目次

  1. 1 授乳で垂れた胸はママの勲章と諦めているアナタに朗報!
  2. 2 授乳で胸が垂れてしまう原因とは?
  3. 3 授乳中から出来る胸が垂れないための対策!
  4. 4 【注意】授乳ブラなら大丈夫というのは間違い!?
  5. 5 授乳中のブラ選びのポイント
  6. 6 授乳しても胸が垂れない!おすすめブラジャー3選
  7. 7 胸が垂れないためには授乳の姿勢も大切
  8. 8 授乳で胸が垂れないためには筋トレも合わせると効果的!
  9. 9 正しいブラ選びで授乳後もキレイな胸をキープしよう!

胸、垂れてない??

授乳期が終わって、ふと自分の胸を鏡でみたら、なんだか胸が垂れたみたい!ショック!

そう思ったママはきっと多いとはず。

授乳期は母乳の分泌も活発で、バストも普段よりサイズアップ。

「グラビア並かも♡」って内心ウットリしてたのに、今のしぼんだ胸って言ったら何・・・?

ベビーとの授乳生活はとってもハッピー!だったし、バストが下がったのは、授乳頑張った証拠でもあるし・・・

いやいや、諦めるのはまだ早い。

産後の育乳、大事なのはこれからなんです!

そのキーワードが授乳ブラ。

授乳しても胸が垂れないおすすめの授乳ブラを紹介しますよ。

裏地は綿100%だから、肌にも優しい♡

授乳中から使える育乳ナイトブラが…

産後、垂れてしまった胸も諦めないで!

そんな育乳ブラはこれ…..!

\あなたの胸も理想に近づく…♡/

授乳中どんどん胸が垂れていくとお悩みのママさんも多い

授乳で垂れちゃった胸。

これって、この先ずっと垂れたままなの??

子供が大きくなったら、水着も着たいし、温泉にも行きたいのに。

そんなの悲しすぎますよね…。

胸が垂れない方法なんてあるのでしょうか!

そんなあなた!

諦めなくても大丈夫。育乳ブラ<導~MICHIBIKI~>ならまだ間に合うかも!

そもそも、なんで授乳期が終わったら胸が垂れちゃうの?

胸が垂れてしまう原因って??

1つずつ見ていきましょう。

胸が張ったりしぼんだりを繰り返し皮膚が伸びてしまう

授乳はママの至福の時♡でも胸の垂れる原因でもあり・・・

妊娠〜出産にかけて、ほとんどの人が胸のサイズが2カップほどアップします。

これは、女性ホルモンの分泌が増えて脂肪を蓄えるため。

さらに出産後、授乳が始まると、「母乳を蓄える・飲ませる」の繰り返しによってバストは頻繁に膨らんだりしぼんだりします。

この、授乳によって「大きくなったり小さくなったり」を繰り返すことで、胸の皮膚も、一緒に伸び縮みを繰り返します。

授乳期が終わると、母乳と女性ホルモンの分泌が一気に減ってしまうので、急に縮んだバストが「垂れてしまう」のはこのためなんですね。

胸が大きくなり乳房が重たくなる

バストの張りはクーパー靭帯で支えられています

女性ホルモンの働きで乳腺が発達するのと同時に、脂肪も蓄えられるため、バストが大きく、重くなるんですね。

そして、この胸を支えているのがクーパー靱帯というもの。

これが、ゴムのように伸び縮みしながら、胸が垂れないように支えています。

このクーパー靭帯、普段の生活でも、振動などが原因で伸びてるんですよね。

授乳期は、大きく重くなった胸を支えているので、クーパー靱帯が伸びたままに。

一度伸びてしまったクーパー靱帯は元に戻れないため、結果的に胸が垂れてしまう、というわけなんです。

赤ちゃんに下から乳首を引っ張られる

引っ張らないで〜!

生後数ヶ月を過ぎると、赤ちゃんが「遊び飲み」をすることがあります。

乳首をくわえたまま、首を振ってみたり、後ろにのけぞってみたり。

これは、おっぱいを飲むことに飽きたから。

抱っこした赤ちゃんの口の位置は、おっぱいと同じか、それより低い位置にありますよね。

くわえたまま引っ張られると、当然乳首は下向きに伸びてしまいます。

下向きに引っ張られた乳首は・・・当然、胸が垂れる原因になっちゃうんです。

赤ちゃんの体のために、授乳は続けたい!

でも、胸が垂れちゃうのはイヤ!!

できることなら、胸が垂れないようなんとかしたいですよね!

胸が垂れないようにするためには。

何かないかなって調べてみたら・・・

  1. 胸の筋肉を鍛えるための筋トレ
  2. バストアップ専用のサプリメントを飲む
  3. バスト専用の美容液やクリームでケアする

などがありました。でも・・・

赤ちゃんのお世話で手一杯なのに、筋トレしてる余裕なんてないし。

サプリメントは、成分によっては、赤ちゃんに飲ませる母乳に影響が出ないか心配だし・・・。

バストに美容液やクリームをつけるのも、授乳中に赤ちゃんの口に入っても大丈夫なのか心配ですよね。

そんな中、時間も手間もかけずにできるのが「授乳ブラで胸の位置をしっかりキープすること」

大きく重くなった胸は、専用のブラジャーでしっかりと支えてあげましょう。

授乳ブラ選びはとっても大切

女性にとってバストはとても大切なものだからブラ選びも大事なんです♡

育乳ブラ「導~MICHIBIKI~」をチェックしてみる↓↓↓

「授乳ブラ」と一口に言っても、本当にたくさんの種類がありますよね。

でも、授乳ブラとはあくまで「授乳専用のブラジャー」。

授乳の時の機能性だけを重視してるものばかりなんですよね。

例えば主な授乳ブラは・・・

  1. ストラップ部分がはずせて、授乳時にバストを出しやすくなってる
  2. カップ部分が柔らかくクロスしていて、ずりさげることで授乳できる
  3. ワイヤーが入ってないから、締めつけなく簡単に授乳できる

でも「胸の形をキープしたり、垂れないように予防したり」っていうことは 、授乳ブラではあんまり考えられてないんですよね・・・。

それでは、「胸の形をキープしてくれる授乳ブラ」とはどんなものなのでしょうか。

授乳ブラを選ぶ際のポイントを紹介していきますよ。

胸が垂れないようにしっかり支えてくれる

大きくなった胸、しっかり支えましょう

授乳ブラH妊娠〜出産によって、普段より2、3サイズ大きく、また重くなった胸をしっかり支えることが大切です。

これによって、胸の皮膚や、クーパー靱帯が伸びてしまうのを防ぎます。

妊娠前はハーフカップや3/4カップなど、カップの浅いブラをつけていた人も、 胸全体をしっかり支えることができる、フルカップの授乳ブラを選びましょう。

胸を締め付けすぎない

胸を締め付けず、優しくサポート

胸の形をキープしたいからといって、妊娠前のように、ただ寄せてあげて、がっちりキープ!

というブラでは、血行も悪くなって、逆効果。

母乳の分泌にも影響しかねませんよね。

何よりどんどんサイズアップしてくるバストの形の変化にも対応できません。

「ホールド感はしっかりとありつつも、胸を締めつけることなくソフトにサポートしてくれる」

そんな授乳ブラが理想ですよね。

 サイズの変化に対応できる

多めのホックで調節できるものも理想的

バストは妊娠してすぐに大きくなり始めて、出産後は母乳の分泌でさらにサイズアップします。

そのため、授乳ブラは、生地が伸縮性に優れているものが理想的ですね。

また、普通のブラジャーよりたくさんホックがついていて、 妊娠〜出産〜卒乳後までの大きなサイズの変化にも対応できる授乳ブラがいいですね。

ホールド力に優れてるけど、伸縮性も負けていないから

「導-リメイクアップナイトブラ-」は心地よい着け心地を実現しています!

苦しくないから、24時間使用もオススメ♪

\いますぐ効果を見てみる♡/

出産後〜授乳期にかけて 、大きくなった胸を

  • しっかり支える
  • 締めつけすぎない
  • サイズ変化にもしっかり順応

そんなワガママを叶えてくれる有能な授乳ブラはこちら!。

普通、ワキや背中に流れてしまうワキ肉・背肉。

「導」は独自の「逆流動システム」でしっかりと胸に集めて

集めたワキ肉を逃さずにキープしてくれるんです。

普通のブラだと背肉がデコボコはみ出て、みっともなくなりがち。

でも「導」は背中部分もノーホックだから背肉を逃さず、胸へと導いてくれます。

「手でグッとつかんで持ち上げてるようなシルエット」が実現できるハンズオン加工や

内臓&取り外し可能なWのパッド付きなのも魅力的。

授乳で胸が垂れた?

形が崩れてきた?

ハリがなくなったかも?と思っていてもバストケアに時間が取れない忙しいママにオススメです。

導に関する口コミ

授乳で小さくなった胸ですが…それでも谷間が出来て胸元が開いた服でも良い感じ☆

http://review.rakuten.co.jp/item/1/297904_10000151/2.0/

授乳期が終わって、子育ても慣れて落ち着いてきた頃に、ふと見たら胸が垂れてる!なんとかしたい! というママたちにも好評なんです。

大きな胸で悩んでいるママだけじゃなくて、授乳後に小さくなってしまった胸にもオススメ。

しっかりと谷間をメイクしてくれますよ。

ディアマン

ディアマン

モデルの武田静加さんプロデュースのブラ。

こちらのブラも、

  • ワキ肉移動機能
  • ホールドアップ機能
  • Wパッド形状固定
  • ノーホック背肉誘導

などなど、 導と同様の嬉しい機能が備わっています。

背中・ワキ・お腹の肉を集めて、バストのお肉にすることで、ふっくら理想のバストをメイクしてくれるんです。

胸に自信のなかったほっそりさんでも、 つけるだけで、即、盛り胸になれると評判も!

「手で寄せてあげて持ち上げてる時は、結構いい胸なんだけどなあ…」 とお悩みの方にも、

ホールドアップ機能で手でグッとつかんで持ち上げてるようなシルエット」が実現できるんです。

ディアマンに関する口コミ

今まで色々試しても谷間はできなかったAカップの私。太り気味で背中に贅肉がついたものの胸はそのまま…ところがこちらの商品は違いました。それなりに谷間らしきものが生まれているのです!

http://item.rakuten.co.jp/coco-lingerie/10006/

ノンワイヤーで締め付けないから、ナイトブラとして使っている人も多いとか。

ただバストアップするだけじゃなくて、シルエットもキレイに整えてくれるなんて嬉しいですよね。

一日中つけているだけでキレイなバストになれるから、 忙しいママ達にピッタリのブラ!

ジニエブラ

モデルの平子理沙さんのCMでおなじみのブラがこちら。

最初の2つのブラとの違いは、「キレイ」と「ラク」を同時に叶えてくれる快適ブラ、という点。

伸縮性のある柔らかい生地で作られているので、とてもソフトなつけ心地。

さらに、ショルダー・背中部分も幅広なため、食い込みがなく楽チン♪なんです。

もちろん楽なだけじゃないですよ。

日本人のバストに合わせて、独特の高低差や厚みをつけたパッドを採用。

美しいバストラインになれます。

ジニエブラは特にリラックスしたシーンにオススメですね。

妊娠初期から使えるので経済的だし、普段の通勤通学や、エクササイズにも。

そのつけ心地は、まるで「オーダーメイドのようだ」と評判です。

3枚セットで約5500円、1枚約1800円とリーズナブルなのも魅力なんですよね!

ジニエブラに関する口コミ

授乳中からずっと使っています。肩紐がずれるストレスもないし、着け心地が良いのにしっかりバストをホールドしてくれるので気に入っています!

http://www.cosme.net/product/product_id/10058087/reviews

窮屈ではなく自然なラインで綺麗です。豊胸ブラで無理やり盛ってる感じのラインとは違い、下から手で軽く持ち上げた感じへサポートしてくれます。

http://tokusuru.info/geniebra/kuchikomi.html

私、一日、胸のこと、何も気にしなかった! 肩ひもを治すとか、アンダーを引っ張るとかってことがないし、ちゃんとホールドされている安心感があって、授乳と年齢のせいで緩んだ私の胸にはいい感じ。

http://beauty.yahoo.co.jp/beauty/products/10058087/review

つけ心地の良さと、自然なバストメイクで人気が高いブラ。

胸が垂れない授乳ブラとして、授乳期から産後まで、ずっと使っているママさんも多いみたい。

しっかり支えてくれるのに、肩ひもの食い込みの心配がないブラって なかなかないですよね!

胸が垂れないようにするためには、授乳ブラだけでなく、姿勢も重要なんです!

育児中はどうしても、赤ちゃん中心で、自分のことはおろそかになりがちですよね。

授乳はもちろん、オムツ替えやお着替えなど、お世話中は前かがみの姿勢が多くなります。** **前かがみになると、どうしても猫背になりやすいんです。

胸が垂れないようにするためには、この猫背の姿勢がNGなんです。

赤ちゃんの月齢が低いほど、授乳中に前かがみになってしまいますよね。

授乳時は、赤ちゃんを抱っこする位置を授乳クッションなどで調節しましょう。

赤ちゃんの頭を少し高めにするだけでも かなり違ってきますよ。

また、猫背にならないよう意識することで、胸が垂れないようにするだけでなく、お腹ポッコリも予防できます。

授乳の合間には背中を伸ばすストレッチをしたり、 授乳の時に少し意識して。

普段から背筋を伸ばし、胸を張るように意識するだけでも、違ってくるはずですよ。

腕立て伏せに似てますが、手をつく位置は肩幅より外側。

膝をついた状態で、腕立て伏せをします。

膝をついている分、腕立て伏せよりはずっと楽チン。

でもバストアップにはしっかり効果アリ!です。

いくつになっても、そしてママになっても、キレイでいたいもの。

張りのある美しいバストは、女性としての自信にもつながります。

自分に合った授乳ブラを選ぶことで 妊娠中から産後にかけても、無理せずバストケア。

垂れない胸を目指しましょう!

育乳ブラ「導~MICHIBIKI~」で諦めなくても大丈夫。

導~MICHIBIKI~」は、逆流補正でバストアップすると先に述べました。

補正力に優れ、昼も夜も一日中バストの形をキープ。

安心して寝返りも打てちゃう♡

美乳を作るお手伝い、まだまだこれから目指せるんです♡

\毎日を明るく!あなたの理想のバストを叶えるキープする導/


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。