2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 垂れたバストは戻らないっていうけど本当?
  2. 2 そもそもなぜ胸は垂れるの?
  3. 3 【結論】垂れた胸は戻らないという噂はウソ!
  4. 4 今からでも間に合う!垂れた胸を戻す方法まとめ
  5. 5 垂れた胸が戻るか、戻らないかはあなたの努力次第…!

今、この記事を今お読みのあなたは普段からバストケアをされていますか。

久しぶりによく自分のバストを観察してみたらなんだか胸が垂れさがっているのを発見。

慌てて対策を調べている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性だったらやはりいつまでもハリのある、若々しいバストでいたいものですよね。

しかし、世間一般では一度垂れた胸はもう戻らない、とよく言われます。

もしこれが本当ならかなりショッキングな話ですが、どうなのでしょうか。

https://twitter.com/yuin/status/506843355007823872

https://twitter.com/nohoh/status/604854729013731328

そもそも胸はなぜ垂れてしまうのでしょうか。

垂れた胸は戻らない、という噂の真偽を検証するためにも、

まずはそのメカニズムを解説しましょう。

加齢による胸の垂れ

女性は年齢を重ねると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少します。

エストロゲンはバストにハリを与えてくれるホルモンですので、

分泌量が減ると元気のない、垂れた胸になってしまうというわけです。

また、加齢とともに筋力が衰えてしまうことも胸の下垂の原因になります。

 激しい運動による胸の垂れ

バストはクーパー靭帯という組織によって支えられています。

激しい運動等によって負荷がかかると、クーパー靭帯は伸びたり、切れたりしてしまいます。

これが垂れた胸の原因になります。

特に胸の大きな方、適切なブラをしていない方は、

クーパー靭帯への負荷が大きくなって胸が垂れやすくなってしまいます。

 妊娠による胸の垂れ

出産後、授乳期までは赤ちゃんに母乳をあげるために乳腺が発達します。

しかし、その後はそれまで張っていた乳腺が元に戻るので、

バストからハリが失われ、胸が垂れてしまうというわけです。

授乳のために面倒臭がって適切なブラを着けずにいたりするとより垂れやすくなってしまいます。

さて、胸が垂れる仕組みは理解できたでしょうか。

概ね、「ホルモンバランスが崩れる」「クーパー靭帯が伸びる」の二つが根本的な原因であるようですね。

では、垂れた胸はもう元には戻らない、という噂は本当なのでしょうか。

結論から言うと、これは正しくありません。

では何故一般に「垂れた胸は戻らない」と言われるのか、

何故それが正しくないのか、詳しく見ていきましょう。

 クーパー靭帯は切れたら戻らない

先ほどご紹介した胸を支える組織であるクーパー靭帯。

ネットなどでも有名な話なのでご存知かもしれませんが、

クーパー靭帯は切れたり、伸びたりしたら元に戻ることはありません。

残念ながらこれは事実です。

しかしながら、「だから、垂れた胸は元に戻らない」というのは必ずしも正しくはありません。

胸が垂れる原因が複数あるように、

垂れた胸にハリを取り戻す方法も一つではないからです。

後述する筋肉トレーニング、マッサージ、サプリメント等を併用すれば、

垂れた胸を克服することも十分に可能だと言われています。

 ホルモンバランスは改善できる

女性の体はとてもデリケートです。

なので、ちょっとしたことでホルモンバランスが崩れるのはとてもありがちなことです。

特に、加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少していくのは、

ある種、自然な事と言えるかもしれません。

しかしながら、ホルモンバランスの乱れは生活習慣や食生活を見直すことで改善することができます。

体内での分泌量が減ってもそれを補う方法はある、ということですね。

 肌にハリを取り戻す

肌のハリも加齢やホルモンバランスの乱れ等が原因で失われることがあります。

勿論、バストの肌も例外ではなく、これが下垂の原因にもなります。

ですが、既に説明したように、ホルモンバランスの乱れは改善可能です。

また、バスト用クリーム等で保湿、美容成分を補給したり、

マッサージによって血行やリンパ流れを改善することで、

垂れた胸にハリを取り戻すことができるのです。

垂れた胸を克服した実体験、いかがでしたでしょうか。

ここまでの説明で一度垂れた胸は戻らないなんてことはないと理解して頂けたと思います。

それでは次に具体的な方法を見ていきましょう。

バストアップブラや補正下着をつける

女性のバストは9割が脂肪でできており、脂肪には流動性があります。

そのため、バストから脇や背中などに脂肪が流れて行ってしまうことがあります。

補正下着やバストアップブラはこの脂肪の流動性を逆に利用して脂肪を移動させ、

理想的なプロポーションを作ることを目的としたブラです。

下着によって垂れた胸を支え、脂肪を「正しい位置」に導くことで下垂を改善する、というわけですね。

 ホルモンバランスを改善する

先述の通り、女性ホルモンのエストロゲンの存在はバストのハリに大きく影響します。

加齢や妊娠、出産等による乱れは仕方ないものですが、

それ以外の生活習慣によるものは努力によって改善できます。

睡眠不足や偏食は絶対に避けるべきでしょう。

また、普段食べている食物のなかにはエストロゲンの分泌を促したり、

エストロゲンと同じ働きをする成分が含まれていたりするものがあります。

キャベツや大豆は有名ですね。

その他にも、サプリメントによってホルモンバランスを整えるのも有効と考えられます。

 大胸筋を鍛えるトレーニングをする

大胸筋というのはちょうどバストの付け根にある筋肉のことです。

この大胸筋を鍛えることでバストを持ちあげることが可能です。

大胸筋を鍛える方法としてメジャーなのは腕立て伏せやダンベルトレーニングですね。

但し、スポーツブラ等をしないとクーパー靭帯へ負荷がかかって

垂れた胸を改善するどころか悪化させてしまうので注意しましょう。

 マッサージを行う

バストに栄養を届け、老廃物を運び出しているのは血液です。

従って、マッサージによって血行を改善することで、

バストの新陳代謝を活発化させることができます。

これによってバストにハリを与えることができるのですね。

但し、これも適切な方法で行わないとクーパー靭帯を痛めて下垂を招くことになります。

くれぐれも力を入れすぎたり、変な方向にバストを引っ張ったりはしないようにしましょう。

 バストアップクリームを使う

バストアップクリームはその名の通り、バストに塗布するためのクリームです。

保湿成分や美容成分等が含まれ、塗り込むことによって皮膚を通してバストに行き渡ります。

上記のマッサージと併用することで更に良い効果が得られるでしょう。

サプリとは異なり、バストに直接成分を届けられるのが特徴です。

 自分にあった下着を使う

バストのサイズというのは本人も気づかない内に変化していることがあります。

サイズの合わないブラを着けているとバストが正しくホールドされません。

これでは、いくらケアしても垂れた胸は元に戻らないでしょう。

最近胸が垂れてきたような気がする、という方は一度ブラのサイズがあっているかどうか確認しましょう。

 姿勢をよくする

意外に思われるかもしれませんが姿勢の悪さもバストの下垂の原因になり得ます。

猫背で俯きがちだとバストが引っ張られるように重力がかかるからです。

普段から背筋を伸ばし、顎を引いて正しい姿勢を維持しましょう。

いかがでしたでしょうか。

今回、垂れた胸を改善する方法として様々な提案をさせて頂きました。

ひょっとしたら、「多すぎて、どれをやったらいいかわからない」と、

かえって不安にさせてしまったかもしれません。

しかし、一番大事なのは「諦めないこと」です。

まずは、1つでも2つでも、出来そうなことから始めてみてください。

垂れた胸が戻るか戻らないかはあなたの努力にかかっています。

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。