豊胸はメンテナンスは必須?!メンテにかかる費用とタイミングが知りたい!

豊胸した後の放置はNGって本当?!

 

豊胸手術を受けて、一安心してそのまま放置してしまっている方が多いかもしれません。

でも、豊胸手術にはメンテナンスが必要なんです!

今回は豊胸手術後のメンテナンスについて、費用やタイミングなど詳しく説明していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

豊胸手術の種類は<大きく分けて3種類>

 

豊胸手術には、多様な方法があります。

以下で一つずつ説明していきます。

 

1)ヒアルロン酸を注入する豊胸

ヒアルロン酸をバストに注入することによって豊胸をする手術です。

豊胸手術をしたいと思っていても、からだにメスを入れることに抵抗がある方はたくさんいると思います。

ヒアルロン酸注入は、メスを使わないので手軽に受けることができる人気の手術法です。

ただ、効果継続期間が1〜3年なので、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

 

2) 脂肪注入による豊胸

この豊胸手術は自分の脂肪細胞を胸に移植して、胸に脂肪をつけるというものです。

この手術の良いところは他のものに比べて、見た目や触感が自然に近いことと傷が小さくてすむこと。

そして、自分の細胞を移植するので異物を体内に入れることはありません。

下半身など、必要のない部分の脂肪を移植させることができるのも良いポイント。

いらない脂肪を移動させて、バストアップのほか、バストの左右差の調整もできるなんてとても嬉しいですね。

 

 3)シリコンバッグ挿入する豊胸

豊胸手術といえば、シリコンバッグを思い浮かべる方も多いと思います。

この方法では、バストに直接シリコンバッグを挿入するので、急激にバストアップをすることができます

大きさの調整をしたり、維持をしたりするには、シリコンバッグが最も確実です。

確実に胸を大きくしたい方にはおすすめの豊胸手術です。

やせすぎていて脂肪注入豊胸の手術ができない方も、シリコンバッグであれば豊胸することができます

 

豊胸手術後のメンテナンスが必要な【理由】

 

豊胸手術を受けたあとのメンテナンス。

なぜ必要なのでしょうか。

手術の方法ごとに理由をみていきましょう。

 

1)ヒアルロン酸注入豊胸の場合

ヒアルロン酸を注入する場合、ヒアルロン酸は最終的に体内に吸収されるので、メンテナンスは必要ありません。

ただ、同じ形を保ちたい場合、吸収された際にまたヒアルロン酸の注入を行う必要があります。

また、「しこり」ができた場合、メンテナンスが必要なこともあります

自然に消えてなくなるようでしたら問題ありませんが、長く残っている場合はクリニックに相談してみましょう。

 

2) 脂肪注入豊胸の場合

脂肪注入豊胸の場合、脂肪が定着すればメンテナンスは必要ありません

豊胸後のケアについてはレントゲンやマンモグラフィー検査など乳がん検診も受けることができます。

授乳にも問題ありません。

ただ、脂肪が徐々に体内に吸収されバストが変形してしまった場合、再度手術が必要になるかもしれません。

また、脂肪注入豊胸ではしこりが起こりやすいです。

1cm以上の大きなしこりだと手術が必要に可能性もあります。

 

 3)シリコンバッグ豊胸の場合

シリコンバッグを挿入した場合、手術後数ヶ月は定期的に病院に通うことが必要です。

これは抜糸や診察、マッサージなどを行うためです。

そして、シリコンバッグは半永久的に使えるわけではなく、破損したり変形したりしてきます。

そのため、手術後から10〜15年たったら、バッグを除去したり、交換したりすることが必要です。

バッグは衝撃でも破裂することがあるので、日々の生活でも注意しましょう。

そのほか、バッグの周辺は硬くなりやすいので、マッサージを日々行うことが大切です。

 

メンテナンスにかかる<費用>と<タイミング>

 

豊胸手術をしたあとも、メンテナンスが必要だとわかったところで、費用やタイミングについてみていきましょう。

どの手術を選ぶか決める際にはメンテナンスの費用やタイミングもよく考えましょう。

 

1)ヒアルロン酸注入の場合

ヒアルロン酸注入の豊胸手術では、ヒアルロン酸が体内に吸収され、バストが元の形になってきたらメンテナンスを行うと良いでしょう。

新しいヒアルロン酸を注入する場合、ヒアルロン酸の量やクリニックによってメンテナンス費用がかわってきます。

100ccのヒアルロン酸を両胸に注入すると、だいたい60万円ほどの費用がかかります。

また、しこりができてしまった場合も、長く続く場合はクリニックに一度見てもらうと良いでしょう。

 

2) 脂肪注入の場合

特にメンテナンスは必要ありませんが、脂肪が吸収されてしまった場合、あらたに豊胸手術を行う必要がでてきます。

クリニックによっても異なりますが、もしまた脂肪注入豊胸の手術を受ける場合、50万円から100万円程度の費用がかかります。

近年では、脂肪注入の豊胸手術でのしこりは少なくなりましたが、しこりができてしまった場合も、除去手術を検討することをおすすめします。

 

 3)シリコンバッグ挿入の場合

先ほども少しふれましたが、シリコンバッグの場合、10〜15年で除去または交換する必要があります。

これはシリコンバッグが劣化してしまうからです。

シリコンバッグの種類やクリニックによってメンテナンスの費用もかわってきますが、新しいシリコンバッグに交換する場合、50万円〜100万円ほどかかることがあります。

また、バッグが破損してしまった場合や、被膜拘縮が起こってしまった場合(触ると硬かったり、シリコンバッグが変形したりする)も、バッグを除去するか交換する必要があります。

 

どの手術方法もメンテナンスは必須!

 

以上でみてきたとおり、どの手術も持続期間はバラバラですが、メンテナンスは必須です。

クリニックによっては、豊胸手術をすれば半永久的に胸が大きいままだと手術を勧めてくる悪質な勧誘もあるようです。

しかし、半永久的な手術は難しいのが事実です。

そのような医療機関での手術は注意が必要でしょう。

カウンセリングでしっかり話を聞いて、クリニックを決めてくださいね。

 

豊胸は“アフターケア”が充実したクリニックで!

 

豊胸手術は、クリニックや医師の技術によって仕上がりや安全性が変わります

せっかくお金をかけて手術するのであれば、自分の希望通りのバストを手に入れたいですよね。

自分のからだなので、トラブルの予防や対策をしたいと思っている人がほとんどのはず。

そういった方は信頼できる医療機関を見つけることが大切です。

手術をするだけでなく、アフターケアも充実したクリニックを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、アフターケアも充実したクリニックで豊胸手術を受けたい方にマシュマロでおすすめするのは、聖心美容クリニックです。

多種多様の手術があり、症例数・実績も豊富なので、公式サイトを見てみてくださいね。

 

 

万全なアフターケアなら<聖心美容クリニック>

 

このように、豊胸手術を行う際にはアフターケアがしっかりしているクリニックを選ぶことが大切です。

そこでおすすめなのが、聖心美容クリニックです。

聖心美容クリニックは、美容外科として1993年に設立されました。

このクリニックの豊胸手術の特徴は、最新のものから従来のものまで、多種多様の技術を使っていること。

一口に豊胸手術といっても方法はさまざまあります。聖心美容クリニックでは、多様な豊胸術から選ぶことができます。

手術前にしっかりカウンセリングをしてくれること、アフターケアが万全なこともおすすめポイントです。

 

聖心美容クリニックで豊胸手術を受けた人の口コミ

とても満足しています。以前よりも1.5カップ程上大きくなりました。
出典:e-kuchikomi.info

1カップアップしました。胸上部のボリュームも出て左右差も解消されたので満足です。
出典:e-kuchikomi.info

施術後の経過やお手入れ方法について書かれた説明書をいただけたので、分かりやすかったです。
出典:e-kuchikomi.info

 

聖心美容クリニックで手術を受けた方の口コミは、満足しているというものが多く見受けられました。

手術のことだけでなく、施術後の経過やメンテナンスについても説明があるので安心できそうです。

しっかりしたアフターケアも受けられる聖心美容クリニック。

豊胸手術を受けようか悩んでいる方は、ぜひ一度カウンセリングに行ってみてくださいね。

 

 

徹底メンテナンスで豊胸後の美胸をキープ!

 

豊胸のメンテナンスにかかる費用や適切なタイミングを紹介しましたがいかがでしたか?

豊胸手術というと、手術のことばかり考えてしまいがちですが、手術後のメンテナンスも大切なポイントです。

手術方法に合ったメンテナンスを行い、美胸をキープするようにしましょう!

 

合わせて読んで!オススメまとめ