目次

  1. 1 プラズマジェル豊胸の“効果”がスゴイ…?!
  2. 2 プラズマジェル豊胸とは?
  3. 3 プラズマジェル豊胸の<プロセス>
  4. 4 プラズマジェル豊胸のメリット・デメリット
  5. 5 プラズマジェル豊胸【体験者の口コミ】
  6. 6 プラズマジェル豊胸は100%安全ではない?
  7. 7 豊胸リスクの肝は“クリニック選び”にアリ!
  8. 8 プラズマジェル豊胸なら<池田ゆう子クリニック>
  9. 9 プラズマジェル豊胸で気軽に理想のバストをGET!

美しいバストであることは、常に意識させられるもの。

「もっと胸があったらこの服も着れたのに」とか「今すぐ美乳になりたい」と思うシーンは、誰しも体験したことがあると思います。

もしも、手軽に自然なバストが手に入る豊胸法があったらどうでしょう?

この記事でご紹介するプラズマジェル豊胸で、その念願の願いが叶うかもしれません。

それでは、詳しく見ていきましょう!

プラズマジェル豊胸は献血豊胸とも呼ばれており、自分の血液から作ったプラズマジェルを胸に注射する豊胸法です。

このプラズマジェル、採取した血液からPPP(少血小板血漿)を抽出したもので、熱処理して豊胸手術に使います。

脂肪注入法と同じように自分の体内で生成されている物質を使うため副作用の心配は少ないです

ただ、脂肪注入法と異なり、他の部位から脂肪を吸引するときにかかるような身体への負担が少ないという点です。

また、シリコンバッグ豊胸のように身体に異物を挿入するわけでもないので、拒絶反応の心配も少ないです!

今のところ扱うクリニックが少なめなのが難点ですが、他の手術にくらべ比較的安価という手軽さも手伝って、高い人気を誇っている豊胸方法なのです★

合わせて読んで!オススメまとめ

それでは、自分の血液がどのような過程を経て豊胸に使われるのか…。

ここで施術のながれを詳しく説明したいと思います。

1)採血管に必要量の血液を採取する

注入量の要望や体重、ヘモグロビンの量を測定して採血する必要量を決定します。(※ 14cc注入する場合は約30ccの採血)

必要量といっても、どれくらいか気になりませんか?

バストの大きさにもよりますが、1カップ大きくするのに必要な量は300~400ccといわれています。

採血した血液からプラズマジェルに加工して使えるのは、成分を抽出すると約半分。

そのため、バストへの注入予定量の2倍の血液が採血されることになります。

赤十字社で献血するときにも体重によって制限がありますが、1回の献血は200~400mlと決まっていますので同じような認識でよいと思います。

2)遠心分離された血液からプラズマを抽出

次に、採取した血液は遠心分離器にかけられます。

すると血液は、45%の血球(赤血球・白血球などの細胞)と、55%の液体(血漿)の二層に分離します。

この二層の液体部分である「血漿」に含まれているのが、PRP(多血小板血漿)とPPP(少血小板血漿)です。

この成分をプラズマといいます

そこから、さらにPPP(少血小板血漿)だけを抽出して使用するクリニックもありますが、一般的にはハリの持続や脂肪細胞の成長を促すPRP(多血小板血漿)も合わせて注入するようです。

ただし、注入する成分はクリニックによって異なるため、事前のチェックが必要です!

PPP(少血小板血漿)の90%は水分で、残りの10%にタンパク質とその他の成分が含まれています。

豊胸には専用の機械を使って、このたんぱく質に加工を施してから使います。

3)ジェル状に加工し、バストに注入する

プラズマをジェル状にするためには、特殊な装置を使ってPPP(少血小板血漿)に含まれるタンパク質を熱加工します。

加熱用のアプリケーターにプラズマをセットし、熱処理したあと冷まして使用します。

この熱処理でジェル状になったものがプラズマジェル(PRP+PPP注入※成分はクリニックにより異なる)です。

これを特殊な注入器に装着して、バストに注入します。

ジェルは注入部位を細かく調整できるため、バストを希望の形にすることが容易です。

施術を受ける際は、あらかじめ希望の形をきちんと伝えておくことが肝心です。

ここまでにかかる所要時間は約1~1.5時間ほどで、施術後すぐに帰宅できるようです♪

施術のながれは把握できましたか?

それではここで、プラズマジェル豊胸のメリットデメリットについても見てみましょう。

メリット

最大のメリットは、脂肪注入法と同じく自分の血液を使用するため、アレルギーや副作用、拒絶反応の心配が少ないということでしょう。

身体に豊胸バッグやヒアルロン酸のような異物をいれたくないかたや、傷跡が残る心配からメスを使わずバストアップしたい方もおすすめです!

他にも、極端な痩せ型で脂肪注入法が利用できない方でもできる豊胸法として喜ばれているようです。

また、注射だけの簡単な手術のため術後のダウンタイムがほとんどなく、異物や薬剤による気になるしこりの心配も少ないです!

注入後すぐに効果が出るので、ファッションを楽しむように思い通りのバストが手軽に実現します。

仕事や家事に支障が出ない豊胸をしたい人や、見た目が自然でバレない豊胸を望む人にも向いていますね♡

デメリット

プラズマジェエルの難点は、ほかの豊胸手術にくらべ持続効果が短いことです。

自分の血液成分を注入するため、徐々に身体に吸収されていきます。

そのため継続期間は3ヶ月~1年程度。継続効果はヒアルロン酸注入法よりやや短めといったところでしょうか。

また先にもあげましたが、採血できる血液の量に制限があるので、1回に生成できるジェルの上限は200cc(1カップアップ程度)となっています。

そして、45㎏以下の人は最大量400ccの血液を採ることができません。

しかし他の豊胸術に比べて、身体にかかる負担が少なくてすむことから、パーティーやイベントなどで一定の期間だけ胸を大きくしたいような場合や、とりあえず豊胸術をリスクなく受けてみたいという場合には良いかもしれません!

プラズマ豊胸ジェルがどんなものか?ここまでしっかり掘り下げてみてきましたが、今度は実際に体験した人の声を集めてみました!

仕上がりや効果に満足したという口コミ・感想

触った感じは、ほとんど本物と同じです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1279494767

腫れがひいたら、とても柔らかくて形も自然な感じでしたよ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1080466030

どうやら豊胸時のふっくらとした感じや、自然な感触などに満足されている人が多いようです♪

いちど豊胸すると、元々のサイズ感を慣れで忘れてしまうのか?若干カップアップやバストアップしても、自分では実感できないこともあります。

時間の経過とともに小さくなるとはいっても、自覚のある時期のハリなどの仕上がりのよさと自分の血液を使っているという安心感から、2回目も…とリピ希望される方もいるようです★

一方満足出来なかったという人も…

「現在はほとんど前と同じサイズです」

「4ヶ月くらいでサイズダウンが…」

との声も。

体質には個人差があるので一概にはいえませんが、時間の経過によるサイズダウンが早すぎるという意見がありました。

また、脂肪注入法が使えなかったかたは、やはり痩せ型の方が多いのでしょうか?血液採取量でジェル注入量が変わることに不満を覚える人もいるようです…。

プラズマジェル豊胸は、傷の負担も拒否反応も少ないと言われています。

しかし、中には万が一ということがあり、稀にアレルギー反応や拒絶反応感染症などを引き起こしてしまうケースも…。

衛生状態が悪いところで施術すると感染症を引き起こす原因になるようです。

もしも傷口が痛んだり、熱が出たときは必ずクリニックに連絡すること!

滅多にないこととはいえ、手術をする以上そうした可能性がゼロとはいえないのも事実です。

安全性を確かめることはもちろんですが、このことをしっかりと視野に入れて検討しましょう!

上記でも触れましたが、安全・安心の確立を上げるには、信頼できる医療機関を見つけることです。

なぜなら、クリニックや医師の技術で安全性も変化するからです。

クリニックを選ぶ際、施術実績や施術方法、費用などチェック項目はいくつかあるはずです。

それを比較・検討するためにも、カウンセリングは出来るだけ何軒も受けておきましょう。

無料カウンセリングを行うところもありますので、ネットでの評判や口コミのチェックだけでなく、直接医師に相談することも重要です。

不安に対してきちんと向き合ってくれる医師なら、安心して任せられますよね!

池田ゆう子クリニックは、脂肪注入法豊胸手術を専門とするクリニックですが、豊胸手術に抵抗があるという人のためにプラズマジェル豊胸も扱っています。

施術も池田院長自ら行なうので、男性医師では恥ずかしいという人でも安心して受けられますね♡

施術時間はカウンセリングを含めて2時間ほど。キャンペーン期間の兼ね合いもありますが、費用は8~16万円(税別)。※1回の施術で200ccの注入が可能

過去10年で5,000件以上の実績があり、開業以来の医療事故はゼロということなので「信頼できるクリニックで施術を受けたい」と思う人は、無料カウンセリングを試してみるのをおススメします!

池田ゆう子クリニックでプラズマジェル豊胸を受けた人の口コミ

持続期間はちょっと短いかなって感じますけど、身体への負担も全然なかったですし、悪くないと思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13150962443

他の豊胸手術にくらべ、プラズマジェル豊胸についての口コミが少ないようですが、少なくとも施術の効果には満足できている様子。

豊胸手術の中でも持続期間が短いですが、結婚式などのセレモニーで素敵にドレスを着れたという人の喜びの声は印象的です!

費用が安くて安全度が高いからこそできる豊胸方法ですね♪

合わせて読んで!オススメまとめ

ここまで、プラズマジェル豊胸の効果や評判などについてご説明してきましたが、いかがでしたか?

人生のなかで女性の身体は大きく変化していきますが、美しいバストであることは、私たち女性にとって永遠の課題ですよね。

いっそのことシリコンバッグ豊胸をしてしまおうか、ヒアルロン酸注入豊胸などで手軽にプチ豊胸してしまおうか…。

そんな悩みを抱えていても手術が怖くて豊胸に踏みきれなかったという方は、一度プラズマジェル豊胸を検討してみてはいかがでしょうか?

お手軽で安全性バツグンの豊胸法で見違えるような自分に変身できるかもしれませんよ♡


合わせて読んで!オススメまとめ

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。