目次

  1. 1 綺麗な胸は作れる!?目指せ美バスト!!
  2. 2 綺麗な胸ってどんな胸?理想の美バストの3つの条件
  3. 3 綺麗な胸の作り方をご紹介♡
  4. 4 綺麗な胸はマッサージで手に入れよう…♡

女性なら誰しも一度は考える胸の悩み…。豊かで柔らかそうなバストは同性からみても魅力的です。

でも今の時代、大きさより美しさって聞きますよね…?綺麗な胸ってどんな胸で、どうやったらなれるのでしょう?

ここでは美乳の条件3ヶ条と、綺麗な胸の作り方について簡単に紹介していきます。

皆さんは綺麗な胸と聞いてどんなバストを想像しますか?

大きさ、形、色、位置、張り具合、質感などなど、人によって好みは別れると思いますが、世間一般で言われる美乳には共通の条件があるのです。

<1>自然な美しい丸み

自然な丸みとは「作っていないバスト」の事。

ブラジャーはある程度形を整えて見せてくれますが、寄せて上げた胸は作ってる感じが出てしまい少々嘘っぽく見えます。「寄せている胸は谷間がY字、寄せてない胸はI字になる」という情報がネット上を横行しているところを見ると、昨今の男性はより自然なバストを求めているようです。

美しい丸みとは「半球型」であること。

半球型とは別名おわん型と呼ばれる胸のことで、おわんの様にまん丸なバストを指します。均等にふっくらと盛り上がっているのが特徴です。

<2>透明感ある肌

要は美肌です。

これに関してはバストに限らず全身そうでありたいですよね。世の女性が憧れる美肌は、男性にも特に重要視されています。

服を着ていても肌が露出する顔や首筋、鎖骨や脚が綺麗な人はそれだけで魅力的に感じませんか?逆に肌が荒れている人は清潔感がなくて不健康に見えます。それだけ肌が人に与える印象は強力ということです。

美肌というと色白を連想しますが大切なのはあくまでも質感。触りたくなるようなもっちりツルツル美肌が理想です。

<3>体とのバランスがとれている大きさ

形が良ければ大きい方がいいのでは?と思う方も多いでしょうが、何事にもバランスは重要です。つまりバストにも黄金比なるものが存在します。

理想の大きさ=身長×0.53

日本人女性の平均身長154cmに0.53をかけると81.62cm、これがトップバストの理想の大きさです。

続いて理想の位置についてです。

鎖骨と鎖骨の間と左右のバストトップを頂点とし、それを線で結んで正三角形になる状態、それがバストの黄金比率と言われています。

綺麗な胸は形・肌質・バランスから成ることが分かりましたね。

それと同時に自分の目指す理想像も固まってきたのではないでしょうか?

ここからはその理想像に近づくための方法を紹介していきます。

<1>ブラジャーを改める

「ノーブラだと胸が背中の肉になる」「胸回りの肉を寄せてサイズアップ」といわれているように、ブラジャーはバストを成型します。今一度サイズを計り、使用中のブラが自分に合っているかどうか確かめてみて下さい。

ピッタリサイズを着用することこそが綺麗なバストへの第一歩です。

<2>保湿

胸部は身体でも特に肌が薄く敏感な部分です。入浴後起床時に美容液や保湿クリーム、乳液などでケアしてあげましょう。バスト専用のものもありますが、顔用に使っているものでも十分効果はあります。

金銭面に余裕がある方はバスト専用のパックをするのも良いでしょう。

<3>バストマッサージ

胸の丸みにそってバストの外側から内側へ優しくマッサージすると、形を整えながら張り・艶も得ることができます。コツはバストを持ち上げるようにすること。

入浴中、入浴後スキンケアをする時などに意識して行ってください。

ここまで綺麗な胸作りについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

全て簡単な方法ですが大事な基本なので、軽くみておろそかにしないようお願いします。

マッサージは少しずつでいいので日々の習慣に取り入れてみて下さい。続けることできっと何かしらの効果が得られるはずですよ!

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。