目次

  1. 1 豊胸手術によって触り心地が変わるって知ってた?
  2. 2 豊胸手術別の触り心地まとめ5選!
  3. 3 それぞれの豊胸術のメリット・デメリット
  4. 4 触り心地も大事だけど、それぞれの豊胸術の安全性は?
  5. 5 自然な触り心地と安全性を求めるなら…
  6. 6 聖心美容クリニックの豊胸術で自然な触り心地の美バストに!

数あるバストアップ法の中でも、専門家による豊胸手術はハードルが高いと感じていることもあると思います。

大きなバストアップ効果が期待できる反面、自分の体に手を入れるわけですから不安になりますよね。

今この記事をお読みのあなたも、豊胸手術選びのために様々な情報を集めている最中かもしれません。

しかし、豊胸手術選びの際に是非知っていていただきたいことが一つあります。

それは、豊胸手術の種類によって施術後の触り心地に大きく差が出るということです。

豊胸手術はそれなりにリスクのあるものですから、単なるバストアップ効果だけでなく仕上がりの品質も大切ですよね。

そこで、今回は様々な豊胸術の触り心地や長所、短所を徹底調査しました。

あなたの豊胸術選びの一助になれたら幸いです。

それではまず、それぞれの豊胸術の触り心地を比較していきましょう。

今回は代表的な5つの豊胸術についてご紹介します。

1,セリューション豊胸術

セリューション豊胸術とは、胸部に脂肪と脂肪由来の幹細胞を注入する豊胸術です。

「幹細胞」とは、簡単に言えば色々な種類の細胞になれる細胞のことです。

少し難しいかもしれませんが、重要な部分なので詳しく解説します。

生物の体は細胞によって構成されています。

しかし、すべての細胞が同じ形をしている訳ではありません。

神経なら神経の細胞、脂肪なら脂肪の細胞という様に、それぞれの役割に適した形に特化しています。

一方、幹細胞は例外的に特定の役割に特化していません。

その代わり、必要に応じてさまざまな細胞に変身(特化)する能力を持っているのです。

セリューション豊胸術では、最初に本人の脂肪を採取します。

そうして採取した脂肪から幹細胞を活性化した上で、脂肪と混ぜて再び胸部に注入します。

幹細胞の効果によって血管などの組織が活発に造られ、単に脂肪を注入するよりも生着率が高くなると報告されています。

セリューション豊胸術は本人の脂肪と幹細胞を使い、バストを成長させる方法ですので、触り心地も良くで自然な仕上がりになると言えるでしょう。

2,ピュアグラフト豊胸術

ピュアグラフト豊胸術は本人の痩せたい部分の脂肪を吸入し、バストへ注入する方法です。

吸引した脂肪には普通、様々な不純物(水分、死んだ細胞等)が含まれています。

このために、従来の脂肪注入法ですと脂肪の定着率が悪いという欠点がありました。

ピュアグラフト法はこの欠点を克服した豊胸術です。

この方法では「ピュアグラフト」と呼ばれる特殊なフィルターを用いて不純物を取り除きます。

ピュアグラフトを用いて精製した脂肪は質、濃度ともに高く、従来の方法と比べて定着率が高いと報告されています。

ピュアグラフト豊胸術もまた本人の脂肪を用いるので触り心地は自然なものになります。

3,脂肪注入法

先ほどは、採取した脂肪を高純度化して注入するピュアグラフト豊胸術をご紹介しました。

勿論、ピュアグラフトを用いない従来の脂肪注入法も豊胸術としては有効です。

定着率ではピュアグラフト法に及ばないものの、触り心地という面では自身の脂肪を使っているだけあって、とても自然な仕上がりになります。

4,ヒアルロン酸豊胸術

ヒアルロン酸豊胸術は、脂肪ではなくヒアルロン酸を注入してバストアップを図る方法です。

お手軽な方法なのですが、触り心地という点で評価すると「硬い」と言われます。

やはり天然の脂肪とは違うために触り心地には懸念があるようです。

5,バッグプロテーゼ豊胸術

バッグプロテーゼ法は簡単に言うと、シリコンなどが詰まった豊胸バッグを胸に挿入する豊胸術です。

豊胸といえばこの方法を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

近年では技術の発達により改善したとはいえ、異物を体に挿入する点はかわりません。

従って、触り心地では他の方法に一歩劣るようです。

前項で紹介しました豊胸術にはそれぞれ長所と短所、メリットとデメリットが存在します。

順番に見ていきましょう。

セリューション豊胸術

セリューション豊胸術の長所は、何と言っても幹細胞の働きによる注入脂肪の定着率の高さでしょう。

脂肪の定着率が高い、ということは脂肪注入法で懸念される「しこり」や「石灰化」のリスクが低いことを示します。

「しこり」も「石灰化」も注入した脂肪が硬くなってしまう現象で、触り心地が悪くなります。

また、本人の脂肪を用いるので拒絶反応やアレルギーも発生しにくいといえます。

一方で短所もないわけではありません。

吸引した脂肪から不純物を取り除いて注入するので、本人の体型によっては飛躍的なバストアップは難しいかもしれません。

ピュアグラフト豊胸術

ピュアグラフト法も高性能フィルターを用いて、脂肪から不純物を取り除くので脂肪の定着率は高く、これが大きなメリットでしょう。

勿論自身の脂肪を使うので拒絶反応も起こりにくいです。

ただし、ピュアグラフト法も採取した脂肪から、さらに不純物を取り除いて用いるので、余分な脂肪が少ない方は大幅なバストアップは難しいかもしれません。

脂肪注入法

脂肪注入法のメリットは拒絶反応が起こりにくい点でしょう。

本人の脂肪を用いるため、豊胸バッグやヒアルロン酸を注入するのに比べれば体への負担は小さく済むといえます。

一方、デメリットは痩せている人、余分な脂肪のない人は出来ないという点です。

余分な脂肪を吸引してバストに注入する方法ですから、こればっかりは仕方がないでしょう。

また、ピュアグラフト法やセリューション法に比べると不純物が多いため「しこり」や「石灰化」が起こりやすいという短所もあります。

ヒアルロン酸豊胸術

ヒアルロン酸豊胸術のメリットはそのお手軽さです。

脂肪を吸引する必要もなく、ダウンタイム(手術後回復するのに要する時間のこと)も短いです。

手術痕が目立ちにくいのも嬉しいですね。

しかし、良いことばかりではありません。

注入量には安全を考慮した限界がありますので、大幅なバストアップは難しいです。

また、ヒアルロン酸は徐々に体に吸収されてしまうため効果が数年しか持たないと言われています。

バッグプロテーゼ豊胸術

バッグプロテーゼ法は一度手術すれば半永久的に効果が持続する2カップ以上の大幅なバストアップが可能という長所があります。

欠点はやはりダウンタイムが長いことでしょうか。

バッグプロテーゼ法は豊胸バッグを埋め込む方法なのでヒアルロン酸や脂肪を注入するのに比べるとダウンタイムが長いです。

また、効果は半永久的とはいえ、安全を考えるのなら定期的にメンテナンスをするのが望ましく、それほどお手軽とは言えないでしょう。

豊胸術は、触り心地や豊胸効果はもちろん重要です。

ですが、それらと同じくらい安全性も気になりますよね。

そこで、今度は各豊胸術の安全性についてご紹介していきたいと思います。

セリューション豊胸術

今までにも何度か説明しましたが、セリューション豊胸術は本人の脂肪を用いるため拒絶反応やアレルギーが起こりにくいです。

また、幹細胞の働きによって、しこりや石灰化も抑制されることが期待できます。

もちろん手術であることに変わりはないので、リスクがゼロということはありませんが、脂肪注入法のなかでも安全性が高いと言えるでしょう。

ピュアグラフト豊胸術

ピュアグラフト豊胸術もセリューション豊胸術同様、本人の脂肪を用いるため拒絶反応やアレルギーが起こりにくいです。

また、吸引した脂肪をそのまま使うのではなく、フィルターを用いて精製、高純度化します。

そのためピュアグラフト法もまた、従来の脂肪注入法よりも安全なものと言えるでしょう。

脂肪注入法

従来の脂肪注入豊胸術も拒絶反応やアレルギーが起こりにくく、その点では安全性が高いといえそうです。

しかし、セリューション豊胸術やピュアグラフト豊胸術と比較すると注入脂肪に不純物が多いです。

このため、しこり化のリスクはやや高くなってしまうでしょう。

ヒアルロン酸豊胸術

ヒアルロン酸は人の体に普通に存在する物質なので、拒絶反応などは比較的起こりづらいといえます。

しかし、それでもしこり化のリスクは避けられません。

また、拒絶反応は起こりにくいとは言え、本人の脂肪を用いる豊胸術とくらべるとリスクは高くなってしまうと言えるでしょう。

バッグプロテーゼ豊胸術

バッグプロテーゼ法は本人の脂肪を注入する方法と比べると、どうしても安全性に懸念がのこります。

人体にとっては豊胸バッグは異物ですから、拒絶反応が心配されます。

また、最近では技術の向上によって低くなったとはいえ、バッグが破損する可能性があることはよく考えたほうがいいでしょう。

さて、ここまで5つの豊胸術について「触り心地」「メリット・デメリット」「安全性」を見てきました。

これらに口コミなどを加味して、総合的に判断するとセリューション豊胸術かピュアグラフト豊胸術がおススメであると言えるでしょう。

とはいえ、それぞれの豊胸手術にメリットとデメリットがありますから、お医者さんとじっくり相談して、自分の目的や体に合った手術を受けるのが良いと思いますよ。

さて、ここまで手術法についての解説をしてきました。

しかし、同じ手術をするにしても、自分の大切な体を預ける訳ですから実績のある所にお願いしたいですよね。

そこで、最後に手術を受けるにあたっておススメの病院をご紹介したいと思います。

その名も聖心美容クリニック

実は、聖心美容クリニックは記事中でご紹介したセリューション豊胸術を世界でいち早く取り入れた先進的な医院です。

そのため2009年にはセリューション豊胸術の症例数が世界一となりました。

正に豊胸手術のスペシャリストと言えるでしょう。

豊胸手術を考えている方は是非、聖心美容クリニックでの施術をご検討してみてはいかがでしょうか。

患者のこだわりを叶えてくれる、そして安全性を重視した安心な豊胸術を受けることができます。

大切なバストだからこそ安心して任せられるクリニックを選んだ方がいいですよね。

自分好みの美しいバストを得られるために聖心美容クリニックで美バストをGetしてください。

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。