豊胸手術にかかる値段・費用はいくら?【種類別でかかる金額を調査】

 

気になる豊胸の値段・費用を一気に解決

女性なら誰しも、ふっくらとした柔らかいバストに憧れますよね。

そんなバストを手に入れるためにいろいろな努力をしてきたけど、なかなかそんなバストになってくれない・・・と悩んでいる方も多いと思います。

そこで、豊胸手術に興味を持ったあなた。

豊胸にも色々な種類があるし、値段・費用って一体いくらかかるの。

そんな疑問を持つ方も多いはず。

その疑問、一気に解決させましょう。

 

豊胸は手に入れられる!

 

値段・費用は豊胸の種類によって異る!

色々な豊胸の種類がある中で、値段・費用はそれぞれ異なります。

豊胸手術にかかる値段・費用としては大体¥250,000~¥1,500,000が相場です。

かなり高額な値段・費用であっても、持続性がとても長いというメリットもあります。

反対にプチ豊胸と呼ばれる、比較的低価格で行うことができる豊胸は、永続的ではないということもあります。

自分の理想としているバストの大きさや、形、またどういった方法が合っているのかを、しっかりと検討した上で決めていくといいですね。

選ぶポイントとしては、

  • 合併症などの心配はいらないか
  • 料金の中にカウンセリング代や麻酔代、薬代は含まれているのか
  • 保証制度や術後のアフターケアはあるのか
  • 施術してくれるドクターは信頼できるか

このことを踏まえて、豊胸にはどのような方法があるのかをご紹介したいと思います。

また、一緒におすすめのクリニックと値段・費用についても詳しく見ていきましょう。

 

豊胸手術

 

【シリコンバッグ式豊胸】の値段・費用

シリコンバッグ式豊胸とはどのようなものなのでしょうか。

まず、シリコンバッグとは人工乳腺のこと。

左右の脇下を数センチ切開して、シリコンバッグを入れることを「シリコンバッグ式豊胸」といいます。

このシリコンバッグを入れる場所は、患者さんの体型やバストの大きさをどのくらいにしたいか、形などにより異なります。

シリコンバッグは100cc〜500ccくらいまであるのです。

そのサイズはしっかりとカウンセリングをした上で、患者さんにあったサイズのものを選ぶことがとても大切になります。

従来のシリコンバッグはジェル状のものや液状のシリコンが入っていました。

しかし、バッグが破損しジェルや液が漏れてしまうと、再手術をしなければならないこともあります。

最近のシリコンバッグはソフトコヒーシブシリコンバッグというものを使用しているため、安全性が高くなっています。

ソフトコヒーシブシリコンバッグとは、柔らかいだけでなく粘着性が高いシリコンを使用しています。

そのため、バッグが破損したとしても、流れ出す心配がいらなくなったのです。

さらに、自然な柔らかい感触になるため、とても注目されているのです。

 

ベル美容外科クリニック

こちらのクリニックでは、豊胸に使用するシリコンバッグはメンター社製のエリートジェルというものです。

これは、アメリカの米国食品医薬品局の許可を受けたシリコンバッグなのです。

世界でも認められている素材なのです。

様々なテストも行い、安全性の高いものになっています。

また、例えばバッグが破損しても中身は出てきません。

感触としては、自然でとても柔らかいのが特徴です。

カウンセリングで実際にそのシリコンバッグを触ることもできるので、おすすめですよ。

次にお値段・費用をご紹介しますね。

豊胸術(2カップ以上)静脈内麻酔代込み:¥864,000

となっております。

お電話かメールで無料でお問い合わせもできます。

さらに、資料請求などもできますよ。

 

 自由が丘クリニック

こちらでの豊胸手術では、安心・安全なだけでなく質感もとても優秀なシリコンバッグを使用しています。

サイズや表面が異なるもの、形などいくつか種類があります。

患者さんのご希望に合わせて選んでいきます。

シリコンジェルにはコヒーシブシリコンバッグを使用しておりますので、安全性がとても高いです。

手術時間は大体2時間ほどかかります。

麻酔は、全身麻酔か局所麻酔+静脈麻酔を選択できます。

それでは、お値段・費用をご紹介します。

初診料:¥5,000(税別)

豊胸術:¥1,100,000(税別)〜

シリコンバッグにより値段が左右されます。

 

 

 ガーデンクリニック

こちらでのシリコンバッグの種類は、コヒーシブシリコン生理食塩水の2種類をご用意しております。

カウンセリング時に実際にシリコンバッグに触れることができます。

50〜500ccまでの大きさを見ることができます。

どのような大きさ・形にしたいのかを相談でき、専門ドクターのアドバイスもいただけます。

お値段・費用をご紹介します。

豊胸手術(生理食塩水バッグ):¥800,000

豊胸手術(シリコン・コヒーシブ):¥1,200,000

お得に豊胸手術したいという方には、モニター募集もしております。

なんと治療費が最大70%もオフになりますよ。

シリコン

【ヒアルロン酸豊胸】の値段・費用

ヒアルロン酸豊胸とは、ヒアルロン酸をバストへ注入しバストアップさせる方法です。

メスを使用しないため、傷口や跡なども残りません。

手軽にできる豊胸術ということで、プチ豊胸術とも言われています。

注射のみで豊胸ができるため、手術がこわい方や抵抗がある方に大変おすすめです。

ヒアルロン酸を入れる部位により、ハリのあるデコルテにしたり、谷間を作ったり、バストの左右のバランスを整えることもできます。

現在使用されているヒアルロン酸は粒子が大きいため、体内に吸収しにくくなっているので、従来より持ちも良いようです。

また、違和感やアレルギーなどの心配もいらないので安心です。

デメリットとしては、ヒアルロン酸はなくなるので、一生ものではありません。

また、大きさに制限があり、触った感触が少し硬く感じます。

お値段・費用に関しては、相場が10ccあたりで3~4万円ほどです。

 

 湘南美容外科

こちらでは、豊胸術用NEWヒアルロン酸(VRF)というものを使用しています。

これは、従来のものよりも柔らかく粒子が細かいため、仕上がりがとても自然なのが特徴です。

また、QMED社の認定のある、安全性の高いヒアルロン酸を使用しているので、とても安心です。

その方の希望に沿えて、SBCオーダーメイド注入法というものを行っております。

そのため、バストの形などに合わせて、ヒアルロン酸の量を調節して理想的なバストへと導いてくれます。

麻酔を併用してくれるため、痛みも少なく行うことが可能ですよ。

また、施術の時間も約20分という短時間でバストアップができてしまいます。

持続する期間は大体1〜2年間です。

オプションで、エコーを用いながらのヒアルロン酸豊胸を行うことができます。

それでは、お値段・費用をご紹介します。

片方(10cc):¥20,250(税込)

両胸(100cc):¥202,500(税込)

 

両胸(200cc):¥405,000(税込)

オプション:エコー:プラス¥77,350

 

 高須クリニック

こちらでは、品質が高いヒアルロン酸を使用しています。

その名もマンマリーヒアル

これは、従来のヒアルロン酸と比較すると、柔らかく感触がとても良いのです。

そして、身体に定着する確率も高く、持続性も高いです。

個人差はありますが、約3年ほどは持続すると考えていただいて大丈夫です。

施術の時間は約10分です。

また、他院でヒアルロン酸豊胸術を行い、硬いシコリができてしまい悩んでいる方にも、おすすめです。

マンマリーヒアルで、硬いシコリを修正することもできるのです。

また、中国産は一切使用していないので、安全です。

施術には、局所麻酔を行いますので、痛みも感じにくいです。

お値段・費用についてです。

ヒアルロン酸10cc:¥70,000(税抜)

 

 品川美容外科

こちらでは、ヴィーナスバスト®と呼ばれています。

施術時間は大体20〜30分。

局所麻酔を使用しますので、痛みも軽減できますよ。

効果は約2年間です。

カウンセリングもしっかりしてくれるので、安心して受けられるクリニックです。

お値段・費用についてです。

100cc:¥155,000

200cc:¥310,000

こちらでは、会員になるととてもお得になります。

会員様の費用もご説明しますね。

100cc:¥124,000

200cc:248,000

 

ヒアルロン酸注入で大きくなる

 

【脂肪注入式豊胸】の値段・費用

脂肪注入式豊胸とは、まさに脂肪を注入して豊胸する手術のことです。

余分な脂肪をバストへ持っていくという手術です。

方法としては、まず脂肪が多い太ももやお腹の脂肪を機械で吸い出します。

そして、その脂肪をバストへと注入するのです。

吸引したい脂肪の場所については、クリニックにて相談可能です。

脂肪の量としては、多ければ300ccくらいです。

自分のものを使用するため、拒否反応などは起こりにくいです。

また、脂肪なので感触はとても自然です。

バストアップだけでなく、吸引した場所のダイエット効果もあります。

デメリットとしては、脂肪の少ない方には不向きです。

また、稀にシコリが残ってしまう方もいるようです。

シコリにならないように、飲酒・喫煙は控えた方が良さそうです。

睡眠もしっかりととり、リラックスしましょう。

激しい運動も控えてください。

費用としては、少なくとも50万円弱はかかると考えていただいて良いでしょう。

 

 

 アサミ美容外科

こちらでは、症例数が2万例を越えています。

脂肪をバストへ注射にて注入するため、傷がほぼ残らないのが特徴です。

局所麻酔で行うため、入院も必要ありません。

また、高度再生医療を用いているので、三段階で豊胸します。

  1. 自己の脂肪を注入
  2. コンデンス脂肪細胞注入
  3. 脂肪定着因子注入

平均して2カップもバストアップが可能です。

使用する脂肪や全て自分のもののため、アレルギーや発がんなどの心配がいりません。

持続性もあります。

1ccの脂肪を5層に分割してバストへと注入します。

そのため、ほとんどシコリができる心配がいりません。

万が一、できてしまった場合には、小さくなるような処置もありますのでご安心くださいね。

感染に対しても、しっかりと感染予防をしているので、安心です。

それでは、値段・費用についてです。

脂肪注入式豊胸:¥198,000(税込¥213,840)+脂肪吸引料金

(オプション)脂肪定着因子PRP:+¥98,000(税込¥105,840)

カウンセリング代、施術代、アフターケア代、麻酔代、薬代、抜糸代は全て含まれております。

 

 

 池田ゆうこクリニック

こちらでは、脂肪注入式豊胸を専門で行っているのが特徴です。

安全性が高いとされる局所麻酔、ウエットメソッドを使用していますので、入院の必要はありません。

このウエットメソッドは、拒否反応を起こす方は100万人に1人といわれているそうです。

歯医者で行う麻酔と同じ程度のものなので安全性が高いのです。

ほぼ全身の気になる部分の脂肪から脂肪注入式豊胸を行うことが可能です。

術式は大きな大学病院などと方式が同じで、手術の実績も数多くあります。

また、開院して以来、医療事故は全くありませんので、安心してください。

値段・費用についてご説明します。

こちらでは、「脂肪吸引+脂肪注入料金」として計算します。

脂肪吸引する部位により、値段・費用が異なります。

まずは脂肪吸引の値段・費用です。

  • 太腿表側(内側・外側・膝周り)両脚:1ヶ所40万円
  • 太腿裏側(内側・外側・臀部)両脚:1ヶ所40万円
  • 腹部(上腹部、下腹部、ウエスト):1ヶ所50万円
  • 腰部:40万円
  • 背中:40万円
  • ふくらはぎ(両脚):40万円(足首セット50万円)
  • 二の腕(両腕):50万円

脂肪注入料金

両胸:35万円

 

Kunoクリニック

こちらでは、過去の全ての症例の平均生着率が100%を越えています。

こちらの医院のみのオリジナルの技術があるのです。

まず、脂肪幹細胞を濃縮し還元します。

また、吸引した脂肪の細胞にダメージを与えないようにして、安全な方法により細胞を定着させる確率を安定させています。

そして、合併症のシコリなどが起こらないように、生体内で安全に細胞を増やす豊胸術を行っています。

簡単に言うと、豊胸の手術を行った後も、バストについた脂肪が成長していくので、かなりのバストアップが期待できるのです。

この方法は、世界的にみても、こちらの医院しかありません。

それでは、お値段・費用をご説明します。

  • 標準注入料金:¥216,000
    (脂肪吸引料金は含まれておりません)

他にオプションがありますので、カウンセリングをしながら検討していただければと思います。

 

 

【アクアフィリング豊胸】の値段・費用

アクアフィリング豊胸とは、アクアフィリングという薬剤を胸へと注入します。

そして、バストの形・大きさを変えていきます。

いわゆるプチ整形ですね。

ここまで読むと、ヒアルロン酸豊胸に似ていると思いませんか。

しかし、ヒアルロン酸豊胸よりも、安全性も高く、プニプニとした弾力のある柔らかいバストができます。

さらに、持ちが約5〜8年と長いのも特徴です。

そのため、とても人気のある豊胸術なのです。

それでは、アクアフィリングとはなんなのでしょうか。

実は98%が水分でできています。

そこに2%のポリアミドが入り構成されているものなのです。

胸の中にアクアフィリングが入ると、水とポリアミドが3〜5年かけてゆっくりと分解します。

そして、徐々にバストが元に戻っていきます。

最後に残ったポリアミドは尿として外に出されますので、安心してください。

 

 あさひ美容外科

こちらでは、CE(ヨーロッパの製品安全規格)とKFDA(韓国食品医薬品安全局)の承認を獲得したアクアフィリングを使用しています。

数多くの症例もあります。

そのため、とても安全性が高いです。

施術時間は大体1時間程度。

局所麻酔を行いながら、施術してくれますので痛みも少なくできます。

また、入院は必要ありません。

注入する針も、先端に丸みがあり、痛みや内出血が少なくなるような専用の針を使用していますので安心です。

それでは、お値段・費用についてです。

アクアフィリング(1cc):¥3,000(税別)

個人差がありますが、大体1カップアップさせるためには片側50ccずつとなります。

例:両胸100cc→¥300,000(税別)

その他、施術代、麻酔代、薬代はかかりません。

 

 白山クリニック

こちらでも、CE(ヨーロッパの製品安全規格)とKFDA(韓国食品医薬品安全局)の承認を獲得したアクアフィリングを使用しています。

こちら医院の特徴は、アクアフィリングを注入する場所を希望に沿って、3箇所の部位から選ぶことができます。

なぜならば、注入する際にどうしても小さな傷(大体2〜2.5mm程)がついてしまうからです。

その場所をご自分で選択できるのは嬉しいですね。

また、術後のフォローとして、乳腺の専門病院にてエコー・マンモグラフィー・MRIをとってくれます。

これは、とても安心ですよね。

お値段・費用についてご説明します。

アクアフィリング(20cc):¥57,000(税抜)

東京都、大阪府、福岡県、大分県以外から行く方で、施術を受ける方にはなんと、交通費全額(上限¥50,000)を負担してくれる特典付きです。

 

 

 船橋中央クリニック

こちらの医院では、10年以上の経験を持つ美容外科ドクターが施術をしてくれます。

経験豊富なのでとても信頼でき安心です。

また、プチ豊胸の治療の中で日本で唯一マスク麻酔をしながら施術を行うことができます。

マスク麻酔とは、口にマスクをあてることにより、眠った状態で施術ができるというもの。

そのため、起きたら終わっているという完全な無痛麻酔なのです。

このマスク麻酔も専門ドクターが行ってくれるので、とても安心です。

では、お値段・費用をご説明します。

注入量25cc~175cc(¥4,000/1cc):¥100,000/25cc

注入量200cc~275cc(¥3,750/1cc):¥93,750/25cc

※マスク麻酔希望の方はプラス¥50,000

 

こちらの料金は2015年11月18日の料金設定です。

料金は事前予告なしに変更されることもあるそうです。

 

 

【PPP注入法豊胸】の値段・費用

PPP注入法豊胸とは、まず自分の血液を採取します。

そして、その血液を遠心分離機にて分解させるとPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)という血小板が取り出されます。

そこに特殊な熱処理を行なうとジェル状になります。

それを胸へと注入して豊胸を行うことです。

全て自分のものを使用するため、異物を体内へ入れるのに抵抗がある方には大変おすすめです。

また、メスを使わないので手軽にバストアップができてしまいます。

アレルギー反応なども起こりにくいです。

大体1回で1〜2カップあがります。

デメリットとしては持ちが短いこと。

大体半年〜1年程持ちます。

痩せているため、脂肪注入式豊胸ができなかったという方にもおすすめですよ。

 

 

※以下の小見出しにはその施術法を行っているクリニックを紹介し、費用に関して詳しく説明してください。

 有楽町美容外科クリニック

こちらでは、痛みが苦手な方にも、安心してリラックスして施術が行えるように、静脈麻酔を導入しています。

院長先生が麻酔科医のキャリアもあるようなので、安心です。

施術時間は約40分です。

無料でメールでの相談ができるのも嬉しいポイントです。

お値段・費用についてです。

400ccの採血 200cc注入 1回 :¥ 97,092

200ccの採血 100cc注入 1回 :¥ 86,292

こちらは施術代のみのお値段となります。

別途、血液検査や静脈麻酔、お薬などはご希望に沿えて行うので、相談してください。

ヘモグロビン検査代:¥5,400

静脈麻酔代:¥32,400

レントゲン代:¥10,800

注射部位の針跡の処置材料代:¥10,800

薬代:¥8,640

 

 

 品川美容外科

こちらでは、3ヶ月の安心保証制度があります。

例えば、効果が全然認められなかった。

ドクターの診察により、再度治療が必要であると診断した場合には、無料で再治療を行うことができます。

他にも処置後の安心保証制度があるので、しっかりサポートしてくれます。

治療の経過や効果、行った治療について様々な相談ができます。

施術時間は大体40分程です。

また会員になると費用が20%オフになるのでお得です。

お値段・費用についてです。

両胸:¥102,030(税抜)

会員価格:¥81,620(税抜)

注入量に関わらずにお値段・費用は一定なので、安全な範囲内であればかなりのバストアップが望めます。

 

 池田ゆうこクリニック

女性のドクターなのでとても安心して相談などができます。

開院いらい事故はゼロという実績を持ちます。

また、リピーターが多いのが特徴です。

こちらの施術時間は、約1時間半です。

カウンセリングの時間も含めると2時間程です。

施術は院長先生である池田先生が行ってくれます。

麻酔は局所麻酔で行います。

こちらの局所麻酔はウェットメソッドというものです。

とても安全性の高いものなので安心して受けられますよ。

お値段・費用についてです。

1回の施術では200ccまでの注入が可能。

100cc:¥200,000(税別)

200cc:¥400,000(税別)

 

PPP注入法豊胸

自分の血液を使用するので、安心ですね。

 

相場より安すぎる値段の豊胸には注意!

医師

たくさんの豊胸手術を行っているクリニックがある中で、相場よりもかなり安い値段・費用を提示しているところもあります。

安くできるのであれば、嬉しいですよね。

でもちょっと待ってください。

本当にそこは安心なのでしょうか。

あまりにも値段・費用が安すぎてしまうと、次のようなことが起こりうるかもしれないのです。

例えば、注入するヒアルロン酸に生理食塩水を混ぜる。

不純物の多い脂肪をバストへと入れる。

などと悪質なことを行うクリニックもあるのです。

そうなれば、しこりが残ってしまったり、アレルギー反応や後遺症が残ることも考えられます。

豊胸手術はメスを使用したり、外からのものを入れたり、成分や薬剤を注入するものです。

そのため、ただ安いからと決めてしまうのは、とても危険です。

値段・費用よりも実績や症例数が多いなど、安全性が高いクリニックを選んでくださいね。

 

豊胸にかかる値段・費用を知ろう

お金がなくて困る女性

豊胸にかかる値段・費用について解決したでしょうか。

色々な種類の豊胸手術がある中で、どれが一番自分に合っているのか、そして自分にあった値段・費用はどのくらいなのか。

しっかりとカウンセリングを受け、検討した上でクリニックを決めてくださいね。

安心して豊胸を受けられるクリニックを見つける手助けとなれれば嬉しいです。