を惹きつけるためと、赤ちゃんに母乳をあげる準備をするためなんですね。

 

胸の脂肪を落とすためのコツを抑えよう!

胸の脂肪を効率的に落とすためには、いくつかのコツがあるのをご存じですか?

これらのコツを押さえておけば、胸の脂肪を落とす方法を始めて短期間で効果が表れてくるはずです。

 

(1)胸を温める

脂肪燃焼

大きな胸は、意外と冷たかったりしますが、あなたのバストはどうですか?

脂肪の落ちにくいお尻や太ももの脂肪と同じように、冷えている可能性があります

胸の脂肪を落とす方法の1つは、胸を温めること

脂肪って、温めると柔らかくなったり溶けだしたりしますよね。

胸の脂肪も同じです。

温めることで脂肪が柔らかくなり、燃焼しやすくなるんです。

常に胸を温かい状態にしておくためには、基礎代謝を上げて体温を高く保っておくことが1番。

運動することで代謝が上がるので、定期的な運動がおすすめです。

手軽に温めるには、入浴やマッサージも効果的です。

 

(2) 大豆食品を控える

脂肪燃焼

胸の脂肪を落とす方法の2つ目は、大豆食品を控えることです。

大豆は、高タンパク低カロリーのヘルシー食材ですので、ダイエットにはうってつけ。

ですが、大豆食品には女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれていますので、摂取することで落とすどころかバストアップする可能性があるんです。

バストアップしたい人には欠かせない食品ですが、胸の脂肪を落とす方法を実践するなら意識的に大豆製品は避けた方がいいでしょう。

 

(3)アブラナ科の野菜を摂取する

脂肪燃焼

胸の脂肪を落とす方法の3つ目は、アブラナ科の野菜を摂取すること。

アブラナ科の野菜と聞いても、何のことだか分からないという方が多いのではないでしょうか。

アブラナ科の野菜には、ブロッコリー、キャベツ、大根、白菜、カイワレ大根、カブ、小松菜、チンゲン菜、水菜などがあります。

野菜の名前を聞いてみると、なじみのあるものばかりだと思います。

これらの野菜には「インドール3カルビノール」という成分が含まれており、これが女性ホルモンの分泌を抑制すると言われているのです。

バストアップに効果があるとされるキャベツもアブラナ科ですが、バストアップ成分の「ボロン」は加熱するとなくなってしまうので、熱処理すれば女性ホルモンを抑制する食品に変身しますよ。

 

実践!胸の脂肪を落とす方法をご紹介

胸の脂肪を落とす方法と言っても、実際にどんな方法で落としたらいいの?

どんなことをすれば胸の脂肪が落ちるのか、すぐに取り組める方法をこれからご紹介していきますよ。

マッサージ

運動

筋トレ

この3つの項目について、以下に詳しく説明していきます。

 

胸の脂肪を落とす方法【マッサージ編】

 

 

胸の脂肪を落とすためのマッサージ方法を、紹介している動画です。

胸を左右に分散させるようなマッサージを取り入れています。

胸の脂肪を脇や背中に流して落とすというわけですね。

入浴中など、胸が温まっている状態でこちらの方法を行い、さらにリンパマッサージを取り入れると効率的に脂肪が流されて効果的です。

 

胸の脂肪を落とす方法【運動編】

脂肪を落とす方法と言えば、胸に限らずやはり運動ですよね。

最近は、健康ブームで男女問わずフィットネスやジムに通う方も増えています。

ここでは、特に胸の脂肪を落とすための運動についてご紹介します。

 

(1)ジョギング

脂肪燃焼

ジョギングは、皆さんご存知のとおり走る運動です。

細かく言うと、ウォーキングとランニングの中間にあたるのがジョギング。

走ると言っても、会話ができる程度の比較的軽い負荷で走ります。

ウォーキングより負荷が大きい分代謝が上がりやすく、脂肪燃焼までの時間も短いのです。

ランニングほどの負荷になると、女性にとっては辛くて続かないという場合も。

ジョギングなら、適度な負荷で続けやすいですので、胸の脂肪を無理なく落とすことができます

全身運動ですので、胸の脂肪だけでなく、気になる全身の脂肪も落とすことができるチャンス。

ただ、走ると胸が揺れますので、クーパー靭帯を傷めないよう必ずスポーツブラなどで胸を適度に固定して行いましょう。

 

(2)縄跳び

脂肪燃焼

胸の脂肪を落とす方法として、胸を上下運動させる方法も効果的。

一時期、縄跳びすると胸痩せする、と話題になったことも。

縄跳びのようなジャンプ運動は、胸の脂肪を大きく燃焼させる方法のひとつです。

縄跳びをすると、身体全体が上下し、脂肪燃焼しやすい状態になります。

特に女性の胸は身体から大きく飛び出している分、縄跳びをすると大きく上下します。

ただ、あまり激しく胸を上下させると、クーパー靭帯を痛めてしまうことになりかねません。

ですから、縄跳びする時もスポーツブラ等で胸をホールドして行うことが必要です。

最初は1日数分程度でもいいので、無理のない範囲で始めてできるだけ長期間行うと効果的です。

 

胸の脂肪を落とす方法【筋トレ編】

有酸素運動と並行して腕立て伏せを行うことも良い方法です。

大胸筋を鍛えることで、形のよい胸をキープしながら胸の脂肪を落とすことができます。

こちらの動画では、女性にありがちな腕立て伏せの間違いをポイントで教えてくれながら、正しいフォームを指導してくれています。

腕立て伏せというと、苦しい・辛い筋トレというイメージがついてしまっている女性も多いかと思いますが、無理のない回数から少しずつ進めていくのが長く続けられる秘訣です。

こちらのフォームで行うのが本当に厳しい場合は、膝をつけた状態で腕立てを行い、慣れてきたところでこちらのフォームに移行していくのも良いでしょう。

 

胸の脂肪を落とす方法を効率化させるには?

脂肪燃焼

マッサージ、運動、筋トレと、胸の脂肪を落とす方法をご紹介してきましたが、やっぱり早く効果を実感したいですよね。

これらの方法と並行して、アミノ酸とクエン酸を摂取すると、脂肪燃焼が効率的に行われます。

アミノ酸は、ただ摂取するだけでは脂肪燃焼効果はないのですが、運動時に摂取することで脂肪燃焼効果がアップします。

アミノ酸に含まれるリパーゼという酵素が、体脂肪の分解を促してくれるので、通常よりも脂肪が落ちやすくなるのです。また、クエン酸を摂取する方法も効果的。

クエン酸は、エネルギー代謝経路であるクエン酸回路を活性化させる効果があります。

また、乳酸の生成を抑制し、疲労回復効果も期待できるんです。

アミノ酸は、肉や赤身の魚の多く含まれ、クエン酸は、柑橘系の果実や梅など、すっぱいものに多く含まれています。

食品だけでなく、サプリメントで補うこともできますよ。

 

大きな胸が悩みのあなた!胸の脂肪を落としてスッキリしよう♡

脂肪燃焼

いかがでしたか?

胸の脂肪を落とす方法は、複合的に行うことで効果を発揮するんですね。

胸が大きくてお悩みの女性は、こちらの方法でぜひバランスの良い美乳を手に入れてくださいね♡